相場のリズムはこちら!

新生winspec天底形成に於ける先行波出現により3拍子目の日柄のリズムが到来してくれば、その後はカンカン弱気、カンカン強気の大チャンスの日柄に突入する事になります。そうしてその大チャンス局面が佳境になりつつある日柄で、今後の逆の手狙いに於ける自律反発、あや押しをしながら最終局面に突入して行きます。

今迄売りの大チャンスだった銘柄に関しては新生winspec上の目先の分析で自律反発波が出現、逆に今迄買いのチャンスだった銘柄に関しては一旦目先で調整局面突入波が出現してくる事になりますが、そうなると今迄のカンカン弱気、カンカン強気のトレーリングストップ作戦から短期日計り的な売り、短期日計り的な買い方針に戦い方を変更する事になります。

その辺の日柄は未だ今迄の弱気、強気の余韻を引きずっておりますので、即戻り天井、押し目底を打つ事になりますのでもし逆の手狙いのお試し玉を入れるにしても長く維持する事は出来ません。いわゆる短期日計りです。

171d962a-s

その後即戻り天井、押し目底を打った後は再び数日に於ける反落、反発をすることになりますが、その反落、反発をこなした後は今度は多少腰の入った急反発、急落をして、その急反発、急落をこなした後は多少の腰の入った調整波乱、戻り波乱をやる事になりますが、残念ながらこの日柄では未だ完全な底入れ、天井形成にはなりませんので多分ここでも短期戦の手の早い逆張り買い方針、売り方針で対応する事になると思います。そうして一日分析で3P4P前後の戻り、押しを狙った後は再び戻り天井、押し目底を打つ事になります。

そこそこ戻ったり、押したりするので今迄散々我慢に我慢をしていた買い方や売り方が半信半疑で底入れ、天井形成期待をする所ではありますが、新生winspecでは一旦上に行きそうに見せて即失速したり、逆に下に行きそうに見せて再び戻りを入れたりする所は、小さい、小さいクルン波出現により一目瞭然で分かりますので、新生winspecでクルン波が出現した所の失速は再び既存の売り狙いで、クルン波が出現した所の反発は既存の買い狙いで再び取りに行く事になります。

ここは所謂、一旦上に行きそうに見せてからの反落、一旦下に行きそうに見せてからの反発が入る小さい騙し局面と言う事になります。

そうしてこの辺の一連の日柄をこなした所で今度は分析をする日柄を変更する事になります。

ここ迄日柄をこなして来た所からは今度はM八出現による売り狙い、買い狙いに戦い方をシフトさせる事になりますが、ここのM八波狙いはアバウト2Pから4P前後の下げ、2Pから4P前後の上げを狙う事になりますので、ここもやはり短期日計り的な手の早い売り方針、買い方針となります。

winspec

大体この辺のショートレンジの戦い方をこなした日柄辺りからが本格的な底入れ、天井形成に向けた動きになって来ますが、ただ未だここでもカンカン強気、カンカン弱気で狙えそうな完全底入れ、完全天井形成にはなりませんが、この辺の日柄で目先の押し目底や戻り天井を打った所は今度は小さい買いのチャンス、売りのチャンスが訪れる事になります。

ようやくここへ来て8Pから10P前後の反発や調整を狙える日柄に突入すると思いますので、ここは前回の半信半疑の底入れ、天井形成局面とは異なり、大損を被ってフラフラの買い方や売り方が完全な底入れ、天井形成局面と勘違いする日柄になると思います。

ただ残念な事にここでは未だ新生winspec2拍子目の買い場、売り場なので完全底入れ、天井形成にはならず、今後再び少し大き目の分析で戻り天井や押し目底を打った場合は逆に買い落城安峠、売り落城高峠に向けての再び売りのチャンス、買いのチャンスが始まる事になります。

ここでの売り狙い、買い狙いはアバウト8P10P前後は狙えそうなので、トレーリングストップ作戦も視野に入れながらになりますが、新生winspec天井先行波出現による目先の売りのチャンス、底入れ先行波による買いのチャンス局面が再び到来する事になります。

投資関連1

一応この辺の売り狙い、買い狙いとなりますと、多分目先で最後の売り買いのチャンス局面と言う事になり、そろそろ新生winspec完全底入れ、完全天井形成先行波出現によるセリングクライマックス、バイイングクライマックスを視野に入れながらの戦いとなりますが、この波形が出現した辺りで、今後のカンカン強気、カンカン弱気狙いに向けて再び分析の日柄を変更する事になります。

その後は分析の日柄を変更した上でここから本丸の大チャンスに向けて再スタートとなりますが、この辺の日柄からようやくカンカン強気、カンカン弱気で狙えそうな新生winspec完全底入れ、完全天井形成局面に於ける先行波が出現して来ると思いますが、この辺の日柄から徐々に押し目底狙いの売り狙い、戻り天井狙いの買い狙いはリスキーになりますので逆張り対応は頭から外して頂き、ようやく本丸狙いの買い方針、本丸狙いの売り方針の軸足が決まって来る戦い方になって来ます。

3拍子目の底入れ形成日柄は野も山も総弱気の買い方の買い玉ブチ投げによる買い落城安峠局面、3拍子目の天井日柄は野も山も総強気の売り方の売り玉総踏みによる売り落城高峠局面になって来ると思いますので、多分この辺の一連の日柄をこなした辺りから徐々に腰の入った暴騰、暴落局面に突入する筈です。

その後新生winspec完全底入れ、完全天井形成局面に於けるPD波出現により、大底、大天井を打った後はカンカン強気の上昇局面、カンカン弱気の下降局面突入になると思いますが、その後あや押し、あや戻りをして来たGD突き下げ、突き上げ局面が絶好の買い玉の仕込み場、売り玉の仕込み場になって来ると思います。

この日柄を待ってようやく本丸狙いの買い方針、売り方針で戦う事になると思いますが、多分ですがこの辺の日柄が新生winspec3拍子目のリズムで訪れる大チャンスの買い方針、売り方針局面になって来ると思います。

このように上げては下げ、下げては上げると言うような底入れ、天井形成に於ける相場のリズムがややこしい上下波乱局面と言う事になりますが、多くの方がこの日柄を待てずに戦うので、どうでも良い所で息切れをしてしまい、ここ一番の新生winspec3拍子目の本丸大チャンスでは参加が出来なくなる筈です!

当然、外務員が一生懸命駆使しているテクニカル分析やファンダメンタルではこの辺の相場のリズム等分かる筈も無く、年から年中発表される色々な指標やニュース等のファンダメンタルに翻弄されて、右向けとなれば右向いて、今度は左向けとなれば左を向いて、右だ、左だとメダカの学校状態になります。

winspec
相場には底入れ前、天井形成前に於ける流れ、一連の相場のリズムがありますので、先を急いで一生懸命買ったとしても、新生winspec3拍子目の上げのリズムの日柄が来なければ上がる物も上がりませんし、一生懸命売った所で新生winspec3拍子目の下げのリズムの日柄が来なければ下がる物も下がりません。

必然的に新生winspec3拍子目の底入れ波が出現してくれば日柄を待たずして上がりますし、新生winspec3拍子目の天井波が出現してくれば日柄を待たずして下がります。

なので当方は常に新生winspecの分析により3拍子目のここ一番の日柄を待つ事を心がけておりますし、何処でも彼処も売り維持、買い維持も致しません。

買い維持、売り維持と言うトレーリングストップが出来るのは売りにせよ買いにせよ、相場の3拍子目のリズムの所だけなので、それ以外の所は必然的に短期売買で狙います。

このように色々な日柄分析での一連の相場のリズムが分からない方は絶対にこの世界で利益を叩き出す事は不可能ですが新生winspecがあれば騙しも含めこれが手の取るように分かります。

このように非常にややこしくて分かり辛いこの一連の相場のリズムを活字で説明する事は非常に難しく、活字での説明にも限度がありますが、上記の活字での相場のリズムの説明よりも、新生winspecを実際に見て頂き、各々の線の色分け等視覚で確認して頂ければここ一番の所で成り行き10枚も不可能ではない筈です!

ここ最近は特にですが多くの方に応援して頂き本当に喜ばしい限りです。引き続き出来る限りシンプルで誰にでも分かり易い記事の投稿を心掛けさせて頂きますのでお時間の空いた時、お暇な時で結構なので、下の「押す」を「クリック」して頂けると有難いです!

更に皆様の戦力になれるよう頑張らせて頂きますので是非宜しくお願い致します。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ  

商品先物、FX、株取引の相場観測のナビゲーター「新生winspecの詳細」はこちらをクリック!

(商品先物取り引きで参考になるブログをお探しの方はWEB-COMMOをどうぞ)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ