アンドロイドアプリの杜(もり)

 スマホのアプリや占い、日々の生活に関することについてブログを書来始めました。興味がある方は、御覧ください

九星についてそれぞれの特徴を紹介します

まずは、一白水星です

一白水星は「水星」と書きますが、太陽系の惑星「Mercury(マーキュリー)水星」ではありません。
水の性質・気質を持った星のことです。

水は一滴では、大きな力を発揮することは出来ません。
しかし、大量の水は津波や鉄砲水となり、物凄い威力を発揮します。

その「水」の性質をもった一白水星は、コツコツとパワーを溜め、そのパワーを発揮するとで大きなことを成し遂げる能力に長けているタイプです。

沢山の苦労を経験し、その経験値の高さは、九星で一番!


1.一白水星の恋愛傾向について!!

好きになった相手には、献身的に尽くすタイプ。

基本的に警戒心が強い一白水星なのですが、流されやすい面があり一途なようでも浮気性な面もあります。

一白水星の「水」の性質である「浸透性」の作用が発揮されると深く思い込み、その恋が成就ぜずに終われば傷心を引きずるでしょう。

2.一白水星の人間関係

人当りがとてもソフトで相手に合わせるのが得意な一白水星。

しかし、自分の真意を他人に見せないため人々からの理解を得るには時間がかかることもあるでしょう

また、ニコニコ顔でも心の中では厳しく人を選ぶ傾向があります。

3.一白水星の適職・仕事について

仕事にかける情熱はとても熱いのですが、完成すると一気に情熱がさめてしまう…まさに、コツコツと溜めた水が鉄砲水のように流れた後のような一白水星の象意そのものです。

苦労に強い一白水星は、簡単に達成できる仕事より大きな仕事にチャレンジすると良いでしょう。

また、人一倍苦労した経験を活かし、人の悩みや相談に乗る仕事も向いています。

占い師や宣教師、コンサルタント。

水の象意から切っても切れない一白水星は「水」に関わる仕事もピッタリです。(水商売など

4.一白水星の金銭感覚について

理論よりも感性で判断するタイプの一白水星ですが、数字(銭勘定)には強く優れています。

頭脳明晰で頭が良いので、財テクでお小遣い稼ぎも上手でしょう。

一白水星の幼少期は、家庭経済は豊かではなかった為、生まれながらに節約生活が板についている方が多いです。

コツコツ日銭を稼ぐ倹約家ですが、一攫千金の夢も心に抱いています。

一白水星象意「秘密」。

秘め事と縁のある一白水星は「秘財」には、鼻が利きまから「誰も知らぬ財」を得る可能性もあります。




自分の九星を求めるのをWEBで作製しました

いかのURLです

試しに入れて自分は九星のどれに当たるか確かめて下さい


http://www3.kcn.ne.jp/~sayyuki/Fortune_telling.html







以下ビジネス書紹介

http://directlink.jp/tracking/af/566072/XrdQWKwm/


件名:不自由な暮らしにウンザリ?

そこには、奇妙で不公平な世界があります。


あるところでは、
1年中働きぱなしで
今にもおかしくなってしまいそうな人がいます。


上司やクライアントの
決められたルールの上で働き、
1日のほとんどを拘束されます。

ストレスもかかり、仕事はキツイ。

それでいて収入はわずかです。

今後も収入が増えるかどうかわかりません。
(将来会社がどうなるかもわかりません)


一方で全く違った生き方をしている人もいます。


彼らは自分自身のルールで生きています。


彼らは誰からも拘束されることなく、
働きたいように働いています。


働きたい時に、働きたい場所で働いています。
そして、働きたい人たちと一緒に働いています。
それに高い収入を得ています。


それだけではありません。

彼らは旅行に行ったり、
家族と過ごしたり、
趣味や人生を楽しむための時間も
たっぷり持っています。


さて自由を手にしている人は
何が違うのでしょうか?


そうです。秘密はあります。

そしてその秘密をあなたに伝えるために、
私は今日、これを書いているのです。

それは、不動産投資や株式投資などの投資の話ではありません。
それは、コンサルティングやコピーライティングではありません。
それは、不労所得を得る方法ではありません。

その秘密とは何でしょうか?
あなたに自由をもたらすビジネスとは何でしょうか?

それは、、、




http://directlink.jp/tracking/af/566072/XrdQWKwm/

続きを読む

●九星占い
九星気学は、生まれた瞬間に受けた「気」を元に人生を占う東洋占術の一種です。

この占いは、九種類あります。
その九種類は以下の通りです。

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤木星、八白土星、九紫火星

です。

九星には月命星と本命星があります。

この占いは、この2つを使って診断します。

九星は、誕生日を入れて占う命(めい)の占いで、性格占いや、方位などを見たりできます。


次回から、順番にそれぞれの特徴を書いていきます。


お楽しみに!!



●ビジネス書紹介
●あなたの会社、うまくいってますか?

あなたと私には共通の悩みがあります…


きっとあなたは私と同じように、
毎日大きなプレッシャーを抱えながら、

たくさんの問題やトラブルに
遭遇していることでしょう…。


例えば、、、

新しい顧客が思う様に集まらない…
顧客からのクレーム…
スタッフとの問題…

などなど。。。
問題を上げたらキリがありません。


しかし、
そんな毎日のように起きる
トラブルに対処しながら、

会社や事業の売上を伸ばして
いかなければいけませんよね。


だから、何をすればいいのか?を常に考えたり、
常に新しいことを試すわけですが、、、

当然、新しいことは
すぐにうまくものではありません。

なぜ、売上が伸びないのか?
商品力の問題か?営業力?
それとも、サービス対応のせいか?

いや、業界全体の問題か?
そもそも、価格が高いのか?
いろんなことが、頭の中で堂々めぐりします。

そんな中、、、

もし売上が上がらない
本当の原因が特定できたら…
どうでしょうか?

それも、”ピンポイントで”です。

新刊本「売上が伸びない時に読む本」は、
その売上停滞の本当の原因を
ピンポイントで特定する方法を紹介しています。

http://directlink.jp/tracking/af/566072/2HHlkXsu-22l1JG0B/




原因さえわかれば、
解決策を見つけるのは、簡単です。


そうなれば、

今まで売上が伸びないと
悩んでいたのが、ウソのよう。

どんどん売上を伸ばしていくことができます。

そして、もっとビジネスを楽しみながら、
会社を今より大きくしていくことができるのです。

新刊本「売上が伸びない時に読む本」では、
あなたの会社の売上をどんどん伸ばす方法を教えてくれます。

http://directlink.jp/tracking/af/566072/2HHlkXsu-22l1JG0B/



 私の、座右の銘は、温故知新(おんこちしん)です。

温故知新とは、古いことを知って、新しいことをやろうという考え方が
根本にあります。

古くからあるものの一つに、占いがあります。
占いは、バカにしたものじゃなくて、古来からあります。

一つの占い例えば、奇門遁甲と言う占いは、三国志の時代に存在したと伝えられています
三国志の時代では、人を活用し、戦(いくさ)に使われていました。それも、占いとして完成した状態でです。
もちろん現代は、戦などはないので、開運学して、活用されています。

古くからあるものを現在にアレンジして使うことは悪いことではありません。
そういうものを活用して、現在社会に活かしていきたいと考えています。
これが、私が占いを活用する所以(ゆえん)です。

現在の、学校教育は、大学に入ることが主流になっていますが、かつて、戦前の教育では、占いが
学校の科目に存在しました。









●ビジネス書の紹介

●お金持ちの本

ビジネスで成功して
お金持ちになる人には共通点があります。


一体何だと思いますか?

それは、、、

彼らお金持ちはお金儲けの方法を
しっかりと体型立てて
理解している ということです。


体型立てて理解しているから
どんなビジネスをやっても
儲けることが可能というわけです。


大企業のエリートなんかは
こういったお金儲けの”ロジック”を
子供の頃から学ばされてるわけですね。


ただ、普通の人はこんな”ロジック”を
学ぶ機会はありません。


何回も失敗して
経験的に学んでいくしか
お金持ちになる道はないわけです。


しかし、アメリカで
毎年700億稼ぐ スーパー起業家の
マイケル・マスターソンは この”ロジック”を
一冊の本にまとめました。


彼はこのロジックを使って
年商100億円の会社を2社、50億を2社、
そして10億円の会社を10社以上作るという
離れ業をやってのけています。


この再現性の高い お金儲けの”ロジック”を
解説した本 「大富豪の起業術」は
特別価格で手に入ります。


しかも、読んでみて気に入らなかったら返品できるそうです。


今、申し込みが殺到しているようなので
ぜひチェックしておくことをオススメします。

http://directlink.jp/tracking/af/566072/5Fwhitbr/




 

↑このページのトップヘ