所感

無期限休止状態ですが、何らかのお役に立てれば幸いです。

1月終了

[98生産]
今月はデインヒル生産のみで成果はなし。繁殖も同様。
この生産はずっと成果がなくても不思議がないから本当に厳しい。

来月はフェブラリーSがあるはずだから、
真性ダート馬生産に移行することを考えている。

[97ほのぼの]
ヤエノムテキ産駒の市場馬ムタナが月間MVP。
絶望的な位置取りから勝つというのは印象に残るし格好良い。
何よりヒヤヒヤする。記録を目指す時には必勝しかない緊張の連続。
ストレスフリーのほのぼのプレイの他にも、その緊張感が醍醐味になる。

久しぶりのダービー制覇を果たした8代目ナトリの仔ハルロが次点。
現時点で10代目まで牝系を伸ばしている。
至高の名勝負&凱旋門賞連覇を達成したスモナが初代。
2010年8月25日から脈々と繋がっていることに歴史を感じるからいい。

[ミンサガ]
昨秋から全クリ手前で完全停止していたミンサガを昨日ようやくクリア。

2011年開始

動画は年初1回目のBCで限界を迎えた。
自分で限界がわかるくらい重くてどうしようもなかった。
gifアニメではやはりいろいろ楽になって快適だった。

年初のBC成績はボロボロ。参加者としても昨年までで限界か。
今は何となく疲れているのもあって、景気の良い話はできないな。

2010年終了

2010年で印象に残ってることをランキングにしてみた。

1位 ガザルア誕生!!
今年はこの馬以外はさっぱりだったし、
生産自体が大してできないという体たらくだったが、
この馬だけは完全に突出していた。
バイアモン産駒でこれだけの馬が生まれるということを
ほとんどのダビスタプレイヤーは知ることがないだろう。

2位 衝撃的展開で97EDTAの3時間切りを達成!
3時間切りという記録もさることながら、その展開が凄まじかった。
最初から最後まで全てが芸術的でまるでパズルのように
綺麗に納まったような感じだった。
この記録を達成するまではコンスタントに97EDTAに挑戦していたが、
達成後は1回もすることはなかった。
それほどまでに満足度が高い記録と内容だった。

3位 大混戦だったリーディング争い
今年はとにかく大混戦の月が多かった。
俺が久しぶりに敗北を味わった5月はダービーで勝負が決したし、
8月から11月は4ヶ月連続で三つ巴以上の大混戦が展開された。
そんな中で5月以降の7ヶ月間を勝ち続けた底力には我ながら感服した。

敢えて順位を付けたが、2位と3位も1位にしていいくらい
印象に残っている出来事だった。
今年の時間は残り僅かだし、来年のことは来年に書くことにしよう。

2010年度表彰

2010 commendation

同じ年に牡牝で無敗の三冠達成!

M4
M4R

F5
F5R

ぐれいと牧場(非リセ2牧)の184年目、ミスターシービー産駒のミミクは菊花賞でダンスインザダークに7馬身差をつけて無敗の三冠達成。さらに翌週、エリ女でダンチヒ産駒のトトレがエリ女でダンスパートナーに3/4馬身差で優勝。これにより、ミミクは無敗で四冠(三冠+朝日杯)、トトレは無敗で牝馬五冠を達成した。続きを読む
記事検索
月別
カテゴリー
ダビスタ (blog)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: