中村勘三郎さん死去、看取った大竹しのぶさんとの関係は?|あ・そ

あ・そ

世の中にあれこれと現れるあれやこれやを明るくいじってます。

中村勘三郎さん死去、看取った大竹しのぶさんとの関係は?

ブログネタ
■■■■■訃報■■■■■ に参加中!
歌舞伎俳優・中村勘三郎さんの死去のニュースで、女優の大竹しのぶさんが、最期を看取った、と報道されてました。大竹しのぶさんが涙ながらに、中村勘三郎さんの人柄を語ったりする映像が出ていましたよね。
なぜ、歌舞伎の中村勘三郎さんを大竹しのぶさんが看取ったのか・・・ふたりはどういうお付き合いなのかしら、と思って調べました。

その結果ですが、ふたりは「若きハイデルベルク」の舞台で知り合って、当時勘三郎さんは22歳、大竹しのぶさんは20歳で、お付き合いしていたそうですが、その後勘三郎さんが結婚して、NHK大河ドラマ「元禄繚乱」で夫婦役を演じてからは家族ぐるみの付き合いをしてきたそうです。

若いときのお付き合いは男女の仲ではなかったと関係者のあいだでは、かなり知られているようです。
確かに、結婚するまでの大竹しのぶさんは、ちょっと変わってたっていうか、子供ぽい人でしたからね。如何にモテオトコの勘三郎さんでも落とすのに難儀して、あきらめたのではw
デートの場所は「花やしき」「後楽園」などの遊園地。必ず妹とかお友達を伴っていたそうです。
後にこのときのことを大竹しのぶさんは
「だって、何話したらいいかわからないんだもん。」と話してますよ。

ふたりはこれまでに度々共演しており、共に熱心な演技派で同世代ということもあって、大竹しのぶさん、演出家の野田秀樹さんと野球解説の江川卓さん、の三人と中村勘三郎さんは親友の付き合いだったそうです。
最期をご家族と、この三人が看取り、遺体に付き添って御自宅に入った、ということのようです。

大竹しのぶさんとは、ミュージカル「若きハイデルベルクで共演して以来、交流を続けており、野田秀樹さんが主宰する「NODA・MAP」番外公演の『表に出ろいっ!』でも共演し、息のあった演技で観客を沸かせたそうです。
もう一人の親友の江川卓さんは、勘三郎さんがニューヨーク公演を行った2004年、メジャー開幕戦の始球式に挑んだ際に“投球術”をコーチしていたそうです。

中村勘三郎さんの多彩な活動で、お付き合いも各界にわたり多彩だったんですね。
中村勘三郎さんは女性にもてて、これまでいろいろな女優さんの名前が取り沙汰されていたので、ついそちらの方を考えてしまいました。

19歳の時付き合っていた太地喜和子さんは、親公認で中村家の別荘に太地喜和子さんが訪れたりしてたそうですね。
この時太地喜和子さんは32歳くらいだったのかな・・・
後に、勘三郎さんが「太地喜和子さんが自分の人生にいなかったら、随分違ってたと思う。女形の色気はあの人から随分勉強出来たんだ。」というようなことを話していますよね。

歌舞伎界を始め、様々な方が弔問に訪れる様子が報道されていますが、市川海老蔵さんが目を真っ赤にして出てきたのには胸が痛みました。中村勘三郎さんの長男、勘九郎さんと同世代の海老蔵さん、中村獅童さんなどは勘三郎さんをすごく尊敬し慕っていたそうで、かなりの消失感なのでしょう。

中村勘三郎さんと大竹しのぶさんの関係について最新情報をアップしました。素敵なお話です。読んでください。
⇒ 中村勘三郎さんと大竹しのぶさんの関係はこういういきさつがあった



2012年12月05日| Edit
Copyright © あ・そ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます