内部要因、ファンダメンタル、テクニカル分析は自分が立てた見立てや思惑でどんどん自分自身をがんじがらめに縛り上げる傾向があります。

更に過去の経験則や希望的観測を生むいわば元凶が「過去の高値おぼえ 安値おぼえ」ですが、特に相場経験が中途半端に豊富なトレーダーに限って昔経験した値段を忘れられず、いつまでも昔の夢に入りびたっていると、今の金のような大相場についていけなくなります。 

商品先物取引の世界ほど、昔話を語りたがる人が多いところはありませんが、「今年の2月のバレンタイン天井となった東京金価格の高値は4770円前後だったので4800円越え、4900円越え、5000円越えはとてもじゃないですが買えない、、、」というたぐいのお話しです!

それが単なるお話から、現実の世界へ置き換えられる。「オシレーター中毒はRSIが既に75%なので今の東京金はとてもじゃないですが買えない」という結論をもたらし、大きな大きな大チャンスをつかみそこなうこととなります。
 

「商品価格は何れもとの鞘に戻る」というように、将来の予測に過去の足どりは確かに一つの手がかりとなりますが、ただそれはすべてではありません。

相場歴が長い方程むかしを語りたがりますが、相場に過去はありませんので理屈上手の相場下手にはならないように心がけましょう!

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ