はへほ

デジタルシニアのおば半がきままに「はへほな日常」を書いてます。

タッチセンサーにふれて遠近を切り替える眼鏡 次世代アイウェアが来春販売開始

株サイトで見かけたニュースです。
三井化学<4183>は2日、2017年10月11日~13日に東京ビッグサイトで開催されるiOFT2017第30回国際メガネ展において、ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられる次世代アイウェア「TouchFocus」の日本初となる展示を行うと発表した。
同社では「視力を補ってより良く見る」というメガネ本来の機能を、電子の力でより快適に満たす次世代アイウェアの開発を進めてきた。今回、同社のメガネレンズ材料技術をベースに、液晶レンズ技術を融合し、ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられる、次世代アイウェア「TouchFocus」が完成した。

スゴいですよね。これ。
ちょっと前に、マンションに隣接した場所を通過するときに窓ガラスが自動ですりガラスになって見えなくなる、という話題がありました。マンションのすぐ近くを通過するのでマンションの住人のプライバシーに配慮している、そうです。
検索したら神戸の六甲ライナーの電車で、会社サイトに説明がありました。

六甲ライナーの瞬間くもりガラスは、2枚のガラスの間に液晶シートを挟み込んだ合わせガラスとなっています。
液晶シートの中には特殊ポリマーが封入されており、電圧の制御によって、ガラスの透明・不透明を切替えております。
具体的には、特殊ポリマーの中で液晶の分子は、通常不規則に並んでおり、ガラスは白く濁っています。これに電圧をかけると一定方向に整列し、光の屈折が無い透明状態となります。つまり、電圧が流れているときは、通常の透明な状態となり、ガラスに電圧が流れていないときはくもり状態となります。

次世代メガネはこの技術の進化系なのでしょうか。
>同製品には、電子回路がフレームに内蔵されており、フレームサイドのタッチセンサー部に触れて電源をONにすることで、液晶レンズが作動し、瞬時に遠近の切り替えが起こる。
40代からの嗜好に合わせたフレームデザインも豊富に用意され、バッテリー式で簡単に充電が可能。

とあります。そうか、充電が必要になるのか・・・・。便利なようで不便さも伴ってしまいますね。
来春を目処に、限定したメガネ店の店頭にて、世界に先駆けて、国内における販売をスタートする予定だそうです。


ダイハツCMの「やさしさに包まれたなら」(ユーミン)で気づいた深いメッセージ

ブログネタ
音楽を感じる生活 に参加中!
最近、ダイハツのコマーシャルでユーミンの「やさしさに包まれたなら」が流れますね。



この歌詞について気づいたことがあり、我ながら!だっのでメモに残していました。こんなこと書いてました。
・・・・・・・・・・・
この歌詞って、幼い頃は両親をはじめとして周りのオトナが神様になってくれて、夢を叶えてくれた・・・
という意味だと思っていたけど、よーく読むと、違うんだな。

幼い頃は素直で意識につながる感度が高いから、神様(意識)をダイレクトに感じられ、現実化できた。
という意味なのだ!!!
だから、その時と同じにすればオトナになった今でも、あのときのように不思議に夢は叶うよ、と。

♬ カーテンを開いて 静かな木洩れ陽のやさしさに包まれたなら
  雨上がりの庭で くちなしの香りのやさしさに包まれたなら

きっと奇跡は起こるよと。
ユーミンって、すごいなー。

って、9年も前に気づいた自分もすごいなぁ(笑)



バターコーヒーにブラックソルト これが冷え症にいいんですよ

いまさらにバターコーヒーの効果を再認識しています。
そもそも「最強の食事」の著者、デイヴ・アスプリーのレシピはあくまでシリコンバレー式バターコーヒーなのです。
彼がヒントにしたのはチベットなどの高度の高い地域で飲まれているバターチャイです。
バターチャイは地域独自のお茶に発酵バターと塩をいれて撹拌した飲み物。
寒い地域で身体を温めエネルギーを取りこむのに最適な飲み物。

シリコンバレー式バターコーヒーでは「無塩・グラスフェッドバター」が必須条件とされていますが、無塩について「最強の食事」ではその理由がまったく書かれていません。
バターチャイでは塩はミネラル供給の意味で必須要素だと思われます。
デイヴ・アスプリーはこだわっていませんが、発酵バターというのにも何か意味があるのでは、と思うのですが。どうなのでしょうか。
おば半的には発酵バターの方が風味が良いのと、油のギトギト感がなくなっているので発酵バター愛用です。

グラスフェッドバターかどうかについても気にしません。冬場だけ飼料を与えているという神津牧場のバターはグラスフェッドバターより美味しいです。有塩ですが、これで作ったバターコーヒーが一番すきですね。もはやクリームというより黄色い色のバターはコクがあって、味わい深いです。
発酵バターはいくらか色が薄くなりますが、神津バターの夏場に牧草を食べた牛の乳から作られバターはゴールデンバターと呼ばれる位の濃い黄色で、これまで見たバターの中で一番濃い色ですよ。
    *発酵バターはバターより白っぽくなります。

k05


 ↑ の樂天のショップにはグラスフェッドバターもありますよ。おば半はちょっと量的に諦めていますがお得です。
ニュージーランド産グラスフェッドバター 1kg【冷凍】

Amazon⇒ 神津ジャージー 缶バター 225g (発酵・有塩バター)

今朝、ふと思いついて在庫の無塩発酵バターにブラックソルトをひとつまみ入れてみました。
ん!? これ、いいかも~♬ 
在庫のバターはこれです。これ、以前はニュージーランド原産と表示されていましたが、最近の物は表示が消えました。富沢商店の説明によると国産牛乳とあります。若干コク・香りが薄いですが私的にはAOCバターより好きです、半値以下ですしw
明治 発酵バター(食塩不使用) 【冷蔵便】/ 450g バター 無塩バター

上の画像にある「秘密の無塩国産バター」というのは蒜山牧場の発酵バターです。通販はココだけ取り扱いがあります。いくつか試したフランスのAOCバター、例のお高いグラスフェッドバターより香りが良く、ごらんのように濃い色なので味もしっかりしています。
樂天⇒ 【箱なし】蒜山ジャージーバター無塩・発酵 450g^数量限定
香り、味でこちらが一番のお気に入り。コスパもいいです。
一番のオススメですが数量限定なのが不自由です。



カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • SEOブログパーツ
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログへ



くる天ランキング
ブログランキング

PVランキング
  • ライブドアブログ

はへほ