Kanagawa_Transport_Network

今日も開運、Happy生活 (本家 http://08461705.at.webry.info/)

GENTRI Covers - "Let It Be"

  • June 14, 2017
小芝風花









https://e-hentai.org/g/1074893/8701eeacf3/

清原果耶ほか

  • June 13, 2017
恒松祐里小芝風花松井 珠理奈清原果耶本田 望結鈴木 梨央

稲荷巫覡・稲荷行者

  • June 13, 2017



弁才天女尊 (4)


五来重(1985)の「稲荷信仰の研究」(山陽新聞社)によれば,稲荷神は,祭神,祭祀対象,祭地,祭祀者によって以下のように分類することができる。
食物神稲荷・・・ウカ,ウケ,トヨウケ,イヒなどを冠した神。宇迦之御魂を祭神とする稲荷が該当する。
穀物稲荷・・・宇迦之御魂。伏見稲荷の発祥はこれに該当する。
祖霊稲荷・・・稲種を先祖の賜物とする信仰から祖霊と稲荷を同一視する。古墳,古墓に稲荷を祀るタイプも該当。
御霊稲荷・・・原始的霊魂観から死者の荒魂である御霊を鎮め祀る。お菊稲荷,源九郎稲荷など憤死したものを祀るタイプ。
氏神稲荷・・・祖霊稲荷の一種だが,本家が没落すると町内や村の鎮守神として祀られる。
村鎮守稲荷・・・伏見稲荷その他の大社寺稲荷(愛染寺も含む)からの御分霊を受けたものが多い。
屋敷神稲荷・・・家屋敷の一隅や入り口,畑の隅に祀ったタイプが多い。
山神稲荷・・・山頂または中腹の山上を祀る場所にある稲荷。伏見稲荷山の上社(一の峰)がこれに該当。
野神稲荷・・・山林,原野,田畑の中などに野神を稲荷として祀るタイプ。狐神とつながりが強い。
田神稲荷・・・田畑の間や塚の上に社殿を構えるタイプ。田中稲荷は伏見稲荷五社の1つ。
水神稲荷・・・湖沼の畔,滝のそばに祀られる稲荷。龍神稲荷,蛇稲荷。水神を仏教では弁天,神道では稲荷として祀る。
海神稲荷・・・ケツネ(食物神)を海の幸をもたらすものと見なし,漁業神となったもの。
王子稲荷・・・王子は海の彼方から帰り来る神。海神として海の幸をもたらす稲荷として祀られる。関東の王子稲荷が該当。
天王稲荷・・・岡山の最上稲荷が該当。荼吉尼天を経王大菩薩と同体とする。
護法稲荷・・・豊川稲荷が該当。高僧が航海の時に守護霊として出現した護法善神の荼吉尼天を祀る。
火神稲荷・・・鍛冶の神,自然神としての火神を稲荷として祀る。龍頭太の面を祀る伏見稲荷田社。王子稲荷。
福神稲荷・・・荼吉尼天(福徳),恵比須神(海神),大黒神(食物神)などの福神と稲荷が習合。
狐神稲荷・・・女化稲荷,葛葉稲荷,狐塚稲荷。ケツネ(食物神)の霊力を神として祀る。
荼吉尼天稲荷・・・荼吉尼天信仰が稲荷と習合したタイプ。
流行神稲荷・・・夢のお告げ,霊夢,シャーマンのお告げ,偶発的な病気平癒などがきっかけで稲荷を祀り流行神になるタイプ。
託宣稲荷・・・発祥や中興がシャーマンの託宣によったり,一般人の突然の神憑り(トランス)によって稲荷を祀る。
霊夢稲荷・・・託宣稲荷とほぼ同じ。職業的シャーマンを媒介しない場合が多い。
奇瑞稲荷・・・流行神稲荷の一種。歯痛稲荷,瘡稲荷,瘡守稲荷,勝負稲荷,安産稲荷,夜泣き稲荷,身代わり稲荷,厄除け稲荷など偶発的事象を契機に祀られたもの。
人名稲荷・・・祭神の稲荷や狐がもともと人名で,召使いや奉公人だった場合,シャーマンの名前で呼ばれる場合などが該当。


この分類を見ると,稲荷神が森羅万象とかかわっているきわめて習合的な神であることが理解できると思う。

海,山,田,畑,水,火などの自然,農耕地は言うに及ばず,人,もの,概念,心理現象などとことごとく稲荷は結びついているのであり,密教の荼吉尼天信仰とも相まって爆発的に日本中に普及していった信仰であることがわかる。

また,祭祀対象については,(1)霊地,(2)霊木,(3)霊石,(4)森,(5)古墳,(6)塚,(7)墓,(8)穴,(9)藁祠,(10)化身動物などがその対象になっている。

化身動物については,神使である狐はもちろんであるが,狸,狼,蛇,龍も稲荷として祀られることもある点に注目したい。








 現世利益が強く且つ身近な神仏としては稲荷大神がおられます。日本で一番多く祭られている神様であり、総本社の伏見稲荷大社を筆頭とする大小の神社をはじめ、街中の小祠に至るまで全国津々浦々に鎮座されており、日本全体は稲荷神で護られているといっても過言ではありません。身近な一方で、稲荷神は祟ると怖がる傾向もあり、邪神のごとく考え忌み嫌う人たちも少なくないのです。

 稲荷神自体は豊穣の神であり、世界各地にある地母神的な存在の尊く清い神祇であるので、祟ることは基本的にないですが、稲荷神の御眷属として大神様の命令を実行する御狐様は、人間に近くそれと同様の感情的な部分があるので、非礼や忘恩等に対してはひどくお怒りになることがあります。私たちが非礼等に対して立腹し、場合によっては対抗手段に出るのと一緒です。

 が、これも常に礼を尽くして、御働きに感謝し相応の供物等を奉げていれば、全く心配ないことです。無用に恐れを抱く必要はありません。又、生涯の信心が一番良いですが、それが出来なくなった場合は、専門の神職や行者に相談し祭儀を頼んで、これまでの感謝とご守護への充分なお礼をすれば大丈夫です。巷間の無責任な祟り神論に惑わされることなく、安心して稲荷大神を信心して下さい。特に地域の小祠は長い間、地域をお守り下さっているのですから特に大事にして頂きたいと希望致します。【合掌】

稲荷巫覡:稲荷行者

  • June 13, 2017



現代の多数の「稲荷巫覡」(稲荷行者)について調査した、アンヌ・ブッシイの記述と分析は貴重である(「稲荷信仰と巫覡」『稲荷信仰の研究』所収)。
http://mys1.sakura.ne.jp/shimazono/?p=9  
>どこにでもあるお稲荷さんと巫覡という見慣れない深淵にして危険そうな二字熟語との出会い!








開運大吉

  • June 13, 2017



01【四季平安】 一年通じて平安でありますように
02【心想事成】 願い事がかないますように
03【招財進寶】 財を招き、宝が貯まりますように :定番
04【花開富貴】 花開くように 運開き地位が上がり豊かになるように
05【萬事勝意】 全てうまく行きますように 
06【生意興隆】 商売繁盛!商売がうまく行きますように :定番
07【龍馬精神】 龍や馬のようにパワフルに頑張ろう
08【学業猛進】 学業がうまく行きますように 受験生に!
09【財源廣進】 財源が広がり、お金がどんどん貯まりますように
10【如意吉祥】 おめでたいことが思いのままに適いますように
11【大吉大利】 大きな吉と利益が有りますように
12【出入平安】 安全祈願 出入りする人が平安で有りますように
13【発財旺相】 財産がますます増えますように
14【富貴吉祥】 富に恵まれ良い事がありますように
15【一帆風順】 順風万帆に物事が進みますように
16【恭賀發財】 新年もますます儲かりますように :定番


01【出入平安】 出入口に貼って、訪れる人の平安無事を願います
02【五福臨門】 五福(長寿・富貴・康寧・好徳・善終)が訪れまます 
03【金玉満堂】 お金があふれ出すぐらい貯まるように願います :定番
04【福星拱照】 福の星が常に照らしてくれるよう願います

苗栗県―五龍宮の媽祖

  • June 13, 2017








苗栗県―竹南五穀宮の神農大帝

  • June 13, 2017








苗栗県―竹南后厝龍鳳宮の媽祖

  • June 13, 2017








神大市比売 浅間神社

  • June 13, 2017



弁才天女尊 (4)


神大市比売 浅間神社

神大市姫(カミオオイチヒメ)は山の神の総元締として知られているオオヤマヅミの娘であり、お稲荷さんの名で親しまれているウカノミタマの母でもあるという女神である。

『古事記』の須佐之男命の系図に登場する。大山祇神の子で、櫛名田比売の次に須佐之男命の妻となり、宇迦之御魂神(稲荷神)と大年神を産んだ。

『古事記』の「天照大御神と須佐之男命」の巻、「須佐之男命の神裔」の段
 かれ、その櫛名田比売を以ちて、くみどに起して生みし神の名は、八島士奴美神と謂う。また大山津見神の女、名は神大市比売を娶して生みし子は大年神。次に宇迦之御魂神。兄八島士奴美神、大山津見神の女、名は木花知流姫神を娶して生みし子は、布波能母遅久奴須奴神。この神、淤迦美神の女、名は日河比賣を娶して生みし子は、深淵之水夜礼花神。この神、天之都度閇知泥神を娶して生みし子は、淤美豆奴神。
 この神、、布奴豆奴恐神の女、名は布帝耳神を娶して生みし子は、天之冬衣神。この神、刺国大神の女、刺国若比賣を娶して生みし子は、大国主神。亦の名は大穴牟遅神と謂ひ、亦の名は葦原色許男神と謂ひ、亦の名は八千矛神と謂ひ、亦の名は字都志国玉神と謂ひ、井せて五つの名あり。

神社の祭神としては大歳御祖神(おおとしみおやのかみ)の神名で祀られることが多い。








 現世利益が強く且つ身近な神仏としては稲荷大神がおられます。日本で一番多く祭られている神様であり、総本社の伏見稲荷大社を筆頭とする大小の神社をはじめ、街中の小祠に至るまで全国津々浦々に鎮座されており、日本全体は稲荷神で護られているといっても過言ではありません。身近な一方で、稲荷神は祟ると怖がる傾向もあり、邪神のごとく考え忌み嫌う人たちも少なくないのです。

 稲荷神自体は豊穣の神であり、世界各地にある地母神的な存在の尊く清い神祇であるので、祟ることは基本的にないですが、稲荷神の御眷属として大神様の命令を実行する御狐様は、人間に近くそれと同様の感情的な部分があるので、非礼や忘恩等に対してはひどくお怒りになることがあります。私たちが非礼等に対して立腹し、場合によっては対抗手段に出るのと一緒です。

 が、これも常に礼を尽くして、御働きに感謝し相応の供物等を奉げていれば、全く心配ないことです。無用に恐れを抱く必要はありません。又、生涯の信心が一番良いですが、それが出来なくなった場合は、専門の神職や行者に相談し祭儀を頼んで、これまでの感謝とご守護への充分なお礼をすれば大丈夫です。巷間の無責任な祟り神論に惑わされることなく、安心して稲荷大神を信心して下さい。特に地域の小祠は長い間、地域をお守り下さっているのですから特に大事にして頂きたいと希望致します。【合掌】

稲荷神社

  • June 12, 2017



弁才天女尊 (4)





全国に32000社あり、日本の神社の中で最大の勢力を持つのが稲荷神社で、その総本社は京都の伏見稲荷です。この稲荷の由来について、山城国風土記に次のような記述があります。

秦中家忌寸らの祖先である伊呂具は稲梁を積み上げるほど裕福だったが富におごり、餅を的として矢を射たところ、餅は白い鳥に化して飛び去り、山の峰に止まった。そこに稲が実ったので、ここの神社を「いなり」と呼ぶのである。その子孫の代になると前の伊呂具の非を悔い、その社の木を家に持ち帰り神を祭った。今でもその木を植えて根付けば福があり、枯れると福がないと言われている。

この物語について伴信友らは元々の形としては、餅を的にするようなことをしたために穀霊が逃げてしまい土地が荒れ家も衰えたのを、子孫が悔いてきちんとお祭りしたため元どおり豊かになったという話だったのではないか、と考察しています。これからすると稲荷はやはり「稲生り」あるいは「稲成り」だったようです。現在でも全国でほんの何社かだけ「稲生」とか「稲成」と書くいなり神社があります。
この神社の具体的な始まりの時期について鎌倉時代の「年中行事秘抄」や室町時代の「二十二社註式」では和銅年間に伊奈利山の三つの峰に神が示現したのでこれを祭ったとされています。

もともとこの三つの峰には同じ神が祭られていたのではないかと考察されているようですが、文徳実録に天安元年(857)に「稲荷神三前に正四位下を授ける」という記事があり、これが神の数が3柱になっている最初のようです。また、この3柱の神が一体何かということについては諸説あったようですが現在は

  下社(中央座) 宇迦之御魂大神
  中社(北座)  佐田彦大神
  上社(南座)  大宮能売大神

とされ、これに

  田中社(最北座)  田中大神
  四大神社(最南座) 四大神

を加えて5座を祭っています。



仏頂尊勝陀羅尼経:The Ushnisha Vijaya Dharani












財運 成功 幸福 Money comes in asleep BGM
https://youtu.be/NLQj3YFUQvo




【引き寄せの法則】財運が上昇する【528Hz】The luck rises while sleeping
https://youtu.be/29E2LL8I7H0








この5座の中で一般に稲荷の神の中核と考えられているのは、宇迦之御魂(うかのみたま)神で、この神は古事記によれば須佐之男神と神大市姫との間の子供で、大年神の妹であるということになっており、また延喜式では伊勢神宮外宮の神豊受大神と同体であるとされ、また一般に五穀の発祥の元の保食神、そしていざなぎ・いざなみが産んだ阿波国の神大宜都姫とも同体であるとされます。いづれにしても穀物の神です。

稲荷は比較的新しい世代に属する神ですが、この神を奉じていたのは秦氏の一族です。秦氏ではこの神社の神官を完全な世襲ではなく、一族の中で最も霊的な力の大きな人が継ぐ形で祭祀を続けていたと言われます。そしてこの神社を全国的な神社に発展させたのは弘法大師空海でした。

色々な伝説があるようですが、空海が東寺を作るとき、稲荷の山の木を勝手に切り出したため稲荷の神が怒って害をなしたため、空海が謝って、その後逆にこの神社をよく崇敬し、空海の人気が全国に広まるとともに稲荷神社も全国に広がったとも言われます。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ
Kanagawa_Transport_Network