2020
今年の日本は正念場を迎える事になるかも知れません!今の株高がいつまで続くのか?2020年日本オリンピック?2020年米大統領選挙?

2020年東京オリンピックは、2020724日から89日までの17日間、東京パラリンピックは2020825日から96日まで、更に2020113日に実施予定のアメリカ合衆国大統領・副大統領選がありますのでwinspecの分析力短期強化月間も今年の上半期がポイントになりそうです。

因みに当方が相場で大敗してwinspecを導入したのは2008年の5月中旬、約リーマンショックの4ヶ月前、しかもこの年は北京オリンピックの開催年、北京オリンピックの開催期間は200888日から824日までの17日間でしたので、丁度広域のwinspecで灯油の天井形成波を見付けた七夕天井からの約1ヶ月に及んだ暴落による一段下げを取ってから一旦腰の入ったショートカバーが入って外務員がこぞって底入れ、底入れ、大チャンスの買い場、買い場と言い始めた辺りの日柄が丁度北京オリンピック開催期間だったと思います!

その後、北京オリンピックが終わり今度は
200896日から917日までパラリンピックが開催され、パラリンピックが終了する2日前の2008915アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングス(Lehman Brothers Holdings Inc.)が経営破綻!

これを切っ掛けにそれまでのショートカバーが終了し、再びホームトレードと対面取引の口座をフル稼働させて12月下旬に出現したwinspec底入れW波のしゃくりが出現するまでは売り浴びせのショート狙いで暴落一相場を丸取り完勝しましたがここも外務員は買いの我慢を推奨しておりました!

未だ期間はありますので念の為、色々な事を想定して旅支度をしながら今年上半期を戦いましょう!

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ