はへほ

デジタルシニアのおば半がきままに「はへほな日常」を書いてます。

ハーゲンダッツの「ほうじ茶ラテ」が超絶うまい!チョークアートの特設サイトが素敵

一ヶ月ほど前にテレビでハーゲンダッツの夏の限定アイスが紹介されました。ほうじ茶です。モニターの人たちが「おいしーい」「うまいっ」と大騒ぎしてましたので強く強くインプットされました(^ ^)

今日、たまたまスーパーで見つけて買ってきました。今日が発売日だったようです。

早速たべましたよ。
うまいですよ~。
たまりませんよ~。

香りが高いです。
これまでも他社のほうじ茶アイスを食べたことがありますが、比べものにならないです、香りの質が!!!
香りがつよいく、一口目は燻(いぶ)し多くらいの強さ。外人には抵抗あるかも知れないくらい。
で、食べすすむとミルク部分とのなじみがよくなってきます。

渦巻きの濃い部分がほうじ茶アイスで薄い色の部分はラテ(ミルクアイス)です。

アイス


詳しく知ろうとアクセスしたハーゲンダッツの特設サイトが素敵ですよ~
チョークアートが絶妙に雰囲気作ってます。↓ はごく一部をキャプチャーしています。画像クリックでアクセスできますから、ちょっと観賞しに行ってみて下さい。

TAG index



母の日のプレゼントにオカンの好きなヒョウ柄はいかがですか

あっという間に季節がすすみます。寒い寒いと言っていたのが、もうゴールデンウィークですものね。今年のゴールデンウィークは長いですねぇ。なんの予定もない身には退屈なだけですが(-_-)

先ほど樂天で探しものをして面白いページを見つけました。
母の日のプレゼント特集なのですが、こちら。↓ 
ヒョウ柄オカン専用母の日ギフト専用ページ
ヒョウ柄もので決めまくったオカンの存在感に圧倒されます(^^ 

ヒョウ柄オカンって(笑)
オカンとくればモチロン関西おばはんですよね。
ところが「ヒョウ柄好き県民ランキング]っていうのをみるとそんなことないんですよ。ランキングトップは「えぇ~っ!?なんであそこが???」と意外な県がならんでいます。

むかしアパレルで仕事していたとき、アニマル柄がトレンドになるサイクルってありましたよ。
トレンドじゃなくても売れるんですよ。やっぱし!アニマル柄。
おば半も着るモノにはさすがにためらいがありますが、スカーフとかはあっても良いかな。なんて(^^ゞ
樂天の特集ページにがま口ポーチがありますが、あれいいな・・・。

実は、昨年秋にこれ、買ってました。イギリスのメイ首相のファッションにそそられて。
  ⇒ 英テレーザ・メイ新首相のファッションセンスがすごい 靴選びの達人
メイ首相はほんと、センス良いですよね。とくに靴選びの達人と言われるだけあって、すてきな靴をお持ちで服との組合せがすばらしいです。

ヒョウ柄

届いてすぐはとってもうれしくて部屋の中を歩き回ったのですが、なんか他の靴のように無造作に履けなくて、1回しか履いていません・・・


対北朝鮮戦略は軍事的攻撃だけではないらしい

あまり政治のはなしは書きたくないのですが、ちょっと興味深い情報を見つけました。

米国はイスラエルの協力の下で、「スタックスネット」と呼ばれるコンピューターウイルスを使い、イランのウラン濃縮で使われる多数の遠心分離機を破壊した実績がある。

ロイターは2015年に、米国が09─10年にスタックスネットの一種を使って北朝鮮の核兵器開発プログラムに同様の攻撃を仕掛けたが失敗したと報じている。

同プログラムに詳しい情報機関の元高官は、北朝鮮の徹底した秘密主義と極度に隔離された通信システムが失敗の原因だったと説明。

秘密工作に近い別の手法としては、電子戦やサイバー攻撃によって北朝鮮が発射中あるいは発射直後のミサイルを停止させることが考えられる。

北朝鮮のミサイル実験の失敗率が高いことから、米国がすでにこのような攻撃を実施しているとの観測もある。


これは北朝鮮のミサイル失敗の直前のものです。この記事を見た後だったので、あの失敗はひょっとしてこういうことだったとも考えられる、と思いました。

先日紹介した「米中もし戦わば」トランプ政策顧問ピーター・ナバロ著に書かれていたのですが
中国の戦力はまだまだアメリカのものには及ばないものの、アメリカより勝っていることがある。
それは軍備増強力です。
アメリカの兵器はハイレベルが故にコストも高く、高い技術が求められるのですぐに作れるわけではない。中国は質より量的に、低コストでガンガン作れる。コストが安いのは人件費だけではなく、アメリカが莫大な予算を割いている開発費がかからないからだそうです。
それは何故か。盗んでするから。中国の開発の大半が頂き物wなのです。
米国がハッキングで受ける被害は官民膨大なものになるのだそうです。

ということでわかるのは中国のハッキング能力の高さです。ロシアのハッキングよりすごいのかも。
米国が最も懸念していることはこの両者の能力で、特に中国に対しての危機感がある。(「米中もし戦わば」受けうりw)

ひょっとして、首脳会談で習近平さんにささやいたのかも知れませんよね。話してわからん奴にはこれしかない、って。
最新の戦争は実弾線ではなく、こういうレベルになっているのですね。
北朝鮮が核実験の段階でプログラムをいじられてそのまま爆発したら・・・
SFの世界。


カテゴリ別アーカイブ
記事検索
ネットショップオープンしました・・・シニア起業ですw


足湯・シャンプー・洗顔・ワンちゃんのシャンプーにもGood ♪

  • SEOブログパーツ
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログへ



くる天ランキング
ブログランキング

PVランキング








  • ライブドアブログ

はへほ