白金
こちらが白金の大勢波週間分析です!大きい流れは未だ買いですが2日分析、1日分析、半日分析、スイングシグナル配信は次の買い場を目掛けて売りです!

これが分析する日柄のズレですが、細かい戦い方が嫌いな方は今の4手下げを喰らってもどうってことはないかも知れませんがその代わり150円前後の逆ブレリスクは必要になります。

今回は大勢なので要日柄ですが、いつもはこれの小さいバージョンをやっていることになります。

例えば1日分析の買い場を目掛けて足元のスイングシグナル一時的に売り変化したり、1日分析の売り場を目掛けてスイングシグナルは一時的に買い方針に変化したりしますが、今回の場合は大きい日柄分析の買い場を目掛けた少し日柄が必要な足元の売り方針という事になりそうです。

そうなると1日分析の売り場や買い場のように2手、3手と言う訳には行かず大体8日前後の調整日柄は必要かも知れませんが、1日4回配信のスイングシグナル配信ではこのように足元の小さい天底をいち早くキャッチしますので、今回の白金も8月1日の2節、金額は3030円前後から売りの飛び乗りが出来ているという事になります。

テクニカル分析やファンダメンタル、内部要因ではこの足元の分析変化はキャッチ出来ませんので、そこそこ下がってから週足で売り変化、そこそこ上がってから週足で買い変化となり、気付いた時には時既に遅しで調整終了、自律反発終了となり常に逆逆の後追いになってしまう筈です。

ただ細かい戦い方が嫌いな方で大きい分析のボラティリティ150円の逆ブレリスクが見れるのであれば変に売りなどは狙わずに買い下がり倍ナンピンの買い放置でも良いかもしれませんが、ただもしこの150円を逆の手売り方針で狙えるならそれに越したことはない感じが致します。

今の白金を投資日報のみで戦う方はこのような逆ブレを考慮して最低でも100円前後の逆ブレリスクは必要になりますがこれが1日4回のスイングシグナル配信で戦うとなりますと必要な逆ブレリスクはわずか40円で済む計算になります。

この辺は個々の方々の予算で負えるリスクは異なると思いますが、人によってスイングシグナル配信はデイトレをやる為の細かい配信と思われがちですが全くそうではありません。

1日4回のスイングシグナル配信の利用方法はどちらかと言いますと大きい分析の売り場、買い場を目掛けた一時的な調整入りや自律反発入りを足元でいち早く察知する為の配信だと思って頂ければと思います。

なので今の白金も特に1日単位のデイトレをやっている訳では無く、8月1日の2節、3030円前後から余裕の方は売り玉HOLDの売りっぱなしとなっております。

もしこれで来週の何処かでスイングシグナル配信の方で底入れの条件が整えば次の買い場を目掛けた足元の調整入りは一旦終了とみなし、今度は頭を切り替えて再びカンカン強気の買い方針で狙って行くことになります。

一応目標ビリビリラインタッチや3発突き上げ天井等、目先の天井を示唆する条件はいくつかありますがやはりスイングシグナル売り転換が一番堅い天井キャッチの方法だと思います。

これが富士山のふもとでは買えないけど2合目から確実に買いで狙える、富士山の頂上では売れないけど8合目から確実に売りで狙える他のアドバイザーは100%真似できない演出無しのClub LCM独自のリアルな戦い方になります!

当然、瞬間の騙しや今回の金のような上下波乱によるちゃぶつきはたまに喰らいますが、この戦い方が出来れば無駄に2手押し3手押し、2手戻り3手戻りを逆の手で我慢する必要もなくなりますし、とにかくストレス以外の何ものでもない1週間調整や1週間自律反発を無駄に逆の手で喰らう必要もなくなります。

とにかく大勢、中勢、足元の日柄の組み立てが広域、節足winspecで出来るようになると、なんとなくとか、そろそろと言った博打トレードはしなくなりますし、常にストレスフリーで最終トータルでは負け知らずになります!

節足、広域のwinspecは過去の失敗を常にフィードバックしてその都度改善しながらリアルに相場を張って実践してますので節足、広域のwinspecさえ手に入れることが出来れば常に安定収入を得ることが可能になると思います。

当然ですが時間に縛られず、納期に縛られず、在庫も置かず、家賃もかからず、人件費もかからず、台風やゲリラ雷雨、地震等の自然災害に影響されず、重い物を持って腰を痛めるリスクもなく、時間給のパートで時間を拘束される事もなく、しかもわずか20%の税率でミリオネアを叩き出す事も可能になりますのでもしご興味があるメンバー様は是非お問い合わせ下さい!

突然のリストラ等、何かが起きてからいきなりでは流石に無理がありますし、やはり分析を網羅する迄の期間も必要なので極力早めの旅支度をお勧めします!

最初は線がいっぱいあって分析も時間が掛かり難しく感じるかも知れませんが、とにかく分析のコツを掴めば必要のない波形は全部すっ飛ばしますので解り易いチャンス波と警戒波だけ拾うのはそんなに時間はかかりません。

これが全部が全部隅々まで見て、必要以上に見落とさないようにしようと思えば分析も丸1日かかってしまいそうなので実際に嫌気がさして途中挫折もありえるかも知れませんが、とにかく実践に役立つチャンス波と警戒波の要点のみを抑えるだけであれば、当方の配信時間同様、節足であれば入力から配信時間までのわずか15分、広域5銘柄程度であれば入力から配信時間までのわずか30分で可能になります。

分析方法にも効率よく見るコツがありますが、何から何まで全部を見ようとせず、初級でチャンスに見えたものだけを中級、上級で見ていく感じが効率が良いと思います。

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ