秋分の日も過ぎ、昼間はまだ暖かいですが朝夕は少しずつ冷えてきました。
カゼを引きやすい時期ですので、皆様どうか充分にご注意なさってください。

さて、お越し下さるクライアント様に、私はよく「先生はどこのご出身ですか?」
と言われる事があります。
岐阜県出身ですので、若干関西訛りだからかなと思っていつもその話をするのですが、だんだんそう聞かれる本当の理由が分かってきました。
というか、本日最後にお越しになった新規のクライアント様とお話していて確信しました。
若干自分的におもしろかったので、今回はこれについて書いていこうと思います。

結論から言うと、どうやら中国や韓国などの大陸系の出身の印象があるようです(笑)
確かに、私は顎のラインがくっきり出ていて、少し日本人離れした顔の形と言えなくもないです。

ただこれには理由があって、単純に下顎骨が大きいというのではなく、首の状態が関係しているからです。
私は自分の体を自己調整するのと、姿勢を常に気を付けているので、首の問題がほとんどありません。
ストレートネックや頚椎症などで当所のセルフケア指導を受けた方には必ず実演しているのですが、なかなかおもしろい特殊な首の動かし方ができたりします。
この首の動かし方は、頸椎や首周囲の筋肉に問題がある場合、全くできません。
よく動く部分には脂肪がたまりにくいので、そのぶんアゴのラインがくっきり出ているというワケですね。単純に痩せているというだけではこうなりません。

そういうワケで、私は生まれも育ちも遺伝子もれっきとした日本人です。
安心してください、日本人ですよ!( ´艸`)

こんな書き方をすると外国人の方に失礼になってしまいますが、私は特に外国の方に偏見は持っていませんので念の為。
ただ、日本は単一民族の国なのであまり接点のない方はどうしても外国人の方に構えてしまうという事実はしょうがないのかもしれません。

できれば、あまり偏見を持たないようにその人個人を見て付き合っていくのが一番いいですよね。