僕らの(ブログの)生まれてくるずっとずっと前にはもう

ミルクレープは頂点に君臨してたっていうのに





僕らはこの街がまだジャングルだった頃から

存在しない設定6を探してる~♪








僕の新曲です。








”アポロ11号に乗って月に行った人類が
月ほど遠い場所に行くことが出来ても,
目の前にあるはずの愛という代物については
まだ探している途中だ”





というポルノグラフィティの名曲「アポロ」に
痛烈なインスピレーションを受けた結果この世に生を授かった迷曲







曲名は







「マボロ」















ミルクレープは僕にとっては設定6のようなものだった




それはどれだけ探しても見つからず




そして僕以外のみんなが渇望したものだった。




========================

ahotare

(PUSHで応援お願いします)

======================== 



僕がミルクレープに出会った時にはすでにブログ村の頂点に太陽神として君臨していた。

右をみても左をみても渋谷の街を歩く女子高生に聞いてみてもみんな口を揃えてこういった





「ミルクレープ is GOD」

 




そんなミルクレープに憧れを抱くと同時に僕は
色んなブログへコメントするコメンテーターの立ち回りを披露していた


オーキド「そりゃそうじゃ」


人間は元来孤独な生き物であり、
この世は辛いものである。


そんな辛い世の中でも特に辛いパチスロ界隈


搾取の構図にバッチリはまった、
一般人を如何に猿にせしめてお金をかすめ取るかに
全力をかけるメーカとホールが棟梁跋扈する業界




僕ら養分ベイベーが生まれた時に泣いているのは
「なぜこんな世界に産み落としたのだ」
という慟哭を意味すると言われるくらいだ




だからそんな世界で僕がコメンテータとしての地位を確立したのは
きっと何かしらの繋がりが欲しかったからだと思う



日常にて親友を失い疲弊していた僕の精神の行き着いた先でもあった



その世界で燦然と輝く美空ひばルクレープ








彼女は自分が日本ブログ村のスロットカテゴリの頂点に君臨しつつも



自分以外のブログが日の目を見ることを望んだ





何を言ってるかわかんねぇかもしれねぇが

その発想はキリストや仏陀に近いものがあるかもしれない








要は既存の日本ブログ村のシステムだと

人気ブロガーがさらなる人気を博し

僕のようなマイナーなブロガーは永遠に日の目を見ることがない







なので特定遊技区間(クール)で区切り、
その特定遊技区間の入出ポイントトップ3人だけ一時的に「てっぺん」に表示し、
他の参加者は更新順に最新記事表示する。


ただし次クールではてっぺんの3人はランキング不参加となる。



画期的だろ?




彼女のおかげで腐った世界は終わりを告げ、
そして新たな世界が誕生した




魔界村である。





その世界では更新したものこそ正義
(品質の低が低くても記事を毎日連発していれば
自然とランキングにランキンしてしまう問題も含んでいたが)





僕はうんこみたいな頻度で更新を楽しんだし
おかげで僕のブログですら注目を浴びることもあった






おかげで今となっては
更新しなくても見に来てくれる読者がいるし、
昔の穴があったら入りたくなるような記事を読みあさってくれるあんたのことも、
更新すると一目散にリツイートしてくれコメントを残してくれるあんたのことも、
僕はばっちり見ているし、心の底から感謝している






でも忘れちゃいけないことは

この業界を支えているのは僕らの財布であり

僕らのブログを読んでくれる読者であり

そしてやっぱり僕ら自身なんだということである





そんなミルクレープと魔界村が爆発離散する。




全員のINポイントやOUTポイントさらには星がカンストした今、
これはおそらく魔界村バーストの本前兆中である。



ユニバやサミーどのメーカも成し得なかった
信頼度100%のプレミア柄丸太フラッシュを見るよりも明らかである






だからこの場を借りて別れを言っておきます。







さようならミルクレープ







僕が唯一ツモれた設定6は魔界村でした。