相場の基本として、チャンスと判断した時は攻めれば良いだけであり、チャンスでは無いと判断した所は「様子見」をすれば良いだけです。

「攻めるも相場」ですが、「引くも相場」です。

それをなんか意味不明の線をいっぱい引っ張って三角形だか四角形だか分かりませんが、時には斜めの線、時には横の線を引っ張ってそこで止まると信じてたらあっさり抜けてビックリしたり、あれではまるで漫画です!


武田信玄の戦術として有名な「風林火山」では、「疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如し、侵略すること火の如く、動かざること山の如し」と言われてます。

相場において攻める時には四の五の言わず「疾きこと風の如く」スピード重視で攻めていき、相場がややこし気迷い相場となったら「徐(しず)かなること林の如し」で、静かに時が来るまで待つ事が必要であり、相場が一気に大きな方向性を出してきた時には「侵略すること火の如く」で積極的に攻める事が必要であり、勝負所がまだ来ないような時には「動かざること山の如し」で、じっくりと勝負処が訪れるのを待つ忍耐も必要です。

投資家個人が「将軍」であり、投資家の資金が「兵隊」であるならば、将軍「投資家」は、兵隊「資金」をうまく統率・誘導して、攻めたり守ったり、待機したりと、その時々の相場の変化に対応して様々な「作戦」を実行する必要があります。

武田信玄の有名な格言で「勝ちは六分をもってよしとする」というものがあり、これも戦国武将の武田信玄の戦略哲学です。相場でも無理をすればリスクも高まります。

「これぐらい儲かるだろう」と思っても、その6割位が丁度良いと言う事です。安値で買っても、上がれば上がるだけリスクは高くなる。

一般素人が最後の最後迄勝負をすると、思わぬ落とし穴にはまります。

「金持ちは、鯛の頭としっぽはくれてやれ」とも言われ、「鯛のおいしい所だけ食え」という事です。

しかし、どうしても利幅が増えると欲も増えるので、「最後まで狙う」となってしまいがちなのですが、「リスクとリターン」を天秤にかけて、おいしい所だけ食べよという事。

これ己の「欲」との戦いで、どうしても「鯛の頭も尻尾も全て食べたい」となってしまうのが普通の人間の常。しかし、そこは戦国武将の武田信玄の心境に限りなく近づき、「風林火山」のごとく、「攻めるも相場」であれば、「守るも相場」であり「引くも相場」で臨んで頂きたい。

チャンス銘柄発見ツール「新生winspec」とは?

いつも沢山の応援クリック有難う御座います!もし参考になりましたらランキングに反映されますのでお時間のある時に下の「押す」ボタンのクリックして頂けますと励みになります、、、是非宜しくお願い致します!


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  
(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ