フェレットハウス 鼬倶楽部

フェレットのより良い飼育方法を探し続けるブログ。 情報提供があった場合や筆者が日々フェレットと触れ合って感じたことなどを逐次更新しています。

ペットたちへの言葉

君達は、人に愛されるために生まれてきました。
それは完全に人のエゴで、時には生まれてすぐに両親と離され、兄弟とも離れ離れになり、ずっと周りに人間しかいない環境で過ごすことになるかもしれません。
時にはなぜ怒られたのか分からないままに叱られるかもしれないし、人が気がつかないうちに悲しいこともあるかもしれない。
それでも、私達は君達と幸せになるために迎え入れました。
人の物差しでは君達の幸せは本当の意味で測れないけれど、私達は君達が幸せでいられるよう最善を尽くします。

都内近郊でフェレットの里親を探しています。

ご家庭の都合でフェレットを飼えなくなった方より、里親募集の件についてお問い合わせを頂いております。

【プロフィール】
ファーム:パスバレー
性別:オス
年齢:青年期

※里子に出すことがまだ確定しているわけではないため、撤回もご了承いただける方のみを暫定的に募集しております。
※どのような子でも愛情を持って受け入れられる方に引き取っていただきたいため、年齢や個体の詳細はサイト上では公開いたしません。


当サイトの里親募集は、フェレットの飼育歴がある方のみを対象としています。
飼育歴がない・飼育状況がわかるSNSやwebサイトをお持ちでない方は、恐れ入りますが応募をご遠慮下さいますようお願いいたします。

以上にご同意の上、里親に立候補していただける場合は以下の質問事項を貼付の上、meetferrets@gmail.com までメッセージをお送りください。

【お住いの市町村】
【先住どうぶつ】
【フェレ飼育歴】
【家族形態】
【引き取りたい理由】
【ブログ/SNSのURL】


立候補を頂いた後は、お問い合わせ順に内容を確認させていただき、現飼い主様の条件に合う方へお返事をお送りさせていただきます。
多くのお問い合わせをいただくことが予想されるため、誠に申し訳ありませんがお返事はお話を進める方へのみとさせていただきます。



※当募集は里親様のお迎えが完了次第削除されます。

フェレットとのお出かけ

フェレットと一緒にお出かけして、公共の施設(公園や高速道路のサービスエリアの芝生スペースなど)を利用する際には、以下の点に注意してください。


◾︎犬や猫の立ち入りを禁じている看板が立っているところに入れないで

当たり前といえば当たり前ですが、フェレットは想定されていないだけで、ペットの立ち入り禁止を意味する看板です。
犬や猫がダメでそれ以外の動物はOKということは決してありません。


◾︎ペットOKな場所でも、他の利用者に注意されてしまったり衝突しそうな雰囲気がある時は出来るだけこちらから引く

残念ながらフェレットはまだまだ認知度が高いとは言えません。
あなたにとっては可愛い我が子であったとしても、フェレットをよく知らない人からすれば「どんな行動をとるかもわからない得体の知れない猛獣」だという事を頭の片隅に置いてあげてください。

余計な衝突を起こしてしまうと、その施設の管理者の判断によってはフェレットに限定して利用を禁じられてしまったり、ネットや地域のコミュニティでフェレットの悪評が広まる可能性もあり、結果的にフェレットと飼い主自身の首を締めてしまうことにもなりかねません。


◾︎誰もがフェレットを可愛いと感じるわけではない事を常に忘れずに

フェレット=イタチです。
ご年配の人や、養鶏関係者などはイタチと聞くだけで嫌悪感を表す人も少なくありません。
都市部であっても、長い胴体や齧歯類にどこか似ている顔立ちが受け付けないという人もたくさんいます。



公共の場にフェレットとお出かけする時には、周囲の人にも不快感を与えないよう配慮して、楽しいお出かけが出来るといいですね。

フェレットの里親募集 立候補の際に立ち止まって考えて欲しいこと


フェレットをお迎えするには、ペットショップから購入するか里子から譲りうけるかの主な2つの方法があります。


現在日本でフェレットの国内繁殖は行われていない為、基本的に生後2ヶ月前後のフェレットが空輸によって海外からやって来ます。


里子に出されるフェレットもブリーダーや一般家庭で繁殖したから里子に出されるのではなく、ほぼ100パーセントが購入した後に飼えなくなった、若しくは譲り受けたものの飼い続けるのが難しくなった子たちです。


【ご注意】時々迷子で保護されたフェレットが里親募集に掲載されていることがあります。
「保護して警察や動物管理センターに届け出て、自宅保護をしてから半年が経過していないフェレット」の里親には絶対にならないでください。
そのようなフェレットは、まだ所有権が本来の飼い主にあります。
里親を引き受けた後にマイクロチップ情報や何らかの事情で本来の飼い主に発覚した場合、当然「返して欲しい」となりトラブルに発展します。
この場合、あなたが「善意の第三者」(保護したフェレットであることや保護期間が過ぎていない旨を知らずに里親として引き受けた)であることをご自身と里親募集をかけた人双方から証明しなければ、引き受けたフェレットは当然本来の飼い主に返さなくてはならなくなります。
あなたが保護をしっかり認識した上で、もしもの際は気持ちよくお返しする覚悟があるなら引き受けても良いかもしれません。


※保護として掲載している期間は単純に物権としての期間です。
ペットは基本は「所有物」として法律上で認識されておりますが、生体という非常に判断基準が難しい事情の為、自治体や担当者によって保護期間が異なる場合があります。
また、万が一自治体の言う半年以下の期間が経過し里子に迎え入れた場合であっても、本来の飼い主とトラブルとなった場合は物権の期間(半年間)を根拠に裁判などで争われる可能性があります。
自治体基準の半年以下の保護期間を過ぎ相当な時間が経過した場合であっても、本来の飼い主がその期間の数か月間フェレットを探し続けていた実績などがあった場合は、本来の飼い主に有利である恐れがあります。
ご注意ください。



フェレットを初めてお迎えするのであれば、ショップからのお迎えをお勧めします。
むしろショップでお迎えしてください。


言い方がきつくなってしまいますが、「お金がかからないから里子で迎えたい」という考えならば、それはもうフェレットと暮らすのは諦めたほうがいいです。

フェレットは病気になりやすい動物です。
はじめにショップからフェレットを買い受けることも難しいほど経済的に余裕がないのならば、今後のフェレットとの暮らしは成り立ちません。


更に里子の場合は自分との相性や健康状態などがわかりません。
もしかしたら噛みグセがひどく、元の飼い主には持て余してしまうほどの気性の荒い子なのかもしれません。
先天的な重い病気が発覚し、生涯治療しながら飼ってあげることができなかったのかもしれません。

良心的な飼い主なら募集の際に里子のプロフィールにそういった情報も書いていてくれるかもしれません。
ですが、そんな情報があると里親が現れないかもしれないと言って、急ぎでの里親募集であればある程全く不利益な情報を載せない飼い主も多いです。

さらにネットでの里親募集は、フェレットを幼齢期として里親募集をかけておきながら、実際に引き取りに行くと5歳にも6歳にもなった年老いたフェレットだったり、金銭を要求されるなどのトラブルが後を絶ちません。

手放すのにやむを得ないと思える事情だけを掲載した里親募集が多いですが、実態は「介護まで面倒みたくない」「噛みグセがひどく触れないからもういらない」などが本音の飼い主の身勝手を隠したものが半数以上です。

フェレットの飼育経験なくしてこのような子たちを責任もって育てるには、それこそペットショップでお金を払って健康で相性が合う子を選ぶよりも将来的にはずっと苦労しお金もかかります。


里親に名乗り出るのであれば、間も無く最期の時を迎えるくらいの子でも受け入れるくらいの、それこそ慈善行為である覚悟が必要です。

未経験の人がわざわざそのような子の里親に立候補しなくても、慈善行為として問題のある子を最初から覚悟して里子として迎えるフェレットを長年飼っている慈善家は多数います。 
どうかその子達と覚悟ある里親の出会うチャンスを妨げないであげてください。


若い健康なフェレットが本当にやむを得ないアレルギーなどの事情で飼い主が泣く泣く里親募集を掲載する際は、ほとんどの場合はフェレットの飼育経験がありちゃんと育ててくれると確信できる里親をじっくり考えて選びます。

その時、里親を探している飼い主は本当に慈善で生涯可愛がってくれる里親なのか、ただでフェレットを欲しがっている里親なのかを敏感に感じ取ります。



条件がいいフェレットほど里親の立候補が多く、条件の良い里親の元へと引き取られていきます。

フェレット飼育未経験の安易な立候補が通る里子はどのような子なのか、一度よく考えてみてください。

飼育未経験でただでフェレットが欲しいだけの人の欲望のために「健康で手間がかからないペットショップにいるくらいの若いフェレット」を無償で譲渡したい人はそう滅多にいないのです。
メッセージ

里親募集/捜索中迷子/保護中迷子の掲載依頼は、各該当の記事をお読みの上、必要事項を添付してmeetferrets@gmail.comにメールにてご送信下さい。 その他ご連絡・ご質問に関しましては、当サイトは愛護団体や保護団体の運営ではなく、個人運営のサイトであることをご理解の上でメッセージフォームよりご送信下さい。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

フェレットの里親募集に関するツイートをリツイートします。リプライで募集ツイートを送られた場合、より迅速に拡散します。アカウントを隠したい時にはDMに情報とフェレットの写真を添付の上ご連絡ください。
相互リンクの募集
只今、当サイトでは相互リンクを募集しています。
メッセージフォーム・メールからお気軽にご連絡ください。
にほん
  • ライブドアブログ