sammapan パン教室

☆ ☆ ☆ sammapanが主催しているパン教室の模様をお知らせしてます〜

2016年8・9月のパン教室 予約状況2016年8月3日現在

パン教室の予約状況です。
9月18・22日が変更になりました。
8月お盆明けより1か月程度パン教室をお休みさせていただきます。詳細が決まったらお知らせしますね。

下記は、現在の予約を頂いている人数です。
3名以上集まるとパン教室を開催します。通常、参加可能人数は5名です。ただ、お友達同士や参加者から了解を得られた場合のみ、6名で行います。

開催決定日は太字に、変更箇所は下線で表わしています>
2016年
7月31日 終了

8月はパン教室はお休みです

9月11日 要お問い合わせ
9月18日 1名
9月19日(祝)
9月22日(祝) 3名 開催します(後、1名予約可能です)
9月25日 4名 開催します(後、1名予約可能です)



現在、日曜日と祝日にパン教室を開催しています。イベントなどで日曜日に開催できない場合は、土曜日や平日も行う場合があります。お気軽にお問い合わせください。お会いできるのを楽しみにしています

2016年7月31日 パン教室

この夏最後のパン教室は31日に行いました。この日の参加者は4名(Kさん、Wさん、Sさん、Aさん)でした。作ったパンは『ソーセージパン』『レモンと生姜のパン・ペイザン』『パン・ド・カンパーニュ』『クルミとアーモンドパン』の4種類でした。

ソーセージパンは前の教室で作って楽しかったのと夏にはこういう惣菜系も良いかなぁって思って作りました。前回は長めのソーセージ1本を入れたのですが、今回は普通のソーセージ2本を繋ぐ形でやってみましたが、なんと、長めのソーセージのほうが2本よりも長かったと判明。そういうことも有るのですね。パッケージからは中身の長さまでは分かりにくくて、スーパーで少し変な人だったかもしれません(>_<)。ちょっと変わった成形で楽しかったのですが、ソーセージの長さと生地の量のバランスが難しいなって思いました。
DSC03738

DSC03740

パン・ペイザンは今回はリスドォルだけで作りましたが、前回試作で作った時と同じように生地が緩くて大変でしたが、こねる方が魔法の手を持っていらっしゃる(笑)から、とてもいい感じで出来上がりました。生地がべたべたして成形がしにくそうだったので、8つに分割して焼成しました。真ん中当たりの生地は綺麗に膨らみました。

カンパーニュも上の段で焼いた2つが比較的高さが出ました。もう5分程度発酵が短くても良かったかなぁ。夏はイーストの量を加減したり、水温を変えていますが、それでも室温の高さで生地の上がりが早いですね。
DSC03737

アーモンドパンはいい感じに出来上がりました。生地がとてもこねやすくてなおかつ美味しい。最高のパンです。

DSC03744

DSC03742今回のパン教室は、何故だかみんななんとなく眠そうで・・・(笑)発酵も長いものが多くて、初めは時間も十分あり、ゆったりとしていて、余計眠い感じだった気がします。私自身もちょっとボーっとしてしまっていたようです(>_<)。ランチも食べて、パンも焼きがってコーヒーを飲んでいる頃にはみんなも活気が出てきて?おしゃべりにも華が咲きました。パン教室ももう10年以上やっていますが、毎回違って面白いですね。

この後、1ヶ月半ほどパン教室がお休みになります。次にお越しいただくときは、部屋の感じも変わっていると思います。お越しいただける皆様、楽しみにしていてくださいね。まだまだこれから夏本番。熱中症と夏バテに気をつけて、しっかり水分補給して夏を乗り切りましょう。お越しくださってありがとうございました。またお会いできるのを楽しみにしていますなっしー♪

試作日記 28-33

先週は販売用もお休みだったけれど、今回はいつもの試作のフランスパンと販売用の2種類でした。

フランスパンは、内麦ハースとTy-ERだったけれど、ERが少なかったのでリスドォルで作った。
今回は全部のパンがクープが開いた。リスドォルのお蔭?それともいい生地だったのか。パンは難しくて面白い

DSC03733


パンをいつも購入してくださっている方から頂いたパン。食パンの生地でこのパンをお店ではサンドイッチのしているようだ。私もパン教室のサラダの具材を挟んでみた。美味しかったなぁ。飽きのこない美味しいパンだった。
DSC03735

DSC03736

2016年7月27日 パン教室

今回は水曜日ですが、5名参加者が集まったのでパン教室を行いました。皆さん新しい方ばかり、Kさん、Yさん、Hさん、Tさん、Yaさんの5名で作ったパンは『あんぱん』『ソーセージパン』『カレンズとフィグとクルミのライ麦パン』『ハンバーガーバンズ』『レーズンパン』の5種類でした。

皆さん、一度はパンを作ったことがある人でしたが、初心者でお願いしますとお聞きしましたが、もしかするとお越しになるのが1回だけかも知れないと思い、作っていただきたいパンをやってもらうことになりました。
少し難しいのもあり、また色んな副材料が入るため、こねる時間が長いものも有ったのですが、なんとかお手伝いしつつ、いい感じの生地に仕上げることが出来ました。

あんぱんも底割れすることもなく、どれも綺麗に成形が出来ました。そのほかのパンの関係上2時間半ほど冷蔵庫で発酵。発酵後は8℃程度まで温度が下がりましたが、部屋の温度が暑いので30分ほどで14℃程度まで戻り、ちょうど良い硬さの生地で成形。最後はケシのみで表面を飾りました。
DSC03719

DSC03723

DSC03725

ソーセージパンはフランスパン生地でソーセージをまいて、鋏でカットしてそれをドーナツ型に成形するものと、棒状にするものの2種類の成形でした。ソーセージを違う種類にしたので、そのようにしてみました。新しい成形で面白かったです。見た目も良かったですね。

ライ麦パンを作った生徒さんはドイツに住んでいたこともあり、ドイツパンが大好きだったそうで、このパンじゃなくて本格的なものの方がよかったのかなぁって思いもありましたが、自宅で作りやすいということでこちらのフルーツやナッツが一杯入っているものにしました。成形の時にもう少し形よくしておけばよかったかもと思えるものもいくつか有りました。次回は、ちょっと手を加えてみようかなぁ。

バンズとレーズンパンは生地が緩くて、捏ねるのがちょっと大変そうでした。25分近くしっかり捏ねてもらえたので、とてもいい感じに仕上がりました。レーズンパンはクープは鋏で、焼き上がったパンを見て、皆さんが可愛いって言ってました。バンズは少し焼き色が強めに付いちゃったかなぁ?皆さんは、何を挟んで食べられたのでしょうか。

今日のこの写真は生徒さんがパンを並べてくださいました。素敵!
DSC03728


DSC03721初めての方ばかりのパン教室は楽しい反面、いつもちょっと緊張します。今回も良い意味での緊張はしましたが、ドイツに住んでいた方とお話ができたり、皆さんがいろんなイベントに参加されていたりととても刺激的で楽しい時間を過ごすことが出来ました。また機会があったらお越しいただけると嬉しいです。あ、殆ど写真が撮れなくてごめんなさいね。
ご自宅で作られるかなぁって方もいらっしゃったので、何か質問が有ればいつでもお願いします。
ご参加頂きありがとうございました。

2016年7月24日 パン教室

今日のパン教室は3名(Kさん、Nさん、Mさん)で作ったパンは『walnussstangen クルミ入りミッシュブロート』『パン・メランジェ』『フォカッチャ』の3種類でした。

外は比較的風もあったのですが、なんとなく蒸し暑い1日でした。
ライ麦系のパンが2種類だったのもあり、比較的早めに落ち着いて、ランチはゆっくり取れました。
クルミ入りミッシュブロートはとてもきれいな仕上がり。発酵もいい感じで完了して、窯伸びもある程度あり、見た目もすごく美味しそうに焼けました。このパン、実は結構好きです。美味しいんだもん。
パン・メランジェは中にナッツやドライフルーツが入るのであまり大きくなりません。分割も65gといつもの大きさなので、見た目もギュッとしまった感じに焼き上がりました。
DSC03708

DSC03711

フォカッチャは22.5cm角の型に入れて焼きました。高さは5cmぐらいかなぁ。イタリアンで出てくるようなフォカッチャ、結構好評です。焼成前に生地の表面に穴をあけて、オリーブオイルを塗って粉チーズをかけて焼成。焼き色もちょうど良く、美味しそうに焼きあがったと思います。

DSC03715

DSC03717

DSC03712差し入れで頂いたチーズと糠漬け、美味しかったです。いつもありがとうございますぅ。
今回は、パンの話よりも、来月から始まる部屋のリノベーションの話で盛り上がりました。少し前に引っ越しされた方に、業者さんを聞いたり、部屋の片づけの話から話題はどんどん広がって、色々教えてもらえました。感謝です。ここ数日は、朝晩は少し過ごしやすいですが、やはり夏本番ってこともあり、自宅でパンを作る回数が減ったと皆さん、おっしゃっています。
夏は無理はしないほうがよいので、体力を温存して、気候が良くなる9月下旬や10月頃からまた再開されるのをお勧めしますよぉ。
来月のパン教室はお休みの感じになりそうなので、次回お会いするのは9月中旬以降になりますが、夏バテと熱中症に気を付けてくださいね。今日もお越しいただきありがとうございました。またお会いするのを楽しみにしていますなっしー♪

試作日記 28-31

土曜日はライ麦の販売用とこの頃続けているバゲットの試作と次のパン教室用の試作も行った。
ライ麦パンはイーストの量を減らして、若干早めにオーブンに入れたけれど、とても綺麗に表面が割れた。Mehrkornbrotのほうはもう少し高さが欲しかったかなぁ。
DSC03707

バゲットはいつも通り内麦ハースとTy-ERのミックス。OL20分後4-5分捏ねて、その後G1 40分。軽くパンチして一晩冷蔵。今回は13時間程度。冷蔵後は10℃。すぐに分割して、28分室温。18-19℃まで戻る。丸めてベンチ30分。24℃位まで戻っている。その後成形。 G2 60分 今回の焼成は、上の段は鉄の板にチタン酸アルミニウムのセラミックスを乗せる(左側)。下はステンと銅版の上にチタン酸アルミニウムを置く。
270℃の予熱が完了の合図での温度は 左上227℃ 右上305℃ 左下227℃ 右下315℃でやはり温度が上がるのが遅いチタン酸は思ったほど上昇していないので、そのまま5分程度予熱を続ける。
5分後 左上272℃、右上306℃、左下261℃、右下326℃。となっていた。
そこで、焼成。う〜ん。今回は、チタン酸を入れた効果があまり感じられず、どの部分もきれいにクープは開かなかった。焼きあがった時に、香りはまぁまぁだが、いまいち。生地に問題ありかもなぁ。
もう1回ぐらいは試作したいけれど、できるかなぁ。
DSC03704

もう1種類は生姜とレモンのパンペイザン。こちらは前に何度か作っていたが、久しぶりなので試作してみた。
生地が緩くて緩くて、まとめられずに結構苦労した。粉を内麦ハース使ったからかなぁ?パン教室ではリスドォル使うので、大丈夫だと信じたい。思ったより、香りがなくて少し残念。私には内麦ハースはいまいちなのかなぁ?どうも相性が悪い気がする。おっと、自分の腕のなさを、粉のせいにしてはいけません!! とほほ。

試作日記 28-30

今日はイベント用のパンの注文を頂き、そのパンも併せて作りました。
パンは3種類。カレーベーグル、パン・オ・レとヨーグルトオランジェ。
どれも美味しくできました。
DSC03702


下記はイベントで出されたランチボックス。カレーベーグルが美味しく変身しました♪
160717レデュさんヨガ

2016年7月10日 パン教室

今日のパン教室は1名キャンセルが出たので2名(Nさん、Tさん)で行いました。作ったパンは夏向きの捏ねる時間が短いハード系2種類『山椒とほうじ茶のペイザン』『レザンブール』でした。

どちらも捏ね時間は10分程度、汗もかかずに終われます。でも生地がベタベタしていて、分割後の丸めや成形の時に結構手間取りました。
両方ともMAXまで発酵させて焼成。今回は数も少ないこともあり、オーブンの上の段はセラミックスの板を入れて焼きました。そのほうが温度が高く保たれるのではないかという思いから、この頃試作でバゲットを焼くときに利用しています。
DSC03694

で、先日の試作の時にも登場した、放射温度計で鉄板の温度を計測。ある意味少し実験的に行いました。
焼成具合としては、セラミック版があっても無くても変わらない感じでした。
ただ、温度は違いが出ています。しかし、それもセラミックス版というよりは庫内の温度分布による違いという気がします。毎回クッキングシートを敷いて焼いているので、次回はじかに置いて焼いてみようかとも思っています。

DSC03700

DSC03698DSC03699
両方ともおいしそうに焼けました。お二人だけで、発酵時間も長めだったので、今回は簡単クッキーを2種類焼きました。黒ゴマぽりぽりとみそクッキー。ちょうど材料も揃っていたし、混ぜて焼くだけの簡単なものなのですぐに出来上がり、最後のコーヒーの時のお供としても食べました。
この日はさすがに暑かったのでエアコン入れてパンを作りました。エアコンを入れても室温は高いままなので、生地温も結構上がっちゃいましたが、冷蔵庫で発酵させるなどして、うまく出来たと思います。
暑いなかお越し頂きありがとうございました。またお会いできるのを楽しみにしていますね。

試作日記 28-29

今日はいつものコピさんの販売がないのだけれど、少し注文をもらえたので、それも兼ねて作った。
クルミとアーモンドパンと塩ワッサンに再びバゲット。

クルミとアーモンドは1年ぶりぐらいかなぁ。塩ワッサンは先日の教室でも焼いたが生徒さんから美味しかったと言われたので、販売用に焼いてみた。
DSC03693

で、今日のバゲット。
今日は前回とは違う方法で作った冷蔵発酵のバゲット。
OLにせずに、All inでやろうと思っていたのに、忘れていてOL法で。OLは20分程度。その後生地温が高かったので20分冷蔵庫でその後室温で合計40分発酵。冷蔵庫に入れて12時間。
その温度8.2℃ すぐに分割して、30分後に丸め、その後25分ベンチ後に成形。G2は60+5分。
いつも通り1本クープで焼成。
今回は面白いおもちゃを借りたので、それを使ってみた。放射温度計だ。赤外線を当ててその場所の温度を測るもの。ずっと欲しいと思っていたが、1万円前後するので購入を躊躇していたけれど、知り合いが持っていることが分かった借りてみた。面白い。

オーブンの中にいつもクープが開く場所があるのだけれど、その場所が一番温度が高いかと思っていたら、その場所が一番温度が低かったのだ。
270℃に予熱。上の段は基本の鉄板の上に、デロンギのセラミックス(多分)、下の段はステンレスと銅版のセット。熱伝導率がよさそうなので。
いつも上の段の向かって左がクープが開く。
DSC03689

そうそう、何度もオーブンを開けて、温度を測っていたので、庫内の温度が下がったのだろう。いつもより焼きが少しあまい感じになってしました。今回は左の上がきれいに開いたが、左の下の段も悪くない。でも右側は上も下も笑える焼き上がり。オーブンのせいなのか、私の腕が悪いのか。まだまだ検証は続く。

鉄板の温度
セラミック 上左  上右
銅版   下左  下右
表示270℃で予熱完了
上   242℃ 268℃
下   268℃ 288℃
210℃に下げた瞬間
上   221℃ 230℃
下   230℃ 246℃
210℃で残り7分の時
上   204℃ 205℃
下   224℃ 225℃
その後外に出したとき
セラミック 159℃
銅版  59℃

自分が思っていたのと違うって面白い。また次回焼くときに検証してみたい。
ちょっと勉強もしないとな。勉強しないと理解できないかも。あ、今度はもう1台のオーブンでやってみよう。
その違いも面白そう。

試作日記 28-28

長く続けることのむずかしさを感じる日々…っていうか、どうしてもブログ更新が滞ってしまっているだけのこと(><)ぷぷぷ

先週の土曜日に試作したパン
販売用2種類とバゲット。
販売用はPフォカッチャとセレアル。どちらも美味しそうに焼きあがった。
DSC03685

DSC03686

基本のレシピは一緒。冷蔵発酵やストレート、OLを入れたり、少し水分を増やしたりと…変えられるポイントはいくつでもあり、その中で、一番美味しいところを探ろうとしている。
粉はいつもの内麦ハースとハードブレット専用粉のミックス。
今回は生地を作る段階で、OLを取り、その後イーストと塩を入れて、発酵は20P20P20で、思ったより生地温が上がったので、初めの20分は冷蔵庫で発酵。G1が終わったら冷蔵庫で一晩発酵。生地を作るのが結構面倒な割には、前の方法と味が変わらなかったので、この方法は次回から却下されるだろう。
綺麗に焼けたのは上の写真に載っている1本のみで、他のは酷い状態だった(>_<)
なんなっしー♪これは。 クープを入れているのに、クープのところは全く開かず、底の左側(かなぁ?)から避けてくるのだ。原因はなんだろう。わからん。
DSC03688


Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ