Kanagawa_Transport_Network

神奈川辺境交通のミラーブログ 本家:http://08461705.at.webry.info/

八幡宮

  • April 16, 2016
鎮守八幡宮 (4)鎮守八幡宮 (3)鎮守八幡宮 (2)鎮守八幡宮 (1)

八幡宮

  • April 16, 2016
若宮八幡宮 (2)若宮八幡宮 (1)

ariel_rebel

  • April 16, 2016





http://www.xvideos.com/video999045/nessa_devil_-_nessa_the_anal_devil

http://www.xvideos.com/video1069821/cff0d98c40b8d71388ac0ca899cf

http://jp.xvideos.jp/video6743476/ariel_rebel

http://jp.xvideos.jp/video6740659/ariel_rebel_1

http://jp.xvideos.jp/video6758746/ariel_rebel_and_lola

http://jp.xvideos.jp/video6559911/cute_ariel_rebel_blowjob

http://jp.xvideos.jp/video1406348/01

http://jp.xvideos.jp/video7162900/lexi_belle_-_bondage
























准胝観音:仏教行事

  • April 16, 2016
Lingyin_temple_18_armed_cundi




1月1日 朝拝式
1月1日〜3日 修正会
1月15日 お焚き上げ
1月25日 法然上人御忌
2月3日 節分会
・春彼岸の入り、中日、明け 彼岸会
4月8日 針供養
6月30日 盂蘭盆会
7月15日 施餓鬼会
7月31日 盂蘭盆会
8月15日 施餓鬼会
8月23日 地蔵盆
・秋彼岸の入り、中日、明け 彼岸会
10月5日〜14日 十夜会
11月5日〜14日 十夜会
12月7日〜9日 別時念仏
12月28日 お煤払い







POP_2015_-1
1397484923-2536104198
048

準提観音

  • April 16, 2016
Lingyin_temple_18_armed_cundi



准胝観音(じゅんていかんのん)、梵名チュンディー( [cundii]:清浄の意味)またはチュンダー([Cunda])は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。准胝とはその音訳であり、準胝観音または準提観音とも書く。「六観音」(七観音)の一尊にも数えられる。インドでは観音は男性名詞のため男尊とされるが、准胝は女性名詞なので、「六観音」の中では唯一の女尊となる。

平安時代、真言宗小野流、真言宗醍醐派総本山京都醍醐寺開山、聖宝で、仏道修行者守護の観音菩薩としてであるといわれている。その後、准胝観音を本尊として子授け、安産の准提法が行われた。「七倶胝仏母心大准提陀羅尼経」が経典で准胝観音信仰の功徳が説かれている。

一方、天台宗系では「准胝仏母」と呼称。准胝仏母は仏眼仏母などと同じ仏母尊とされ、菩薩部(観音もここに分類される)でなく如来部に分類する。

功徳は 七倶胝仏母心大准提陀羅尼経には、罪障消滅 裁判勝訴 病気平癒 夫婦和合 安産子授け 旅行安全 息災延命の功徳があると説かれる。

「佛母准胝陀羅尼経」に於いては多くの菩薩が如来となる為の役割を担う。准胝の修法をなす者は、清穢及び出家・在家を問わず飲酒肉食し、かつ妻子あるも仏道修行を達成するという。また、心の働きを清浄にするほとけであり、「仏の母」という名から、安産、子授けの功徳もあるとされている。

典拠としての儀軌は、「七具胝佛母准提大明陀羅尼経」(金剛智訳)・七倶胝仏母所説准提陀羅尼経(不空訳)・七倶胝仏母心大准提陀羅尼経(地婆訶羅訳)・七仏倶胝仏母心大准提陀羅尼法(善無畏訳)・七倶胝独部法(善無畏訳、以上、大20・1076〜1079)。

准胝観音像の形 准胝観音像のお姿には諸説があり一面三眼十八臂が主流。 姿形としては多様で二臂〜八十四臂まで存在するが、多くは黄白色で十八臂三眼で右手は説法印・施無畏印・剣・数珠・子満果(しまんか)・鉞斧(えつふ)・鉤(かぎ)・金剛杵・宝鬘を左手には如意宝珠・蓮華・澡灌(そうかん)・索・輪・螺・賢瓶・経篋(きょうきょう)を持つ像が多いが、「覚禅抄」「阿娑縛抄」は八臂像であり、エローラ石窟には六臂像や四臂像が見られる、因みに多臂像は千手観音と誤認し易いが三眼を准胝観音と観る事が出来る。絵画(東京国立博物館)には二眼八臂で四天王を配下に伴うものもある。






POP_2015_-1
1397484923-2536104198
048

加藤綾子

  • April 14, 2016
加藤綾子 (11)加藤綾子 (10)加藤綾子 (9)加藤綾子 (8)加藤綾子 (7)加藤綾子 (6)加藤綾子 (5)加藤綾子 (4)加藤綾子 (3)加藤綾子 (2)加藤綾子 (1)

八木莉可子

  • April 14, 2016
八木莉可子 (5)八木莉可子 (6)八木莉可子 (7)八木莉可子 (8)八木莉可子 (9)八木莉可子 (10)八木莉可子 (11)八木莉可子 (12)八木莉可子 (4)八木莉可子 (3)八木莉可子 (2)八木莉可子 (1)

MBS天気予報BGM

  • April 14, 2016
Emma Watson (1)Emma Watson (3)


哀しみのソレアード

https://youtu.be/DyI8ul9DRZI



https://youtu.be/5goAPwFhBBQ



Paul Mauriat - Soleado

https://youtu.be/L3NJTF1Dg7M




https://youtu.be/hsqH5-glCjs






Emma Watson (4)Emma Watson (6)Emma Watson (8)Emma Watson (10)Emma Watson (13)Emma Watson (16)Emma Watson (22)Emma Watson (23)Emma Watson (24)

om cale cule cundi svaha「オン シャレイ シュレイ ジュンテイ ソワカ」

  • April 13, 2016
準提王菩薩 (3)
cundi


那摩颯多南 (ナマサッタナン)
三藐三没駄 倶胝南 (サンミャクサンボタ クチナン)
旦姪他 (タニヤタ)
奄者礼 (オンシャレイ)
主礼  (シュレイ)
準提 (ジュンテイ)
莎婆訶 (ソワカ)


https://youtu.be/D8a0liBlQ30





南無準提王菩薩摩訶薩

南無颯哆喃 三藐三菩陀 俱胝喃
怛姪他 唵 折戾主戾 準提 娑婆訶




真言は「オン シャレイ シュレイ ジュンテイ ソワカ」である。
准胝とは、“清浄”または“妙なる”という意味で、観音菩薩の清らかな心を象徴している。


元来は准胝佛母とも呼ばれる、これはインドに於いて佛母とされていたものが密教と共に中国を経て日本にきて観音になったものと言える。従ってインドに於いては女性尊である。
また変化観音には分類されていない。
胎蔵曼荼羅では七倶胝佛母(しちくていぶつも)(仏眼仏母)と同尊とされ無限数の仏の母とされている。 
梵名をチュンディといい、清浄の意。チュンディが女性名詞で母性を象徴し、准胝仏母、七倶胝仏母ともいう。倶胝とは億、無量の意味で過去無量仏の母。

天台系では「准胝仏母」と呼称。准胝仏母は仏眼仏母などと同じ仏母尊とされ、菩薩部(観音もここに分類される)でなく如来部に分類する。

功徳は 七倶胝仏母心大准提陀羅尼経には、罪障消滅 裁判勝訴 病気平癒 夫婦和合 安産子授け 旅行安全 息災延命の功徳があると説かれる。

「佛母准胝陀羅尼経」に於いては多くの菩薩が如来となる為の役割を担う。准胝の修法をなす者は、清穢及び出家・在家を問わず飲酒肉食し、かつ妻子あるも仏道修行を達成するという。また、心の働きを清浄にするほとけであり、「仏の母」という名から、安産、子授けの功徳もあるとされている。

典拠としての儀軌は、「七具胝佛母准提大明陀羅尼経」(金剛智訳)・七倶胝仏母所説准提陀羅尼経(不空訳)・七倶胝仏母心大准提陀羅尼経(地婆訶羅訳)・七仏倶胝仏母心大准提陀羅尼法(善無畏訳)・七倶胝独部法(善無畏訳、以上、大20・1076〜1079)。

准胝観音像の形 准胝観音像のお姿には諸説があり一面三眼十八臂が主流。 姿形としては多様で二臂〜八十四臂まで存在するが、多くは黄白色で十八臂三眼で右手は説法印・施無畏印・剣・数珠・子満果(しまんか)・鉞斧(えつふ)・鉤(かぎ)・金剛杵・宝鬘を左手には如意宝珠・蓮華・澡灌(そうかん)・索・輪・螺・賢瓶・経篋(きょうきょう)を持つ像が多いが、「覚禅抄」「阿娑縛抄」は八臂像であり、エローラ石窟には六臂像や四臂像が見られる、因みに多臂像は千手観音と誤認し易いが三眼を准胝観音と観る事が出来る。絵画(東京国立博物館)には二眼八臂で四天王を配下に伴うものもある。







準提佛母
準提観音 (23)
準提観音 (22)
準提観音 (21)
準提観音 (20)
準提観音 (19)
準提観音 (18)
準提観音 (15)
準提観音 (14)
準提観音 (12)
準提観音 (7)

Om cale cule cundi svaha

  • April 13, 2016
準提王菩薩 (3)
cundi
準提佛母


那摩颯多南 (ナマサッタナン)
三藐三没駄 倶胝南 (サンミャクサンボタ クチナン)
旦姪他 (タニヤタ)
奄者礼 (オンシャレイ)
主礼  (シュレイ)
準提 (ジュンテイ)
莎婆訶 (ソワカ)


https://youtu.be/D8a0liBlQ30





南無準提王菩薩摩訶薩

南無颯哆喃 三藐三菩陀 俱胝喃
怛姪他 唵 折戾主戾 準提 娑婆訶



真言は「オン シャレイ シュレイ ジュンテイ ソワカ」である。
准胝とは、“清浄”または“妙なる”という意味で、観音菩薩の清らかな心を象徴している。


元来は准胝佛母とも呼ばれる、これはインドに於いて佛母とされていたものが密教と共に中国を経て日本にきて観音になったものと言える。従ってインドに於いては女性尊である。
また変化観音には分類されていない。
胎蔵曼荼羅では七倶胝佛母(しちくていぶつも)(仏眼仏母)と同尊とされ無限数の仏の母とされている。 
梵名をチュンディといい、清浄の意。チュンディが女性名詞で母性を象徴し、准胝仏母、七倶胝仏母ともいう。倶胝とは億、無量の意味で過去無量仏の母。

天台系では「准胝仏母」と呼称。准胝仏母は仏眼仏母などと同じ仏母尊とされ、菩薩部(観音もここに分類される)でなく如来部に分類する。

南無。颯多喃。三藐三菩陀。俱胝喃。怛姪他。唵。折隸。主隸。準提。娑婆訶。
Namah Saptanam Samyaksambudda Kotinam Tadyatha Om Cale Cule Cunde Svaha



準提観音 (23)
準提観音 (22)
準提観音 (21)
準提観音 (20)
準提観音 (19)
準提観音 (18)
準提観音 (15)
準提観音 (14)
準提観音 (12)
準提観音 (7)
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ
Kanagawa_Transport_Network