2008年10月02日

あー夏休み 〜多海物語〜

ついに学生最後の夏休みが終わってしまった。

WESAに支配されていた去年とはうって変わって遊び倒してやった23の夏。

2ヶ月もある長い長い夏休みはもう二度と来ない。

そんな感慨深い夏を、ふと振り返ってみる…




Sub Summer Camp 2008

2008年8月12日「Sub Summer Camp 2008」参照



___________________________________

ムネオ下山祭り

2008年8月14日「オリンピックがやってきて、ムネオがやってきた」参照



___________________________________

SEAson in the son


8月9日

俺、赤嶺、現役ディススタ(ほしまりととみー以外)、よっち、和多田、まなという春セミ出場メンバーだかなんだかで海水浴

俺はこの日のためにバーベキューセットを購入してしまうほどのやる気っぷり(´д`)

当日の朝は俺サイド(西船橋集合)と赤嶺サイド(高田馬場集合)に分かれて、太平洋・九十九里を目指す

俺は車をかっ飛ばして西船橋で智史、沙紀、まちか、よっちを拾って高速に乗るが、休日ということもあって貝塚ICあたりまで渋滞に引っかかる

でもその後は車も少なく、ギャラリーたちはたかが130km出したぐらいで大騒ぎしていたが、颯爽と東金へ

東金で高速を降りたら、国道で海に向かう。

途中、ベイシア大網店で食材を購入した。

なぜか田舎にはベイシアが多い

赤車に遅れること30分、少々迷ったが九十九里の白里中央海岸に到着。

太平洋はかなり風が強く、明らかにバーベキュー向きじゃないが、せっかく揃えたので早速みんなで肉に食らいつく。

やっぱただの焼肉でもロケーションによってだいぶ違うな

そんな風に浸りつつ、肉炭係を江口に丸投げする主催者(´д`)

彼は手際がいいからね、適材適所

肉第一陣を食べたところで、やっぱ海に来たので海に入らなくっちゃね

俺は前日水着を買い忘れたことに気づいて急いでサティで買ってきた安い海パン。

赤嶺もこの日のために買った白い海パン。白嶺(´д`)

江口は普通の海パン。

智史はチキって小島よしお海パンをはいてくれなかった

よっちは赤い海パン

和多田は海パンの上部を腹部が制圧(´д`)

沙紀&真奈は魅惑のビキニ

千里はあれだけ水着持って来いって言ったのに持って来ねぇ上に、Tシャツに焼肉のタレがかかって汚らしい子になってた

まちかもなぜかキャディーさんみたいな格好

河北選手は遠くから一見するとスク水かと思いきや、黒い水着でした


何年ぶりかの海にはしゃぐ俺

和多田を浮き輪多田にしてしがみつく赤嶺(´д`)

後輩達も二人を残して海へ突入

風が強いだけに、波も意外と高かった気がする

海から上がって再び肉や焼きそばをかっ食らう

そんなこんなでワイワイやっていると、早くも遊泳時間が終了してしまった。

まだ4時だったんですが、千葉の海って早いのね。

荷物を片付けて海に別れを告げる俺達。

だがせっかく遠くまで来たので、これだけで終わるのはもったいない。

海水浴場近くにある白子温泉で疲れを癒すことに

和多田が始終タオルで局部を隠して風呂場にいて男らしくなかったので、やつのタオルを奪って神隠しにしてやりました

雄蛇ヶ池 温泉でまったりして日も暮れたが、まだまだ続く。

 最後は東金にある雄蛇ヶ池に赴く

 昼間はこんなに良い景色だが、ここは以前「とんねるずのみなさんのおかげです」のイボ貴子シリーズでも取り上げられた心霊スポット

バス釣りの聖地でもあるらしい

ここで肝試しをすることに

行き方がよくわからずかなり迷ったが、何とか到着。

入り口付近は電灯があるが、遊歩道を進んでいくともう真っ暗

ビビリまくる3女達を尻目に2年生たちはどんどん進んでいく

もう我慢の限界に達したのか、3女がもう帰ると言い出したので今回の雄蛇ヶ池散策は100mくらいで終了。


その後、サービスエリアで夕食をとり、2台は帰路につく

帰りの車内ではみんな疲れていた。

この日1日だけで海水浴、バーベキュー、温泉、肝試しといういかにも大学生っぽい夏のイベントを総取りしたんだから、無理もない。

後輩達のサマーキャンプの大忙しの中の息抜きにでもなってくれれば幸いだ。

個人的によっちがJS2(後期最初のディスの大会)のパンフでの「今年の夏の思い出」という項目に、この日のことを書いてくれたのが嬉しかった

またどこか遊びに行きたいですな


おまけ

高田馬場に智史、沙紀、まちかを送った後、俺はラーメンが食いたくなって大杉にTEL


大杉「いやぁ、今家で海猿見ててさぁ」(´д`)


大杉家で海猿を見る俺。

海猿が終わったら天鳳にラーメンを食いに行く23歳と24歳。

腹がふくれた俺は車で颯爽と夜の東京を駆け抜け、帰宅

途中、眠くて事故りそうになったのでサービスエリアで仮眠をし、家に着いたのが明け方4時頃でした(´д`)


___________________________________

サマー2007Eレスハイ 〜ディズニーシー〜



8月14日、昨年度のWESAサマーキャンプEレッスンのレスハイが開催された

今回はスポットは夢の海・ディズニーシー

参加者は俺、こーしろー、えりっさ、千里、まりりん、じんわリスト・いっしー、たのり、真奈、大池、美里という、総勢10人

1年経ってもこんなに集まってくれるとは嬉しいもんだよ

ハヤヲは腹痛というドタキャンを使ったけどね。


今回はアフター6パスポートを利用するので、集合は舞浜駅に午後6時前

だが俺は遅刻しそうになり、その旨をメーリスに流した

すると返事がきた。


こーしろ「ベイベンは千葉住まいなのに遅刻だそうです


うるせーテメーに言われたくねーわい(`д´)


大池「全然気にしないで下さいいやぁ、ほんとTime is moneyっすねぇ〜」(´▽`)


マジこいつナメてやがる…(゜д゜)


しかし、俺の遅刻などカスに思えるほどのレスポンスが、森田エリクソンから返ってきた



えりっさ「今大阪だから、8時か9時頃には着くと思う〜」



ハァ集合場所はUSJじゃねぇんですけど?(゜Д゜)



レスハイだっつってんのに大阪に行っちゃってるこいつのあだ名は「大阪の女」に決定しました。

サマーレスハイ@ディズニー 大阪の女はさておき、俺達は夢の海へ入場

 夏休みだけあって、やはりそこそこ混んでいた

 ぶらぶら歩いて、みんなでミッキーやミニーのカチューシャみたいな頭飾りを買う。

 すごく仲が良さそうな俺達は、まずはセンター・オブ・ジ・アース。

大池が買ってきたポップコーンで待ち時間をしのいで搭乗

スプラッシュ・マウンテンみたいだった

次はタワー・オブ・テラーに乗ろうということになるが、移動中に女コミ二人が迷子に

しっかりしてくださいよ

待ち時間、ようやく大阪の女が到着した。

今回は名古屋ではなく大阪旅行だったらしい。

そして偶然にもゆっこちゃんもディズニーシーに来ていて、タワー・オブ・テラーに並んでおり、見つかった

光に何か言われそうだ


1時間程度並んで、ようやく乗れた。

タワー・オブ・テラーは以前にも乗ったことはある(2006年9月23日「レスハイ to the TDS」参照)もののなかなか慣れないもので、あの宙に浮くかんじがなんともいえなくゾクっとする

始終安全ベルトをつかんでいた(´д`)

出てくるともう閉園時間

サマーEレスハイ@ディズニーシー シーを出ると、バイト上がり舞浜住まいのえみなと合流し、記念撮影

 写真を撮ってる俺達の前を多くの人々が通り過ぎててちょっと恥ずかしかった

 その後はみんなお土産を買い、それぞれ帰宅

 ディズニーはアフター6くらいがちょうどいいと思いました



___________________________________

男女7人海物語


8月15日、晴天

この日はサッカー部どもと海水浴

今回はムネオ、光の呼びかけで九十九里の本須賀海岸に行くことに。

とはいえ、それぞれの予定もあるので俺は臼井、桝本とともに臼井カーで海を目指す

途中、コンビニで買い物をしつつ、千葉の田舎道を通って正午前には本須賀海岸に到着。

ムネオはお盆の巡業があるため午後からの参加であるが、ゆっこちゃんと一緒に来るはずの光がまだ来ていなかったようなので電話してみた



俺「光、今どの辺?」



光「んーー?今習志野ぉ」( ̄ε ̄)



オメーの家じゃねぇか(゜Д゜)



集合時間を設定したのは、この男です


海のサカー部 仕方ないので、とりあえず海の家で腹ごしらえ

 やはり海の家は独占市場で、全てが高い

 食事後も光は来ないので、砂浜へ行く3人。

 この海水浴場は人が少なくて静かだ。

そして俺らが海に向かって歩いていると、ライフセーバー(?)のお兄さんに声をかけられた


ラ「こんにちは遊泳区間ってご存知ですか?」


遊泳区間なんてさっきから散々アナウンスしてんのになんでわざわざ言いに来るんだ??

……まさか


ゴルゴ13




      マークされてるゥゥ(゜д゜)








どうやらライフセーバーのお兄さんは、写メ(上の写真)を撮っている男、カメラ機材も入れられるくらいの大きめのクーラーボックスを持ったヒゲ面の男、2留の男という条件で、俺達から犯罪の匂いをかぎつけちゃったらしい(´д`)

そんなするどい眼差しニモマケズ、俺達は海に突入

周りはファミリーやカップルがいる中、哀しき成人男性3名は大はしゃぎヽ(`▽´)ノ


チャラ光 そんなこんなでしばらく(というか結構な時間)遊んでいると、

 ようやく光たちが到着。

 そのすぐ後にムネオもみすを連れて到着。

 7人は光が買ってきたビーチボールや、

 ビーチフラッグならぬビーチペットボトルで遊ぶ


海坊主 そしてなんとも珍しい光景がッ

 海坊主と化していたムネオが、今度は砂坊主になっている

 光がいなければ実現しなかったことでしょう。

 白露山もツッパリで応戦

 
ムネオは砂坊主というよりはウミガメに転職した


それからまた海に入ったり、海にダイブ選手権などをやっていると、すっかり遊泳終了時刻に

俺達はシャワーを浴びて地元へ帰って行った。


海のサカー部2









帰った後は、俺んちでロックマン2をやってちょっと暇つぶしをして、勝田台で飲み

俺はバイトのため途中で帰りましたとさ。


おまけ

夜勤中、酔っ払った竹蓋が快活にやってきて、なぜか接客をしていました




俺の夏休みはまだまだ続く……



たいりょくが8あがった
いかりが5あがった
だいがくせいらしさが12あがった

libero_revolution at 12:25|PermalinkComments(0) 学校 | 佐倉

2008年08月14日

オリンピックがやってきて、ムネオがやってきた

8月5日、午後7時過ぎ

サブサマー直後の疲れた体を癒すわけではなく、大学4年生によくある、「家でゴロゴロする」をやっていた俺(23)

くつろいでいた矢先に電話が鳴り出した


吉窪「メシ食おうぜ


特にすることもなかったので、言われたとおりユーカリ駅に向かう。

歩いて3分、ユーカリ駅改札前に到着

すると、奥のサティ方面のベンチに威圧感たっぷりの人影が…

あれは……そ、


浜崎むねお




         僧侶だッヽ(`д´)ノ









そう、仏の道を究めるために山ごもり修行をしていたはずの破壊僧・ムネオが、お盆のため下界に帰ってきていたのであるッ



ムネオステータス





















【ムネオの恐ろしいところ】

.螢▲襪忙の息子である。
△覆里冒領靴蕕靴ち備が一つもない。というか、ヤンキーである。
寺なのに、自宅にサンドバッグがある。
ぅ汽奪ーとは、スライディングで敵の足を狩る競技である。
ス盥算代は成績優秀だったのに、家業を継ぐために仏教系の大学へ進学。
Ε爛優の左にいる人はアザができる。


ちなみに、なぜか俺はムネオに頭が上がらない(´д`)

この日ムネオは誰かとメシを食いたくなって召集をかけたらしい。

その後吉窪が到着して、3人で牛角へ

ゆっくり肉を堪能

だが俺はソフトドリンクとかカキ氷とかを食いまくる23歳。

厳しい修行について語るムネオ

1日に何時間も座禅するらしい

クソ暑いのに袈裟(?)を4枚も重ね着するらしい

たまに逃げ出す坊主もいるらしい

丸太運びなんかもするらしい


ガテン系かっ(`д´)


そんなムネオは2週間のお盆休みが終わったら再び入山し、計3年間の修行をするそうな。

そんなころにはやつはもう聖人と化しているだろう

ちなみに、未練タラタラの吉窪(タラ窪)は翌日2人で飲むらしい

こうして、今夜のユーカリ組飲みは終了



ムネオ帰還祭 ムネオ降臨から3日後の8月8日。

 ムネオはその権力によって

 さらに召集の範囲を広げ、

 多くのサッカー部どもが終結した

 男達は勝田台の飲み屋で杯をかわす




それでは、ムネオ復活祭にやってきた野郎どもを紹介しよう





______________________________________
AFTER横ちゃん供B


             研修で爆睡




              横ちゃん




______________________________________
凹窪

          またもやトライならず



              チキ窪



______________________________________
江川達也


       車で飲み会に来て飲む気ねぇー



               臼井



______________________________________
ヒカル


           荒稼ぎディーラー



               



______________________________________
桝本


                   もはや塾に就職か


                       桝本


______________________________________
ふきゃさわ



           院か ナオンか



              深澤


______________________________________
ピン・イサヲ




            がんばれ
 


             イサオ



______________________________________
オバマ




         ケガのため合宿に難色



             フジガ



______________________________________
浜崎むねお



       給料をもらっても使う暇がない



             ムネオ



______________________________________
俺


          実は、○○行ってました



               






久々に大勢集まった。

横ちゃんにはちゃんと相手を思いやるように言っておいたので大丈夫だよ

だが彼のお供はポケモンセンターのお姉さんらしい

深澤はナオン効果なのか、表情に余裕が感じられた。

俺はイサオのケータイを見てぶん殴られた

吉窪はノリが悪いのか、あんまりいじられてなかったな。ドンマイ。

特に事件もなく、まったりと落ち着いた飲みだったな。

でも最近酒があまりにも弱くなって辛い

夜7時半から1時くらいまで飲んで、みんなフツー帰って行きました


しかしながら、ムネオは下界の楽しみを思い出してしまうと、修行に影響は出ないのだろうか…

libero_revolution at 15:45|PermalinkComments(2) 佐倉 

2008年08月12日

Sub Summer Camp 2008

                      WESA(早稲田大学英語部)

                  もうとっくに引退したこのサークルだが

                 寂しさゆえにいまだにちょいちょい現れる



※今回もクソ長いです



泊まりバイトから帰り、夜勤をはさんで、8月2日から4日までWESAの夏の遊び合宿「Sub Summer Camp(以下、サブサマー)」に現れる

これは2年生が企画して1、3、4年生はお世話になる合宿であり、今年で3年連続の出場

俺は当日の朝、予想通りの遅刻でたのりに怒られる(´д`)

マジ電車うぜぇと思った

ようやく新宿センタービル前に集合。

俺はEレッスン(キャンプ中の多くの活動を共にするグループ)で、メンバーは…

1年生:ベイビー、たろう、いくみん
2年生:美佳ちゃん(レッスンリーダー)、島村、藤巻、小島、はしも
3年生:麻美ちゃん
4年生(OB):俺、ゆーたろ

1年生との初絡みにドキドキし、2年生がキャンプをマネージする姿を見るのにワクワクし、2年前(2006年8月15日「Sub Summer Camp 〜1st day〜」17日「Sub Summer Camp 〜2nd & 3rd day〜」)のように麻美ちゃんと同じレッスンになれてほのぼのし、このOBの組み合わせに波乱の予感を覚えた

ちなみに、俺のイチオシは藤巻である。

去年のサブサマーで、俺はハチマキをしていた藤巻を見て「えぇフジマキハチマキ」と言ったら、「何か文句あるんですか」と言わんばかりの表情で見られた(´д`)

レッスンで写真を撮り、近くに停まっているバスへ移動するが、ソッコー迷子(´д`)

ベイビー、たろうに混ざってわたわたする1年生のふりをする4年生。

何とかバスに乗り込むことが出来た。



行きのバス

開始早々空気を読まずに全力バカ騒ぎ、これがOBの鉄則であるヽ(`▽´)ノ

外の果樹園を見ながら「桃食べたい」を連呼していた

周りで寝ていた人たち、ごめんなさいm(_ _)m

でももう1つのバス(あやの、コニー、江口、カツヲ)と違って下ネタなんてしゃべってなかったからまだいいよね

そして道中のサービスエリア休憩を経て、約5時間で長野県夜間瀬にあるホテル・カスケードに到着。

全進の佐野、大生によるオープニング宣言。

佐野にいろいろ持ってかれまくった大生がなんだかかわいそうだった

オリエンの寸劇ではりかっぺには黄色い声援が、ハヤヲにはどよめきが巻き起こった

ハヤヲは2年生の中ではもはやそういうポジションなのね…(´д`)

その後、各部屋を回ってミニゲーム。

1〜3年生が頑張ってるそばで、勝手にはしゃぐ4年生ヽ(`▽´)ノ

だが小島とはしものおかげで死ぬほどすべった(´д`)

まぁオリエンでレッスンのみんなと仲良くなれたからいいけど。



夕飯はバーベキュー

肉、野菜、焼きそば、果物などを堪能

最後の焼きマシュマロはセンス良かったね

満腹後は花火。

山の向こうには花火大会らしき打ち上げ花火も見えた

続いて肝試し

俺のパーティはたぶん俺、毛、こーしろ、りかちゃん

りかっぺ(たぶん)から怖い話を聞いた後、俺達は迷いの森の中へと足を踏み入れる

俺は怖がるりかちゃんを守る勇者となった

やがて道なき道の中、次々と襲いかかってくるお化けモンスターたち



こんちゃんお化け「わたしと……わたしといっしょにあそんで………」


俺「は、はい喜んでぇ」\(`口´;)




遊んでくれなかったが、先に進む。



はしもお化け「ちょっと……ちょっとあるくのはやい………」


俺「あ…す、すみません」(`д´)




俺達はゆっくり進むことにした。

マシュマロマン

 そしてラスボス・マシュマロマン(和多田)を倒し、


 俺達は無事に帰還。


 最後に写真を撮ってもらう




肝試しからホテルに戻り、風呂の後はOBどもが一同に結集し、翌日のエンタテ(ネタ披露の会)プレパ(準備)

サブサマーにやってきたOBは俺、ゆーたろ、毛、こーしろ、あやの、氣田ちゃん、早くん、杉ちゃん、りかちゃん、こにー、赤嶺の計11名。

OBのエンタテは1チームだけで、この11人全員を登場させるエンタテはなかなか難しい

とりあえず、毛が考えてきたというショートコントの30連発を品評することに

結果、半分以上がボツになる(´д`)

だが、これだけでは毛とゆーたろしか登場しない。

うーむ、どうしたらいいものか…。

ふと、昔のことを思い出してみる



俺のエンタテ戦歴


レイザーリベロ
        Spring Camp 2006



             ハード化




   ブレイク。そしていなくなる。ドンキで4000円。




レイザーリベロ
     Sub Summer Camp 2006



           黒レンジャー




       復活。まだこの衣装持ってた。




Summer Camp 2006

ぐりさんと一緒にセーラー服を着てエンタテのMC。
あんまウケなかった(´д`)
というか、ぐりさんに激しくルックス負けしてた(´д`。)



M-1グランプリ2006

1回戦出場。セリフが飛んで大惨事(´д`)



Winter Camp 2007

「悲しい書記」
堂々のエンタテ優勝



Spring Camp 2007

「絶対に笑ってはいけないエンタテ」
俺がこーしろに本気ビンタされて引かれ、
野上さんがウ○コを連呼して圧勝
小学生かっ(`д´)



Sub Summer Camp 2007

※管理人によって削除されました



Summer Camp 2007

ディススタによるエンタテ
怪人・ムナゲリオン(赤嶺)が世の中を胸毛だらけにすべく現れ、ナース氣田を誘拐する
それに聞きつけたJKのまいまいと巫女のゆりちゃんがセーラー戦士となって、ユリ・コントローラーやユリ・コロコロなどの多彩な攻撃でムナゲリオンを撃退するという劇
俺はナレーター兼プロデューサー
プレパ中にゆりちゃん&まいまいとケンカした。
結果は、スピスタとなぜか和多田に抜かれて3位入賞



Libra Open Discussion Meeting 2007

WESA主催のディスカッションの大会
5回目なのに、いつからかレセプでエンタテをやるのが伝統となってしまった大会。
すべてがギリギリの中で挑んだエンタテは、

・早稲田大学応援部 ⇒ 動きがバラバラすぎ
・オッパッピー      ⇒ 海パン着用はヤバすぎてボツに
・冬のソナタ       ⇒ ユリ・ジゥとケン・ヨンジュンと金正日の夢のコラボ
・L・I・B・R・Aであいうえお作文

努力賞。



ニ舎合ベジータ

               二舎合 2007


                 戦闘民族化



     王位継承権獲得も、フリーザに母星を破壊されて無国籍。





Winter Camp 2008

「東照館七不思議」
俺はエンタテまで残ることができなかったが、江口氏の映像技術によって「エンタテIT革命」に成功



Spring Camp 2008

「ドリンキンピック」
ゴルフのホールやサッカーゴール(カツヲの口)にボール(ビール)をシュートするというなんとも楽しいゲーム
しかし、ゴルフが下手な赤嶺はバンカーに入れたり池ばかり作ってしまう




……コスプレ多いな。

我ながら、しょーもねー(´д`)

戦歴はあんま参考にならず、俺のエンタテネタ帳などをひっかき回し、とりあえず大枠は決定したのがだいたい深夜1時半。

ここからさらに詳細を詰めていく。

山本高広 その間他のチームの方々は眠い中プレパしていたろうに、

 こいつが幾度となく現れたことでしょう

 大変お騒がせいたしましたm(_ _)m

 しかし真夜中でも空気を読まずに全力ドンチャン騒ぎ

 これがOBの鉄則であるヽ(´д`)ノ



ネタが完成し、練習も終わったのが明け方4時半

ようやく眠りにつくことができた



2日目。

1日目とはうって変わってあまりにも低すぎるテンションで朝食をいただく

朝食によってテンションを回復し、2日目の午前中はホルジョ

みんなで体育館に集まってミニゲーム大会。

目隠しぐるぐるバット風船割り、ビーチフラッグ(?)、ビーチボールラリーなど夏らしいゲームが目白押しだった

体育館スライディング ビーチボールラリー中、こーしろはなぜか

 ロックマンばりの芸術的なスライディングを披露して

 画面からいなくなった



続いてカキ氷早食い&ラムネ早飲み競争

こういう周囲の注目を浴びる競技には1年生を出してあげるべきなのに、Eレッスンからは空気を読みたくない北本・橋本ペア(WESAランク最底辺)が出馬

カキ氷機をガァー回す俺

それをガァー食べる橋本とその汗を優しく拭く北本。

愛の共同作業である

そしてラムネをガァー一気する俺

コーラを一気した後に山手線の駅名を言えなかった鈴木Q太郎さんの気持ちが分かりました。

勝負の行方は北本・橋本ペアの圧勝

続いてはイントロクイズ

調子に乗ってきた北本・橋本ペアは最前列で構える。

フリーザ第1形態


     図に乗るんじゃありません





しかし最近の子は最近の歌に強い

みんなバンプとかaikoとかすぐわかるのね。

俺はもう無理ぽ(´д`)だった



MC前田「次の曲はちょっと難しいかもしれません。じゃあいきます


俺「…はい



ジーコ


    「オオグロ、マキ」




俺だけ「夏が来る/大黒摩季」をわかっちゃった俺。

世代が…俺なんです(´д`)

その後も古めの曲を正解してしまう俺。

「勝手にシンドバッド/サザン」を「渚のシンドバッド/ピンクレディー(1977)」と答えてしまう小尾ちゃんにも同じ匂いがした。

やがてついに最終競技の障害物競走になる

俺はアンカーで、同じくアンカーの江口が「二人でボケましょう」と言う。

俺は「自分のチームが圧倒的にリードしてたら、待ってないで先に行っちゃっていいからね」と言っておいた。

そしたら案の定、江口のレッスンが半周くらいリード。

江口君は俺の忠告を聞かず、必死でボケて俺を待っていてくれたのに、彼のレッスンのメンバーから大ひんしゅくを食らっていた


えぐちは書記から障害に転職した


そんなこんなでホルジョが終了。

最後の真奈の涙には苦労と努力が感じられた



昼食を食べ、午後はサッカー

バスで近くの小学校へと移動

審判みたいな亮の指示のもと、15分の試合を何本かやる。

この時間配分は完璧だった。

それにしても1年生は元気だ

俺はこーしろと小島のストッパーをするので精一杯だった

教育実習ぶりのサッカーの大満足



ホテルに戻ってから風呂に入り、エンタテの最終確認、夕食、そしてエンタテ

1年生は意外に強かった

カトシュンのじーさんはほんとにいそうだよな

マサルさん

 全進のセクシーコマンドー・佐野も独特の空気で奮闘。



 というかやつのやりたい放題みたいになっとるやないか



 カツヲが出オチ。



ハヤヲ&キムは…もはやこいつらはヨゴレなのか、去年の俺と同じ道を歩んだらそこに残るのは絶望だけだってのに(´д`)

だが俺ほどは深手を負っていないようだ。

生きてて良かったね

そしていよいよ我ら「チームヒサシ」の出番がやってきた

舞台袖でスタンバイする4年生11人。

あやのが緊張しすぎてゲロ吐きそうになってた(´д`)

MCはしもからお呼びがかかり、出動


1発目、毛たろーによるショートコント十数連発

まさに毛ワールド

思ったより結構ウケてたね。

ほどよい盛り上がりに勇気をもらうOBたち

2発目、OB恒例ネタ。



こーしろ「殿ーー殿、敵が攻めて参りました」(´д`)


杉「して、敵は何騎じゃ?」(`д´)


こーしろ「一気でございます(`▽´)




最後にはゲリラ(カツヲ、江口、横山ゆり)に襲われる大杉。

切りのいいところで暗転する手はずだったが、ゲリラに飲まされている杉ちゃんは喜んでいるのか早く暗転して欲しい合図を出してるのかよく分からなかった。

3発目、長めのコント。

30分後にヒーローショーの公演を控えたレンジャーのレッド(こにー)とブルー(ゆーたろ)だったが、たった今マネージャー(俺)に連絡が入り、イエローが事故で出演できなくなってしまった
しかし公演を中止することもできないので、急遽助っ人を連れてくることに



T.M.Revolution


              助っ人







            赤嶺Revolution










鬼太郎
              助っ人



            ゲゲゲの氣田郎




セーラームーン              助っ人


            セーラーリカちゃん


       あのムチ、実は結構痛かった(´д`。)



カーテン              助っ人


               カーテン


          Winter Camp 2007で
  早くんが個人1位を獲得した渾身(?)のキャラが復活
          だが1・2年生は知らない



助っ人

チェアマン
毛さんのゴリ押しで作ったダジャレキャラ毛ワールド。



上野
          助っ人


            上野




エド・はるみ

           助っ人





           エド・あやの






バカ殿
          助っ人



         バカ殿(こーしろ)




大西ライオン

           助っ人




           大杉ライオン







結局コスプレになってしまった(´д`)

どれだけウケてたのかはよくわからなかったが、なんとかエンタテを乗り切ったOBたち。

残りのエンタテはリラックスして見ることができた

ゆーたろは小西の微妙にズレてるパラパラにツボってた

個人的にはまりりんの鳥居みゆきと麻美ちゃんのあーちゅうが良かった

コミの皆さんはサマーのエンタテにはかなり力を入れていると聞いておりますので、さらに面白いもの見せてくれるんだろうなぁー



エンタテが終わり、次のディスコに備えるため部屋に戻る。

外の鏡の前では赤嶺がディスコに着ていく服を30分も選んでいる

どうやらポロシャツ(ポロ嶺)に決めたようだ

ディスコはアツかった

俺は久々のディスコに戸惑いつつも激しい有酸素運動をしてソッコーバテた

チークタイムでは男女が仲良く楽しそうに踊っている傍らで、相手待ちしているのに誰も寄って来ない俺、江口、待ち嶺という悲しい画があった(´д`)

ディスコ会場の外も激アツだった

夜中3時頃にはさすがに疲れて、俺はソファーで寝てしまった



3日目の朝、俺は上野が1年生相手にいきがっているやかましい声で目が覚めた

朝食を食べ、レッスンでネームボードにメッセージを書き、昼食を食べ、ホテル・カスケードに別れを告げる

帰りのバスでは、みんな疲れて眠っていた

だが杉ちゃんは寝ているこーしろにちょっかいを出してビンタされていた

夕方6時半には新宿センタービル前に到着。

そこからコマ劇に移動して円リフレ。

OBは外野らしくあっさりコメントすればいいと思ったのに、ゆーたろが長く真面目に話すから困った

でも後輩達の想いを聞けて満足だ

そして最後は新宿のにじゅうまるで打ち上げ

今回頑張ってくれたサブサマー4役を酒でねぎらう。

つぶれた上野俺とゆーたろは上野暗殺に成功

こいつ最後の方は荷物に紛れてやがった

永遠の下っぱ・小西は女の子に囲まれてデレデレだった

杉ちゃん曰く、いっしーも酒が入ってめんどかったらしい

俺やハヤヲは抜け嶺討伐に出兵

伝説の上海コニーの復活

カツヲに闇鍋のような汁を飲まされる俺

いわば準サンパークだったな

そんなどうしようもない飲み会も終わりSub Summer Camp 2008は幕を閉じた


騒いだりいろんな人の邪魔ばかりしていた気がするが、とても楽しませてもらった

マネージしてくれた2年生お疲れ様ありがとうね



おまけ

サブサマーの裏で高校サッカーの決勝(市船vs流経大柏)を見に行ったが雷雨で見れなかった悲しいヤスと夏苅さんに、飲み会の後ヤス家での宅飲みに誘われたが、もう無理ぽ(´д`)



ちからが3あがった
たいりょくが4あがった
おもしろさが2あがった
うざさが8あがった
うるささが5あがった


libero_revolution at 15:17|PermalinkComments(9) 学校 

2008年08月01日

日々

約半年にも渡る昏睡状態(ウソ)から復活し、久々の更新

俺はいつの間にか大学4年生になり、就活を終え、教育実習も終え、目的もない人生を送っちゃっていた(´д`)

つい先日には今期1コしかないテストも終えましたが、夏休みがいつから始まったんだかよくわかんねー日々(´д`)

とりあえず、この期間にあったことをテキトーに思い出してみる


※注)長いけどそんなに面白い場面はないですよ



●Winter Camp 2008 (2月下旬)

覆面チェアパWinter CampとはWESAの冬の勉強合宿である。

ディスカッションのチェアパ(テーブルリーダー)として杉ちゃんと一緒に後輩の応援。

だが俺はサークルを引退した、いわば老兵なのに、後輩たちがやってくる前に先発隊と一緒に現地(山中湖)入りしてしまうという出しゃばりっぷり

そんな出しゃばりっぷりがバレると恥ずかしい俺達は「覆面チェアパ」として身を隠す事に

就活もしないでド暇な連中である

しかもここまでやったのに全然ウケなかったとはどないやねん(´д`)

久々のディスは後輩たちと楽しくできたし、エンタテ(簡単に言えばネタ披露大会)では最新技術を駆使して映像化を図る「エンタテIT革命」に成功

自分の痕跡を残すことができたと勝手に満足している



●Spring Camp 2008 (3月上旬)

Spring Camp(2006年3月11日「Spring Camp 〜preparation〜」12日「Spring Camp 〜Success〜」参照)とはWESAの冬の遊び合宿である。

今回で3年連続の出兵

この合宿はウィンタースポーツを楽しめる素晴らしいイベントであり、俺はスノボーを選択して大いにはしゃいだ


研嶺また、ホルジョ(ミニゲーム大会的な)では赤嶺が化粧して研ナオコにクリソツ(研嶺)だった

俺は彼の名誉は奪っても生きる力まで奪うつもりはないので、画像は自粛しております

これのはらいせなのか、エンタテでは赤嶺がカツヲをビールまみれにして男子のみが大爆笑

エンタテ後のバーではいつの間にか汚ねー絨毯の上で寝ていたらしいく、後輩に心配された


死体


そしてなぜか死人が出た



そんなキャンプ。







●春セミ2008(3月下旬)

春セミ(Spring Seminar)とはディスカッションの大会で、関東の大学の英語サークルが集結してディスのスキルにおけるランクを付けるのが特徴の大会である。

俺はインナーの後輩のケアと、ジャッジとして大会運営に携わった。

この大会はいろんな意味で思い入れがあって話せばクソ長くなるから省略するが、実長副実長の二人は忙しい中すごく一生懸命まとめてくれて俺自身もジャッジとして大会を楽しめたし、多くの後輩達が大会に出てくれて激しいプレッシャーに耐えながら必死にがんばっている姿を見れて、本当にやった甲斐があった。



●コナン祭り2008(ゴールデンウィーク)

コナン2008臼井主催、毎年恒例の企画が今年もやってきたッ

コナン祭りとは、今年で23歳になるいい歳こいた大人たちが、ちびっ子たちに混じって劇場版名探偵コナンを見に行く企画である(2006年5月8日「探偵たちの鎮魂歌」参照)。

今回は第12作目「戦慄の楽譜(フルスコア)」

今年は俺、臼井、深澤、桝本、吉田、フジガが出場

上の写真は、毎年恒例の映画館に突入する前にマックでハンバーガーを大量に買って食う儀式の図。

しかし皆歳をとって体力が低下しており、俺の記録はメガマック1つだった

映画鑑賞中は隣で深澤がコナンのありえない展開・行動力に大はしゃぎ

だが俺達が大人になりすぎたからか、最近は犯人が誰だかわかっちゃうし、内容の質が低下してきたというのが皆の評価だ。

コナン後祭り映画の後は「とりあえず高校行こうぜ」ってことで、臼井カーで佐倉高へ

休みだったので当然人の気配はなかったが、なんだか祭囃子が聞こえてくる。

すると駅の近くで祭りをやっていた

祭りに繰り出した俺達は500円ずつ出し合い、ゴールデンウィークの真昼間から焼き鳥とビールをかっ食らうド平和な23歳の大人たち6人

この後はバイト等で何人か帰り、コナン祭りに来ないで特に意味もなく家でお父さんとお母さんと一緒に居た横ちゃんを連れ出してお好み焼きを食べに行ったとさ




●就職活動(2月上旬〜5月上旬)

本格的に始めたのが2月過ぎてからというかなりのスロースタートだったが、4月の頭には初めて内々定をいただき、悩んだ末に5月上旬にはいつでも微笑をくれた猪鼻を捨てて某企業に就職する決意をした



●アッセン2008(6月上旬)

アッセン(Assembly)とは、簡単に言えば春セミとは違った形式で日本一のディスカッサントを決める大会である。

この大会も春セミと同様、後輩のケアとジャッジで関わった。

後輩をケアしに行くのも今回で最後だと思うと若干寂しい気もしたが、老兵はただ去るのみ。

これから先は次の世代、現役たちが作っていくものだから。

それに後輩に「また部室に現れましたね」って言われるからな



●教育実習(6月中旬〜下旬)

我が母校・佐倉高校で英語科の教育実習生として2週間お世話になった

ホームルーム担任も兼ねており、2年B組を担当。

俺の指導担当の先生はサッカー部の顧問でもあり、部活にも呼んでいただいた

また、他の教育実習生には手島やてっぽう君(漢字出てこない…)、学くんがいた。

手島の担当の先生は英語教育においてかなりの大物らしく、手島は授業を英語ですしていた

2週間で色々なことをやらせてもらったが、教師という職業は想像以上に大変だと身をもって感じた。

授業だけでなく部活、学校の事務等も兼任し、同僚、生徒、保護者との人間関係など様々な制限や状況の中を生きていくには強い信念・意志がないとできない。

それはまさに尊敬に値する。

そんな大変な仕事を平和な佐倉高校でやらせてもらえたこと、元担任の中澤先生をはじめ多くの方にお世話になったことをありがたく思う。

2-Bの子たちとも、最終日の球技祭を通して一気に仲良くなれてよかった

大変だったけど充実した日々をありがとう。

文化祭にはもちろん行こうと思います



●ドライヴ(7月中旬)

ハヤヲ企画のイベント

レンタカーを借りてハヤヲ、ほしまり、イチロー、寛子とともにトリックアート美術館、高尾山へ行く旅。

ハヤヲや寛子が日記に書いてくれてるから詳細は書かないが、こういう日帰りドライブもなかなかいいもんだ

高尾山登りはいい運動になったし、帰りに寄った温泉(スーパー銭湯?)は気持ちがよかったなぁ

だが俺のドライビングテクニックを披露しようとしたのにハヤヲにあぶねーと言われてハンドルを取られたー

またドライブ行きたいですよ



●ディススタ合同飲み(7月下旬)

56〜58代のディスカッションスタッフによる飲み会

メンツは以下の通り

56代:家村さん、TMHRさん、夏苅さん
57代:俺、赤嶺
58代:さとし、沙紀ちゃん、千里、江口、とみー(呑みー)、ちーちゃん、まちか

馬場駅戸山口前の店で飲む。

ちーちゃんをいじり倒していた家村さんはすげぇーと思った

話によると、どうやらちーちゃんは甲子園のキャッチャーを務めるそうです

実に楽しい飲み会でした

企画してくださった先輩達に感謝ですm(_ _)m

その後は残った人たちでカラオケへ

ちーちゃんはドラえもんの映画「のび太とドラビアンナイト」の主題歌を歌っていた。

神チョイス。

家村さんは例の如く筋肉少女隊などを披露。


家村さん「呪いの館には行っちゃいけねぇ


呪いの館によって終電を失った先輩方と俺は大杉博士の家でのウイイレ大会を楽しみにしていたが、こんなときに限って実家の京都に帰還中だった

そんなとき、俺らを救ってくれた救世主は浪人、一人暮らし、社学、逮捕、変態という負の要素をふんだんに吸収した男・はしもだった

夜12時過ぎにはしもに電話をかけた


俺「今何やってんの?」


はしも「テスト勉強してます


俺達は救世主の家に泊まることにした

ド迷惑なOBたちは粗品を持って橋本家に侵入

はしもと夏苅さんは幽々白書セリフ当てごっこを楽しんでいたのでまぁ良いだろう。

男どもは始発までくだらない話をしていたとさ



●選手権(この前)

選手権とは、高校3年生にとって最後のサッカーの大会である

俺は教育実習で佐倉高校サッカー部を見た経緯もあり、大会を見に行くことに。

1回戦はvs市原中央高校で、筋肉お化け・イサヲと一緒に見に行った

押しつ押されつで危ない場面もいくつかあったが、3-0で勝利した。

イサヲは今でも社会人チームでサッカーしてたり小学生に教えてたりしてるだけあって、色々指摘していた。

特にキーパーについては顧問の先生と意見を交わしていた。

2回戦はvs小金高校で、真っ黒お化け・吉窪と一緒に市原緑高校まで見に行った

市原緑といえば俺達のあの夏が終わった、なんとも感慨深い場所である

試合が始まり、佐倉も小金も一進一退の攻防が続いた。

隣では吉窪がセルジオ以上に暴言を吐きまくってセル窪だった

どちらが勝利してもおかしくないような状況だったが、両者1対1のまま延長になり、延長でも決着がつかずPK戦へ。

佐倉の選手が2回外してもうだめかと思ったが、逆に相手のキックを2回止めてサドンデスへ。

それでもなかなか決着がつかず、ついにPK戦は2週目へ

13人目あたりでついに相手が外し、佐倉の勝利

久しぶりになんとも劇的なおもしろい試合を見た気がした

3回戦はvs東京学館浦安という強豪相手。

俺は見に行けなかったがどうやらイサヲが見に行ったようで、結果は残念ながら0-5で敗れてしまったらしい。

2年生はこの悔しさを胸にこれからもっともっとがんばってほしい。

3年生もそれぞれの道を精一杯歩んで欲しいと思います。

本当にお疲れ様でした。



●親父の手伝いバイト(つい先日)

一昨日まで、親父の仕事の手伝いで、埼玉県深谷市で行われているバスケのインターハイ会場で大会記念Tシャツなどを売る売店のバイトをやった

早朝から売店設営の準備があったので2泊3日した。

屋外だし、サウナのような環境でやるので快活(ネットカフェ)と比べるとそれほど楽な仕事ではなかったが、何より一番ビビッたのが客質の違いである。


売店バイトのお客さんの特徴
・笑顔
・愛想がとてもいい
・「これ超かわいい」、「お、これ良くね?」など嬉しいリアクションが豊富
・「ありがとう」と言ってくれる


快活の客の特徴
・無表情
・無愛想
・話を聞かない
・態度がでかい
・小汚い
・臭い
・ひどい
・毎日来る
・言語障害
・会話が成り立たない
・万引き
・周りの迷惑とか考えない
・めんどくさい
・気持ち悪い
・女装をする
・真夜中に食事を大量に注文した挙句残す
・全裸で寝る
・そんなん自分の部屋でやれやってことを平気でする
・「こちらにお名前をカタカナフルネームでご記入下さい」と言ったら「てめぇケンカ売ってんのか」と言う
・金を持ってきていない
・しばらく来てないなと思ったら近くの工事現場で快活代を稼いでいる常連
・アダルトビデオの撮影をする
・アダルトビデオを店員に売ろうとする
・アダルトサイトを店員に勧める
・借金取り
・ヤクザ
・天山
・猫
・蛙

簡単に言えば、クソ野郎です(´д`)


俺は普段いかに閉ざされた狭間の世界にいるのかってことをよく理解した。

今回のバイトでは疲れたけど、気持ち良く仕事ができた

これでサブサマー代3万円を手に入れることが出来た



思い出してみればいろいろあったもんだなぁ

そりゃ半年だからね

そして明日からはサブサマー

サブサマー(2006年08月15日「Sub Summer Camp 〜1st day〜」17日「Sub Summer Camp 〜2nd & 3rd day〜」参照)とはWESAの夏の遊び合宿で、俺がWESAに残るきっかけともなったイベント

小西の変態っぷりに期待。

和多田と上野のコラボに期待。

楽しみにしております

libero_revolution at 21:48|PermalinkComments(7) プライベート 

2008年02月06日

GLAレスハイ2008冬〜オツカレーション〜

2月3日、予告どおりAレッスンのレスハイ。

雪景色家を出ると外は一面ヒャダルコ

鬼寒なヘビーウェザーの中、俺は高田馬場へと向かった

雪のせいで多少電車が遅れはしたが、13時に馬場に着く。

13時なんて時間が早すぎると思いませんか?

実は、レスハイの前はいわゆるデートだったのです


……男すぃですが(´д`)


優さん(55代ディスネゴ)がお食事に誘ってくれたのでしたー\(`▽´)/ワァーイ

___________________________________________

用語解説
ここでWESAを知らない人のためにいくつか用語を解説しましょう。(以前解説したものは除く)

●ディスネゴ:「ディスカッションネゴシエーター」の略。他大学主催の大会への参加を申し込んだり、他大学とのパイプライン役を務める。

●コンクル:"Conclusion"(結論)の略。

●エンタテ:"Entertainment"の略。WESA(ESS界)では特に一芸やネタのことを指す。

●ウィンター:"Winter Camp"の略。春休みに行われるWESAの勉強合宿。WESAの合宿は勉強だけでなく遊びの要素も盛り込まれているのであるッ!!

●レススタ:「レッスンスタッフ」の略。WESAのやっている活動のうちの一つ「レッスン」(時々英語で行われる)を取り仕切る人たちのこと。陽気な人が多い。

●サンパーク:WESAのキャンプの打ち上げ飲みのこと。または打ち上げが行われる、新宿歌舞伎町近くの会場のこと。この打ち上げではハードなキャンプを乗り越えた現役たちをOBがねぎらいにやってくる。というか、酒を武器に殺しにやってくる。数年前は救急車が呼ばれるほど激しいものだったという噂。終了前はバイオハザードのようになる。現役の皆さん、ウィンターのサンパークを楽しみにしておりますm(_ _)m

●スプリング:"Spring Camp"の略。3月上旬に行われる完全な遊び合宿。2年前は俺もマネージ側の一人として合宿の運営に携わっていた(と思う)。3年連続皆勤賞の予定。詳しくは2006年3月11日「Spring Camp 〜Preparation〜」3月12日「Spring Camp 〜Success〜」を参照。

●レッスンリーダー:AからHまであるWESAの活動「レッスン」における、各レッスンの長。2007年度Aレッスンのリーダーは、レッスンチーフでもある松井が務めていた。

●レシコン:"Recitation Contest"の略。5月に行われる、新入生を対象としたスピーチを暗唱するイベント。お偉い大学教授をジャッジに招いたりする。

●サマー:"Summer Camp"の略。夏休みに行われるWESAの勉強合宿。人の人生を変えてしまうほどの力を持っているらしい。コミはこのキャンプに命を懸けている

●KUEL:"Kanto University English League"(関東大学英語連盟)の略(だと思う)。KUEL2008の委員長には、我らが57代WESA暴れん坊部長・杉ちゃんが就任。さらに彼はJUEL(全日本大学英語連盟?)の委員長も兼任しており、日本を牛耳る男になっちゃった。果たして彼はどんな嵐を巻き起こしてくれるのか、波乱の予感である。

●クエラー:KUELの役員を指す。WESAからは毎年4人派遣されており、加盟校のクエラーたちと大会運営などをする。WESAでは前年のクエラーが翌年のクエラーを決めるようだが、噂によれば他大学では選抜までやるらしい。
___________________________________________


今回は馬場駅前のBIG BOXを一望できる焼肉屋(?)「ねぎし」に連れてっていただきました

入り口がわかりづらいせいか、店は比較的空いていた。

カルビ定食やら、牛タン定食やら、東北遠征を思い出すような品々。

単なる焼肉屋ではないようだ。

俺らは鶏肉定食(?)を注文したが、これはヤヴァイぞ!

肉が柔らかくて……そして、旨い

彦摩呂





       鶏肉の豪雪地帯やぁ〜(`▽.´)






駅前なのにこんな穴場スポットがあったとは

吹雪く都会を横に見ながらのランチとはなかなか小粋なものですな

それにしても優さんと話をするといろいろとためになるな!

優さんに自己分析してもらいました

そして「もう就活はどげんかせんといかんですよ」というコンクルを得た俺(´д`)

また、「都会育ちの子供たちは物質的な豊かさはあるけど、自然の豊かさはないからかわいそうだ」という話をして小一時間経ち、店を出た。

その後はBIG BOX一階のカフェでマターリ

と思ったのだが、どうも優さんとここに来るとエンタテのネタばかり考えてしまうようで、優さんのアイデアで俺のケータイのネタ帳を豊かにしていただいた。

なんだか杉がヨゴレになるようなネタばかりだった気がする

ていうか、俺はウィンターでエンタテまで残るべきか否か……?

ディスは2日目の昼間で終了なのに、部長や副部長でもないのに最後まで残るとか痛いよなぁー…

今でさえOBの中の新学出現率トップ3に入る自信あるのになぁ…

我々のレススタさんの中では「そうか、ベイベンが…」みたいなかんじになってるらしいしなぁー。

一応「いや、ディスのケアだから」といいわけを言っておいたんだがなぁ。

無駄に滞在してもお金かかるし、就活あるし、サンパークのプレパもしなきゃだし

後輩に聞いても気を使ってネガティブな返事は避けてくれるんだろうから、OBたちのリアルな意見を聞きたいにゃー

てか他の活動ではOBは一体誰が来るんだろうか。

決まってる人がいたら教えてください。

などという葛藤があったりなかったりして、また小一時間経過

4時になり、レスハイの集合時間になったので、優さんとはここでお別れした。

 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


2月3日午後4時、高田馬場BIG BOX前がレスハイの集合場所になっている。

しかし、そこに時間通り4時ジャストにそこにいたのは寺井だけだった!!

寺井がデキる男なのはわかったが、それにしても他のやつはどうした

実はこのレスハイ、キャンセルが続出したのであった



,海法(数日前)
「レスハイ行けなくなりました」


俺(なんで行けなくなったんだろ。教育学部教授陣単位乞い巡礼の旅にでも行くのだろうかー)



美里(当日の朝)
「スプリングの下見に行ってたんですが、雪のせいで帰りのバスがなくなっちゃって…電車で帰るとすごく時間かかっちゃうんです。残念です…うぇ〜ん


俺(そうかぁー、それはついてない災難残念だ…。)



f(昼ごろ)
「横須賀線が止まっちゃって本当にすみません


俺(電車止まっちゃったのかー、じゃあしゃあないわなぁ)



い箸漾(昼過ぎ)
「体調悪いので欠席させてください。ごめんなさい(泣)」


俺(マジかぁー、お大事にな(´д`))



ダ椎(忘れた)
「雪がひどいので本日は欠席します」


俺(おんみゃーそりゃメンタルの問題だろいつもの作戦じゃねぇか(`д´))




そんな5つの悲しみを乗り越えた俺がいました。

デキる寺井と話しているとたのり&いっしーから連絡が入り、さらに遅れてきたふっきー&麻美ちゃんとも合流して、いざボウリング場へ。

レスハイ前半戦はボウリングの予定だったが、混んでいたので急遽ビリヤードに変更。

そういやふっきーとは2年の頃からレスハイでビリヤードやってるなぁ。

いっしーと麻美ちゃんは初ビリヤードだったようだが、楽しんでくれただろうか。

たのり&寺井は経験者だった。

どうやら寺井のコンセプトは「狙った獲物は逃さない」、たのりは「じらし屋」のようだ。

俺は「二兎を追うものは自爆する」というかんじだった(´д`)

そんな風にワーワー言うてると再び悲しいお知らせが



Δ魁爾靴蹇
「(件名)やっちまいました…
 (本文)すみません、これから懺悔が始まります。(中略)今、目覚めてしまいました…」



ドグサレ























貴様は次回からレスハイ強制参加だッ!!(`Д´)

一方、たのりのケータイにもドグサレなお知らせが。



Ь西
「5時集合だと思ってました」


いいわけ




このヤロウはシャ乱級の言い訳を言い放ちやがりました(`д´)







こいつの行動はメンツとだるいかだるくないかで決まりますが、つべこべ言わさずに来させることにしました。

そしてその後もビリヤードで遊び続け、レスハイ第一幕は終了。

寺井たちにはビグボに着いてゲーセンで遊んでいた小西を連行しに行ってもらい、俺と女コミさん二人は下で待つ。

すると寺井から電話が


寺井「ベイベンさん、先に飲み屋に行っててください


俺「なんで?(メダル)当たっちゃったの?」


寺井「当たっちゃいました



小西め…(`Д´)

もう予約時間が迫っており、仕方ないから三人で第一幕を締めることに

ふっきーと麻美ちゃんは来てくれてありがとねー

その後すぐ俺は馬場の飲み屋「居心伝」に急いだ

実はこの店、キム(WESAじゃなくてゼミのね)がバイトをしている居酒屋だったのだ!

店に入ったらキムに案内されて席に着く。

星飛雄馬のクリスマス


だがそれはまるで星飛雄馬主催のクリスマスパーティーのように静かで、孤独な飲みの席であった(´Д`。)



しばらくしたらようやくレッスンリーダー松井が合流。


まついが仲間になった


他の連中はもう向かってきているようだが、入り口がわかりづらいだろうから店の外まで迎えに行くことに。

寺井、いっしー、たのり……の中に小西が何食わぬ顔で紛れていやがる。


べいべん容赦せん!!



















ムカついたので、俺のスカウターでヤツの戦闘力を測ってやることにした


ゆうごステータス















注)人によっては実際のイメージと異なる場合があります


小西ゆうごの経歴______________________________

説明しよーーうッ
附属の特権である「エスカレーター方式」によって入学。
WESAには4月から入り、Aレッスンに所属。
レシコンやサマーではファイナリストになるほどの実力者なのに「スピーチはもういいです」などと弱音を吐く。
レッスンでは松井の格好の標的となり、いじられることに快感すら覚える。
「ディベートはいいです」などと言い張り、未だにディベを敬遠している。
後期最後のディスの大会「東北遠征」では「俺、しゃべりません」などと意味の分からない宣言をする。
そして、KUEL2008の戦闘員「クエラー」の4号にジョブチェンジし、大杉委員長の下でこき使われる人生を選択する。
しかし第1回KUEL会議でのゆうごの感想は「他大の人たちがやる気ありすぎて、温度差を感じました」である。

_________________________________________



GLAレスハイ2008冬気を取り直して飲み始める

自分のビールを寺井のジョッキに移すという、ゆうごの粗相にはあきれ果てた

しかしながら、こうして顔を合わすのも久しぶりだ。

引退したのが12月上旬だから、2ヶ月ぶりぐらいか。

他愛もない話に花が咲く。

本来は2時間制だったが2時間半くらいいたかな。

1年生は春休みの旅行の計画を立ててたり、皆元気で何よりだった

飲み会が終わり、店を出て駅で解散。

しかし、翌日朝から定例総会を控えた俺は宿屋(22号館)で夜を明かすのだった…



バイトもサークルも、俺が企画するとなんでみんな来ないんだろう。

教えて、おじいさん…。




かなしさが8あがった

libero_revolution at 13:08|PermalinkComments(12) 学校 

2008年01月14日

出るOBは打たれる

1月12日(土)、また例によってドラクエとバイトで1日をつぶすという死体ぶりを発揮した俺は翌日1月13日(日)、さすがにそろそろお日様のシャインを浴びないと腐った死体になってしまうと恐れたので、お出かけしようと思った。

先日新学に行ったとき、よしきが「べそさまディベ応援に来てください!」と誘ってくれたのを思い出し、年末年始返上でプレパしていた後輩たちの勇姿を見てみたいということもあって、俺はディススタでしかもOBのくせにディベートの大会を見に行こうと決意する。

_______________________________________

用語解説
ここで、WESAをよく知らない人のためにいくつか用語を解説しましょう。

WESA:かつて俺が所属していたサークル。何度もやめようと試みたが失敗。"Waseda English Speaking Association"の略。和名は「早稲田大学英語部」。
新学:早稲田大学のサークルの部室がある建物「新学生会館」の略称。もちろんWESAの部室もここにある。
ベイベン:説明すんのが恥ずかしいので省略。
べそさま:同上。
ディベ:「ディベート」の略。WESAがやっている活動のうちの一つ。普通、ある論題に対しその論題を肯定する側と否定する側の2チームに分かれて議論し、第三者であるジャッジに自分たちの主張を納得させるというゲーム。英語で行われる。
プレパ:準備。"Preparation"の略。今回は「大会に向けての準備・練習」といった意味合いで使われている。
ディススタ:「ディスカッションスタッフ」の略。WESAのやっている活動のうちの一つ「ディスカッション」(もちろん英語で行われる)を取り仕切る人たちのこと。ちなみに俺は昨年度(第57代)のディススタであった。
コミ:"Committee (members)"の略。WESAを運営する最上学年の人たちを指す。また、OBになると代をつけて区別する。
パンツ:"Participants"の略。大会などの「参加者」の意。ズボンや下着ではない。
リブラ:WESAが運営する英語ディスカッションの大会"Libra Open Discussion Meeting"のこと。例年10月下旬頃に開催している。
レスハイ:「レッスンハイク」の略。WESAのやっている活動のうちの一つ「レッスン」(週1コマ)に所属するメンバーどうしで遊びに行くイベント。不定期的に行われる。次回のジェネラルAレスハイは2月3日に開催予定。みんなちゃんと空けといてね。
_______________________________________


行きの電車の中、やっぱりOB一人で行くのは不安だったので、57代コミメーリスに回した


「今日ディベートの大会見に行ってる人いるー?」(`▽´)


返信皆無。


みんな就活がんばってんだねもういいよ(`Д´。)バカ


会場の東洋大学に到着

そこにいたのはディベスタ、パンツの恵理子、翔、淳コジマ、亮だけでなく、カツヲ、美里、デューク、矢田が応援に来ていた

いやぁ、友達想いで偉いねぇ

だが当然ながらそこに他のOBの姿はなく、居場所に困る俺

今の俺はいわばしゃしゃり出るOB。

やはりもうOBなんだから、家で大人しく腐ってるべきだったか…

そんなことを考えていると、OBは早速打たれてしまうのだった。


Actual Case
カツヲ「矢田ちゃんって、添加物とかは体に悪いからそういう食べ物はあんま食べなさそうだよねー。」


矢田「こういうお菓子(俺が買ってきた差し入れ)って添加物たくさん入ってそうですよねー。」


そんな体に悪いもん買ってきちまってすいませんでした(`д´)




Actual Case
俺「矢田、お前なに一人でニヤけてんだよ


矢田「いやぁ、それはもう、ベイベンさんですよ。」



てめぇそんなに俺の顔がおもしれぇですかぁ(`Д´。)



伏兵・矢田がOB打ちをするとは…。

みんな(OB)は打たれないように気をつけましょう。

それからこの日の2試合目が始まる時間になり、オープニングルームからラウンドルームに移動した。

俺ははじめに恵理子&翔vsKESS(慶応のESS)の試合を見ることに

翔はリブラで同じテーブルでディスをしたことはあったが、ディベを見るのは初めてだ。

普段はすごく大人しくて、翔がディベをやる姿はあまり想像できなかったが、しっかりがんばっていた

さすが恵理子は落ち着いており、翔をサポートしつつ勇ましい姿を見ることができた

後半は淳&亮の試合を見ようと思っていたのだが、ディベの試合の雰囲気はどうもなぁ。

途中で部屋を出たり入ったりするのは気まずくてしょうがないっすよ

結局怖気づいて恵理子と翔の試合を最後まで見ることに。

淳&亮ごめんねm(_ _)m

恵理子&翔の試合は俺が聞いていた限りでは、時々KESSの言ってることが意味わかんねーと思ってWESAが優勢かと思ってたんだが、結局どちらがかったんだろう。

試合が終わってオープニングルームに戻り、表彰式(?)を見て皆に別れを告げ、東洋大学をあとにした。

しかしながら、毎日朝から晩まで大学受験のようにプレパするディベ人には頭が上がらないな。

(ディベーターだけではないけど)彼らの精神力、向上心、ストイックさは尊敬に値するよ

これからも、ぜひがんばってほしいな。



オノデン坊やその後は、オタク型スタンドやオノデンなどの家電量販ダンジョンがひしめくはざまの世界・秋葉原に上陸。

オノデン坊やは未来と遊ぶらしい。

秋葉原なんてレスハイかコスプレの衣装を買いに行ったぐらいだが、今回はポータブル音楽プレイヤーをお求めです

というのも以前はソニーのプレイヤーを持っていたのだが、去年の4月頃に誤って服のポケットに入れたまま洗濯してしまい入水

機能が終了してしまいました(´д`)

それからというものの、俺の生活から艶と潤いが消え失せ、東京砂漠。

さらに、WESAに金も時間も奪われた俺は復活できずに今日に至る。

だがそんな枯れ果てた日々からも今日でおさらばさ

などと意気揚々と各店、各機種を比べまわって買ったのがソニーのウォークマン。

4GBで13800円也

世の人々は皆i-podを手に入れるようだが、俺が必要とするのは映像ではなく音楽であるから、少々値段の高いi-podよりもこっちを選んだのである。

家に帰って早速曲を入れて上機嫌


これで朝の通勤ラッシュでオヤジモンスターたちから鼻息攻撃されてもたえられるぜぇッ(`▽´)


バイト中、音楽を聴きながらパソコンをカタカタいじる上機嫌な俺


これでムカつく客が来ても接客できるぜぇッ(`▽´)


……(`▽´)


…………(`▽´)


だ、誰か「現実を見ろ(就活しろ、テスト勉強しろetc)」と言ってください(´д`)



だらしなさが7あがった
ウォークマンをてにいれた
とくぎ「げんじつとうひ」をおぼえた


libero_revolution at 21:03|PermalinkComments(12) 学校 | プライベート

2008年01月13日

I's

新年早々、釜田さん(バイト先の元先輩)から電話がかかってきた


「フットサルの人数足りねぇから来てくんない?」


釜田さんがマネージするフットサルチーム「I's」(アイズ)は釜田さんの成田高校時代の友人で構成されたチームである。

しかし、なぜかそのうちの8割は野球部という不思議な世界。

今回はそこに助っ人として招いていただけるとのこと。

実はサッカーなんてサブサマー(8月初頭のWESAの遊び合宿)以来やっていなかったのだが、これまで釜田さんには何度もお世話になっており、何度もフットサルに誘ってもらったのに散々断ってきたので、今回は参加させていただくことにした

鬼太郎1月6日の朝、寝坊してしまった俺は鬼太郎みたいな頭のまま、地味なしましまのちゃんちゃんこではなく目立ちすぎる真っ赤なベンチコートに身を包んで、車で染井野にある「佐倉フットサルコミュニティ」に急いだ

到着したら、今まさにコートで開会式っぽいことをしている最中のようで焦ったが、I'sのメンバーはコートの外にいたので、「代表者(釜田さん)だけが話を聞きに行くのかな」と思っていたら、釜田さんが重役出勤してきた

さすがです。

これで今日のメンバー7人がそろった模様。

ではそのメンバーを紹介しよう



釜田さん:I'sのキャプテン(多分)。大学時代はサッカー部。現在は某有名カード会社勤務。
早川さん:元メジャーリーガー体格パないアメリカの野球ゲームにも登場するほどらしい(でも本職はピッチャーなのにDHになってるらしい)
政光さん:教員2年目。最近何かやらかしたらしい。
鵜澤さん:家族は警察官なのに、よくスピード違反で捕まるらしい。
津久井くん:俺と同い年で、千葉敬愛のキャプテンだった。イサオや田中、田沼のことを知っていた。
くさかべくん:同じく同学年。彼もイサオたちを知っていた。津久井くんとは中学の同級生(だと思う)。
:●波崎グリーンカップ2007優勝(出場時間0秒)
    ●佐倉市民大会2007優勝(出場時間0秒)
    ●M-1グランプリ20061回戦出場(セリフが飛ぶアクシデント)
    ●さっき起きた。



他の人の経歴を聞いてマジビビったので、ちゃんと皆さんに「今日はがんばりますが、俺、サッカーやるの半年ぶりですから」とあらかじめ告げておく俺

津久井くんとくさかべくんは、釜田さんとはNFC(成田フットボールクラブ)で現在一緒にサッカーをやっており、今回助っ人で呼ばれたようだ。

そして二人は俺にタメ口で話しかけてくれたが、俺はなぜか敬語を使っていた。


今回I'sはウルトラビギナーズというランクの大会に出場していて、全8チームがAブロックとBブロックに分かれ、3試合やって各ブロック内での順位をつける。

そして4試合目はそれぞれの1位どうし、2位どうし、3位どうし、4位どうしが対戦することになっている。

また、1〜3位のチームはなんと賞品がもらえるのだッ


ついにI'sの第一試合が始まるッ


(注)記憶をたどって書いているので、微妙な誤りがあるかもしれません


1試合目はまだ体が温まってなかったからか、前半に2点を奪われてしまう

しかし後半には津久井くん&くさかべくんコンビのお陰で1点を返し、俺もミドルレンジからのボレーシュートを決める

さらに決勝点を追加し、逆転勝利

久々のサッカーなのに動けた

第2試合。

一進一退の攻防が続いたが、点を取られてしまう

I'sサイドも良いシュートを何本も打っているのだが、相手キーパーが神がかっており、ことごとく阻まれてしまった

そして俺の体力は早くも悲鳴をあげ、ヘロヘロだった(´д`。)

結局この試合は敗退

次は絶対に負けられない第3試合。

この試合も接戦だったが、何とか勝つことが出来た

結果、I'sはブロック2位だった

やがて、何試合かインターバルを置いての最終戦

もう一方のブロックの2位と対戦する3位決定戦。

相手はおじさんたちだったが、この人たちよく動く

このとき俺はもうバテバテで、役立たずだった

試合はお互い2点ずつ取って終了。

ここからはPK戦のサドンデスになる。


うざわさんのこうげき!!
うざわさんはシュートをはなった
あいてゴールにつきささった
おじさんのこうげき!!
おじさんはシュートをはなった
ミス!キーパーまさみつさんはおじさんのシュートをはじきとばした
I'sはおじさんたちをやっつけた!



I'sは見事PK戦を勝利して、3位を勝ち取った

表彰式

順位が発表され、記念撮影が行われ、賞品のバッグ(だと係の人は言い張る)を受け取るチームI's。

俺とくさか君俺は賞品を手にし、ド派手な赤いベンチコート姿でくさかべくんと勝利の余韻に浸りまくっていた(´д。`)

ちなみに賞品のメーカーは俺愛用のKELMEである。

だがこの直後、くさかべくんに「北川くん」と名前を間違えられる悲しい俺(´д`。)

それから俺達は津久井くんとくさかべくんに別れを告げ、臼井のデニーズで昼食

その後はバッティングセンターでまた一汗かき、帰宅した


いやぁ、久々に運動したから疲れたがとても気持ちいいね

だが翌日には深呼吸できないほどの筋肉痛に襲われ、家に引きこもる俺

でもこれからは就活の合間をぬって体作りしよう!…と思う。



大募集
サッカー部の連中にはすでにメールを回しましたが、NFC(成田フットボールクラブ)のメンバーを募集しているそうです
11人制で、土日を中心に月に何度か試合をしています。
メンバーは津久井くんやくさかべくんらつわものぞろいで、結構レベルは高く、純粋にサッカーを楽しめると思います!
それにおそらくフットサルはすぐにできても、11人制のサッカーはなかなかできないだろうから良い機会だと思うよ!
諸経費はユニフォーム代、登録料込みで1万円程度だそうです。
ちなみに今日もNFCの試合があったらしいですが、人数が足りなくて負けてしまったそうです。
それくらい深刻だということですね
NFCの未来は俺にかかっているとまで言われました
興味のある人は俺に遠慮なく連絡してくださいね!



ちからが6あがった
たいりょくが8あがった
すばやさが4あがった


libero_revolution at 21:41|PermalinkComments(5) バイト 

2008年01月06日

ヨコタ。をプロデュース 〜New Year Sale〜

2007年12月下旬、俺とフジガとよこちゃん(+吉窪)が志津のお好み焼き屋で食事をしていたときのこと。


俺「ねぇ、横ちゃんは最近服はどこで買ってんの?」


横ちゃん「うぅ〜んユーカリサティの『semantic』


(`д´)



ユーカリが丘サティの3階にあるショップ「semantic」といえば、俺が高校生・浪人時代に家から近かった上に「案外オシャレだな」と思って買いに行っていたが、大学に受かってバイトを始めたら釜田さんにボロカスにダメ出しされたところである。

横ちゃんよ、みんなであんだけがんばってプロデュースしたのに(2006年3月18日「ヨコタ。をプロデュース」/2006年4月11日「ヨコタ。をプロデュース 〜渋谷・原宿Style〜」を参照)……あの「smart」デビューしたオシャレの伝道師・森田(タイ人男性の動画を愛用)が聞いたらブチ切れるよ?Y(`д´)

横ちゃんのチョイスが「ファッションセンターしまむら」であるよりはマシだったが、せめてsemantic向かいの「TAKA-Q」であってほしかった

これはもう、またやるしかないな

そして1月4日、ニュー・イヤー・セール中の原宿・渋谷に旅立ったのだった

というよりは、俺が買い物をしたくて誘っただけなのだが

今回は久々の買い物ということで、俺も装備を充実させてオシャレモンスターたちが集う原宿に乗り込んだ


俺の装備
【頭】        黒い帽子 (3000yen、ジーンズメイト?)
【首】        高級感あふれる100均のベルベットのワインレッドのマフラー (100yen、取り外し可)
【インナー   "PLAY"だらけのTシャツ (8000yen、コムデギャルソン)
【インナー◆  スティッキィ・フィンガーズみたいなグレーのパーカー (12000yen、SHIPS)
【上着】       シワシワ加工の黒いジャケット (8000yen、津田沼マルイのどっか)
【手】        ワケありの手袋 (取り外し可)
【下】        ジーンズ (5000yen、HARE)
【靴】        以前釜田さんから頂いたスパイクみたいな黒い靴
【鞄】        黒いメッセンジャーバッグ (9000yen、ManhattanPortage)


前とほとんど変わっていないが、今できる最高レベルの装備である。

この1年、金はほとんどWESAにつぎ込んでいたので、ゆーたろのようにバーバリーでそろえるほどの財力は持っていなかった

11時に待ち合わせをしていたが、自分から誘っといたくせに前回のブログを書いていて30分遅刻

しかしながら正月の竹下通りはモンスターだらけだ。

果たしてこの中で待ち合わせなど可能なのだろうか。

竹下通りのセブン前で横ちゃんを見つけた

それでは横ちゃんを知らない人、忘れちゃった人のためにもう一度横ちゃんについておさらいしましょう


_________________________________________


本名:横田耕一(あーもうこれで検索すると出てきちゃうね)

現在JKの彼女・横田妻(みほぷぅ)を持つ横ちゃんは中学、高校1年の1学期までは福島県郡山市ですごす。
そして夏休みに千葉県佐倉市に越してきて、佐倉高校に編入したのである。
横ちゃん編入の噂を聞きつけた俺がエツヲに「彼サッカー上手いらしいよ!」と話したときのエツヲの返事は

「あん?たいしたことねぇよ」

そして横ちゃんは佐倉高校サッカー部の左ハーフとして活躍するが、合宿ではドラえもんの柄のパジャマを持ってきてしまう
部活引退後は大学入試前日までポケモンカードをやっていたくせに、某有名理系大学に現役合格。
大学のサッカー部に入るがすぐやめた。
しかし2005年、大学1年のときバイトで運命的な出会いを果たす。
彼のバイトは最寄駅前にある某個別指導学習塾講師で、そこで教えていたのがまだJCだったみほぷぅ。
そしてこともあろうに横ぷぅは自分の生徒に手を出してしまったのだ
この事実はどうにか塾にはバレす、やがて二人は見事に結ばれましたとさ
みほぷぅが入学して塾をやめた後は、みほぷぅの弟が横ぷぅの生徒となった。
しかし、横ぷぅにはある残念な点があった。

「いまだにお母さんに服を買ってきてもらっているッ

ジャンパーは妹に借りてしまうほどだった
この衝撃に事実を知った俺とフジガは「このままでは横ちゃんがファッション的に再起不能になってしまう」と危機感を覚え、幕張のアウトレットで横ぷぅをカスタマイズしたのが2006年3月。
その後、森田と吉田を投入して原宿&渋谷にやってきてはぐれメタルを倒してレベルアップしたのが同年4月
だが一時期なぜかサッカー部から遠ざかり、最近復活した。
就職も決まり、彼女とも仲睦まじい横ぷぅには「幸せ」という文字しか見えなかった。
だが……

_________________________________________



俺は横ぷぅにこの日の装備を聞いてみた。


semantics横田本日の横ちゃんの装備


【インナー 曄 semantic

【インナー◆曄 semantic

【ジャケット】   semantic

【パンツ】     semantic

【マフラー】    妻からのプレゼント





俺β




               なぜぇっ(`д´。)







今までのみんなの協力が台無しだった

しばらくすると妻がやってきた。

彼女に会うのは1年ぶりくらいだが、だいぶ大人っぽくなった気がする

髪型も変えて、間違いなく同年代の子よりはるかにオシャレだろう。

そして俺達は竹下通りを出て、いくつか店に入った。


俺「横ちゃん、今日はどんなの買おうか考えてきたの?」


横ぷぅ「うぅ〜んニットのねぇ、首があったかいやつ


俺「新年会でイサオが着てたようなタートルネックのセーターみたいなやつ?」


横ぷぅ「うん、それ3000円くらいのやつがいい



ユニクロで買え



















所持金は1万円らしい

価格高騰の地域なのに3000円で買えるわけなかろうがッ(`д´)

横ちゃんの欲しい「ニットの首があったかいやつ」を探しつつ、また店を回るがなかなかない。

やがて昼食を食べに中華料理屋に入った。

そこではみほぷぅが横ぷぅからもらったという、横ぷぅが弾いたエレクトーンの曲の音源を聞かせてくれた。

横ぷぅがエレクトーンをやっているとは以前からきいていたが、かなり上手いぞ

普通に聞き入ってしまいましたよ

ほんとに今度音源ちょうだいね

しかしながら、よこぷぅは身長が180cm近くもあって、高学歴で、彼女はかわいくて学校ではずば抜けて成績がいいし、エレクトーンという特技もあって、じっとしてりゃかっこいいのに


矢沢永吉





              もったいない……








「服なんてどれも同じだよ」とか言い放ってたし

食べ終わったのでお会計


店員「お会計は(3人)ご一緒でですか?別々ですか?」


横ぷぅ「



困って「助けてぇ〜」と言わんばかりの表情を彼女に向ける彼氏。


みほぷぅ「もう君いくつなのぉ〜


当然の反応をされる彼氏

店を出てまた歩いていると表参道に行き着く。

横田妻の服を見にラフォーレ原宿に入るが、特に買ったものはなく、フィールドを渋谷に移す。

横ぷぅはまだ何も買っておらず、俺もまだグラニフでロンTしか買っていなかった。

6時からバイトが入っていてあまり時間がなかった俺は、いつものSHIPSやBEAMS、And Aに行くことにした。

そしてなかなか気に入るものが見つからず、そこまで贅沢する余裕もなかったので結局HAREに落ち着いた。

横田夫妻2008この日は一日俺の買い物に付き合わせてしまった二人には申し訳ないからクレープをご馳走したm(_ _)m

二人はまだ渋谷に残るというので、彼らとはここでお別れした。

←しかしこいつの鼻の下の伸びよう……

でもまぁ二人が幸せなのが一番ですな

君達、結婚式にはちゃんと呼んでくださいね

「ニットの首があったかいやつ」は多分ユニクロにあるから自分で買っておくれ。

こうして俺はアツアツの二人のもとを去り、テンションドン下がりのバイト先へ向かうのだった…


結論:森田さん、どうやらあなたの出番のようですm(_ _)m



おまけ
JR山手線渋谷→日暮里で京成線に乗り換え→勝田台→徒歩で快活へというコースで行こうと思ったのだが、
/臆瓩瓦靴篤暮里を通過して秋葉原で目覚める
△泙真臆瓩瓦靴鴇‥賃罎鬆しかも特急なので佐倉へ
最終的に1時間以上バイトに遅刻してしまった
この日もほどよく手を抜いて10時に終了。


だらしなさが6あがった

libero_revolution at 01:04|PermalinkComments(8) 佐倉 


Recent Comments
Profile

北本 裕也(↑中2)

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: