相場の世界は相場の波、所謂相場のリズムが大切になりますが、この辺が分からないとカンカン強気の買い方針から一変、カンカン弱気の売り方針に戦い方を変更、逆にカンカン弱気の売り方針から一変今のカンカン強気の買い方針に戦い方の変更が出来ないと思います。

先ず1拍子目の天井が形成するまでは天与の大チャンスの売り場を目掛けた戻りを警戒、1拍子目の天井形成後は3拍子目の底入れの切っ掛けとなるような最終総投げよる暴落期待の大チャンス売り針、その後暴落をして来たら今までの一連の売りの大チャンスによる一相場は終焉を迎えて今度は自律反発波出現により大底形成となる事が多いです。

その後、底入れから上昇相場が始まる事になりますが、2拍子目の天井が形成するまでは買い方針、2拍子目の天井形成後、もし急所値下抜きの場合は次の買い場を目掛けた短期の売り方針に作戦を変更、もし急所値を下抜き無い場合次の買い場となる一押し波乱をキャッチしながらの買い方針続行、その後の3拍子目の天井を形成するまでは天与の大チャンスの買い方針となり、日柄が経過して最終3拍子目の天井を形成した場合は今度は急所値下抜きから天与の大チャンスの売り場が到来する事となります。

逆に1拍子目の底入れが形成するまでは天与の大チャンスの買い場を目掛けた一押し波乱を警戒、1拍子目の底入れ形成後は3拍子目の天井形成の切っ掛けとなるような最終踏み上げによる爆上げ期待の大チャンスの買い方針、これで爆上げをして来たら今までの一連の買いの大チャンスによる一相場は終焉を迎えて今度はお迎え波が出現により大天井となる事が多いです。
 
その後、天井形成から下落相場が始まる事になりますが、2拍子目の底入れを形成するまでは売り方針、2拍子目の底入れ形成後、もし急所値上抜きの場合は次の売り場を目掛けた短期の買い方針に作戦変更、もし急所値を上抜き無い場合は次の売り場となる戻り波乱をキャッチしながらの売り方針続行、その後3拍子目の底入れ形成するまでは天与の大チャンスの売り方針となり、日柄が経過して3拍子目の底入れを形成した場合は今度は急所値上抜きから天与の大チャンスの買い場が到来する事となります。
 
後はこれが半日分析のリズムなのか?当然半日では日柄は短いですが、1日分析で出現なのか?2日分析で出現なのか?週間分析で出現なのか?2週分析で出現なのか?当然2週分析では買い場、売り場のピンポイントをキャッチするのは無理ですが、一相場の日柄はそこそこ掛かるので大チャンス到来と言う事になります。この相場のリズムを見て大チャンス、中チャンス、小チャンスといった基本スタンスの戦い方を決めます。
 
このリズムは毎回決まっていて、1拍子目の天底、2拍子目の天底、その後に3拍子目の天底形成による大チャンス局面が訪れる事になります。

USBタイプ、相場観測のナビゲーション「新生winspec」とは?

いつも沢山の応援クリック有難う御座います!もし参考になりましたらランキングに反映されますのでお時間のある時に下の「押す」ボタンのクリックして頂けますと励みになります、、、是非宜しくお願い致します!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  
(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ