アトリエ*ローゼンホルツ便り

昭和の香り漂う古屋での 古本&手紙&雑貨カフェ~* 自家焙煎珈琲と韓国料理も楽しめますよ*

11月のアトリエ*ローゼンホルツ





アトリエ*ローゼンホルツは古本屋カフェです。

市川の住宅地の路地の奥にひっそり、こっそり建っている古家です。

世間を知らない私は本を楽しみ、お茶が飲める場所としてブックカフェとしましたが

世間で言う「ブックカフェ」とは大きく外れる迷路のような昭和の香りいっぱいの古家です。

11月のアトリエ*ローゼンホルツはまんぷくコレクション

山中現さんの版画を中心にまんぷくさんの版画コレクションを

アトリエ*ローゼンホルツにいっぱいに展示しています。

11月の営業日は

1(火)2(水)3(木)5(土)6(日)
8(火)9火(水)10(木)13(日)
15(火)16(水)17(木)
22(火)24(木)27(火)29(火)30(水)

10:00~17:00にOPENしています!

まんぷくさん在カフェ日は3日、6日、13日、17日、22日、26日、27日

山中現さん在カフェ  3日、17日です

DSC_0034DSC_0033DSC_0032















DSC_0031DSC_0029DSC_0030















DSC_0028DSC_0026DSC_0025















DSC_0024DSC_0022DSC_0023
















販売用もご用意しております。

DSC_003920161101_15375320161101_153736















20161101_15372220161101_15365420161101_153706DSC_0045




























ブックトークは特別編で~宮沢賢治の銀河鉄道の夜を語るブックトークです。

11月3日10:00~12::00

ナビゲーターは石英書房さんと若杉女史~

以下は石英書房さんのブログからご紹介させて頂きます。

11月に入りました。

明後日3日は、アトリエローゼンホルツさんでの


賢治さんを語ろう ~ 「銀河鉄道の夜読書会


です。



前半は石英書房が宮沢賢治と石について少しお話をし、

その後『銀河鉄道の夜』の読書会をします。

進行して下さる玲恵さんは、会話の端々から宮沢賢治さんへの

深いお気持ちが伝わってくるような方ですので、

私自身もとても楽しみにしています。


そして、 アトリエのご厚意で企画が追加、一部屋を関連展示に

使わせていただけることになりました。



そのお部屋は、最近新たに開放された場所です。

屋根裏のような中二階のような、ちょっと不思議な位置に

存在しています。


f:id:cloudy23:20161020130009j:image:w360


一階廊下から見上げたところです。


二階に上がると、小さな扉。


f:id:cloudy23:20161030161535j:image:w360


画面右に見えるのは、一階部分。

背の低い私でも身を屈めないと入れません。

今まで閉じていた、そんな扉にすぐ気付かない方も。




f:id:cloudy23:20161030161151j:image:w360


中はこんな感じです。

ずっと篭っていたいような場所。



3日以降に更に内容を追加し、一ヶ月間展示をしていきます。

賢治繋がりということで、関連したポストカード、シール、

ブックカバー等も仲間入り。展示販売します。



f:id:cloudy23:20161030161208j:image:w360


こちらは、あきのかなこさん作のカードやシールの原画です。

上は鉱物、下は宮沢賢治の世界です。

※原画は展示のみです。



f:id:cloudy23:20161101110541j:image:w360


ささきもと子さん作のブックカバーは、文庫本用と、

ある本専用カバーです。

ある本とは、『賢治と鉱物』(工作舎)。

この本も販売しております。

※本の画像は後日出します。



たくさん詰め込んだ、密度の濃い空間にして参ります!


背のある方はところどころちょっと注意が要りますが、

ぜひゆっくりお過ごしいただけましたら嬉しいです。



ケアラーカフェ

11月16日(水)10:00~12:00

私達の認知症サポーター講座第2弾!

私達の介護、これからの不安など身近な事の延長線上にある事から

発想して認証症の人、家族の暮らしを守る知恵を学びましょう!

16-09-25-22-31-05-117_deco16-09-25-22-29-48-839_deco


















脳が喜ぶ!心が笑う~クリニカルアート!

11月22日(火)10:00~  参加費・材料費込2500円

『点で始まるリズム絵・太鼓』について


初めて画面に線を描くのは、とても緊張するものです。

和太鼓の音を聞いていると、

なんだかウキウキ
ワクワク!手が自然と動き出します。

太鼓のリズムにのりながら気軽に点から描き出し、点の豊かな表情を

発見することからスタートします。太鼓の音色に合わせ描いていくうちに、

いつのまにか抽象表現が生まれます。

 

参加費:お一人¥2,500

セッションは3名以上で開催します。(定員8名・要予約)

汚れてもよい服装でいらして下さい。

また、必要な方はマイエプロンをご持参下さい。


画材などの調達都合で、セッション当日の三日前に参加人数をお知らせ下さい。


10月のセッションは60分を予定しています。

全体導入で季節の歌も歌います。

DSC_8671DSC_8676DSC_8672






11月24日(木)フェアリードクターカフェ

11:00~閉店までアトリエの中にフェアリードクター来てくれます。

同日14:00~15:00

妖精学講座 エルフ・ニンフ・人魚編 

参加費は1500円(お茶付きです)

14876151_1122626681183994_132623356


アトリエ*ローゼンホルツ

市川市真間2-2-12
全ての問い合わせとお申し込みは
090-1808-8911licht@jcom.zaq.ne.jp

アートとの付き合い方!



11月のアトリエの展示「まんぷくコレクション」も残す所2日。


29日(火曜)30日(水)で終了です。

日を重ねるごとに作品が増え、いったい何百点の作品が集まっているやら?

それでもまんぷくさんのご自宅には作品がまだまだあるようです。

自らコレクション熱を「病気」と表現するまんぷくさん。

病気とは言いえて妙~*

私もある方から10年位前にこの病気について教えてもらった事があります

「古本屋に限らず、商売をやるには「病気」を見つける事」

「そして見つけたら病気に効く物をちょこちょこ用意する」

「癒しても、決して治してはいけないよ、それが商売のコツです」

教えてくれた方も既に骨董と古本の重病者で夫の店のお客様でした。

その時はただ、ただ笑っていましたが~この度、その病気を目の当たりにして

生きる醍醐味! 好きなモノがあるもの、その病に敬服しています。

好きな事を信じながら苦しみながら表現し続ける作家と言われる人に

才能という光を当ててくれるのは、それを好きだと、必要だと言ってくれる人

そのものを大切に思ってくれる人が作家の命を繋げてくれる~と思います。

そのもの、そんな方々が11月は沢山訪れてくれました。

人に洗われ、学ぶことも沢山ありました。

そして少しづつ12月の「あそ美」さんの展示も姿を見せています。

玄関に出来た本のクリスマスツリーです。
IMG_0517IMG_0519IMG_0518












IMG_0520IMG_0522IMG_0539











12月6日の会期スタートまでには完成することでしょう!

そして~アトリエの外壁の看板でなく~母の絵画を貼ってみました!

この家の敷地西側の外形を描いた絵画を一番東側の外壁に飾りました!

ちなみに・・・一応、どんなものだろうか?

変な家と思わるかしら?  などなど・・・

とはいろんな方に聞いたのですが

誰も私を止めなっかたもので・・・

やってしまいました!

普段、本物?!の油絵を見る機会のない道行く人達に

我が家からの贈り物、お福分けです!
IMG_0531IMG_0537











芸術、文化って美術館や文化会館だけで接するものじゃない

市井の絵描きが丹精込めて絵画、外に展示するのは傷むしもったいないけど

家と絵画の命を咲かせてみる事もいいかと思いました!

締まっといてどうすんの???

アートに触れて、親しんで、味わって、呼吸しましょう!

一緒に美味しく食べませんか?



昨年の今頃は・・・と思い返せば9月23日のアトリエのリニューアルパーティー後

父の真間小学校での教師の頃の生徒、市川2中一期卒業生の方が

父を囲んでのクラス会をアトリエで開催するはずが・・・

父は誤嚥性肺炎で入院し、父無しでのクラス会を開催していた。

毎日、病院に通いながら~きっと大丈夫。。。と今の暮らしを

確実に想定しながら2か月に渡る入院生活中でした。


アトリエと呼ばれる、大正12年から住まいにした古家は

結果、私にとって嫁ぎ先の両親を看るがごとく

家も介護している感がたっぷり・・・

私はこの古家におよそとんでもない金額を注いでしまった。

陥没、雨漏り、腐食など・・・その都度10年に渡って修理してきました。

ただその都度、そこをそのまま修理してきたので大きく変化したわけでなく

カフェ仕様におしゃれな雰囲気に手を加えるなんて発想は一切なかったのは

なんでだろう???

だからかお客様にリフォーム代金を「これくらいかけました?」と聞かれた金額は

実際、その20倍はいっていたので・・・

1年を経て~自分の始末に笑ってしまった!

1年前のリニューアルパーティーでのコンサートを終えた翌朝

ゴミ出しに行きながら出会うご近所の方に

久しぶりに生演奏を聴けてよかった~と沢山、声をかけていただけた。

「とっても幸せだったわ~」と言われた事がずっと心に残ってました。

去年のような音楽家の方々を御呼びしてのコンサートをするほどの

売り上げがあるわけもなく~赤字では開催できないけど、やりたい。

アトリエの中での楽器の音色が素晴らしく、心癒すという事を知っているからです。

誰に聴いて欲しいかとというと~老年の時を独りで生きている方々

そして日々、心身の調子や家族のケアで疲れている方々

素朴な音色を奏でる空間で いつもひとりでご飯を食べている方に

人とのぬくもりを感じながらのご飯時間を過ごしてもらえたらいいなぁ~と思いました。

たまには~一緒に美味しく食べましょう*という感じです。

11月30日(水)に開催します。

食事は500円で提供します。

音楽家の方々にも我儘を言ってボランティアです!

ハープ、リュート、クラリネットの奏者さんのお願いしました。

みなさんで演奏というのではなく、気持ちがある方々に練習場としてでいいので

アトリエの中で演奏していてもらえたら嬉しい~と図々しいお願いをしました。

次は12月25日を予定していますが、まずは1回目を無事に出来てから~と思っています。

一番、初めにお声かけした方が今日、亡くなってしまったと知り・・・

近所だからこそ声をかける事が怖い自分がいるのだけど

あの時お話したからこそ、改めての関係を築けたのだと勇気を出そうとおもいます。

カフェをやりたいと思った事もなく、今に至るので

自分から「美味しいので」なんて言えない。

せめての勇気は「一緒に美味しく食べてみませんか?」という言葉。

美味しく感じてしまう音楽と空間には自信はあります。

生演奏は心と体を開きます。

予約はいりません~元銭湯=第二大正湯の窯に火を入れて

見えない煙突からモクモクと煙を出しています。

気づいた方は~私と同じように勇気を出して路地どまりの古家へお越しください。

素敵な版画も展示中です。
IMG_0146IMG_0149IMG_0148











IMG_0190IMG_0187IMG_0185




Twitter プロフィール
Twitter プロフィール
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ