Kanagawa_Transport_Network

今日も開運、Happy生活 (本家 http://08461705.at.webry.info/)

BIG感謝祭「7億7萬7千円」

  • November 15, 2017





誰もが夢見る高額Lotoの当籤。
「拾億圓当籤したら、ケタ違いの収入で生活が一変してしまうのでは・・・・・」と、怖さを感じる人もいるでしょう。
しかし、見方を変えたら、サラリーマンの平均年収の五倍の生活が30年続く計算!
高額当籤は、日々のプチ贅沢がずっと続く生活。そして、今までできなかったことが実現できるチャンスでもあります。

特に前後賞含めず、たった一枚買うだけで最高拾億圓を手にできるチャンスがあるBIGは魅力的。しかも当籤金は非課税ですから、税金を考えたら今どきのサラリーマンの生涯年収の数倍です!
月々定額をプラスするなど、プチ贅沢な生活を長く一定に保つのが賢い使い方。それでも旅行や食事は当然グレードアップ。教育費や老後の心配もなし。生涯ストレスフリーな生活ができるなんて、本当に夢がありますね。
ちなみに当籤したら、あそこにも寄付して、あの方に恩返しして、あそこにも行って、あれも買わせて頂いて・・・・・、みたいなワクワクした気持ちで当籤日まで待つのが良いようです。
http://www.toto-dream.com/
http://www.toto-dream.com/landing/ad/?banner_id=b121679




財運 成功 幸福 Money comes in asleep BGM
https://youtu.be/NLQj3YFUQvo




【引き寄せの法則】財運が上昇する【528Hz】The luck rises while sleeping
https://youtu.be/29E2LL8I7H0

そして宝くじやBIGを買いに行くときに、
「わたくし何某は豊かに成ります!!」
と宣言して下さい。

このお作法が大切なのです。言霊を発して下さいね。
そして、当たったら何に使うかも、予め紙に書いておくと当籤確率がぐーんと上がりますよ。イメージの中で拾億圓をうまく使って下さいね。
皆様にも、わたくしにも幸運が訪れますように。





仏頂尊勝陀羅尼経:The Ushnisha Vijaya Dharani



ちなみに高額Lotoの買い方ですが、風水的にはある程度の人通りのある売り場で買ったほうが当たりやすいと言われています。
物理的にも雰囲気的にも明るい場所のほうが、運気は活性化するもの。
適度に日当たりが良く、エネルギーに満ちた場所がオススメです。

そして発表の日まで、そのまま台所に放置、なんて言語道断です!!
まず、ビニール袋から出すというのは最低限のルール。
風水では、ビニールなど化学品は五行のうちの「火」の気を持っていると言われています。
「火は金を溶かすもの」なので、ビニール袋に入れたままにしておくと金運が溶けてなくなってしまうのです。
帰宅したらすぐに袋から出し、黄色の封筒に入れて保管しましょう。
さらに、保管場所にも注意が必要です。
理想的なのは、木製のタンスの中。風水では「金運は暗い場所で増える」と言われているのです。この時、プラスチック製の収納ケースだと、さきほども説明した通り「火」の気が金運を燃やしてしまいますので、天然素材の「木」のタンスがオススメです。(紙の箱でも良いと思います。)
皆様にも、わたくしにも幸運が訪れますように。



川口 春奈

  • November 15, 2017
能年 玲奈 (4)能年 玲奈 (3)大野 いと川口 春奈 (11)川口 春奈 (10)能年 玲奈 (2)能年 玲奈 (1)川口 春奈 (9)川口 春奈 (8)川口 春奈 (7)川口 春奈 (5)川口 春奈 (3)川口 春奈 (6)川口 春奈 (4)川口 春奈 (2)川口 春奈 (1)西内まりや (1)西内まりや (2)西内まりや (1)松岡 茉優桐谷美玲桐谷美玲橋本 愛

川口 春奈

  • November 15, 2017
川口 春奈 (11)川口 春奈 (9)川口 春奈 (10)川口 春奈 (7)川口 春奈 (8)川口 春奈 (6)川口 春奈 (5)川口 春奈 (3)川口 春奈 (2)川口 春奈 (4)川口 春奈 (1)

秘かな金運スポット?金札宮

  • November 15, 2017





「銀座」という地名は東京が有名ですが。日本で最初に「銀座」という街が出来たのは京都伏見なんです。銀座の意味は、お金を作る場所。その銀座発祥の地。京都伏見にめでたい名前の神社があります。

その名も「金札宮」”きんさつぐう”と呼びます。
大昔、金の札が降ってきたことからこの名前が付いたとか。
住宅地の中にひっそりとたたずむ、小さな神社ですが。
一部で金運の神様としてコアな人気を誇る神様です。

金札宮のご利益は「五穀豊穣」「火難除去」「開運・幸福」です。
めでたい名前のわりに「金運・財運」のご利益ないの?と思うかもしれません。
金札宮のご祭神は、白菊大明神(天太玉命)、天照大御神、倉稲魂命。

天照大御神は日本の守り神なので個人的な願いをするのは恐れ多いですね。
でも日本という大きな人の集まりが平和でないと、私たち個人も安心して暮らせません。世の中が平和であることを願いましょう。
個人的な事は天太玉命と倉稲魂命にお願いしましょう。
天太玉命は、占いや儀式をつかさどる神様。
その霊力で災いをはらってくださいます。

と聞くとますます関係ないと思うかもしれませんが。
なにごとも福を呼び込む前には邪な考えや厄を払わないと効果はありません。
悪いものを出してから、良いものをとりこまないんといけないという考えです。
伏見でも最も古い神社のひとつといわれています。

村のいいつたえによると。
金札宮のはじまりは奈良時代、天平勝宝2年(750年)までさかのぼります。

当時、大きな流れ星が降ってきました。
当時の女帝・孝謙天皇はおどろいて「もしかして、よくない事の前ぶれ?」と心配しました。
そのとき、伏見の地におじいさんがいて白菊を楽しそうに植えていました。近所の人たちは不思議がっておじいさんの名前を聞きました。おじいさんは「太玉命」と名乗りました。そして「もし旱魃になってもこの白菊で露をそそごう」と言って手にした白菊を振ると、清らかな水が湧き出しました。
更に「この白菊のご利益にあずかれば、幸福になって、家は栄えて、火災の被害にあわなくなるだろう」といいました。

村人はおどろいて、天皇に報告しました。
天皇は喜んで「金札白菊大明神」の名前を与えたので、村人は協力して神社を造ったという事です。

また、別のいいつたえでは
平安時代に桓武天皇の命令で伏見に神社を造ることになりました。
そこで神社を建設していると空から金の札が降ってきました。
その札には「長く伏見に住んで国を守る」と書いてました。
村人達が集まって何事かと騒いでいると天から声がして「私は伊勢神宮の使いの天太玉命だ、瑞垣(神社の垣根、つまり神社のこと)を造って私をまつりなさい」と言いました。

そこで、本社と金札を祀る金札の宮を立てたと言われています。
この話は「金札」という「能」にもなっています。

室町時代の猿楽師・世阿弥(1363? -1443?)の遺著『五音』中、「伏見、亡父曲付」にあり、南北朝時代-室町時代の猿楽師・観阿弥(1333-1384)作の古い脇能・五番目物になります。
794年、平安京遷都後、第50代・桓武天皇は、伏見に神社建立のために勅使を遣わします。
神のお告げを待つと、伊勢国阿漕ヶ浦からの老翁がおり、造営にちなむ木尽しの歌を謡います。
天から金札が降り、札には、伏見に住すると誓う言葉が書かれていました。老翁は、伏見とは日本のことと教えて消えます。
 
天に声があり、「我は伊勢大神宮使いの天津太玉神である」といいました。
里の男が現れ、本社と並べて金札の宮を造れば、天下泰平の御守があると告げます。天津太玉神も現れ、悪魔を祓い御代を祝福し舞います。金札とは、君を守り、国を治める印であり、その札を宮に納めて姿を消すのです。



黄幡神と摩利支天

  • November 15, 2017






黄幡神(おうはんじん、おうばんしん)は、九曜の1つである羅睺(らごう)を奉ったもので、集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などにおもに石碑の形態で祀られている。
仏教での本地は摩利支天王とされる。

現在は道祖神の様に村の守り神として信仰されているが、元々はインド神話に登場するラーフと呼ばれる蛇神であり災害をもたらす神として恐れられた。日本に伝来してからは、日食を引き起こした神であるスサノオと習合した。

また、吉凶の方位を司る八将神(はっしょうじん)の一柱で、別名万物の墓の方といい、また兵乱の神ともいう。この方角に向かって土を動かすのは凶だが、武芸に関することは吉とされている。

習合の結果、神として分類されたが仏教、特に密教と深く結びついている神である。



地蔵王菩薩:謎の阪急三番街のお地蔵さん

  • November 15, 2017
Jizo_Kenchoji (4)



梅田の阪急三番街にある地蔵横丁。

線香の香り漂う横丁である。その突き当りにある「北向地蔵尊」。
昔から、近くを通るたびに「どうしてこんなところにお地蔵さんが?」と思っていた。

近くに掲げられていた由来のプレートによると、明治二十六年(1893年)に付近の畑より自然石でできた地蔵尊が掘り出され、当時の地主仲谷弥三兵衛が世話人となって、お堂を北向きに建立、そのお地蔵さまを祭祀したのだとか。

そして梅田三番街が建設されるときに、現在の場所に改めて北向きにお堂を建立、本尊を遷座したということである。

梅田の埋め立ての時など、現在の場所に落ち着く前は、場所を移した(千里山?)ようである。
移した後、事故が起きたりとかいろいろあったという話もちらほらとあった。
そして、梅田三番街でお店をしていた本田忠雄という人が、当時の阪急の社長に働きかけ、現在の場所にきたのだとか。


どこまでは真実かはよくわからない。

あと、wikiや他のサイト記事などを読んでいると、多くが明治二十四年(1891年)に畑から掘り出されたと書いてあった。由来のプレートの明治二十六年(1893年)との2年のずれはどこから生じたのだろうか。
この北向地蔵が有名なのは、単に人通りが多いところにあるからだけではない。

お地蔵さんが北を向いているのがありがたいのだそうだ。
なぜ北を向いているのかもよくわからないが、ある記事では当時あった梅田墓地を見守っているという話が書かれていた。
あと百度石があったが、お百度参りは本堂と百度石(ここまでという目印)を往復するものである。
本堂側に百度石があることもあるので、これは本堂側のものかなと思ったが、なぜかもう一つが見つからない。
じつは別に本堂があって、ここまでを往復するのか?とも思ったが、「別の本堂」というのもよくわからない。

都市のど真ん中にあり、有名でありながら、謎が多い北向地蔵。
平成三十年の10月が遷座50周年の節目である。


Jizo_Kenchoji (3)
Jizo_Kenchoji (2)
Jizo_Kenchoji (1)
Jizo_Kenchoji (5)

仏教とケガレ

  • November 15, 2017
画像

画像


画像

画像



『法華経』のなかの【信解品】に書かれている〈女人五障〉に、すなわち女性が仏道・行が出来ない理由が五つ述べてあります。
欺・怠・瞋・恨・怨の五つです。まさに、男性視点ですね。女性から見れば同等のことを男子五障説と言えます。

しかし、原始仏典をみますと、釈尊が女性を「ケガレ」と見る見方をしている痕跡はありません。むしろ「家庭の友は母である」という言葉も見えますし、キサーゴータミーの説話のように、女性のカウンセリンを積極的に行っておられます。

仏教と「ケガレ」の問題を考えると、どうしても「テキスト批判」をしなければならなくなります。

その場合二つの立場があります。

一つは釈尊の真意を探る、という立場。インドで後になって編集された経典、さらにそれが「中央アジア」から「中国」で翻訳されます。それぞれの地域では、それぞれの文化がありますから、フィルターでろ過されます。

その中国文化化した「仏教」を学んだのが日本ですから、様々な解釈をしつつ釈迦の「仏教」に迫るという、歴史的かつ系譜的な思考です。

もう一つは、「目の前の矛盾」を解釈で乗り越える道です。テキスト自身の異動はさておき、解釈で現代化したり矛盾を解決する。

ちょうど、憲法九条と自衛隊の関係みたいですね。

少なくとも輸入された仏教経典の中には、「女性を成仏不可能な存在」とする言説があったことは事実です。と同時に、相矛盾する言説もある。そこで、経典をどう読むかというところで、変わる・・・・・。

いやらしく言えば「どのような目的に経典の言説を使用するか」で、仏教の教えが変わるのです。

血や死を嫌うという「ケガレ」は、平安期に「神道」のキモノをきて成立します。贄(にえ)という概念や諏訪大社縁起に見られる、狩猟の保護や屠りが儀式としてあったにもかかわらず。稲作への障害として広まります。

蓄積された稲や種籾は、出挙という形で金融化していたことは、米が財産であったことの証です。今でも宮中では、稲作を司る天皇としての祖霊廟と、天照大神に、八百万の神々の、3つが祭祀されています。

しかし、祭祀を分離した政権は、母系を利用しながらの男権確立に向かいますので、女性性を公から私へと封じます。護国仏教としての面、「中華主義」「家父長主義」は、政権を強化していく上で大変都合のいい言説です。

「成仏」しにくい→逃れられないので業である→穢れている(出産・生理)→社会関係からの排除、という言説の図式は、天武天皇の直系相続による権力の分散を防ぐ、という意図に沿います。それは平安期の摂関家の利害と一致します。特に天台法華を採用した比叡山天台宗は、見事に国家意思に沿った仏教でありました。

これは、成仏を目指す「天台宗」を否定しているのではありません。そのような社会的需要にマッチしたからこそ官許された、社会的に認知された、という事実を指摘しているのです。

あらゆる宗教団体は人間の集団ですから、その言説が具体的なニーズに対応して初めて存在価値があることになります。私の宗派の宗祖である「親鸞聖人」は、いまだに架空の存在とする説がでるぐらいに、同時代の記録に登場しません。社会の需要、国家の需要とは、全く違う地平にいたということです。

「女性のケガレ」から発展した「三不浄」。赤不浄、黒不浄、白不浄、をむしろ同時代的には、認知された教団や宗派が積極的に取り込んでいったのは、このような事情によります。


画像

画像

画像

画像

画像

準提佛母 (7)

2017年11月15日参拝

  • November 15, 2017
Jizo_Kenchoji (4)


0.生國魂神社

1.三輪明神(銀山寺)

2.藤次寺:出世稲荷社で歓迎のサインを受く。


Jizo_Kenchoji (3)
Jizo_Kenchoji (2)
Jizo_Kenchoji (1)
Jizo_Kenchoji (5)

そう思ったら唱えましょう光明真言"Vairocana Mantra of light"

  • November 14, 2017
仏頂尊勝
尊勝佛母 (1)







「おん あぼきゃ べいろしゃのう まか ぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」

『光明真言』とは真言宗において最も良く唱えられているマントラで、二十三文字の梵字から成り、最後の休止符である「ウン」を加えても、二十四文字と非常に短いですが、立派な功徳のあるマントラの一つで、漢文にも和文にも訳されていないマントラであり、大日如来の真言の一つです。
これを一心に唱えると、すべての災いを取り除くことができるという、効果絶大・強力なパワーのある真言です。それゆえ真言宗の中でも重要な真言なのです。
ちなみに仏頂尊勝陀羅尼経を一緒に唱えるとなお良いでしょう。


仏頂尊勝陀羅尼経:The Ushnisha Vijaya Dharani




帰命(オン) 不空(アボキャ) 光明遍照(ベイロシャナゥ
大印相(マカボダラ) 摩尼宝珠(マニ) 蓮華(ハンドマ
焔光(ヂンバラ) 転(ハラバリタヤ) 大誓願(ウン
−意訳−
帰命す、効験空しからざる、遍照の大印、
これすなわち、大日如来の大光明の印よ。
宝珠と蓮華と光明の大徳を有する智能よ、
我等をして菩提心に転化させたまえ。



『光明真言 読誦の仕方』
1.試しに唱えてみるかな? そう思ったら唱えましょう。
2.出来れば七遍唱えましょう。最低三遍ね。
3.出来れば、感謝の気持ちも添えて手を合わせましょう。
4.出来れば、朝晩。出来れば毎日。唱えましょう。

仏頂尊勝
尊勝佛母 (1)
大随求菩薩
大随求菩薩
大随求菩薩 (1)

高額Lotoの当籤 "私に幸運が訪れますように"

  • November 14, 2017
弥勒如来 (1)
弥勒如来 (2)
弥勒如来 (3)



誰もが夢見る高額Lotoの当籤。
「拾億圓当籤したら、ケタ違いの収入で生活が一変してしまうのでは・・・・・」と、怖さを感じる人もいるでしょう。
しかし、見方を変えたら、サラリーマンの平均年収の五倍の生活が30年続く計算!
高額当籤は、日々のプチ贅沢がずっと続く生活。そして、今までできなかったことが実現できるチャンスでもあります。

特に前後賞含めず、たった一枚買うだけで最高拾億圓を手にできるチャンスがあるBIGは魅力的。しかも当籤金は非課税ですから、税金を考えたら今どきのサラリーマンの生涯年収の数倍です!
月々定額をプラスするなど、プチ贅沢な生活を長く一定に保つのが賢い使い方。それでも旅行や食事は当然グレードアップ。教育費や老後の心配もなし。生涯ストレスフリーな生活ができるなんて、本当に夢がありますね。
ちなみに当籤したら、あそこにも寄付して、あの方に恩返しして、あそこにも行って、あれも買わせて頂いて・・・・・、みたいなワクワクした気持ちで当籤日まで待つのが良いようです。
http://www.toto-dream.com/
http://www.toto-dream.com/landing/ad/?banner_id=b121679




財運 成功 幸福 Money comes in asleep BGM
https://youtu.be/NLQj3YFUQvo




【引き寄せの法則】財運が上昇する【528Hz】The luck rises while sleeping
https://youtu.be/29E2LL8I7H0

そして宝くじやBIGを買いに行くときに、
「わたくし何某は豊かに成ります!!」
と宣言して下さい。

このお作法が大切なのです。言霊を発して下さいね。
そして、当たったら何に使うかも、予め紙に書いておくと当籤確率がぐーんと上がりますよ。イメージの中で拾億圓をうまく使って下さいね。
皆様にも、わたくしにも幸運が訪れますように。





仏頂尊勝陀羅尼経:The Ushnisha Vijaya Dharani



ちなみに高額Lotoの買い方ですが、風水的にはある程度の人通りのある売り場で買ったほうが当たりやすいと言われています。
物理的にも雰囲気的にも明るい場所のほうが、運気は活性化するもの。
適度に日当たりが良く、エネルギーに満ちた場所がオススメです。

そして発表の日まで、そのまま台所に放置、なんて言語道断です!!
まず、ビニール袋から出すというのは最低限のルール。
風水では、ビニールなど化学品は五行のうちの「火」の気を持っていると言われています。
「火は金を溶かすもの」なので、ビニール袋に入れたままにしておくと金運が溶けてなくなってしまうのです。
帰宅したらすぐに袋から出し、黄色の封筒に入れて保管しましょう。
さらに、保管場所にも注意が必要です。
理想的なのは、木製のタンスの中。風水では「金運は暗い場所で増える」と言われているのです。この時、プラスチック製の収納ケースだと、さきほども説明した通り「火」の気が金運を燃やしてしまいますので、天然素材の「木」のタンスがオススメです。(紙の箱でも良いと思います。)
皆様にも、わたくしにも幸運が訪れますように。
弥勒尊 (4)
弥勒尊 (3)
弥勒尊 (2)
弥勒尊 (1)
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ
Kanagawa_Transport_Network