2020.08.14 コロナのおかげで在宅で黙々と書き物してます、10

 コロナが20年2月ごろから猛威を振るって、一時はしたびになったものの7月以降はほぼ第二波ってところです。たまたま友人から近郊の連絡があったので、r多田下近況を改めて書いてみて、emakiにアップしている次第です。

<1>日常

・農業でかりだされることがたまにあります。

・外出は自粛。今はどこにも出ていません。県外はもちん県庁所在地にも。

・飲み会はなくなり、会議もなくなり、たまにzoom会議で外とつながっている状況です。

  我が町の飲み屋さんも最近、つぶれました。今後、飲食に限らず企業の倒産が増えそう。

 <2>それで今は

・フェイスブックでたまに発信してます。シルバーでも若者に交じってやる人増えてます。

・ブログは2011年からやっていてもう10年弱もたちました。

 論評、感想、エッセイ、風土、建築、講義風、アニメ、個人の8種類。論評と感想で4000本弱、トータル4500本をかきました。1本当たり。100字のものから時には2000字のものまで。目次だけでもA4版で1頁50行として90頁にも及びます。

HPでは、 学生、市民、シルバー、街づくり、防災、こども環境、歴史 の7本を同時進行でいまでも多少アップで時間とってます。

・こういうことをしていると時間がいくらあっても足りません。

・今やっていることを、ふと細かく書いてみました。が、検索かけての訪問者は週に1-2名です。

 (人気のブロガーなら何万回のアクセスですが)

 

<3>TV観賞

 在宅ですので、TVは見っぱなしです。歴史ドラマが好きなもので、毎日数本、見てます。それとともに、特番も好きですし、解説番組も。
 最近、風水害に多少凝ってます。建築でも何かできないか、といった考えからです。そんなとき、おおしろいTV番組をみました。

 英雄たちの選択というNHKBSの番組(舞水曜20h-21h)があります。たまに見てます。今から1ケ月前だったか。水防三巨匠の治水として、戦国期信玄の釜無川治水、江戸期金原明善の天竜川治水、明治期沖田永忠の岡山百聞川、が紹介されており、ゲストコメンテーターに新潟大名誉教授の大熊さんがおられました。面白かったです。

 大熊さんは脱ダムの方で、三巨匠のように知恵が現代にも必要と訴えておられた。

 

<4>ほか

・地元ではフェーンで一層暑くなってます。クーラーは調子悪く、つかってません。日に一回は水浴びです。

・東京では会えないから、少し涼しい長野ででも、と考えてたんですが、コロナが収束しないと無理ですね。

 ・早くに専門から卒業して、ゆうゆうじてきの毎日です。声がかからないのも花かもしれませんが、声がけは自分でするしかないってところです。