白金
こちらは白金の節足winspecになりますが、ここは二手、三手押しの下げが騙しで押し目買い続行か、それとも分析売り変化か、判断を強いられる所になります。

ここは未だ決め付けず月曜日の大引けの判断を待ちましょう!

一応投資日報では金曜日の大引けで下値の急所を軽く下抜きでしたので今までの買い玉をソフトランディングさせる為に一旦一呼吸、そうして昨日の夜間で予定通り戻ってきてくれたので利食い手仕舞い!

反面、白金のスイングシグナル配信では一応買い出動の条件が一通り整ったので5月22日の1節前後、金額は3380円前後からお試し買いの斥候玉作戦指示中!

一応ここは節足winspecにて、10節に及ぶ二手半押しが終わって更なる上か?それとも新生winspecの方で出現中の●●売りのFDS狙いの戻り売り狙いに変更か?

この辺は週明けの月曜日の大引け辺りで判断出来ると思いますが、winspecを利用してもこれだけ戦い方を迷うのにも関わらず、テクニカル分析とファンダメンタルは早々に戦い方を売り方針に決め付けが出来るんですからたいしたものです。

この辺は本当に感心しますが、何故ここで売りを決め付けられるのか正直疑問です!ファンダメンタル等を利用してなんとなくで戦い方を決め付けている感じも致しますが、、、。

当方も出来る事なら毎日、毎日、一切迷わず方向性をバシバシ決めて指示をしたい所ではありますが、やはり分析変化の所等は正直迷います。

実際、戦い方を迷おうが何をしようが、後先考えず、とりあえずの分析で売りだの買いだのとそんな無責任な指示は流石に出来ません!

ただwinspecのルール上、ある一定の条件が揃ったら取り合えず出動することにはなりますが、このようにある程度の方向性が見えたら戦い方を指示しますが、最初はやはり騙し等も想定しますので今はあくまでも斥候です!

一応今回のパターンですが、もしかすると新生winspecで底入れの法則を形成している最中にも見えますし、節足winspecで5月11日から始まった上昇トレンドに対する●●FDS出現による二手、三手押しをやっていた感じも致します!

そうなると再び大チャンスの買い方針になるかもしれませんのでこの辺は決め付けず、臨機応変な対応が良いと思います!

とにかく、半日FDSは分析が小さいので戻りや押しが入っても我慢は出来ますが、1日FDSはそこそこ日柄が必要なので、玉を持ち越すとかなりしんどい!これが今回の白金のパターン!

もし二手押しのFDSが切っ掛けとなって法則を形成したらこれはこれで買いの大チャンスになりますし、逆に分析が変化したら売りのFDSから出動できますので注目です!


USBタイプ、相場観測のナビゲーション「新生winspec」とは? 
いつも沢山の応援クリック有難う御座います!もし参考になりましたらランキングに反映されますのでお時間のある時に下の「押す」ボタンのクリックして頂けますと励みになります、、、是非宜しくお願い致します!

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  
(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ