アトリエ*ローゼンホルツ便り

昭和の香り漂う古屋での 古本&手紙&雑貨カフェ~* 自家焙煎珈琲と韓国料理も楽しめますよ*

6月のアトリエ*ローゼンホルツ

5月24日は都合により古本カフェはお休みです!




アトリエ*ローゼンホルツは古本屋カフェです。

市川の住宅地の路地の奥にひっそり、こっそり建っている古家です。

世間を知らない私は本を楽しみ、お茶が飲める場所としてブックカフェとしましたが

世間で言う「ブックカフェ」とは大きく外れる迷路のような昭和の香りいっぱいの古家です

DSC_7382DSC_7381DSC_7380

















DSC_7375DSC_7377DSC_7383

















DSC_7656DSC_7707DSC_7714






6月2日のブックトークはいつものお気に入り本の紹介時間から

ちょっと~指向を変えまして・・・「暮らしの手帖」を愉しむブックトーク時間です。

石英書房さんが1950年代からの古い暮らしの手帖を持って来てくれましたぁ~

DSC_7723DSC_7727DSC_7725















懐かしいというより~憧れてしまう素敵さがいっぱい詰まっています!

以下は石英書房さんのブログから紹介を頂きます!

10:30~12:00を予定しています。

参加費はカフェ代金~暮らしの手帖は購入できます!

***********

石英書房さんのブログから

「暮し」を愉しむAdd Star

23:30 | 「暮し」を愉しむを含むブックマーク

子供のときは熱心に見ていた「朝ドラ」。

久しく途切れていましたが、前回の「あさが来た」の途中から

再び日課の如く見るようになっています。その習慣自体が

懐かしいです。


現在放送中の「とと姉ちゃん」も、ほぼ毎日見ています。

暮しの手帖』ですね~。この雑誌も実は思い出深いです。

正確な年代は定かでないのですが、子供の頃に一時母が

購読していました。

「商品テスト」を読むのが楽しみで仕方なかったという記憶は、

今なお商品紹介的な記事にときめく自分の嗜好にきっと

大きな影響を与えているのだと思います。


「商品テスト」って何?という方、

「あったあった!」という方、

よろしければ当時の『暮しの手帖』を一緒にご覧になって

みませんか?

そんな企画をいつか実行したい・・・と何年か前から

思っていた私に、アトリエローゼンホルツさんが

ご協力下さいました!




6月2日(木)、アトリエ定例ブックトークの時間は、

暮しの手帖を愉しむ会」として、皆さんとこの雑誌の

バックナンバーを読みたいと思います。


※ぜひこの時期に・・・というおすすめ本を紹介したい方は、

そちらもお持ち下さって大丈夫です。ただし時間の都合上

短くさせていただくことになるかもしれません。

何卒ご了承下さい。


通常のブックトークと変わらず、参加費はお茶代の500円です。




当日は、在庫(第一世紀・第二世紀)の中から今の季節に近い

バックナンバーをテーブルにずらりと並べたいと思います。

室内に季節感溢れる感じになったらいいなあ。

他号も含め、全てご購入も可能です。

(期間限定でちょっとだけお安くしています)


もちろん、ご購入は全く強制ではございません。

「商品テスト」に限らず、読み応え見応えたっぷりの

暮しの手帖』の魅力をご堪能される機会にして

いただけましたら幸いです。

エピソード等のお話も歓迎致します!



6月2日、10時30分~12時頃のブックトークの時間の後も

私は終日在アトリエ予定です。ご来訪をお待ちしております。



         
高畑ヨシオさんのお話会

DSC_7626DSC_7625DSC_7629
















6月12日13:00~15:00

今回はヨシオちゃんの秘蔵~お宝*お話会としてアトリエで語り継がれいます~

「伊勢物語」 

ハープを置いて扇子を手に~語る「ある男」の色恋貫く一生を濃密に語ります。

パニパニさんのスコーンとお茶・ワイン付で3000円です。


同日 6月12日観心さんの手相鑑定があります。

鑑定料金は1500円です。予約制ですのでアトリエまでお願いします~*

午前中は満席になりました。

15:30~受付中です!

「手相鑑定イラスト」の画像検索結果


           好評だった「認知症カフェ」がケアラーカフェと

緩やかなイメージになり、語り合いと情報を得られる場として

定期的にカフェの中で展開します~*


6月16日木曜日10:00~12:00

高齢者サポートセンターの谷口さんも来てくださり

前回の認知症の事についてのお話しを聞いたり

家族のケアについてや、ケアをしている人達のリフレッシュの場としても

自然と進化していけたら~と願っています。

DSC_7704













全てのお問い合わせや予約は

アトリエ*ローゼンホルツ

市川市真間2-2-12

090-1808-8911(佐藤)

licht@jcom.zaq.ne.jp

20160311_170010DSC_7308DSC_7261


 


24日火曜はお休みです*


5月24日火曜はアトリエはお休みです。

今週は水曜・木曜に開店します~*

よろしくお願いします!DSC_7565

n*cafeさんのクッキーがいろいろ入荷しています。



DSC_7709DSC_7711DSC_7708





フェアリーDr.推薦の妖精関係の本も入荷しています。

カフェでの閲覧用ですが~ひとりカフェ時間のお楽しみにぴったりですよ*


6月12日のヨシオちゃんの「伊勢物語」のお話会は

既に残席は1名になってしまっています。

ご希望の方はお早目にお申し込み下さい。

13:00~15:00 参加費 3000円です。

お申し込みはアトリエ*ローゼンホルツまでお願いします。

090-1808-8911(佐藤)licht@jcom.zaq.ne.jp


DSC_7428DSC_7425DSC_7423

















ヨシオちゃんのお話会前後に開催される「観心さんの手相鑑定」

現在の募集枠は16:00~17:00の間です。

鑑定料金は1500円です。

こちらのお申し込みもアトリエまで

「手相鑑定イラスト」の画像検索結果

6月2日のブックトークは!


6月2日のブックトークはいつものお気に入り本の紹介時間から

ちょっと~指向を変えまして・・・「暮らしの手帖」を愉しむブックトーク時間です。

石英書房さんが1950年代からの古い暮らしの手帖を持って来てくれましたぁ~

DSC_7723DSC_7727DSC_7725















懐かしいというより~憧れてしまう素敵さがいっぱい詰まっています!

以下は石英書房さんのブログから紹介を頂きます!

10:30~12:00を予定しています。

参加費はカフェ代金~暮らしの手帖は購入できます!

***********

石英書房さんのブログから

「暮し」を愉しむAdd Star

23:30 | 「暮し」を愉しむを含むブックマーク

子供のときは熱心に見ていた「朝ドラ」。

久しく途切れていましたが、前回の「あさが来た」の途中から

再び日課の如く見るようになっています。その習慣自体が

懐かしいです。


現在放送中の「とと姉ちゃん」も、ほぼ毎日見ています。

暮しの手帖』ですね~。この雑誌も実は思い出深いです。

正確な年代は定かでないのですが、子供の頃に一時母が

購読していました。

「商品テスト」を読むのが楽しみで仕方なかったという記憶は、

今なお商品紹介的な記事にときめく自分の嗜好にきっと

大きな影響を与えているのだと思います。


「商品テスト」って何?という方、

「あったあった!」という方、

よろしければ当時の『暮しの手帖』を一緒にご覧になって

みませんか?

そんな企画をいつか実行したい・・・と何年か前から

思っていた私に、アトリエローゼンホルツさんが

ご協力下さいました!




6月2日(木)、アトリエ定例ブックトークの時間は、

暮しの手帖を愉しむ会」として、皆さんとこの雑誌の

バックナンバーを読みたいと思います。


※ぜひこの時期に・・・というおすすめ本を紹介したい方は、

そちらもお持ち下さって大丈夫です。ただし時間の都合上

短くさせていただくことになるかもしれません。

何卒ご了承下さい。


通常のブックトークと変わらず、参加費はお茶代の500円です。




当日は、在庫(第一世紀・第二世紀)の中から今の季節に近い

バックナンバーをテーブルにずらりと並べたいと思います。

室内に季節感溢れる感じになったらいいなあ。

他号も含め、全てご購入も可能です。

(期間限定でちょっとだけお安くしています)


もちろん、ご購入は全く強制ではございません。

「商品テスト」に限らず、読み応え見応えたっぷりの

暮しの手帖』の魅力をご堪能される機会にして

いただけましたら幸いです。

エピソード等のお話も歓迎致します!



6月2日、10時30分~12時頃のブックトークの時間の後も

私は終日在アトリエ予定です。ご来訪をお待ちしております。



f:id:cloudy23:20160516155438j:image:w360


暮しの手帖は、100号ごとに区切りをつけています。

主に写っているのが第二世紀、向かって左のやや小ぶりサイズが

第一世紀です。

各表紙も見応えがあると思います。お楽しみに

Twitter プロフィール
Twitter プロフィール
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ