・情報は最低限でよい。あると判断が鈍る。

・相場は出来の悪い部下に仕事を任せる感覚である。

・予想はしない。シグナルが来たら入る。ただそれだけだ。ここまで来れば立派。

・チャートは頼るけど、信用しない。これがつかめたら相場で食べていける。

・アナリストのレポートを読んで笑えるようになれば、一人前の相場師である。(レポートなどあてにならない。)

・人の相場は自分の相場と関係ない。最初から聞かない。

・素人と玄人の差は負け方で決まる。

・みんながみんな暴落が来ると思っていたら、なかなか暴落は来ない。

・金のなる木は水では生きぬ。汗をやらねば枯れていく。

・少しわかってきた人はやたら人に教えたがる傾向にある。

・テクニカル分析は実は占星術と同類である。

・賢者は聞き、愚者は語る。

・相場を語るなかれ(相場などいつどうなるかわからないこと)

・売買は一度にするは無分別。二度買うべし。二度売るべし。

・見切り千両、損切り万両。損切りは最高のヘッジである。

・相場道には、誇ること・嘘をつくこと・人を憎むこと・お金をほしがること・お金を惜しむことが大禁物です。

・過去を語ることはすでに敗残を意味する。

・相場の世界では理論は相手にされない。

・世の中で相場が一番危ないと思っていたが、相場は一番安全だった。

・相場の秘訣は少数党につくこと。早く損すること。

・焦らないこと。いろんなものは、後から自然についてくる。

・この世は自分の意識がつくる。だから深い物語をつくること。

・何かを犠牲にしないで、夢を見てはいけない。

・プロになる近道は、好きなことを仕事にすること。

・自分を過信しなければ努力ができる。賢い方法が見つかる。

・先が見えなくたって、まずは一歩を踏み出してみること。

・成功を手にしている人は行動し、実行できる人。

・何をやっても生きていける。そんな開き直りがあれば強い。

・仕事の核を作っておけば、いろんな仕事に広がっていく。

・あいつはすごいと人から言われる。そういう努力を黙ってする。

・最も勤勉な者が最も富む。

・他人のアドバイスやインサイダー情報に頼り、他人の考えに従うなら、決して投機で成功することはあるまい。

・独自にやることを学ばなければならない。

・金は常に知識のある方へ向かう。

・事実を直視し、願望と不安を取り除くことを学べ。

・「時は金なり」研究に時間を使いなさい。そうすれば充分報われることだろう。

・成功するトレーダーは、人間の性質を学び、大衆がすることの逆を行う。

・ほとんどのトレーダーは通常の相場においてあまりに多くの利益を望みすぎるという過ちをおかす。

・人はほとんどの場合、同じように動く。人間は変わらぬものだからだ。

・成功するためには過去の記録を研究し続けなければならない。

反省点だらけなので今後に生かします!

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ