はへほ

デジタルシニアのおば半がきままに「はへほな日常」を書いてます。

水切りかごのトレーにペット用吸水シート利用

以前は色々な食器を楽しんだものですが、食べる事への熱意が失せるとそういう楽しみもなくなります。日常使う食器はごく限られたものになり、だらしないとは思いつつも、食器棚にしまわず水切りカゴに常駐するものもあります。
この水切りカゴ(正式になんというのか不明ですが)っていうのが、もう長年不満でした。
ステンレス製にしろ、プラスチック製にしろ、どうしてもきれいに保てません。カゴ部分よりも、水受けトレーの方が。ステンレスは水垢が取れない。プラスチックもいつの間にかシミになって小汚くなる。トレーだけ取り替えれば良いのでしょうが。

それがあっさり解決したんです。最近ふと思いついてペット用の吸水シートをしいてみたら、これがヒット!バッチグー\(^_^)/です。

水切りかご
うちのアンポンタン猫のトイレをシステムトイレにしてみたのですが、衛生的に保つにはとても手間がかかることがわかって、止めました。それで吸水シートが大量に残ってしまい、なんとかこれを活かす手はないものか!?と思案して思いついたのです。

洗ったあと、シンクに置いたラックで水を切ってから、水切りカゴに置いているので、このシートがあれば1ヶ月以上は問題ないです。適当に取り替えていますけど、問題が生じて取り替えているのではないので、もっと大丈夫かと思います。

たまたま使っていた吸水シートはアイリスオーヤマのもので、薄くて吸水力がない、というレビューがそこそこある商品です。ところが、本来の使い方ではない、このような使い方には薄いからよかった。

テレビでLiLiCoさんが教えてくれたIKEAの水切りラック、邪魔にならずお役立ちです。




トランプ新大統領に誰が鈴をつけるのか

いやいや、トンデモナイおっさんですねー、トランプ氏は。
今BSフジ「プライムニュース」見てますが、やたら面白い。
デーブ・スペクターさんの解説が当意即妙で、トランプ氏の人となりを言い切っているのが面白い。
共演している手嶋龍一氏も「今の説明は実にわかりやすくて的確ですねー」などと絶賛。

デーブさんが解説するに、トランプ氏はとにかくとても幼稚。
質問されても答えられないから記者会見は出来ない。
突っ込まれてもうまくはぐらかしたり、やんわりいなしたり、などというオトナの対応は出来ない。
アメリカの経営者に多いタイプで、トップに立つものは決断が出来れば良いのであって、決断するための知識を身につける必要はない、それはそういう専門家を使えば良い。という考えの持ち主。
物事の判断は「いいか、悪いか」「得か損か」「好きか、嫌いか」というもの。

そう言われてあらためて、記者会見の様子を見ると、正真正銘幼稚なヒトなのねー、と納得ですね。
あえて戦略的に振る舞っている、という希望的観測がありましたが、一蹴されましたね。
この記者会見で。

こんなヒトが大統領になっちまったなんて!
昨日のオバマ大統領の素晴らしいスピーチをきくにつけ、呆れるやら怖いやら。

締めの言葉として手嶋氏が
「彼が何を言っても毅然として騒がない。」と。
これって、聞き分けのないワガママな駄々っ子の対処法そのものですねー。

国内では有能な閣僚を揃えれば彼らが実務を仕切ってくれるでしようが、国際的にどうなのか。フォローするスタッフを用意できない場面。サミットとか。
こういう性格の人物が他のリーダーの中で恥をかいたらどうなるのか。
如何に厚顔な人物でもココロが痛めばどうなるか、怖いですね。
これまで挫折やダメ出しの経験がないなら、いきなりプッツン!なんてこともありじゃないですか。

アメリカだけの影響では済まないポストだけに、ゴシップ扱いで笑い飛ば酢、なんてことが出来ないとこが問題ですねぇ。
今年は株の乱高下、必須ですね。
ハゲタカにツィート利用でいくらでもたたき売られそうです。おそろしや。






チベット体操でトータルな自分のバランスを目指す

ブログネタ
健康志向 に参加中!
起きると身体のあちこちが固まっているので、まずはテレビ体操、ラジオ体操で筋肉をほぐします。
そしてその後いくつかのストレッチをやり、それからチベット体操です。
身体を大きく動かした後なので、呼吸がダイナミックになります。
それで気がつきました。
チベット体操は呼吸がカギなんですね。やはり。
そもそもが内筋、インナーマッスルを動かすので、当然呼吸との関連で効き方が違います。

随分前の記事でインナーマッスルと呼吸の関係、その観点からチベット体操の意義などについて書きました。⇒「チベットの儀式」(チベット体操)第3の体操の意味 その1
チベット体操にはモノ以前のエネルギーを取りこんでモノ(身体)のエネルギーに変換する能力を高める、という効果もあるようですが、そこでも呼吸が大きく関わっています。

おもに呼吸によってモノ以前のエネルギーを取りこんでいるからです。
なので、チベット体操で呼吸を大きくダイナミックにすると身体が躍動的に動き始めます。
暑い時期にこれをやるとすごい汗が出ます。

そもそもチベットの儀式は瞑想の前にやるものだそうですが、このようなダイナミックな呼吸でやった後は、とても瞑想になりません。^^

チベット体操のあとは出来ませんが、昼過ぎとか、気が向いたときに座ります。
これまでの静座(瞑想)と随分変わりました。
マインドフルネスそのものという感じです。もとより目的や規範を意識しないので瞑想ではないと思い、自分では静座と行ってるのですが、ほんとにそんな感じがはっきりしてきました。
ただ座っている。いちいち自分の中の変化とか、諸々に固執しないです。
あれこれと浮かぶ想いも格段に減りました。
浮かんだ想いに引きづられない、ただやり過ごす・・・ということすらあまり意識しません。
ただ、ゆったりとした気持で座っています。
ゆったりとしていられるので座っている時間が長くなります。止めたくないなぁ、と思います。
足が窮屈になって根を上げるまで(^^ゞ

これまで45分でしたが、倍近い時間になりました。体感的には同じ位の感触ですが、時計をみるとそうなっています。深さより広がりが増したように感じます。





ネットショップオープンしました・・・シニア起業ですw


足湯・シャンプー・洗顔・ワンちゃんのシャンプーにもGood ♪

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • SEOブログパーツ
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログへ



くる天ランキング
ブログランキング

PVランキング








  • ライブドアブログ

はへほ