2006年04月

2006年04月28日

凪人

                           「凪人」

                        それは快活戦士が

                    日頃の疲れを癒しにやってくる

                      エキゾチックな空間である



凪人26日水曜、エルヴェバイトを終えた俺は着替えて志津に向かった。

そして志津駅前にある、一見ちょっと怪しいアジアンテイストのお好み焼き屋「凪人」に入る。

いつもは勝田台で行われる快活飲みが、この日はここで開催。

実はこの店、快活の朝の女王・塚原さんと先月快活を引退した赤木さんが働いているのだ。

小早川さんは最近オープンしたばかりなのにもう5回も来店しており、店長さんに顔を覚えられてサービスしてもらったりしているらしい。

ちなみに凪人の店長は小早川さんに激似である。

8時半開始だったので俺が10時半に着いた頃にはすでに食事が終わりかけていた。

今回は初登場の板垣君や久々の遊佐さんも来てくれていた。

榎澤さんはスーツでお好み焼き屋に来るほど勇敢だった。

久保川さんは髪を染めていたがなぜか宮川大輔に見えた。

ターバン腹をすかしていた俺はテキトーに食っていた。

赤木さんに衣装のターバンを借りる。

やがて平石さん、遊佐さん、榎澤さんが先に帰宅。

俺以外はだんだん「もう食うのはいいや」という空気になってきた。


千葉さん「北本酒が足んねぇよー

久保川さん「北本お前それはないわ。」


来たか!

とりあえず手元にあった巨峰サワーを飲み干す


千葉さん「じゃあ次何にするー?」


なんか日本酒のメニューを見てる千葉さん。

なんだかよく分からない日本酒を注文していた。

まずはその日本酒を軽く一口。

………おぉ、芳醇な味わいが口の中に広がる!

初めて日本酒は旨いと思った。

これは一気にいけた。

だが容赦なく次から次へと酒が来る。

究極なのは日本酒「風に吹かれて」。

46度の取り扱い注意品。

匂いをかいでみる。


……( ̄ ̄)

隊長危険物を発見しました


これやばいです。飲んだら口からもんじゃが出てきます。

水で割っても誰も飲みたがりません。

いつしか「風に吹かれて」の存在はどこかへ飛んでいってしまいました…。

だがみんながワイワイやっている中、眠れる獅子が目覚めた。

斉藤くんそう、快活の桑田真澄・斉藤くんである。

数々の輝かしいビールかけを経験してきただけあって、かなり飲める男の中の男の子。


斉藤くん「いや俺結構飲んでますから〜」


と言いつつ地味に酒に手が伸びている斉藤くん。

実は彼、快活の飲み会には初参加。

2月に彼のバイト後に中野さんも含めて3人で軽く飲んだことがあったが、そのときから斉藤くんの潜在能力は見え隠れしていた。

斉藤くんは初登板からいきなり勝利投手の権利を獲得。

同時に快活飲みへのレギュラー入りが決定した。


深夜2時、店じまいなのでこの日の飲み会はお開き。

こういう感じならグダグダなオールもないのであまり負担がかからない。

だが俺は思い出した。

翌日が5時起きであることを

libero_revolution at 21:39|PermalinkComments(6) バイト 

2006年04月25日

やすべえ

やすべえ領とともに馬場のラーメン屋を巡る旅第2弾。

4月中の月曜日は4、5限が空いており、ラーメン発掘に余念がない。

本日のラーメン屋は高田馬場駅と早大理工学部(通称大久保工科大学)との間にある「やすべえ」。

領曰く理工の学生がよく来るらしい。

ちなみにやすべえの近くに大勝軒高田馬場店もありました。

やすべえに行く前に、俺と領は人々でごった返す高田馬場駅へと向かった。

ご存知の方も多いと思うが、このときはちょうど山手線が止まっていた時間帯。

俺たちは最近財布を拉致されたヒロノスキー(北朝鮮代表)を迎えに行ったのでした。

余談だが3人そろってやすべえに行く途中、初めて2個下の後輩のタツタ(字がわかんね)と遭遇。

やすべえつけ麺やすべえでは「つけめん(中盛)」を注文。

普通に昼飯食ってたし、二郎(2006年4月22日「二郎」参照)のときみたいな失態は許されないので控えめにしときました。

酸味・辛味・ほのかな甘味が入り混じる不思議な味だった。普通に上手かったよ

また行きたい店のひとつに登録。

ラッパー広野ラーメンの後は広野のリクエストで馬場のカラ館へ。

いつもはアジカンやバンプで攻めているのだが、最近は伝説の平壌系ラッパー・広野にジョブチェンジしたのかケツメイシがお気に入りの様子。

以前オレンジレンジを歌って素ギレしたらしいが、今回は大丈夫でした。

今度やつとカラオケに行くときは素ギレさせないようご注意ください。

一応2時間の予定だったが俺は6限の教職の授業に出るため、ラーメン食った後で眠くテンションが上がりきらないまま、一足先にカラ館をあとにした…。

libero_revolution at 00:54|PermalinkComments(5) ラーメン | 佐倉

2006年04月22日

二郎

21日金曜の朝、俺は珍しく早起きした。

意気揚々といつもより一本早い電車に乗り込む


あ、ケータイ忘れた。


マジ死ねと思った、ケータイ。

俺のやる気は打ち砕かれ、志津で降りて引き返す

今日もお世話になります、東葉高速ちゃん(´д`。)

だがやつの快走もむなしく、俺はのんべぇの授業に遅刻しました。


4限は久々に紘志郎とWESAのレッスンに出た。

若干アウェーの空気を感じつつも楽しめたね!


5限の軽い授業を終えた後は領、フジガとともにラーメン。

俺は東西線早稲田駅で待っている領の元へ急いだ。

すると領と一緒になんかニヤけている怪しい男がいた。

エツヲなんとサッカー部ではレアキャラになりつつあるエツヲ@巷で噂のセクシー豆乳首だった!

サッカー部のエツヲ使い・領がしもふりにくを使ってやつを連れてきたらしい。


俺「お前何しに来たの?」

エツヲ「いやぁ、さっき新宿で領君と会っちゃってさぁ



領曰く、二人はここに来る前原宿で買い物をしていたそうです。

俺たち三人はフジガのフィールドである大久保(千葉県習志野市)へ向かった。

二郎大久保店そして二郎大久保店に到着。

この二郎というラーメン屋は他にも高田馬場、池袋など多くの店舗をもつ人気店。

この日も店内外に10人ほど並んでいた。

待っている間、俺たちはあのゲーム(2006年3月「ボーダーズ11 〜出陣〜〜宴〜〜疾風〜」参照)で暇つぶし。


俺「あさだ!」 →フジガ

フジガ「えつを!」 →領

俺「あの松陰戦さぁ〜(´ー`)」

俺「はいエツヲの負けー(`皿´)」



エツヲは「あさだえつをゲーム」を知りませんでした。

だがエツヲ曰く、やつが最も輝いたのは柏井戦らしい。

だったら俺の高校1年生を返してください。

小つけ麺やっと席につき、俺は「小つけ麺」を注文。

小つけ麺といってもこの二郎というラーメン屋は麺の量がハンパじゃないことで有名。

津田沼必勝軒の「麺多め」なんかよりも多い。

チキンなエツヲが頼んだミニラーメンというのがあるが、それでようやく普通のラーメン屋の量になる。

俺は結構腹が減っていた。


フジガ「俺もうすぐ食べ終わるけど、リベロいける?」

俺「おぅ、いけるよ



………やっぱやべぇ(`д´)


黙々と食べ続けるが、なかなか底が見えねー

エツヲと領も食べ終わりそうだ。

俺は意を決した。


俺「フジガ、俺の食っていいぜ( ̄ー ̄)」


フジガに手伝ってもらいましたm(_ _)m


俺「チャーシューもあるぜ( ̄ー ̄)」


食いしん坊フジガは食べてくれましたm(_ _)m

お腹いっぱいになった俺たちは店を出る。

俺はユーカリからリベロカーでJR佐倉駅まで領&エツヲを送る

駅前で車を左に寄せて停車させようとしたそのとき!


ガリガリガリ!!

ぎゃわーーーーーーーーん

縁石のばかぁーーーーーー(`д´。)



車が傷つく悲しみを知った俺は家路についた…

libero_revolution at 13:24|PermalinkComments(9) ラーメン | 佐倉

2006年04月17日

Rainy Game

一週間ほど前俺は吉窪に「佐倉高(後輩)の試合を見に行こう」と誘われていて、「日曜なら空いてるからいいよ」と返事をした。

そして16日日曜の朝、前夜から快活に遊びに来ていた田中を勝田台まで送ってった俺は睡眠不足に耐えながら家に帰って吉窪との約束のためにいそいそと支度をする。


せっかくの日曜なのに俺は何をやっているんだろう


吉窪のアッシーになってるなと気付きながらも雨の中吉窪家までリベロカーを走らせる俺。

おしゃれにうるさい吉窪はこの日もベルトを2つも着用。


俺「今日は誰が来んの?」

吉窪「俺とお前と、あと2コ下の後輩。」



せっかくの日曜なのに俺は何をやっているんだろう


1コ下ならまだしも、2コ下となると俺のようなマイナーベンチウォーマーなんぞ知っているはずがないので完全にアウェー

つまり、実質俺と吉窪のユーカリ・ビューティペアが完成してしまった

とにかく試合会場の東京学館高校まで移動

しかし思ったより移動に時間がかかっている。


俺「これ1時に間に合うかなぁ…」

吉窪「え?試合2時からだよ。」


せっかくの日曜なのに(以下略)



確かに吉窪からのメールには「2時から試合」と書いてあった。

ちゃんと読んでおけばよかった…(´д`。)

時間潰しに酒々井のマックで昼食をとったあと、東京学館に到着。

春のインターハイ予選2回戦の佐倉VS八千代松陰は小雨の中で行われた


開始早々、佐倉は相手のゴール前まで攻め入るが決められない。

このあとは松陰優勢の状態が続く。

前半15分くらいだろうか、松陰のややミドル気味のシュートが佐倉DFに当たって球の方向が変わって佐倉ゴールに突き刺さる

実際松陰のシュートは上手かったからDFに当たってなくても入ってたかもしれない。

さらに前半終了前のコーナーキックではDFの一瞬の隙をつかれてまたもや松陰ゴール

飲み会のコールのような松陰サポーターの応援はさらに激しさを増した

一方の佐倉サイドには暗雲が漂うばかりである。

だが後半の半ば、佐倉はFWが奮闘し自らドリブルでゴール前まで持っていってゴールを決める

これでいくらか雰囲気が良くなり、シュート数も増えてかなり惜しいシーンがいくつかあったのだが、追加点がないまま試合終了。

吉窪が見に来ると負けるという不吉な噂は本当だったようだ

多くの課題が残る試合内容だったと思うが、吉窪曰く佐倉は「FW任せ」という攻撃スタイルを変えるつもりはないのだとか。

また吉窪は「イサオが佐倉のコーチをやればいいのに」と言っていた。


試合が終わったので顧問の藍ちゃんに挨拶をし、俺は吉窪とこれからどうしようか話していた。


後輩「吉窪さんが飯おごってくれるんじゃん?」


明らかに俺らに聞こえる声でしゃべっていた


吉窪よ、お前はもうすでに2コ下の間でもそういう役回りなんだな…


というわけでリベロカーは満員状態でユーカリへ向かう

他にも誰か呼ぼうってことで吉窪が電話をかける


/爵掘、 レポートがあるから無理
田中 → 次の日5時半起きだから無理
C欒検、 シカト


吉窪よ、お前本当にキャプテンか?


とりあえずドンマイ。

リベロカーは途中交差点に取り残されたり急ブレーキをかけたりという些事があったが軽やかにユーカリ駅に到着。

居酒屋に入るつもりだったが庄屋、華の舞とことごとく未成年者がいることがバレてしまったので焼肉屋「でん」に変更。

俺は無理だとは思ったが一応横ちゃんも誘うことに


俺「横ちゃん今何してたの?」

横ちゃん「成田でデート


やっぱりね(`д´)



だがもう帰りの電車の中だというので誘ってみると来てくれるらしい。

俺たちは先に店に入る。

その数分後、横田with妻が登場

この子かなりアグレッシブやわ。

もちろん後輩たちは横田妻のことは知らない。

マネもはじめは横ちゃんの妹だと思っていた。

場は焼肉で熱かった上に横田夫妻のゲキアツぶりが加わり容赦なく気温上昇

タカアンドトシ


             サウナか



また後輩たちとの話も盛り上がって実に楽しいひと時だった。

支払いは後輩が千円で、あとは俺たちが請け負ったので財布の中がすっからかんに。

やべぇ、教科書買えねー。


5月にはまた大会(総体?)があるらしい。

今度は酒も入れたいね!

吉窪よ、企画よろしく。

libero_revolution at 17:53|PermalinkComments(6) 佐倉 

2006年04月16日

純蓮

純蓮久しぶりに不評のラーメン日記。

4月某日、俺は同じ大学なのにまだ一度も会ったことがなかった領とともに高田馬場周辺のラーメン屋を制覇する旅に出たのだった。

14日はその第一弾「純蓮(じゅんれん)」。

ここは札幌や横浜ラーメン博物館で有名な純蓮(すみれ)の姉妹店なのだとか。

具体的な場所はJR高田馬場駅から中野方面に早稲田通りを歩いて5分弱のところにある。

「二郎 高田馬場店」よりも少し先。

フジガのラーメンの誘いを泣く泣く断った俺は馬場駅で領と待ち合わせし、純蓮に入る。

純蓮味噌ラーメン昼に同じ学科の手島&能見ともラーメンを食った俺は喜んでこの日2杯目の味噌ラーメンをいただく。

やや濃い目の味噌ラーメンはコクがあり美味しかったのだが、俺は正直味噌ラーメンの味の違いがさほどよく分からない。

まだまだ修行が足りねぇ…。

2限の英文学購読の自己紹介で俺のラーメンっぷりをアピールしてたのが恥ずかしい

俺はああいう微妙な空気とか乾いた笑いが大嫌いなんだよ

まさに生き地獄。MPゼロ&残り1名の状態でボストロールの群れに遭遇するくらいの絶望ですよ。

てか2年目なのに自己紹介やらすな。のんべぇがっ!

とまぁ話はそれましたが、こうして俺と領のラーメンハンターとしての旅が始まったのでした…。

libero_revolution at 02:23|PermalinkComments(6) ラーメン 

2006年04月15日

新学期

4月13日から俺の大学2年生が始まった。

本当は12日からなのだが、この度週休3日制が実現した俺は土日に加え水曜も休みになったのだった。

だがまだ春休み気分が抜けない俺はその前夜PCいじったり(90%)授業の準備(10%)のおかげで布団に入ったのが深夜4時


………。

寝れねーーー(`д´)



俺は基本的にどこでも寝ることができるはずなのだが、最近夜型の生活が定着してしまったのか…。

このままでは「春眠暁を覚えず」の前に暁がやってきてしまう

結局布団の中で1時間程度モゾモゾしていた気がする。


木曜は1限からなので朝6時に起床

のはずだが当然寝坊6時半を過ぎていた。

飯食って身支度をして家を出る。

久々の朝の通勤ラッシュ

うほっ!たまらんねこの混み具合!

戦国無双みたいに軽〜く2、30人は逝かせたいね☆

西船橋で東西線に乗り換える。

そして当然のように南行徳−浦安間で一時停車する朝の東西線

5分に1本ペースで電車出してるから前がつまるんじゃい。

混みすぎてつり革につかまっているだけなのに筋トレみたいになっている状態が続いて8時55分に早稲田駅に到着。


あと5分やないけ


朝の早稲田をひた走る俺。

しかし門を入ったところで始業の鐘わーん(´д`。)

ようやく教室に入る。よかった、まだ先生来てねぇ!

木曜1限は唯一手島とかぶる米文学史の授業。

やつは周りの空気と同化するのが上手かった

あ、先生が来た。ってF1の担任やんけ。入学以来会うのが3回目ってどないやねん。

ていうかなんであの人朝っぱらから顔が真っ赤なんだ?

タカアンドトシ


             のんべぇか!



すばらしいことに2限は休講なので時間があり、ラーメンマスター・児山君&キムとともに一風堂近くにあるラーメン屋「六坊」で昼食。

実はここは早稲田通りと明治通りの交差点付近にある「渡なべ」(2006年2月1日「渡なべ」参照)のプロデューサー・渡辺氏が手がけた店であり、店主は渡なべで修行していたそうな。

そのせいか店内の雰囲気は渡なべにそっくりだった。

スープは渡なべに似ていたがやや油の量が多く、あまり俺の好きな味ではなかった

3限は英語(理解)の授業。講師は前年度理解の授業担当だった石原先生。

今年もいろいろめんどい課題を提供してくれそうな予感…。

そして奇跡的に4限も休講だったのでソッコー帰宅。


1時間半程度仮眠した後、スーツに着替え塾バイトに出勤。

俺はユーカリ駅南口(サティ側じゃない方)ロータリーの坂を下っていた。


……ん?あれは…?( ̄ ̄)


なんだか見覚えのある格好をしたやつがいるなぁ。

AFTER横ちゃん供A




            ってオマエか






面白いものなど何もないユーカリ駅南口を横田夫妻がうろついていた。

君らどんだけ俺にネタを提供してくれるんや。

先日の吉窪といい、ユーカリでの横田夫妻出現率はかなり高いようだ。

横田妻は制服だったから学校帰りなんだろうな。

だが悲しいことに横ちゃんはピンクシャツ(2006年4月11日「ヨコタ。をプロデュース 〜渋谷・原宿Style〜」参照)を着ていなかった


俺「なんでピンクシャツ着てないの

横ちゃん「カバンに入ってるよ


携帯してんのぉ



どうやらまだ家族の批判を気にしているようです

あんたはやくほうれん草いっぱい食べてポパイみたいに強くなりなさい。

時間も押していたので早々に横田夫妻にさよならを告げ、エルヴェに出勤した。

libero_revolution at 03:03|PermalinkComments(7) 学校 

2006年04月12日

ゆるぎないものひとつ

ゆるぎないものひとつ出ました。

B'zの41thシングル「ゆるぎないものひとつ

前作の「衝動」が1月25日発売だからB'zにしてはハイペースかな。

とまぁ前置きはさておき早速曲紹介いきます!


1st beat ゆるぎないものひとつ 劇場版「名探偵コナン〜探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)〜」主題歌
夕日が似合いそうなバラード。
今までのB'zの様々な要素が合わさったようなかんじ。
その中でも「THE BORDER」(7thアルバム「7th Blues」収録)が色濃く出ている気がする。

2nd beat  ピエロ
最近のではなく昔のB'zっぽいロック。
サビに「敵がいなけりゃ」(8thアルバム「LOOSE」収録)の雰囲気がある。
ピエロ実はこの曲、上木彩矢というB'zと同じ事務所(というか同じ音楽会社の系列?)に所属する女性歌手が2ndシングルとしてカヴァーしている。

彼女は自身のライヴでもB'zの曲を歌っているのだとか。

また、映画「新救世主伝説北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」の主題歌。

発売日は同じく4月12日。

編曲は葉山たけし氏(DEEN、ZARD、WANDSなどの編曲も手掛けていた人)が行っている。

上木彩矢2ndシングル「ピエロ」の試聴はこちらへ。

また、B'zの「ゆるぎないものひとつ」、「ピエロ」の試聴はこちらで。


探偵たちの鎮魂歌番組の協賛に音楽会社が加わっているからか、今回B'zの曲がコナンの主題歌になったわけです。

しかしご存知の方も多いとは思いますが、これまでB'zは何度かコナンの歌に起用されてきました。

なのでいままでどんな曲が使われてきたのか勝手に紹介。


TVアニメ版99年5月3日〜11月8日  ギリギリchop (26thシングル)
劇場版3作目「世紀末の魔術師」  ONE (ギリギリchopのカップリング)
7狆貳韮矯醋棔屮戰ぅー街の亡霊」  Everlasting (12thアルバム「GREEN」収録)
TVアニメ版2006年1月9日〜  衝動 (40thシングル)


コナンか…映画館では「時計じかけの摩天楼」、「14番目の標的」、「銀翼の奇術師」を見たな。

TVだと「世紀末の魔術師」、「瞳の中の暗殺者」、「迷宮の十字路」、「水平線上の陰謀」を見たね。

15日から「探偵たちの鎮魂歌」が始まるみたい

コナンマスター・臼井主催で「探偵たちの鎮魂歌」鑑賞会を開催してほしいね!

そして竹蓋のハンバーガー大食い記録を更新したいね!

国内組は海外だろうと飛んでいくから頼むよ臼井!

それにさ、

深澤


            「今回はコナンがピンチらしいよ

libero_revolution at 01:15|PermalinkComments(9) プライベート 

2006年04月11日

ヨコタ。をプロデュース 〜渋谷・原宿Style〜

プロデューサーズ9日、俺がかなり上から目線になることで有名なあの企画の第2弾が早くも行われた。

第1弾(2006年3月18日「ヨコタ。をプロデュース」参照)では幕張に行ったが、今回は一気に新大陸である渋谷・原宿へと進出する。

ここは数多くの日本最大級のおしゃれ系モンスターたちが行き交う無法地帯であるが、この度パパスよりも強い頼れる助っ人がパーティに加わるので恐るるに足らない

というわけでメンバー紹介

______________________________________

                      寝てるとき目が半開き


                        横ちゃん(左上)
______________________________________

                         本日のVIP


                横ちゃんの彼女(中央 / 以下、「横田妻」)

※肖像権の侵害を避けるため目線を入れさせていただきましたm(_ _)m
______________________________________

             俺と一緒に馬場のラーメン屋を制覇しようと誓い合った


                          (右)
______________________________________

           このブログのせいで横田妻に本気で外国人だと思われていた


                     FUJIGA(右から2番目)
______________________________________

                    「渋谷・原宿は詳しいぞよ☆」


                     森田プロ(右から3番目)
______________________________________

               横ちゃんに続けといわんばかりにバイトにはげむ


                     吉田五段(左から2番目)
______________________________________

                    帽子かぶってりゃいいと思ってる


                          (左下)
______________________________________

                        中野でスタバイト


                        広野(カメラマン)
______________________________________

横ちゃんの未来のために、6人の戦士たちが関東各地から集結したのだった。


午前11時半、学校で科目登録を終えた俺は渋谷駅に到着。

改札前に待っていたのはフジガ。

その奥には横ちゃんらしき人物がいたが、おしゃれ系モンスターがモシャスで横チャンもどきに変身しているかもしれないので合言葉を使って様子をうかがってみた。


俺「妹から借りたジャンパーは?」

横ちゃん「もう捨てたよ



間違いなく本物でした。

他にもすでに広野と領が来ていたが、プロと五段が遅刻するというので俺たちは先に行くことにした。

1軒目はSHIPS。

そういえば横ちゃんに「雑誌読んで予習しといてね!」と言ってあったのを思い出し、ちゃんとしてきたかを聞いてみた。

すると横ちゃんはバッグから雑誌「FINE BOYS」を取り出した。


横ちゃん「1分で読み終わったよ


こいつやる気ねぇー



俺「だいたいどんなのがいいか考えてきてって言ったじゃーん

横ちゃん「うん、何でもいいよ



おんぶにだっこ宣言しやがった。

だがさらに困ったことに、この日の彼の予算は前回と同じく3万円

せっかく靴を買おうと思ったのに他のが買えなくなってしまうよ!

一応今日は何がほしいかを聞いてみた。

.献礇吋奪硲魁■潅
■屮優奪のボーダーシャツ
ジーパン(濃いめ)

やる気ねー割にやたらと注文が多い

ていうか3万じゃ無理だろ。

いろいろ考えて、SHIPSじゃ買えねぇだろってことで店を出る。

2軒目はなぜか近くの帽子屋。

ノッポさん横ちゃんにチューリップみたいな形の帽子をかぶせたところ、ノッポさんにしか見えねー。

俺たちはいろんな帽子を横ちゃんにかぶせて遊んでいた。

そんな中こんな一幕が

それは俺と横田妻が話していたときのこと。


横田妻「笑いが止まらなくてこの場にいられませんよ〜

俺「がんばって(笑)」

横ちゃん「ねえ何が『がんばって』なの?」

俺「教えな〜い(`ー´)」

横ちゃん「ンーーーーー(`皿´。)



妬いちゃったよ

純粋無垢な横ちゃんは生まれたての赤ん坊のように些細なことにも敏感なのです。

その後はUNITED ARROWSとBEAMSに行ったが、やはり予算考えると厳しいか…。

とここでようやく吉田五段と森田プロが合流!

この厳しい現状をプロに伝えたところ、彼は「HARE」に行こうと提案した。

HAREといえば去年の夏、俺が釜田さんに連れられて新宿に行ったとき(バンガイチ2005年7月25日「STYLE OF KITAMOTO」参照)お世話になったお店。

確かにあのときは上から下までそろえておよそ35000円だったから、他よりも安めだろう。

早速HARE渋谷店に急行。プロのご推測通り比較的安かった。

とりあえず何か試着させようと、俺は色合いがいい具合のダメージジーンズを横ちゃんに手渡した


横ちゃん「リベロこれ汚れてるよ


全員に80のダメージ!!

もうあんた一体なんなのよ。

試着してはみたものの、一人夢中で試着している広野を残し、結局買わずに店を出る。

モスバーガーで昼食を済ませた後は隊列の先頭を森田に変更して渋谷の街を進む。

総出で試着何軒か巡ってたどり着いたのがAnd A。

森田が選んだおしゃれTシャツをみんなで横ちゃんに着せているところ。

でもこの子大きいから入りませんでした。

シャツはあきらめてパンツを見ていると店員がやたら「大学生ですか?」、「同級生なんですか?」と聞いてくる。

無理もない、こんな団体客はなかなか来ないだろ。

とりあえず横田妻も含め「みんな高校からの付き合いで」っていうことにしておいた。

横ちゃんにパンツを試着させるとなかなか良かった。

それにタイムリミットを考えるとそろそろ決めるべきだろう

そして協議の結果、こいつに決めた!


俺「じゃあ横ちゃん、それ行ってらっしゃい

横ちゃん「おうよ



何のためらいもなく買いに行く横ちゃんの姿。

まるで去年の俺を見ているようだ( ̄  ̄。)

やっと一つ目の装備を手に入れた

しかし実はこれ、15000円。

予算の半分を使ってしまった

これに加えジャケットやシャツを買うとなると、これはもう森田プロの古着屋の知識に頼るしかない。

この後スタバイトがある広野と別れると、俺たちは森田レーダーで古着屋巡り。

フィールドを原宿に移した

それにしても森田レーダーはドラゴンレーダーよりも高性能だ。

俺のような凡人だったら視界に入らないところにある店も迷うことなく見つける。

いくつか回って行き着いた「KINGRY MASK」という店ではジャケットの数が豊富だった。

ここでジャケット、シャツを買うことにした。

しかし買うジャケットは13000円。

シャツが買えないという非常事態だったのでリベロバンクに出金要請が出てなんとか買えた。

それでは、どのような変身ぶりか見ていただこう!

BEFORE横ちゃんこれはほんの1ヶ月前の初期装備。

.献礇鵐僉爾亘紊房擇蠅

▲献礇鵐僉爾硫爾惑鬚ぅ肇譟璽福

トレーナーの下は赤いチェックのシャツ

ぅ轡礇弔硫爾魯汽奪ーで着るインナーシャツ

※ジャンパー以外は横田母が購入


幕張Styleこちらは幕張Style。

.献礇吋奪8000円 (B.C STOCK)

▲哀譟爾離僉璽ー5000円 (BOBSON)

Tシャツ1000円 (CIAO PANIC)

すのパンツ8000円 (CIAO PANIC)

ゥ戰襯3000円 (BOBSON)

AFTER横ちゃん供AAFTER横ちゃん供B












ちょっとわかりづらいかもしれないが、

々のジャケット 13000円

▲團鵐のTシャツ

ピンクの下の白黒ボーダーシャツ △鉢あわせて9000円

ぅ哀譟爾離僖鵐帖15000円   (And A)


ピンクのTシャツは横田一家には不評だったらしい。

だが横ちゃんはプロを信じた。


ヨコタ。はレベルがあがった!


これでルカニを使えばキングスライムなど一撃で済むだろう。

だがこれで終わりではない。

最終的には森田プロと肩を並べるくらいになってほしいものだ。


帰りのヨコタ。夫妻横田妻の門限が迫っているので二人はここで帰宅。

俺たちは人々でごった返す竹下通りを通って二人を原宿駅まで送っていくことに。

しかしどこかぎこちない二人の距離感。

そこで俺は横ちゃんの耳元でそっと囁いた。


俺「今こそ勇気を出す時だぞ。」


彼の横顔からはいくらかの緊張が見て取れる。

道はさらに人であふれてきた。

二人と俺たちとの間が広がった。

なんとか人の波をよけて進む俺たち。二人の姿を見つけた。

ふと下のほうに目をやると、お互い手を握り合っていた

そのとき「勇気1秒、幸せ一生」という言葉が俺の頭の中に浮かんだ。

やったね横ちゃん、君の勇気が君たちをステップアップさせたんだよ


俺たちと別れ駅に入っていく二人。

その後二人がどうなったかは、誰も知らない…。

libero_revolution at 07:09|PermalinkComments(12) 佐倉 
Recent Comments
Profile

北本 裕也(↑中2)

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: