原油
こちらは原油の節足winspecになりますが、未だ足元のスイングシグナル配信は売りが継続中!

殆どの方が安い所を目掛けて逆張りで買いたがりますが、実際、買い場到来と思って買い玉を入れてもそういう時に限って相場は更なる安値を目指します!

ここは安い、相対力指数も30%、絶好の買い場、、、と思って買っても相場は更に下、そこで更に条件の良い買い玉を入れたくなるのでたちまち買い下がりナンピン、少し戻ってよしよしと思っている矢先に再びザラ場で緩んできてナンピンした玉迄更にマイナスとなり更に下げ、今度は中々買い玉が言う事を効かず、更に安くて条件の良い所を狙って再び買い下がりナンピン、そんなこんなで玉の数も当初予定していた枚数以上の数になってしまい口座の悪化が更に急加速!

こうなるともうどうにもこうにも収集が付かなくなりますので、今度は逆張りの買いをナンピンで拾うといった発想は吹っ飛び、脳のスイッチは逆に買い玉を守る方に切り替わります!

所謂、両建てです!

日足だと玉を仕込むタイミングが解らない、ファンダメンタルでは下がった後、上がった後の材料なのでやはり仕込みのポイントが解らない、内部要因も大口の手や一般大衆の手はザックリ分かっても、丸24時間動いている相場の中でどのタイミングで仕込んで、どのタイミングで止めるのかが解らない、トレンドラインを引いても、この辺で抵抗しそう低度は予想出来ても、ザラ場中の何処で売り買いして良いのかが解らない、、、。

結局はこうなりますが、テクニカルやファンダメンタル、内部要因を利用して、なんとなくこの辺、といった感じで無理して逆張りで買い玉を拾っても、そこでは下げが止まらず更に条件の良い玉が欲しいと思って再び買い下がり、途中で怖くなってとどのつまり両建てになってしまっては意味がありません!

その辺を考えるとやはりスイングシグナル配信の方で足元が売り転換している時は無理に買い玉を逆張りで拾わず確り買い転換を待ってから買い玉を仕込んだ方が賢明と言う事になります!

やはり相場は一手、一手半、二手押しなんかは当たり前のようにありますので、節で行くとザっと6節、8節下げても全く不思議ではありません!

もしスイングシグナル配信で6節、8節売りで狙えるのであれば、投資日報の方の買い場まで売りで狙わない手はありませんが、もしくは売る売らないかは別として、スイングシグナル配信が買い転換して来るまで未だ買い玉を放り込む必要は無いと言う事になります!

買い玉を仕込む前は一押し波乱を覚悟の上で建ち玉のバランスと資金配分を考えて仕込んでいるつもりなんですが、いざ想定していた一押し波乱が到来するグラつく筈です!

この辺を考えると口座の中身が改善した時にイケイケになるのではなく敬意を表して利食いして、口座の中身が多少悪化した時こそ仕込みのチャンスと判断してすかさず成り行き出動のリズムが良いと思います。

大半の方はこの逆で口座の中身が改善して資金が増えた時に玉の枚数を増やしてしまい、マイナスを喰らって口座の中身が悪化した時にこれ以上損をしたくないという衝動に駆られ、投げ踏みを誘われて玉無し、両建てになりますのでこの辺がwinspecを利用した戦い方の強みになります!

折角、金と白金は高値を更新して口座の中身が多少改善したのに、対面の玉が利食いにならない、対面の手数料が高いから売りヘッジが入れられないという理由で買い玉をそのままにしてしまい、再びこの一押し波乱を喰らって口座の中身が元の木阿弥では全く意味がありません!

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ