Kanagawa_Transport_Network

神奈川辺境交通のミラーブログ 本家:http://08461705.at.webry.info/

g.e-h

  • July 04, 2015
松井珠理奈 (15)


http://g.e-hentai.org/g/826527/f02d0031f9/

http://g.e-hentai.org/g/810062/aa8edc8aed/

http://g.e-hentai.org/g/805210/fb613fe127/

http://www.xvideos.com/video10532815/blonde_model_kaitlyn_gets_a2m_audition


http://g.e-hentai.org/g/744882/caf4ed2570/




松井珠理奈 (14)
松井珠理奈 (13)
松井珠理奈 (12)
松井珠理奈 (11)
松井珠理奈 (10)
松井珠理奈 (9)
松井珠理奈 (8)
松井珠理奈 (7)
松井珠理奈 (6)
松井珠理奈 (5)
松井珠理奈 (4)
松井珠理奈 (3)
松井珠理奈 (2)
松井珠理奈 (1)
松井珠理奈 (16)

Ghostbusters theme (instrumental)

  • July 04, 2015


Ghostbusters theme (instrumental)


Ray Parker, Jr. の「Ghostbusters」 (iTunes)

https://youtu.be/0ANTPnAB6dQ






https://youtu.be/bFMrGqwvJYs





https://youtu.be/FuqqnXQevh4



愛染明王と浄土宗

  • July 04, 2015
愛染明王 (15)
愛染明王 (14)
愛染明王 (13)
愛染明王 (12)
愛染明王 (11)
愛染明王 (10)
愛染明王 (9)
愛染明王 (8)
愛染明王 (7)
愛染明王 (6)
愛染明王 (5)
愛染明王 (4)
愛染明王 (3)
愛染明王 (2)
愛染明王 (1)

熱田神宮御鎮座千九百年

  • July 04, 2015
愛染明王 (15)




熱田神宮御鎮座千九百年を期して2014秋より、明治の廃仏毀釈以来閉ざされてきた熱田神宮一之御前社が、昼間に限り自由に参拝できることとなった。
千二百年前、知多半島・聖岩から上陸して北上、参籠中の弘法大師空海が熱田大神日本武尊を影向させ、愛染明王とその垂迹・三宝荒神を祈りいだした「熱田奥之院」の御遺跡である。
嘗て明治迄は金色の宝珠を頂く黒堂が営まれ、日本武尊の御神霊を宿した愛染明王と三宝荒神、そして大師御請来の如意宝珠が祀られていた至高の聖所。
殊に恋愛・良縁成就祈願、或いは知多八十八ヶ所霊場御礼参りの砌は、同じく大師が雌雄一対の龍王を勧請しコンコンたる聖泉を湧出させた「弘法清水・龍神社」(現名・清水社)、
並びに、大師御手植と伝え仲睦まじい夫婦の巳が現在も住まう「弘法千年楠」と共に、三所併せて参詣・祈念されたし。(無論、御正殿に対する拝礼も忘れることなかれ。)


荒神さんは特に西日本で広く信仰されている日本特有の神様で、宝塚市の清荒神清澄寺が「真言三宝宗」を掲げ有名ですね。

荒神さんの成立は謎が多く、日本古来の神と陰陽道や密教、修験道が結びついた神などといわれ、その正体は歓喜天と同体、牛頭天王の眷属、不動明王や愛染明王の垂迹、文殊菩薩の化身など諸説があります。

どの荒神さんにもほぼ共通している特徴は、もともと災厄を撒き散らす悪神として現れ、祭祀することによって願いをかなえる善神になるということです。

荒神さんとはひとつの固有の神ではなく、多くの様々な荒ぶる神の総称で、その中のひとつを「三宝荒神」「麁乱荒神」「如来荒神」などとして祀っていると考えたほうがわかりやすいかもしれません。





愛染明王 (14)
愛染明王 (13)
愛染明王 (12)
愛染明王 (11)
愛染明王 (10)
愛染明王 (9)
愛染明王 (8)
愛染明王 (7)
愛染明王 (6)
愛染明王 (5)
愛染明王 (4)
愛染明王 (3)
愛染明王 (2)
愛染明王 (1)

浄土宗の神祇崇拝

  • July 04, 2015
愛染明王 (15)




大本山・百万遍知恩寺が下鴨神社内の草庵から始まっていたり、総本山知恩院が黒門前の瓜生石での「れいけん神事」を粟田神社との共催・神仏一致で浄土門主さま以下御親修で執り行っているのは周知の事実ですが、 薩長クーデター政権による廃仏毀釈や修験禁止令に際して、神社の御神体であった仏像・神像などの保護を懇願してきた僧侶や旧社家、各地の霊山の修験行者たちを、 天台宗寺院が無碍に門前払いし追い返しているのに対し、これをむしろ浄土宗寺院が匿い、保護してきた勇気ある事実は特筆に値します。

たとえば比叡山末であった祗園・感神院(いわゆる祗園社)の御本地佛や客佛が天台寺院からは門前払いを食いながら、浄土宗・大蓮寺に難を逃れて全く無傷で現存していること、 戸隠山修験の御本尊諸佛が、同じ輪王寺末であるはずと保護を求めた善光寺大勧進からは門さえあけてもらえず、見かねた時の善光寺大本願上人・伏見宮家の誓圓尼公が全てを迎え入れて、今もお祀りしていることなど、枚挙にいとまがありません。


浄土宗でも西山三派では、証空上人による鎌倉・鶴岡八幡宮参籠時の八幡大菩薩からの相承を重視するので(熊野本宮證誠殿での熊野大権現から一遍上人への啓示を根本とする時宗と同じく)お念仏と神さんとは分けて考えることはできないものとなっています。

…というより、(「神祇不拝・国王不礼」とのトンデモを説く浄土真宗=共産党以外では)これこそが日本における本来自然の宗教的スタンスであったと言えます。





愛染明王 (14)
愛染明王 (13)
愛染明王 (12)
愛染明王 (11)
愛染明王 (10)
愛染明王 (9)
愛染明王 (8)
愛染明王 (7)
愛染明王 (6)
愛染明王 (5)
愛染明王 (4)
愛染明王 (3)
愛染明王 (2)
愛染明王 (1)

天照大神の本地仏

  • July 04, 2015
愛染明王 (15)





天照大神の本地仏



一方、天照大神には、大日如来を本地仏とする説と観音を変化身とする説が中世までに成立していた。

『変成譜』p315

『鼻帰書』には、内宮を愛染明王、外宮を不動明王とする説がみえる。それには「一仏二明王」(大日如来と不動・愛染)の習いも関係していようが、次のような「日ノ愛染・月ノ不動」説も見逃せない。

『変成譜』p373 注20
 天照大神や伊勢神宮に対する神仏習合による本地仏の比定。
 さまざまな教義や解釈によってさまざまな説があったのかもしれない。



弘安年間に醍醐寺僧通海が著した『通海参詣記』を通して、鎌倉末期から南北朝期にかけての伊勢神宮をめぐる神仏交渉史を考えてみようと思います。また、この『参詣記』には文中に古記録や古伝承がずいぶん取り込まれています。それらにもできるだけ触れていきたいのですが、全部取り上げるのは時間的にも難しいので、私の方でピックアップしながら話を進めたいと思います。







 古代の伊勢神宮を象徴する私幣禁断という原則が完全に形骸化してしまうのがこの時期(鎌倉末から南北朝期)です。この時期はいわゆる伊勢神道の完成期にあたりますが、私は伊勢神道が伊勢参詣のための前提づくりというか、伊勢が参詣の聖地に転換していくための意識改革をした時期なのではないかと考えているので、そのことをも『通海参詣記』を通して改めて考えてみたいと思っています。



愛染明王 (14)
愛染明王 (13)
愛染明王 (12)
愛染明王 (11)
愛染明王 (10)
愛染明王 (9)
愛染明王 (8)
愛染明王 (7)
愛染明王 (6)
愛染明王 (5)
愛染明王 (4)
愛染明王 (3)
愛染明王 (2)
愛染明王 (1)

Kathy Liu 東南アジア系の美女

  • July 04, 2015







Asian Beauty Kathy Liu Kaila Wang 東南アジア系の美女 ...
TheBlackAlley Kathy Liu Kaila Wang 東南アジア系の美女















愛染明王

  • July 03, 2015
愛染明王 (15)
愛染明王 (14)
愛染明王 (13)
愛染明王 (12)
愛染明王 (11)
愛染明王 (10)
愛染明王 (9)
愛染明王 (8)
愛染明王 (7)
愛染明王 (6)
愛染明王 (5)
愛染明王 (4)
愛染明王 (3)
愛染明王 (2)
愛染明王 (1)

愛染明王

  • July 03, 2015
愛染明王 (1)
愛染明王 (3)
愛染明王 (2)

稲荷大神は愛染明王と同体

  • July 02, 2015
大日大勝金剛



応仁の乱(応仁元年1467年〜文明九年1477年)では、京都の社寺はことごとく焼失したと言われますが、伏見稲荷も例外ではありません。荒廃した社殿復興に一役買ったのが浄財を集めて社殿再建に導いた勧進聖達です。彼等の拠点として伏見稲荷の境内に本願所愛染寺が設けられたと考えられます。
 
愛染寺の本尊が愛染明王であり、勧進聖達の間で稲荷大神は愛染明王と同体なるものとされていました。神仏習合では様々な神が本地仏を比定されていますが、稲荷大神の場合は、愛染明王と同置されるに至りました。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ
Kanagawa_Transport_Network