今の時代に合っているビジネスは何か?それは国が推奨している「資産運用」かも知れません!

但し一言で「資産運用」と言いましても色々あると思いますが、中でも「商品先物取引」、「株」、「為替」であれば、100%や確実は無いにしてもwinspecがあれば高確率で稼げます!

誰もが持ち合わせている「一般大衆素人の相場観」をwinspecのロジックが見事に捻じ曲げてくれますので、感情では無く理論で戦えるようになる筈です!

今のこの円安で飲食業?仕入れコストが上がり、経験も知識も全く無い者からすると衛生管理や在庫管理、汚染されていない食材選び等を考えますと素人では少々難しそうです。

不動産、自動車関連、仕掛け方次第では儲かりそうですが、個人商店レベルで考えると負うリスクが大き過ぎる感じが致します。

コンビニ?今回の自然災害による大規模停電や消費が停滞している今を考えると少々考え物ですが更に出店場所を間違えると即失敗も視野に。

塾?少子高齢化の世の中で更に机の回転率を考えると正直疑問です。それなら高齢者に目を向けた方が賢明かも知れません。

ファーストフード?こちらも初期費用がかかりすぎて少し大掛かりかも知れません。

しかも上記の商売は様々な経営のノウハウや知識が必要ですし、コンビニや塾等のフランチャイズであればそれなりの自己資金や研修期間、ラーメン屋等であればそれなりの下積みや修行、焼き肉屋や寿司屋、居酒屋等、なま物を扱うお店であれば確りとした衛生管理や季節要因がかなり影響しますので、フランチャイズ等の話を試しに聞いてはみるものの、実際に行動に移すとなるとかなり大掛かりになりますので大半の方が二の足を踏むはずです。

しかも異物混入問題や食品偽装の問題等を考えますと問題が山積。

でも当方が今実際に行っているこの投資ビジネスは、誰もが頭を抱える固定費、店舗も在庫も従業員も要りませんし、しかも今の時代の再就職に必要な高学歴も英語力も一切必要なし。

しかも普通の商売に比べれば初期投資が非常に安く抑えられ、逆に言えばスマホ1本、ノートパソコン1台あれば、それこそ日本国中何処でも、wifiの環境があれば世界中の何処へ行っても即実戦ができ、更に客単価や一座席辺りの回転数による客の頭打ちも決まってません。更に国税15%、地方税5%と税制面も優遇されており、叩き出せる利益に至っても無限大の可能性を秘めている興味深く奥の深いビジネスです。

やはり固定費が掛からない店舗、在庫、従業員等が一切不必要で好景気、不景気も気にせず、税率の安い身軽なこのビジネスは今まさにこの時代にとっては何よりも強みになります。

別に「塾」を経営して「先生を雇う」必要はありませんし「店舗」を用意していつ売れるか分からない「食品」や「車」や「オートバイ」を並べたりする必要もありません。

「コンビニ」の様に「在庫を大量に仕入れたり色々な研修等」をする必要もありません。「飲食店」のように「衛生管理」や「放射能汚染問題」等気にする必要ありませんし「色々な修行や様々な下積み」もいりません。更に「商売敵や商売相手が見え辛い」ので普通の商売に比べかなりやり易いと思います。

当社が過去営んでいた車屋を例にあげますと、2000万円のフェラーリを仕入れても10%の200万円前後しか儲からない筈ですし、3000万円のランボルギーニを仕入れても良い所300万円前後しか儲からない筈です!ただ確かに200万円、300万円儲かれば大きいかも知れませんが、儲けが仕入れ価格の10%では効率が悪くてやってられません!

多分月の売り上げが5000万円、これに纏わる固定費が3000万円~3500万円前後、そうなると実際の儲けは1500万円前後、ここから更に税金等を支払うと残りはいくらになってしまうのか?年商はそこそこあっても、実際の手取りは、、、これを考えただけでもぞっとします!

それに引き換え相場の世界は税率もかなり魅力的であり、通常の商売ですと扶養控除や配偶者特別控除も実質無くなり、国税と地方税で稼いだ額面のアバウト50%~60%は国に持って行かれると思いますが、この商品先物取り引きは国税と地方税入れてもたったの20%しか持って行かれませんので額面上の数字と手取りのギャップがこれだけ少なければやりがいもあると思います。

巷のサラリーマンですら厚生年金や保険料、税金等で給料の3分の1を引かれてしまうとかなりダメージは大きい筈ですし将来は年金支給年齢の引き上げ、年金支給額の引き下げが待ってますので多分ですがダブルパンチ!

通常の商売では「景気が悪くなる」=「売り上げが落ちる」、になりますが投資の世界はそれを逆手に取り、「空売り」で責められますので「好景気」、「不景気」どちらでも対応できます。更に「高い家賃」や「ロイヤリティー等」「毎月重く圧し掛かる固定経費」も一切かかりませんのでこれもかなりの強みになります。

ただ投資の世界で戦う上で欠かせない当社が利用している「winspec」がいくら素晴らしいと言えども、流石に目先の細かい上げ下げを糸を縫うように儲ける戦い方は出来ませんが、高確率で更にリスクの少ない所で勝負が可能なので確り中長期に渡ってコンスタントに利益を叩き出す事が可能です。

この「winspec」があれば、チャンスでも無い所で闇雲に相場を張る気にはならないと思いますし、抜けてはいけない金額や仕掛け処を色分けされた線を視覚で確認できますのでここ一番は確り背中を押してくれます。

当然、無責任な演出上手のBlogや完全他人任せの他力本願からは脱皮出来ましたし、自分自身の考えの下、自分の信念で相場が張れるようになれましたので鬼に金棒ですが、勿論、株式市場、FX市場、暗号通貨市場、日経225先物も可能になりました。

分析方法自体を完全マスターするまでにそこそこのお日にちお時間がかかりましたが、今回の増税や年金支給額の減額や年金支給年齢の引き上げ等今後起こりうる色々なリスク等も想定してそれに備えて準備、保全をしながら確り旅支度をして来ましたが今思えば正解だったような気がします。

今後の日本は少子高齢化、破綻寸前の年金制度、更に復興特別住民税の徴収も始まり、所得税や相続税控除額の引き下げによる実質的な増税、さらに上昇し続ける国民年金保険料、国民健康保険料も一部大幅値上げ、そこに留めはあの世にいっても取られる可能性が出て来た死亡消費税、と言う事で今の日本は増税ラッシュに突入!

但し、今後の日本を考えた場合、GDPに対する国の借金も他国に比べれば軍を抜いて多いので、確り増税するべき時に増税をして日本国が国家破綻をしないようにして頂く必要があります。

現在のインフレ政策で地方の地価は解りませんが、東京オリンピックも手伝って東京都心の地価は確かに上昇しているみたいですが、それに加えて物価も上昇しているので多分ですが今後年金だけでの生活は実質不可能になってくると思います。

少し前に話題になりました定年退職後に2000万円から3000万円前後の現金が必要というのも納得です。

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ