Kanagawa_Transport_Network

神奈川辺境交通のミラーブログ 本家:http://08461705.at.webry.info/

Japanese Hardアゲサゲ

  • July 30, 2014



Japanese Hardcore 裏アゲサゲ



Marica まりか

Hikaru Konno 紺野ひかる


Shou Nishino 西野翔


Makoto Yuhki 優希まこと

Girls Yuuri Oshikawa 推川ゆうり

Aya Eikura 栄倉彩

Meiri Kanami かなみ芽梨


Yuuko Yakumo 八雲友子


Ami Saiki 斉木ゆあ

Mao Hamasaki 浜崎真緒

Shizuku しずく


Runa Ayase 綾瀬ルナ

Runa Ayase 綾瀬ルナ

Aya Kisaki 希咲あや

Satomi Kiyama 木山里美


Rie Tachikawa 立川理恵


Ruri Narumiya 成宮ルリ

Ruka Kanae 佳苗るか

You Asakura 麻倉憂

Rin Takashima 高島凛

Gina ジーナ















AKA: Anna, Inna, Inna R, Inna R & Tigra, Inna Y, Kate, Lena O, Natasha, Natasha Shy, Nikki, Sascha, Tanya, Tiger, Tigra

Natasha Shy, Inna R (Met Art) Lena O (Femjoy) Tigra (Hegre) Inna Y (Domai)










ドイツ連邦共和国基本法

  • July 29, 2014


日本とドイツは君主国と共和国と言う違いがあるにもかかわらず、ドイツ連邦共和国基本法にこだわるかと言えば、これが我々が味わった占領7年間との決定的な違いがあるからである。

GHQは胸に銃剣を押しつけて日本国憲法というものを押し付けてきたが、ドイツ人は4カ国の占領軍の憲法に関する干渉をはねのけた。

このような違いは、初めて国土を占領された日本と何度も占領されてきたドイツの違いがあることは間違いない。

つまり、ドイツ人は敗戦の度にリベンジするための敗戦処理を知っていたのである。



占領期に一国の主権の発動たる憲法を改変してはならないということを何度も国土を占領されてきたドイツは理解していたのである。

日独2つの敗戦国は、時を得るごとに明暗が分かれていく。

敗戦後の違いを象徴するのが、ドイツのメルケル首相と日本の鳩山・小沢だ。

基本法前文にあるように、ドイツ国民という言葉があるように、ドイツ人を尊重するという当たり前のことをしている。

講和条約として結ばれた日本国憲法前文の「平和を愛する諸国民の信義と公正を信用して」とあるように自国の生存と安全を外国に委ねたいからこそ外国人子供手当や外国人参政権などをやろうとしている小沢・鳩山……。






ドイツはナチス政権が崩壊して目に見える形で4カ国に完全軍事占領されたからドイツ国民はわかりやすかった。

占領されていたという真実が。だから、再起は早かった。

日本は先人達が死を覚悟して戦ったこともあって有条件降伏に持ち込めたが、それが破られて完全軍事占領下におかれたことがすべての起源だった。

皮肉にも日本国政府が残るほど頑張ったことがかえって占領された7年間という真実をうやむやにして今日に至った。

我々はこの日本国憲法なるものの正体を含めた占領7年間の敗戦処理に真剣に向かい合い祖先や子孫に恥じない日本にしていかなければならない。

宝冠釈迦如来

  • July 29, 2014
R_IMG_0971_201402022252313a5.jpg




宝冠をつける釈迦如来は禅宗特有の像で、鎌倉時代後期から室町時代にかけ
て流行った。本来この像は、華厳経の教主毘盧舎那佛である。

華厳経によると、毘盧舎那佛と釈迦如来は異名同体であると説く為、宝冠釈迦像
を安置する理由が生じたと思われる。





R_061_20140202225229dc6.jpg
o0800053311736735973.jpg
img_3.jpg
img_2.jpg
grounds_02_b.jpg
grounds_02_b.jpg
09bba1386880bf0d98a2a488a6be2197.jpg
20120509155322c36.jpg

キアラ 沙耶香

  • July 29, 2014



キアラ 沙耶香

キアラ・沙耶香・キンスキー

kiara lord

希咲エマ

FW: 泉麻耶
OMF: RUMIKA、桐生さくら、桜りお
DMF: 哀川りん、橘なお
DF: 武藤クレア、COCONA、芹那、立花樹里亜
GK: ERIKA











AKA: Anna, Inna, Inna R, Inna R & Tigra, Inna Y, Kate, Lena O, Natasha, Natasha Shy, Nikki, Sascha, Tanya, Tiger, Tigra

Natasha Shy, Inna R (Met Art) Lena O (Femjoy) Tigra (Hegre) Inna Y (Domai)










釈尊の正法律

  • July 29, 2014
画像




中世南都の釈迦信仰は、法然を批判した貞慶(1155〜1213)、華厳を実践した明恵(1173〜1232)、真言律を開いた叡尊(1201〜1290)らによって、形を成していった。明恵は「我が大慈父、大恩教主、釈迦牟尼如来」と呼び掛け、貞慶は、釈迦がこの娑婆苦界の教主であることを強調する。それらは悲華経を根拠とし、釈迦仏をモデルに穢土成仏を目指す信仰と実践であった。

画像
画像



黒闇の衆生が充満する世界、諸仏から見捨てられ荒廃しきった世界が、この娑婆である。前生の釈迦は、娑婆を自らの世界とすることを誓願して大悲菩薩という名前を与えられ、この世界に生まれて釈迦仏となった。

釈迦仏とは、あらゆる仏から見捨てられた世界と我々、この苦界と黒闇衆生を、自ら選んで生まれ来たった仏の名である。その性格は、この現世、過酷な現実を引き受けることにある。悲華経の釈迦は、はるか古代のインドで現実に生きた人としての面影を保ちながら、時空を超える大悲の菩薩として止揚される。

叡尊は釈迦仏の誓願をなぞって、「もとより浄土に生まれんともねがわず、都率(弥勒菩薩の都率天)に生まれんともねがわず。只衆生の安楽を以て本意と為し、すべて私無し」と、この穢土で仏となることを誓って、非人2千人に施しを与えた。中世の非人とは、ハンセン病患者を含んでおり、施物にはハンセン病患者が頭を包む白布も入っていた。

彼はその願文で、「この施しは一日の糧にも堪えない」と述べる。娑婆苦界に生きる叡尊は、その日を凌ぐだけに終わる施しの空しさを知っている。その上でなお、「施者も受者も平等に貪欲を離れ、禅悦の味を嘗めんことを願う」ところに、律僧が目指した大悲、穢土を引き受ける釈迦の自覚を見る。

中世における戒律(具足戒)は、古代天竺で釈迦仏が実行したものと信じられ、律僧となることは、それぞれの仕方で釈迦の生をたどろうとすることだった。その特徴は、三世を踏まえた現世の重視であり、穢土における個人の修養と完成を目指すことにある。釈迦信仰は、神祇と結びつきながら舎利信仰をはじめとして、南都のみならず叡山にも広がって、中世の特徴的な信仰の一つとなった。

鎌倉時代以後に、戒律は実質的に途絶えた。戦国時代を経て、江戸時代初頭の1602年に真言律が復興され、浄土宗・禅宗・日蓮宗・天台宗に広がった。近世前期の律僧は「戒は仏法の通軌」(共通する基礎)という認識を持つが、その思考の枠組みは個々人が所属する各宗が基本であって、必ずしも釈迦までは遡らない。

近世中期から「釈尊正法五百年」(釈迦仏在世と滅後の五百年)の理想が、火花のように現れてくる。その嚆矢と思われるのは、浄土律の敬首(1683〜1748)である。敬首は、大乗は非仏説との疑問を抱き、小乗仏教は釈迦仏の「公法・公伝」であるのに対して、大乗仏教は「私法・私伝」であるとする。

同じく浄土律僧の普寂(1707〜1781)は、インドを基準として、この娑婆の末世には小乗仏教がふさわしいとする。彼らは、近世的な合理性によって釈迦の仏法を文献から探るうちに、こうした答えに行き着いた。その釈迦信仰においては、もはや大悲菩薩の神秘性と抽象性は顧みられず、戒律などの実行可能な教えを説いた現実性と具体性こそが、その根拠である。

次世代の慈雲飲光(1718〜1804)は、釈尊の正法律を提唱し、近世戒律運動の掉尾を担った。慈雲にとっての戒律は経に優先する真理であって、釈迦当時の袈裟を復元し普及したように、戒律の実行は古代天竺の釈迦教団復活の即物的な方法であった。

慈雲の正法律は釈雲照(1827〜1909)の十善戒運動へ、敬首や普寂の仏教観は近代仏教学を拓いた一人である村上専精(1851〜1929)の大乗論へ、それぞれ形と質を変えながら近代に引き継がれた。釈尊を憧憬する江戸律僧の精神は、近代の仏教者を広く覆う空気となった。

その後の近代仏教学は、ヨーロッパから輸入された文献学と、伝統的な漢訳仏典研究を車の両輪として展開された。その大きく広がる扇の要となったのは、古代インドのゴータマ・ブッダの研究であった。仏教の開祖であり現実の歴史的存在である釈迦は、近代の知識人が求める信仰と科学の要請を二つ共に満たし得る存在として、今もその絶対的な位置を保ち続けている。現代における仏教学の泰斗であった中村元(1912〜1999)は、「ゴータマ・ブッダが……人間でありながら、『人間』を超えていたところに、われわれはその偉大さとありがたみを覚える」と言う。中村や同じく仏教学の大家であった平川彰(1915〜2002)が、釈迦に対して通常「釈尊」という尊称を用いているのは、現代知識人の思想と信仰のありようを示して象徴的である。


画像
画像
画像

釈迦信仰

  • July 29, 2014
画像




中世南都の釈迦信仰は、法然を批判した貞慶(1155〜1213)、華厳を実践した明恵(1173〜1232)、真言律を開いた叡尊(1201〜1290)らによって、形を成していった。明恵は「我が大慈父、大恩教主、釈迦牟尼如来」と呼び掛け、貞慶は、釈迦がこの娑婆苦界の教主であることを強調する。それらは悲華経を根拠とし、釈迦仏をモデルに穢土成仏を目指す信仰と実践であった。

画像
画像




黒闇の衆生が充満する世界、諸仏から見捨てられ荒廃しきった世界が、この娑婆である。前生の釈迦は、娑婆を自らの世界とすることを誓願して大悲菩薩という名前を与えられ、この世界に生まれて釈迦仏となった。

釈迦仏とは、あらゆる仏から見捨てられた世界と我々、この苦界と黒闇衆生を、自ら選んで生まれ来たった仏の名である。その性格は、この現世、過酷な現実を引き受けることにある。悲華経の釈迦は、はるか古代のインドで現実に生きた人としての面影を保ちながら、時空を超える大悲の菩薩として止揚される。

叡尊は釈迦仏の誓願をなぞって、「もとより浄土に生まれんともねがわず、都率(弥勒菩薩の都率天)に生まれんともねがわず。只衆生の安楽を以て本意と為し、すべて私無し」と、この穢土で仏となることを誓って、非人2千人に施しを与えた。中世の非人とは、ハンセン病患者を含んでおり、施物にはハンセン病患者が頭を包む白布も入っていた。

彼はその願文で、「この施しは一日の糧にも堪えない」と述べる。娑婆苦界に生きる叡尊は、その日を凌ぐだけに終わる施しの空しさを知っている。その上でなお、「施者も受者も平等に貪欲を離れ、禅悦の味を嘗めんことを願う」ところに、律僧が目指した大悲、穢土を引き受ける釈迦の自覚を見る。

中世における戒律(具足戒)は、古代天竺で釈迦仏が実行したものと信じられ、律僧となることは、それぞれの仕方で釈迦の生をたどろうとすることだった。その特徴は、三世を踏まえた現世の重視であり、穢土における個人の修養と完成を目指すことにある。釈迦信仰は、神祇と結びつきながら舎利信仰をはじめとして、南都のみならず叡山にも広がって、中世の特徴的な信仰の一つとなった。

鎌倉時代以後に、戒律は実質的に途絶えた。戦国時代を経て、江戸時代初頭の1602年に真言律が復興され、浄土宗・禅宗・日蓮宗・天台宗に広がった。近世前期の律僧は「戒は仏法の通軌」(共通する基礎)という認識を持つが、その思考の枠組みは個々人が所属する各宗が基本であって、必ずしも釈迦までは遡らない。

近世中期から「釈尊正法五百年」(釈迦仏在世と滅後の五百年)の理想が、火花のように現れてくる。その嚆矢と思われるのは、浄土律の敬首(1683〜1748)である。敬首は、大乗は非仏説との疑問を抱き、小乗仏教は釈迦仏の「公法・公伝」であるのに対して、大乗仏教は「私法・私伝」であるとする。

同じく浄土律僧の普寂(1707〜1781)は、インドを基準として、この娑婆の末世には小乗仏教がふさわしいとする。彼らは、近世的な合理性によって釈迦の仏法を文献から探るうちに、こうした答えに行き着いた。その釈迦信仰においては、もはや大悲菩薩の神秘性と抽象性は顧みられず、戒律などの実行可能な教えを説いた現実性と具体性こそが、その根拠である。

次世代の慈雲飲光(1718〜1804)は、釈尊の正法律を提唱し、近世戒律運動の掉尾を担った。慈雲にとっての戒律は経に優先する真理であって、釈迦当時の袈裟を復元し普及したように、戒律の実行は古代天竺の釈迦教団復活の即物的な方法であった。

慈雲の正法律は釈雲照(1827〜1909)の十善戒運動へ、敬首や普寂の仏教観は近代仏教学を拓いた一人である村上専精(1851〜1929)の大乗論へ、それぞれ形と質を変えながら近代に引き継がれた。釈尊を憧憬する江戸律僧の精神は、近代の仏教者を広く覆う空気となった。

その後の近代仏教学は、ヨーロッパから輸入された文献学と、伝統的な漢訳仏典研究を車の両輪として展開された。その大きく広がる扇の要となったのは、古代インドのゴータマ・ブッダの研究であった。仏教の開祖であり現実の歴史的存在である釈迦は、近代の知識人が求める信仰と科学の要請を二つ共に満たし得る存在として、今もその絶対的な位置を保ち続けている。現代における仏教学の泰斗であった中村元(1912〜1999)は、「ゴータマ・ブッダが……人間でありながら、『人間』を超えていたところに、われわれはその偉大さとありがたみを覚える」と言う。中村や同じく仏教学の大家であった平川彰(1915〜2002)が、釈迦に対して通常「釈尊」という尊称を用いているのは、現代知識人の思想と信仰のありようを示して象徴的である。

画像
画像
画像

三会値遇

  • July 29, 2014





三会値遇とは弥勒菩薩に対する信仰の一相で、釈迦入滅後の衆生救済の必要からインドのベナレスを中心とする地方にはじめて起こった。

弥勒信仰は,弥勒三部経による弥勒仏菩薩を中心とした信仰である。
この弥勒三部経とは,『仏説弥勒菩薩上生兜率天』と,『仏説弥勒下生経』『仏説弥勒下生成仏経』をさす。
成仏経は260年ころに成立し,下生経は4世紀末,上生経はそれよりも少し遅れて成立した。
上生経による弥勒信仰を上生信仰と言い,成仏教と下生経による信仰を下生信仰と言う。
上生信仰は,死後兜率天に往生し,弥勒菩薩の傍で五十六億余年を過ごし,やがて弥勒菩薩が下生するときに弥勒に従って再び地上に戻り,弥勒仏の三会説法の初会説法に参加するという信仰である。下生信仰は,弥勒菩薩が釈迦滅死56億7,000万年後,兜率天の寿命を全うしたとき,天からわれわれが住む閻浄提である地上に降りてきて婆羅門の娘梵摩波提に托生し,やがて弥勒は仏となり竜華樹下で,三回にわたり因縁のある人々に説法をするという信仰である。この三回の説法を竜華三会と言う。われわれは不幸にも末法世に生を受けたため釈迦の説法を聞くことができたが,その化度に直接接することができなかった。このためわれわれは弥勒を信じ修行し善根をかさね,竜華三会の説法に参加することによって救援を受けなければならないという信仰である。これを三会値遇とも言う。

経典の内容から見れば,弥勒は先に兜率天に上昇しその次に地上に下生するとされているので,上生経が下生経よりも早く成立したように思いがちであるが,すでに述べたように未来に竜華三会を期待する下生が先に成立し,その後に上生信仰が成立したのである。つまり,下生信仰だけでは,われわれの生命は限りがありかつ短いため,弥勒が下生するまで待てず,そして竜華三会に参加できない可能性が生じる。このため,死後兜率天に昇りここで弥勒菩薩と一緒に過ごし,弥勒に従って下生し竜華三会に参加するという上生信仰が,下生信仰を補うように成立したのである。結局,上生信仰と下生信仰の関係は,下生経による弥勒信仰の不備な点を再び補充整理したのが上生信仰と言えるであろう。
またこの弥勒信仰は釈迦への信仰の裏付けをする意味においても重要な意義をもっていた。


225系・223系・221系

  • July 28, 2014




223系


吹田総合車両所日根野支所

吹田総合車両所日根野支所には0番台・2500番台のみが配置されており、4両編成のみ140両が配置されている。
東海道本線:新大阪駅 - 福島駅間(通称:梅田貨物線)
大阪環状線:全線
阪和線:天王寺駅 - 和歌山駅間
関西空港線:全線
紀勢本線(きのくに線):和歌山駅 - 周参見駅間





225系


吹田総合車両所日根野支所


日根野支所には5000番台4両編成29本(116両)が配置され、223系0・2500番台と共通運用している。
東海道本線:新大阪駅 - 福島駅間(通称:梅田貨物線)
大阪環状線:全線
阪和線:天王寺駅 - 和歌山駅間
関西空港線:全線
紀勢本線(きのくに線):和歌山駅 - 周参見駅間





221系



総数474両

網干総合車両所(本所)

網干総合車両所本所には、8両編成(A編成)6本、6両編成(B編成)16本、4両編成(C編成)3本の合計156両が所属している。




吹田総合車両所

吹田総合車両所京都支所には4両編成(K編成)23本の計92両が所属している。

奈良電車区には、8両編成(NB編成)6本、6両編成(NC編成)11本、4両編成(NA編成)28本の226両が配置されている。

































奈緒ちゃん

  • July 28, 2014
Kt6MLOY.jpg
QsiaQTq.jpg
MyNuHly.jpg
i1249746-1406546369.jpg
i1249741-1406546074.jpg
ei777bF.png
1406545288494.jpg
1406545288493.jpg
1406545288492.jpg
1406545288490.jpg
1406545288488.jpg
1406545288487.jpg
1406545288485.jpg
1406545288483.jpg
1406545288481.jpg
300x.jpg

英語での聞き返す表現

  • July 28, 2014



What was that? 何て言いました?
Could you say that again? もう一度言ってもらえますか?
Could you repeat that? もう一度言ってもらえますか?
I didn't catch that. 聞き取れなかった。
I don't understand. 分からない。
What do you mean? どう言う意味?
What does that mean? それってどう言う意味?













Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ
Kanagawa_Transport_Network