Q,白金について質問です。目先の反発、あや戻りで一呼吸の既存の買い玉は利食い手仕舞い優先でソフトランディングして頂き、今は●●から●●前後の間を行$ B$C$?り来たりの往来相場のようなのでここでの新規の仕掛けは一旦様子見で次のチャンス日柄待ちとさせて頂きます。

目先の反発、あや戻りとは、どの辺りの金額の事を言うのでしょうか?●●から●●の間のレンジを予想されているので、その間で、自分の買い玉であまり損しない程度の金額で決済する、ということなのでしょうか。宜しくお願い致します。

A,お世話になります。白金に関してですが、戻りの限界ポイント、金額的にいくら迄戻るか、いつ戻るのか、この辺は流石に分かりませんが、例えば今日まで安くて明日戻るかも知れませんし、明日迄安くて明日の夜間から週明けにかけて戻るかも知れませんが、必ずその日柄で戻るという保証が無いのでやはりこの辺は期待で戦わない方が良いと思います。

一旦指示通り何処かで両建てにしてリセットをしてもし戻ったら戻ったでそこは割り切るしかないと思います。

一番条件の良い両建てポイント、見切りポイントを丸24時間、ほぼ毎日、四六時中動いている相場で見付けようと思ってもそれは100%無理なので、スイングシグナル配信で分析が買いに変化したら再び買って、未だ売りのままなら確りヘッジ対応で戦って頂くのがベストだと思います。

ただ●●分析の予測の●●前後、日柄で行きますと●●前後の日柄で売りのFDS(売りの初売買線)が出現しそうなのでその辺の日柄を目掛けて一旦戻りそうにも見えますが、仮にその辺の日柄が到来した際、値位置が戻ろうが戻るまいがそこは売り玉を仕込むしか無いと思います。

何れにしましてもwinspecで確り底入れをして来るまで一生懸命逆張りで買っても上がりませんので、やはり金額では無く日柄で対応して頂く感じになると思いますが、今の今、既に被っているマイナスを即全部取り戻そうとは思わずに先ずは今後更なるマイナスを被らないようにするのが最優先になると思います。

やはり1発で仕込むのは無分別なので大体3回位に分けて仕込んで頂ければと思いますが、先ずは確りリスクマネージメントをして頂く戦い方が良いと思います。

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!
ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  
(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ