NY Platinam
逆にNY Platinumは未だ駄目です!残念ながらGoldとは日柄が異なります!未だ買い方が喜ぶような自律反発開始の水準では無さそうですが但しカウントダウン開始!

テクニカル分析とファンダメンタル、内部要因では金曜日のナイトセッションの反発を見ると反転、自律反発開始に見えますが未だ戻りは叩かれそうです!

残念ながらテクニカル分析、ファンダメンタル、内部要因では日足や週足での天底の法則等はありませんのでやはり今回のNY GoldもNY Platinumも、まさに底入れ判断による買いエントリーの瞬間は解らない筈です!

だから白金がちょっと反発したくらいでそこから自律反発開始に見えてしまうと思いますが、今から10日、2週間後に過去を振り返って日足を見ればあそこが底だった、、、所詮この程度のお話しなので10月初旬のWTIの天井もキャッチも出来てませんし、今のNY Goldの底入れもキャッチ出来ず、11月8日のNY Platinumの天井もキャッチ出来ておりません。コメントは常にボヤーンとなってしまいます!

これは対面取引のセミナーで説明される3分の1戻り、2分の1押し等のフィボナッチの説明と同じで、たまたまその条件に合っていて天底形成が説明し易い銘柄を引っ張り出してきて、それをあたかもお決まりの法則のように一般大衆素人投資家の前で説明しているだけですが、セミナー参加者はその会場の雰囲気に呑まれて当然凄い、凄いとなります!

昔の数理分析がヤマト波動分析を売る時も同じ事が言えますが、この条件が整たたら成り行き10枚の説明と同じ!

過去を振り返ってチャート分析で説明されればそこから暴落しているので確かに成り行き10枚は有効なのでしょうが、違う銘柄で同じ条件が整っても常に暴落するとは限りませんので当然ですが毎回、毎回成り行き10枚出来るか?と聞かれれば同じパターンは無いから難しいと思います!

やはり相場の世界は常に未来です!

テクニカル分析、ファンダメンタル、内部要因
では全銘柄、同じタイミングでの天底形成は当てはまりませんので未来の予想となると全く戦えませんし、このように過去を振り返った後手後手では100%儲かりません!

やはり旧ヤマトでは無く最新リニューアル版winspecのように1手、2手先を読まないと先ずこの世界では儲からないと思いますが、何よりも今は1日4回監視の目が有効ですがこれに勝る物は先ず無いと思います!

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ