ブログネタ
からだに効く栄養・機能性成分 に参加中!
「週刊文春」最新号(2013年2月28日号)で又、水素水を取り上げていますね。
夢のアンチエイジング商品 ~水素水論争に最終結論! 誌上実験でわかった「本物」と「偽物」という特集記事。これは衝撃的ともいえる情報ですね。水素水業界には衝撃ですよ。これ!

計測は「週刊文春の計測」と「日本医科大・太田教授の計測」の2つのデータが掲載されています。しっかりと商品名・商品画像付きで「水素濃度」が出ちゃってます。
きちんとした商品データを示していない便乗商品にダメージありそうです。

magazin2
BlogPaint

※ 水色で囲んだ部分は非常に高濃度の「水素水5.0」についてです。記事では医療用のようですが市販されています。文春記事の「水素水5.0」に関してはこちらに詳しく取りあげました。
⇒ 「週刊文春」記事で特別扱いされた「水素水5.0(=水素水7.0)」の詳細

水素量の計測結果の表を見ると、市販されている「水素水」はやはりアルミパウチ容器のものが水素濃度が高いですね。

BlogPaint

「高濃度ナノ水素水スパシア」と「ナノ水素水キヨラビ」は太田教授の計測では1.0ppmを超えています。
ちなみに「高濃度ナノ水素水スパシア」は飲んだことがありませんが、「ナノ水素水キヨラビ」は水素水のなかでもトップクラスのおいしさです。
商品に添えられたパンフレットは学術的データを踏まえ作られており、信頼出来る商品だと思います。


【水素サプリ】は完全にアウトですねぇ。水素がほとんど発生しないものが名指しされてます。
 ※ この記事ではインチキサプリばかりでしたが、その後、太田教授開発のサプリが発売されました。 この記事に書いてます ⇒ 太田教授が開発した「水素カプセル」

記事を読んだ私的感想ですが・・・
■ 水素水にはインチキもあるし、インチキでなくても水素はすぐなくなってしまうことを理解して選ばないといけない。
■ 水素水でスペックが信頼出来てコスパが優れているのは「水素水7.0」
■ 水素サプリはインチキがおおいから慎重に選ぶべき。(きちんと品質がわかるデータを示した商品)
■ 水素水だけでなく効率的に水素を取りこむには「水素入浴」がよい。水素入りのお風呂で皮膚と呼吸から水素を吸収する。これが一番水素を大量に体内に取り込める。現在販売されている「水素発生入浴剤」にインチキなものはない、と太田教授もお墨付き。


「週刊文春」のこの特集号が発売されてから、水素水業界に激震が走ったようです。
太田教授の「水素溶存濃度」がインチキと本物の判断基準、という指摘を受けて、水素水販売各社は水素溶存濃度を高めたり、開封後も水素濃度が維持出来るような工夫をしているようです。



【補足】
管理人が試した感想や、水素水や水素関連商品の選び方について書いた記事一覧は「選び方」というタグで分類しています。こちら⇒選び方 

★ 水素入浴については「水素入浴」カテゴリの記事をご覧下さい。
「水素発生入浴剤」関連のおすすめ記事 
⇒ 「水素入浴剤」は水素水の「脂肪燃焼効果」最大だからやせられる!
⇒ 水素発生入浴剤(水素バブルタイプ)実践レポート 
⇒ 水素を効率的に取り込める美容とアンチエイジングに必須の「水素入浴剤」の種類

★ 水素サプリについてはこちら⇒ 水素サプリ関連記事

たなみに・・・一番のおすすめ水素水は・・・
2015年2月時点でもっともハイスペックな水素水は「トラストウォーター」です。
この水素水は水素濃度3.0ppmで、段違いの水素濃度です。しかも、3ヶ月経過しても1.6ppmを保っている・・・というこれまでにない水素水。さらにコスパの良さで発売早々人気になっているようです。
管理人もお試しコース → 定期購入 しています。毎月の添付資料が為になります。
トラストウォーターについてはたくさん記事を書いています。こちらの記事をご参考にして下さい。
⇒ トラストウォーター関連記事一覧
     *記事は最新記事が上に並んでいます。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。