2017年11月17日

ダンヴァンタリ神のお誕生日を祝う会~💛

アーユルヴェーダスクールで毎年行われている「ダンヴァンタリ神のお誕生日を祝う会」に初めて参加しました。


[画像:e1fd0120-s.jpg]
インド神話にヴィシュヌ神が不老不死を与える甘露「アムリタ」の壺を持ってあらわれた伝説があり、この神様がダンヴァンタリ神とよばれています。

健康と医療の最高神であるダンヴァンタリは、アーユルヴェーダ医学の神様として祭られています。

私たちがアーユルヴェーダを学ぶ教室にもこのダンヴァンタリ神が祭られ、いつも見守られてます(*^^*)

[画像:d7c13fe4-s.jpg]

クリシュナ校長の「プージャ」(お祝いの義)が行われた後、ひとりずつダンヴァンタリ神にお花を捧げお祈りをしました。

その後、クリシュナ校長よりダンヴァンタリ神についてのお話。

ダンヴァンタリ神は日本を含むアジアの国々にも伝わっていることの解説もしていただきました。
日本には薬師如来として伝わっているものがダンヴァンタリ神ではないかと思われること。

また、タイでは「バンコク・スワンナプーム国際空港」ターミナルビルでは、ダンワンタリ神誕生の物語でもある「乳海撹拌」を再現した巨大なディスプレイがあること。

私もこのディスプレイ見ました!凄く大きいので迫力あります。写真が見つからないのがちょっと残念です…

そしてカンボジアにも街のあちこちにダンヴァンタリ神にまつわる遺跡や彫刻がみられること

次回アンコールワァットに行ったときはその辺もしっかり見てみたいです(*^^*)


私がよく行くフィリピンにも何か関係あるものが伝えられているのかなぁと思いながら…

色々なかたちでアジアの国々に伝えられそれぞれで浸透していることがとても興味深かったです。

そして、最後に心のこもったお食事を在校生、卒業生の皆さんと一緒にいただきました。
[画像:fd524faa-s.jpg]



季節の野菜や果物を使ったお料理。

とっても美味しかったです。

心もお腹も満足した時間でした💛



liburbali at 08:55|PermalinkComments(0)アーユルヴェーダな生き方 

2017年11月16日

かりんのはちみつ浸け~♡

始めて、「カリン」のはちみつ浸け作ってみました。

image


奈良県吉野産の「カリン」です。

硬めのマンゴーみたい。ほんのり甘い香りがしています。
少し熟した方がエキス分が豊富になるようなので常温で数時間追熟しました。

image


確かに黄色みが増し、甘い香りも強くなってきました。

熟してくると表面に油が吹いてテカテカ、粘りが付いてくるので、「ホタテの力くん」で10分ほど漬け込みです。


[画像:7c21b697-s.jpg]



後はしっかり流水ですすぎ、水気をふき取り小さくカットです。

image


熟してても結構固いです。

種も使います。

image


サクサクしています。
カリンの香りが部屋中に広がっていました(*^。^*)

image


カリンの主成分は、リンゴ酸、酒石酸、タンニン、種の中にはアミグダリンという成分があるそうです。

昔から、カリンは「喉」「咳」によいと言われています。
「カリンののど飴」はよく聞く言葉。

ビタミン類や栄養素が多く含まれているから疲れたからだを癒してくれる働きがあるのかな。

image


只今、漬け込んで約2週間。
じわじわとエキスがはちみつに浸出してきています。

もう少しエキスが浸みるまで様子ることに。

この冬の常備品がまたひとつ増えました。楽しみです(^^)/



liburbali at 14:55|PermalinkComments(0)アーユルヴェーダな生き方 

2017年11月15日

柿の収穫~♡

うちの「柿」
小ぶりではありますが、今年は豊作です。

「柿が色づくと医者が青くなる」といわれるほど柿にはビタミンCなど豊富に含まれ、かぜの予防にひと役買うような果物なのです。


[画像:0289068c-s.jpg]


 

柿ってすごいんですね♡

毎年、ほったらかしていてもあたりまえのように実ってくれてるうちの柿を見直すことができました。

 熟した柿、甘くておいしいです。



[画像:ff9dd58f-s.jpg]


 

おじいちゃんがいたころは、この柿を遠方の親戚に送ってあげてました。



 「ふるさとの味です」



 私も、ちょっと真似してみることに。



 収穫して、遠方の家族に送ってみました。(*^_^*)


風邪の予防になりますように。。。








liburbali at 08:11|PermalinkComments(0)アーユルヴェーダな生き方