アトリエ*ローゼンホルツ便り

昭和の香り漂う古屋での 古本&手紙&雑貨カフェ~* 自家焙煎珈琲と韓国料理も楽しめますよ*

10月のアトリエ*ローゼンホルツ





アトリエ*ローゼンホルツは古本屋カフェです。

市川の住宅地の路地の奥にひっそり、こっそり建っている古家です。

世間を知らない私は本を楽しみ、お茶が飲める場所としてブックカフェとしましたが

世間で言う「ブックカフェ」とは大きく外れる迷路のような昭和の香りいっぱいの古家です。


10月は2日と8日と30日の日曜日と毎週火・水・木曜日(26日はお休み)

10:00~17:00に開店しています!

10月の古本カフェ内ではまあるい広場とあきのかなこさんの

ポストカード原画展を開催中です!

DSC_8342DSC_8340DSC_8697







DSC_8696DSC_8699









DSC_8738DSC_8739DSC_8743





あきのかなこさんのポストカード原画展は

新しく開いた~古い小部屋が会場です!

DSC_8734DSC_8735DSC_8730





DSC_8736DSC_8733DSC_8731






88718658













ブックトークはカフェで気楽に今、好きな本を紹介し合うおしゃべり時間です。

10月6日(木曜日)10:30~12:00

ケアラーカフェ

10月19日(水)10:00~12:00

昔の介護ってどんなだったのんだろう?

そんな事を映像で見ながら~今の介護について語らいましょう!
16-09-25-22-31-05-117_deco16-09-25-22-29-48-839_deco
















脳が喜ぶ!心が笑う~クリニカルアート!

10月19日(水)13:30~  参加費・材料費込2500円

『点で始まるリズム絵・太鼓』について


初めて画面に線を描くのは、とても緊張するものです。

和太鼓の音を聞いていると、

なんだかウキウキ
ワクワク!手が自然と動き出します。

太鼓のリズムにのりながら気軽に点から描き出し、点の豊かな表情を

発見することからスタートします。太鼓の音色に合わせ描いていくうちに、

いつのまにか抽象表現が生まれます。

 

参加費:お一人¥2,500

セッションは3名以上で開催します。(定員8名・要予約)

汚れてもよい服装でいらして下さい。

また、必要な方はマイエプロンをご持参下さい。


画材などの調達都合で、セッション当日の三日前に参加人数をお知らせ下さい。


10月のセッションは60分を予定しています。

全体導入で季節の歌も歌います。

DSC_8671DSC_8676DSC_8672






大好評だったフェアリードクターカフェの妖精講座

次回は10月20日(木)14:00~15:00

以下はヨシオちゃんのブログからの記事を抜粋紹介させて頂きます!

昨日は、市川はアトリエローゼンホルツさんでフェアリードクターカフェでした。
森谷宏高君の作品が飾られる中、たくさんの方が訪れてくれました。

午後からは、第1回妖精学講座を開催させてもらいました!
こちらも満員御礼以上の賑わいで、あっと言う間の1時間でした。
(写真を撮ろうと思っていたのですが、予定がギッシリだったのでありませんsweat01)
少しでも、彼らのことを身近に感じてもらえる切っ掛けになれば幸いです。

いつも思うのですが、彼らのことは知っても知っても、
調べても調べても果てしなく、
知っても知っても興味が薄れることはありません。

とりわけ人魚。

B0044404_17462410

僕がずっと追い続けている、そしてスタートポイントになった海の民たち。
これはもうライフワークとしか言いようがありません。
彼らをこれからも追い続け、そこで知り得たことを皆さんにお伝えできれば。
そう思っています。

次回のフェアリードクターカフェは
10月20日(木) お題 フェアリー
となっています。
席料はお茶付きで1,500円。
お申し込み、お問い合わせは
ローゼンホルツさんまで。

そしてヨシオちゃんの真骨頂!

10月30日はお話会でたっぷりと物語を語って頂きましょう!

s

10月20日13:00~15:00
お菓子お茶ワイン付で3000円です。

予約制ですのでアトリエまでお申し込み下さい。

アトリエ*ローゼンホルツ

DSC_7817DSC_7807DSC_7809






市川市真間2-2-12

090-1808-8911(佐藤)

licht@jcom.zaq.ne.jp



フェアリードクターカフェ予告!



アトリエにまた一つ、出現した部屋。

本日、手すりもついて~出入りもOKになりました!

DSC_8709DSC_8712DSC_8714
















ギャラリースペースとしてめちゃくちゃ面白いと思います!

まずはあきのかなこさんの原画と商品を展示してみようと思います。

お茶室を思わせるような空間です。

まさかここに部屋があるとは思えない場所にあり~

だまし部屋って感じもします。
510c4c02f49527e2906fa64989c41545

9月最後のカフェ日、29日はフェアリードクターカフェ日です。

9月から連続4回でヨシオちゃんの妖精講座が開催されます。

今回は妖精講座もカードリーディングもお蔭さまで満員になっております。

次回は10月20日木曜14:00~妖精講座 フェアリー編(1500円)

カードリーディング(1500円)

どちらも予約受付中です。

フォト

そして10月30日のヨシオちゃんのアイルランド物語のお話会も

予約受付中です~

13:00~15:00 お菓子お茶ワイン付で3000円です。

Img_8762


29日.木曜日は森谷くんの展示も最終日です。

ヨシオちゃん関係のお客様で大賑わいが予想されますが

夏休み後~頭と体が鈍りまくりの私が一人で切り回しております!

いろいろな場面でお待たせをする事も多々あるかと思います。

申し訳ありませんがご容赦のほどどうぞよろしくお願いいたします

懐かし家の日々*



明日からの3日間、火曜・水曜・木曜で森谷宏高さんの展示はお終いです。
1609052.jpg

昨年の5月にまあるい広場展をアトリエで開催した際に

森谷さんの作品が妙にアトリエに映えて~作品も沢山所蔵されていた事もあり

機会があればアトリエで展示しますか?と提案しました。

森谷さんの作品自身にファン、マニアがいらっしゃるので

私もその一人かと思われそうですが・・・実際は2度目の再会でした。

私が動く事のひとつは「アトリエ」との相性です。

「しっくりくる」~これだけで、偶然が必然に変わり動きます。

私がやりたいという気持ちでなく「アトリエに似合う事」が.大事な事です。

今回も森谷くんの作品を通して沢山の素敵な方々に出会えました。

森谷くんの作品があっての事ではありますが

森谷くんのご両親の芸術的センスと仕上げ匠には驚きます。

ご家族の用意した舞台があって森谷くんの作品が伸びていくんだと実感しました。

そして愛する息子の一部だからこそ惜しみなく手を加え

より工夫を加えて~人が喜んでくれる作品へ変身していく作品。

親孝行な息子と子宝に恵まれ親御さんのハーモニーです。

残り少なくなった展示の時間~楽しみにいらしてください。


森谷さんの作品を見にきてくださったお客様とのやり取りの中で

頂いた手紙の何気なく書いてあった詩が、私がずっと前から好きだった詩で驚きました。

その詩を初めて読んだは1991年

ふと~いつ終わるかわからない命をもっている今

いつか闘病するような事があった時に

この詩が支えてくれそうな気がする・・・思った記憶があり

しっかりどの本のどこにあるかも覚えていました。


今に余るほどの愛が溢れた記憶があるから、それで充分だと思った記憶があります。

なぜそう思ったのか自分でも不思議ですが

その詩はお客様の自身でなく、亡くなった奥様が好きな詩で

偶然あった奥様の仕事の紙で 詩が書かれていたのも意図した事ではなかったみたいです。

きっとその方の奥様も 病床できっとこの詩に支えられたのでは~と感じました。

何気ないやり取りに亡くなった奥様が浮かび上がった事に驚かれたようです。


以前、別の年配のお客様からここは「懐かし家」だね・・・と

言われた事も思い出しました。

古い家の持つ力のような気がします。


アトリエとも絶妙なハーモニーを奏でてくれた

森谷宏高展の思い出に懐かしい詩をここに残します。


1609048.jpg

愛のうた  殿岡辰雄

ひとを 愛したという記憶はいいものだ

いつもみどりのこずえのように

たかくやさしく どこかでゆれている。

ひとに 愛されたというおもいはいいものだ

いつも匂いやかな そよ風のように

ひとしれず 

こちらをむいてまたたいている。

愛をいしずえとして

ひとよ

生きているといろんなこのがあるものだ。



Twitter プロフィール
Twitter プロフィール
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ