やはり人によってはどうしてもアドバイザーの指示通りに戦えないという方もいますので、こればかりは致し方ないかも知れませんが、後は楽に戦える指示だけど結果が安定しないアドバイスを選ぶのか、それとも心底儲けたい、過去のマイナスをどうしても取り返したいから解らない事、不明な事を何度も質問して少しでもwinspecを理解しようとするかで今後の運命は変わると思います。

 

相場で失敗する方の特徴としてアドバイザーからの指示や戦い方を理解する前に諦めてしまう方が殆どですが、当然書き間違い誤字脱字もあるので完璧とまでは行きませんが、出来る事なら活字の内容を理解する努力をして頂き、不明な点、分からない点はどんどんご質問をして頂ければ更に改善すると思います。

 

やはり問い合わせをせず、内容を解らず仕舞いにしたまま時間ばかりが過ぎてしまうと少々勿体無い感じが致します。

 

当然ですが投資の世界はそんなに簡単ではありませんので他人に資金を丸投げして楽に儲けられる世界ではありません!この楽に儲けられる物を求めてしまう方の殆どが詐欺に遭遇します。

投資の世界は未来を予想するので簡単ではありませんが、幾らまで下がりますか?とか、いつまで上がりますか?とか、いくらで買ったら良いですか?とか何処で売ったら良いですか?この手の神のみぞ知るような答えが分かれば今頃誰もが億万長者ですが、この手の質問では無く、例えば大きい分析をみた上での先々の相場の見通しや買い場売り場のある程度の仕込み金額と仕込みの日柄、目標利食いポイントや両建ての目安金額、見切り千両によるロスカットライン等はドンドンお問合せ頂ければと思います。

 

もし指示通り戦ってそれでも駄目なら諦めも付きますが、急所値ヒットで即和戦両様の構えによる両建て指示や買い転換してから即カギ足黒変化への騙しの再度売り方針や、売り転換してから即カギ足赤変化への騙しの再度買い指示時のドテン指示や、買い出動の飛び乗り指示、売り出動の飛び乗り指示等、日々の投資日報や14回監視の目のスイングシグナル配信の指示通りに戦えない、中々ポイントポイントで頭が切り替わらないとなると少々勿体無い感じが致します。

 

結果、最終的に我流、自己流に戻ってしまうのであれば結局何を利用しても何をみても結果は同じくなってしまう筈ですし簡単で楽に儲けられそうなアドバイスを探しても100%ありません。

 

やはり投資の世界には絶対や100%はありませんので絶対マイナスを被らない、損をしない買い場、売り場、一番端っこの仕込み場、利食い場を求めても永遠の課題ですが、この辺は目先の売り買いの問題と言うよりは意識改革の問題、戦い方の問題になってくると思います。

 

お金を儲ける為の努力はどの職業でも絶対に付き物ですが、活字の読解力、理解力、注意力は人それぞれなので一概には言えませんが、やはり内容を理解する為には時折質問も必要だと思いますし、この辺のことを怠って月末駄目でしたでは少々勿体無い感じがしてしまいます。

 

メール配信の内容を理解、読解して頂けないと当然ですが仕込み場や利食いポイントを見落とし、スルーしてしまったり、ストップロスヒットなのにも関わらず因果玉として残ってしまったり、急所値ヒットなのに和戦両用の構えによる両建てが出来て無かったり、やはり大切な所の見落としや見間違えが発生します。

 

口頭では無くメール配信なので今回の金のスイングシグナルによるエントリーする金額の目安と日柄の目安や白金のスイングシグナル配信に騙しによる損切りの金額の目安と日柄の目安、更に再度買いエントリーの金額の目安と日柄の目安、コーンのスイング配信による売りの利パッチ、利確ポイントやその後の売りを手仕舞いしてからの買い方針に切り替える金額の目安や日柄の目安、原油のスイングシグナル配信による急所値下抜きからの買いの手仕舞い金額の目安や日柄の目安、更にQ&Aによる大きな先々の見通しと足元の近い見通し等、その場、その場でリアルタイムに配信したこれら全てが活字として残りますので当方は後から言い訳が出来ません。

 

人はどうしても楽な道を歩みたがりますので、やはり建ち玉のバランスを考えるのは面倒、資金配分等の計算も面倒、質問も問い合わせも面倒、だから単純で楽で簡単なエントリー指示を出してくれるアドバイザーを求める、、、これはありがちです。

 

でも蓋を空けてみたら当然そんなに期待通りには行かず、そんな単純なアドバイスで簡単に儲けられる訳もなく、楽に稼げる筈もなく、結局また損をして再度違うアドバイザーを求めて次へ次へと放浪することになりますが、最終的には本物の分析ツールと本物のアドバイザーを見付けて確りとしたビジネスライクな戦い方を自分自身が身に付けない限り、結局何に頼っても誰に頼っても何を見てもとどのつまりは同じだと思います。

 

当方は今から10年前に今のwinspecの初期モデルを導入しましたが、当時は分析方法等を聞くにしも電話では教えて貰えませんでしたので、解らない事を聞く為に開発者の家の前で待ち伏せをしたり、開発者の自宅まで何十回も通いに通い詰め、年間通して数少ない勉強会に積極的に参加して何とか分析方法を網羅出来ました。

 

多分ですが10年前に旧ヤマトを導入した方々はやはり分析方法を網羅出来ずに途中で諦めて挫折、結果再び自己流に後戻りして楽な道を求めてしまい大損確定で強制退場を強いられる羽目に陥った方が殆どだったと思います。

 

今思えば当方にとって旧ヤマトの導入当時に発生した2008年のリーマンショックが運命の分かれ道になりましたが、もし分からない事やご不明な事がありましたら解らず仕舞いにせず、月末まで貯めこまず、その場、その場で解決して頂き何とかみんなでwinspecの分析内容を共有しながらwinwinで相乗効果を上げて行きたいと思いますのでどんどんご質問頂ければと思います。

 

実際にwinpsecを利用しながら投資日報による天底キャッチの戦い方のルーティーンを理解して頂き、スイングシグナル配信による騙しの攻略方法とここ一番の飛び乗りポイントを理解して儲き、確りと安定的に儲けて頂いている方も多いので、もし今まで長年自己流で戦ってこられてやはり結果が伴わない方、一歩進んで二歩下がるような鳴かず飛ばずで中々結果が残らない方、このように中々儲からない戦い方を永遠とされてもやはり時間のお金が無駄なのでそこに早めに気付いて頂き、楽な自己流は捨てて、winspecを利用した売り方針買い方針に拘らない、銘柄等にも拘らない戦い方を覚えて頂ければと思います。

 

買いたい弱気と売りたい強気の矛盾点が前面に出てしまい、買いたい方は必要以上に安い所を追い求め、売りたい方は必要以上に高い所を追い求める戦い方をしがちですが、結局大チャンスの所で手も足も出ずに蛇に睨まれた蛙状態でになってしまい、ようやく参加し始めるとそこは決まって2合目と8合目の天底になります!

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ