既存のベランにもウッドデッキパネルで簡単にデッキが出来上がります。
しかし、中々ご自宅のベランダの大きさにぴったりに敷き詰めることは難しく加工が必要な場合もあります。
今回はピッタリのサイズに作るちょっと本格的なベランダデッキの作り方をご紹介します。
-------------------------------------------------------------------------------------
デッキは大きさによって結構な重さになります。
一度設置すると簡単には動かさないし、動かせません。
マンションのベランダの場合、共有敷地という認識ですので大規模修繕のときに
デッキをどかさなくてはなりません。
戸建の場合はマンションのように大規模修繕がありませんが、
掃除のためにも小分けにした作り方の方がお薦めです。
例えば2×3Mのベランダの場合、1×1M×3枚などに分けて作ることをお薦め致します。

また、土台から吐き出しまでの高さ、面積によって傾斜も違うと思いますが、
水平にしたい場合は単にすのこのような作り方ではなく、傾斜分の脚のついたすのこ状のものを作る形になります。
脚は高さ調節の出来る金属の鋼製束でもいいですが、樹脂製のマルチポストをお薦め致します。
マルチポストの方が軽く、施工も楽ですが、何よりもベランダなので防水加工がされているかと思います。
その防水加工のシートや塗料に金属が触れ、そこに紫外線が当たると防水加工がもろくなったり、
穴が空いたりする危険性性があります。
4_000000007249

人工木のベランダデッキの作り方の流れ
1)マルチポストをたてる(900mmピッチ)
2)大引きを敷く(鋼材でも天然木でも結構です)
3)根太材を大引きの上に敷く(400mmピッチ・鋼材でも天然木でも結構です)
4)床板を張る

高さがなく3)が出来ない場合、横揺れを防ぐため裏から筋交いを入れて下さい。
(鋼材でも天然木でも結構です)






味気ない防水シートやコンクリートのベランダをおしゃれなデッキに変えませんか?
ご参考にお願いします。


N-itauba

 ウッドデッキを作ろう!まずはネットでデッキについて調べてみようか。何々…根太、根がらみ、束柱???初めて聞く、、で、これなんて読む???
 こんな状況に直面した方は、私だけでしょうか。

 私の場合は、ウッドデッキの存在は知っておりましたが、構造についてはもちろん知るよしもなく、リーベで働き出したことで必要となり、この状況におちいった次第であります。
 さて今回は、将来こんな状況におちいるかもしれないかつての私なみのビギナーに向けて、ウッドデッキの各部材の名称を、なるべくわかりやすく説明したいと思います。
加工済htdeck-deck-sekkeizu 左の画像はサンドイッチ工法による基礎部分です。
 束柱を二本の根太材ではさんでいるのが特徴です。
 根太と垂直になるよう床板を張り固定します。
 束石は、コンクリートでできております。木材を、腐食の原因となる水や地面の湿気から守るため必要となります。
 根がらみは、床面の強度をあげるために使用します。

N-004 次の画像は、大引工法で施工途中のものです。大引は束柱の上に床板と平行になるように乗せ、今度は大引とは垂直に根太を乗せ、その上に床板を張っているのが分かります。

 幕板も、ウッドデッキ作りの上では良く聞く用語です。幕板は、木口や土台部分を隠し、デッキをすっきりと見せてくれる部材です。

 フェンス部分の支柱は、通し柱(長くとった束柱)です。柱を通すよう床板の柱部分をカットします。パーゴラ付きのウッドデッキになると、束石からパーゴラ部分まで届く柱を使用します。renketsu

 いかがでしたでしょうか。工法などについてももっと知りたい方は、ぜひリーベのホームページのDIYページをご覧いただければと思います。

→リーベ DIYページはこちら

→リーベ ウッドデッキの作り方はこちら

 それでは、素敵なDIYライフをお過ごし下さい。


春になったら植物を絡めたりもできるフェンスは、お家を明るく素敵に演出してくれます。
防犯上の目隠しにもなり、デザイン、素材、色等も色々とありますね。

---------------------------------------------------------------------------
まずフェンス材は縦使いか横使いか、天然木か人工木かアルミか、土の上かブロックの上かなど条件によって変わると思います。
自分達でフェンスが出来るか不安という方はこちらをご参考にしていただければと思います。

1_000000004444

まず最初に土台が土なのかコンクリートなのか、ブロックなのかによって
作れるフェンスの素材が変わります。

土、コンクリートの場合、天然木でも人工木でもOK。
ブロック塀の上の場合、人工木のみ。
(※弊社取扱の商品の場合)
ブロック塀の穴を利用せず、専用の金具でブロック塀を挟んでその上にフェンスを立てる場合は
天然木でもOKです。
※ただし、シダー製の軽いフェンスのみになります。

●なぜ土台で建てられるフェンスが違うの?
土やコンクリートの場合、柱のサイズを問わず建てることが出来るためです。
ブロック塀はその穴を利用して柱を立てると思いますがその場合、穴の大きさが限られており天然木のフェンスを支える支柱の太さが70mm角や90mm角なので入らないためとなります。
1_000000004440






●フェンス支柱の建て方
フェンスを建てる場合のハードウッドの柱は金具で固定はできません。
上記のような建て方か、フェンスブロックに柱を建てる建て方になります。







【フェンスブロックを使う場合】
フェンスブロックの場合、中が鉛筆状になっていて途中で柱が止まります。
空洞が出来ますので、そこをモルタルを流し込み埋めて下さい。
90角用のフェンスブロックは約200mmのところで柱が止まります。
70角用のフェンスブロックは約110mmのところで柱が止まります。

地中にはフェンスブロックごと埋めていただくか、フェンスブロックの半分以上を埋めていただき、地上に出す部分はフェンスブロックの半分以下にしていただくことをお勧め致します。
フェンスブロックをお使いの場合は、600㎜も埋めない計算になりますので、高さ900mmのフェンスの場合
90角の柱の場合は900+200㎜=1100㎜(+下の部分どの位開けるのか)で結構でございます。
70角の柱の場合は900+110mm=1010mm(+下の部分どの位開けるのか)になります。

1_000000004384

素材によっても印象が変わると思います。
基本的に柱を埋めればそこにフェンスを止めていくという作業になります。
お家の雰囲気、ご予算、お好み選んでいただき、施工も楽しんで作っていただければと思います。
1_000000000114

↑このページのトップヘ