Q,鈴木様 文字化けご迷惑おかけしております。先程送りました、メールを再送いたします。アドバイスありがとうございました。先日もお話した通り、まだまだ無理解だったり勘違いだったりが多々あり、勉強中です。何なりとご指摘頂けると幸いです。

A,お世話になります。ゴムに関してですが、買い玉が入っていたようで何よりで安心しました。大局はどうであれ、足元はwinspec中級編の
●●三拍子目の天井に向けたチャンスになりますので是非狙ってみて下さい。それと白金は明日出現予定のFDSで売りは外すのが良さそうです。


更にコーンは朝お伝えした通り、戻り高値を買う事が出来たのであれば、更に条件の良い一押し波乱も買った方が良かった感じも致します。本日前後の日柄到来になったFDS狙いで買い玉が入るか否かで数日先の結果は雲泥の差になると思います

→コーンは、今日、21600円前後で買い玉増やしました。

それと高値で買いに対する売り玉のヘッジを入れると言う発想よりも、節足の下値急所に売りの利パッチ、逆指し注文を入れる発想の方が良さそうです。それだと買い玉放置のトレール作戦をやる上で若干意識が逆かも知れません。高値と言うのは後々チャートを見て、あそこが高値だったんだと解るものなのでやっている真っ最中は何処が高値かはわかりません。しかもザラ場の一瞬の高値等も考えると尚更だと思いますが、もし節、節の終値や、大引けの終値で下値の急所を下抜いて来た場合は少し頭が切り替わりますので、何となくの値ごろ感から来る売りヘッジはただの足かせになるだけなので注意して下さい。多分ですが、そこが高値と思って売りの両建てを入れてもしそのまま上がってしまった場合、今度は売りヘッジの外し処を迷う事になる筈ですし、多分ですが売りのヘッジ玉を外した途端に梯子を外され兼ねませんので注意です。

→この辺りの理解がまだまだ不十分なのでもう一度教えていただきたいのです。私の意図としては、買いのFDSの次の買いのWDが明日前後で到来するだろうから、そこでの一押しを警戒し、そこそこ利が乗っていたこともあり、買い玉利食い指示のタイミングで売りを入れた次第です。売りを入れてからさらに上がったら、そこは仕方ないと割り切り、次のWDに気持ちを切り変えていこうと考えていました。これがFDSとWDで一度で二度美味しいということなのかと理解しておりました。今まで何回も、買いのFDSでせっかく利が乗ったのにも関わらず、買い玉を利食いせずHoldした結果、行って来いして利が剥げてしまった事があったので、今回はどうしようかと迷いましたが、売りのヘッジを入れました。もう一度、この辺の考え方を教えていただけますか?

Q,お世話になります。一度で二度美味しいFDSとGDに関してですが、単純に一度目のFDSで買い玉を入れて、ここは人によって個人差がありますが、反発で利食いするのもよし、再び押したら再度買うか買い増しするのもよしと言う単純作業になります。

更にもし買い玉放置のトレーリングストップをやる場合は買い玉放置なので売りは必要ないと思いますが、もし買い玉放置をやらない場合は所々で買いを止めれば良いと思います。

仮にFDSを狙って儲かって、もし失速で利が剥げたのであれば、そこはGDで買い増しすれば良いだけだと思います。そうすれば同じ値位置に戻った時は儲かった時の倍の儲けになります。

この世界は貯金ではないので投資資金が増えたり減ったりと流動的なのは致し方ありませんし、資金が減るのを恐れるのではなく、減った以上に増やす術が身に付けば問題は無いと思います。

チャンス銘柄発見ツール「新生winspec」とは? 
いつも沢山の応援クリック有難う御座います!もし参考になりましたらランキングに反映されますのでお時間のある時に下の「押す」ボタンのクリックして頂けますと励みになります、、、是非宜しくお願い致します!

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  
(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ