水素水でアンチエイジング実践ノート

「はなまるマーケット」などの番組で「水素水」はアンチエイジングの決め手だと知りました。飲むだけでなく化粧品とか入浴にも活用できるとか。水素水の知識と活用方法を調べたり、実践しています。

週刊文春「水素水特集」 で結論が出た!本物と偽物(インチキ)

ブログネタ
からだに効く栄養・機能性成分 に参加中!
「週刊文春」最新号(2013年2月28日号)で又、水素水を取り上げていますね。
夢のアンチエイジング商品 ~水素水論争に最終結論! 誌上実験でわかった「本物」と「偽物」という特集記事。これは衝撃的ともいえる情報ですね。水素水業界には衝撃ですよ。これ!

計測は「週刊文春の計測」と「日本医科大・太田教授の計測」の2つのデータが掲載されています。しっかりと商品名・商品画像付きで「水素濃度」が出ちゃってます。
きちんとした商品データを示していない便乗商品にダメージありそうです。

magazin2
BlogPaint
※ 水色でマークしている「水素水5.0(現在は水素水7.0)」と言うのはこれです↓ 
水素水7.0ppm医療現場で支持されるプロ仕様の高水素濃度「aquela」

※ 水色で囲んだ部分は非常に高濃度の「水素水5.0」についてです。記事では医療用のようですが市販されています。文春記事の「水素水5.0」に関してはこちらに詳しく取りあげました。
⇒ 「週刊文春」記事で特別扱いされた「水素水5.0(=水素水7.0)」の詳細

水素量の計測結果の表を見ると、市販されている「水素水」はやはりアルミパウチ容器のものが水素濃度が高いですね。

BlogPaint

「高濃度ナノ水素水スパシア」と「ナノ水素水キヨラビ」は太田教授の計測では1.0ppmを超えています。
ちなみに「高濃度ナノ水素水スパシア」は飲んだことがありませんが、「ナノ水素水キヨラビ」は水素水のなかでもトップクラスのおいしさです。
商品に添えられたパンフレットは学術的データを踏まえ作られており、信頼出来る商品だと思います。


【水素サプリ】は完全にアウトですねぇ。水素がほとんど発生しないものが名指しされてます。
 ※ この記事ではインチキサプリばかりでしたが、その後、太田教授開発のサプリが発売されました。 この記事に書いてます ⇒ 太田教授が開発した「水素カプセル」

記事を読んだ私的感想ですが・・・
■ 水素水にはインチキもあるし、インチキでなくても水素はすぐなくなってしまうことを理解して選ばないといけない。
■ 水素水でスペックが信頼出来てコスパが優れているのは「水素水7.0」
■ 水素サプリはインチキがおおいから慎重に選ぶべき。(きちんと品質がわかるデータを示した商品)
■ 水素水だけでなく効率的に水素を取りこむには「水素入浴」がよい。水素入りのお風呂で皮膚と呼吸から水素を吸収する。これが一番水素を大量に体内に取り込める。現在販売されている「水素発生入浴剤」にインチキなものはない、と太田教授もお墨付き。


「週刊文春」のこの特集号が発売されてから、水素水業界に激震が走ったようです。
太田教授の「水素溶存濃度」がインチキと本物の判断基準、という指摘を受けて、水素水販売各社は水素溶存濃度を高めたり、開封後も水素濃度が維持出来るような工夫をしているようです。



【補足】
管理人が試した感想や、水素水や水素関連商品の選び方について書いた記事一覧は「選び方」というタグで分類しています。こちら⇒選び方 

★ 水素入浴については「水素入浴」カテゴリの記事をご覧下さい。
「水素発生入浴剤」関連のおすすめ記事 
⇒ 「水素入浴剤」は水素水の「脂肪燃焼効果」最大だからやせられる!
⇒ 水素発生入浴剤(水素バブルタイプ)実践レポート 
⇒ 水素を効率的に取り込める美容とアンチエイジングに必須の「水素入浴剤」の種類

★ 水素サプリについてはこちら⇒ 水素サプリ関連記事

たなみに・・・一番のおすすめ水素水は・・・
2015年2月時点でもっともハイスペックな水素水は「トラストウォーター」です。
この水素水は水素濃度3.0ppmで、段違いの水素濃度です。しかも、3ヶ月経過しても1.6ppmを保っている・・・というこれまでにない水素水。さらにコスパの良さで発売早々人気になっているようです。
管理人もお試しコース → 定期購入 しています。毎月の添付資料が為になります。
トラストウォーターについてはたくさん記事を書いています。こちらの記事をご参考にして下さい。
⇒ トラストウォーター関連記事一覧
     *記事は最新記事が上に並んでいます。



太田教授の開発した水素カプセル「水素サプリメント」が発売されてます

ブログネタ
美肌をつくる♪サプリメント に参加中!
「週刊文春」の記事では、
「水素サプリメントは水素が発生しない(あまりに微量で発生しないのと同じ)ものが多い」
と太田教授が指摘していましたが、当の太田教授が水素カプセルを開発していたんですね!!!
「週刊女性」から出た臨時増刊号「水素のチカラ」で知りました。

こちらが太田成男教授と日本機能性医学研究所が共同開発したカプセルです。
⇒ 1カプセルで、水素水約1リットル分!水素カプセル「水の素」
アマゾンにもありますが、上の公式サイトに太田教授自身が発生する水素量の計測をしている動画がありますから、一度ご覧になるといいですよ。
アマゾン⇒ 日本機能性医学研究所 水素カプセル 「水の素」 水素サプリ 60カプセル

管理人は「週刊文春」の記事で水素サプリメントはアヤシイらしい・・・と敬遠していました。実際この記事でも書きましたが、アヤシイものもありますよ。
⇒ 水素サプリの溶存水素を確かめてみました ~動画付き~

なのでしっかりと成分とか、水素発生のスペックを説明しているか、チェックする必要があります。
しかし、当の太田教授が開発したものならまちがいなしですね。
右の「水の素」バナーでリンクを張っているサイトで太田教授がこのサプリで飽和水素水1リットルに含まれる水素量に相当する水素が発生する、という説明をしている動画が見られます。

水を1リットル飲むのは大変なので、水素水と水素サプリをうまく使い分ければかなりの水素が取り込めるのではないでしょうか。
水素水と違って「水素が消えないうちに飲みきらないと」なんてアセアセにならずに済むのが精神衛生にいいですよね。(^_^)v


太田教授の水素に関する著書もこれで3冊になりました。
今回の「水素のチカラ」ではこれまでの著書より、水素を活かす方法についてより具体的になっています。
水素関連商品の具体的な効果もわかりやすく実用的です。

太田著書


「週刊文春」の記事に関する記事はこちら
⇒ 週刊文春「水素水特集」 で結論が出た!本物と偽物(インチキ)



水素は安全、体内で水素が発生して体液の酸化(錆び付き)を防いでいます

ちょっと前になりますが、ネットショップを見た方から、問い合わせがありました。
お問い合わせは
「水素水を何年飲んでますか?長く水素をとり続けて何ともないですか?」でした。

何ともないです。(笑)
と答えたのですが、さらに念を押すように
「身体の中で何かと反応して溜まるってことにはならないんですか?」
絶句 (>_<)

「水素」と聞くと化学物質というイメージが先に来て=身体に悪い、と思われるのでしょうか。水銀などのように蓄積されてしまう・・・と思うのかしら。まぁ、水素って日常の暮らしでなじみがないので、とにかく怖い、アヤシイ、と思うのも無理もないですけどね。

そもそも水素はヒトの身体の中で酸素・炭素の次に多い元素で、体重の約10%を占めるとされています。水素って身体の中でも発生しているんですよ。それもかなりの量。
例えば腸内細菌が糖質を発酵分解する時に水素が産生されます。

※ 腸内細菌が発酵分解して『水素』を産生する糖質とは、ショ糖やアルファデンプンなどの『消化吸収性糖質』ではなく、難消化性デンプン(ベータデンプン:レジスタントスターチ)、難消化性オリゴ糖・糖アルコール、食物繊維などの『難消化吸収性糖質』です。~これらの摂取が少ないと水素の発生も少ないわけですね。

「腸溶カプセル化」の水素サプリは腸に届いてからゆっくりカプセルが溶けて、水素が発生するので、腸内細菌が水素を産生するのと似たようなものですね。
*腸溶カプセル化とは胃で水素発生させず、腸に届いてから水素が発生するように作られたカプセルです。詳しくはコチラのサイトに太田成男教授が説明した動画があります。⇒ サビない生活「水の素」

この体内で発生する水素は抗酸化・酸化還元で、血液・体液の酸化還元電位を-250に保つ重要な働きをします。血液・体液の「酸化還元電位」がプラス化すれば身体の酸化(さび付き)が進行して、身体の各機能が正常に働かなくなってしまうのです。
血液・体液の酸化還元電位が-250に保たれていれば、身体の各機能が正常に働き、病気が改善していきます。
言い換えると『体内で発生する水素』が不足して、血液・体液の「酸化還元電位」を正常値にたもてず、健康を損ねていることになります。

だからこそ、体内で不足する水素を補うために水素水や水素入浴で外から水素を取りいれることが有効なのです。

ちなみに体内で大量に発生した水素は体内に溜まらずにw 呼気やおならに含まれて排泄されます。


水素水より安くて効率的な水素入浴剤

コンビニ後払・ゆうちょ振込は⇒Newショップ

コスパがいいから続けられる。継続はチカラ

おすすめの水素水【お試しセット】

水素とお肌によいシリカが同時にとれます!最新のマイクロナノレベル製法 気軽なお試し価格↓
 

1本(500ml)お試し価格198円で10~50本まで購入出来ます。送料無料

信頼出来る水素サプリはコレ 
    お得な定期購入 ↓↓↓  Dr.SAITO’S SELECT水素研究の太田教授と日本機能性医学研究所CMO斎藤医師が共同開発。   
  • SEOブログパーツ
記事検索
ランキング
くる天 人気ブログ
ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ




  • ライブドアブログ

水素水でアンチエイジング実践ノート