November 2006

November 08, 2006

ノーベルバンケット(ノーベル賞晩餐会)のフラワーアレンジ

ノーベルバンケット 花パーティーは、ある1シーンであり、テーブルウェアー、料理に飲み物、そして音楽やダンスや工芸品、デザインから、招かれる方々のファッション、マナーや会話、社交術までも含まれます。

そこにも欠かせないものが、装飾用の花です。

こうした、王室とともに過ごす晩餐会には、デコレーターが活躍します。花を装飾するからといって、花だけの知識があればよいわけではありません。ノーベル用のテーブルウェアーとの相性、距離、そのボリューム、さらに9月にすでに決定されているメニューから、食事のスタイルやマナーを計り、ノーベル特有のセッティングの基本も心得ておかなければなりません。

1992年、ノーベル財団はノーベル賞90周年を記念して、ノーベル宴席用食器一式の製作をオーダーしました。皆さんもすでにご存知だと思います。では、ノーベル宴席用の家具はというと、「イケア」です。スウェーデンのデザインの文化、特性は、過剰なものを好まず、外観のデザインを重視します。こうした実用美の芸術という「デザイン」の歴史的背景に、スウェーデンの工芸のレベルの高さと特有さが伺えます。

晩餐では、花の香りや色に気を配り、ホール、授与式、舞踏会、控え室など、そのシーンにふさわしい装飾が施されます。知る限りでは、2005年にも、スウェーデン人デコレーターのスウェーデン人デコレーター Gunnar Kaj(グンナール・カイ)氏が、全てを手がけました。グンナール・カイは、NOBELBLOMMOR(ノーベル ブロムモア)として、高い評価を得ています。また、受賞式の花の装飾、コンサートホールの壮大な階段の装飾は Hässelby Blommor ヘッセル ブロムモア(Blommor 花、花屋 →ブロムモアでいいのかな?)というフラワーショップのフローリストのヘレン・マグヌセン。

ノーベルバンケット

左側のテーブルには、ローストランドやオレフォルスのノーベルシリーズのディナーセットに、花と蜀台が装飾されます。花と果実のアレンジメント。

その隣が、アルフレッド・ノーベルの彫像。遺言によってノーベル賞を設立したダイナマイトの発明者ですが、1999年のこの彫像は、イタリアのサンレモにあるリビエラの花で装飾されています。

隣の花のオブジェも同じ99年。晩餐会のストックホルム市庁舎のホールですが、インゲラ・ウォール&ジム・グランドストームによって装飾されています。

一番右側は、2004年の晩餐会。1万3000にもおよぶ、薔薇、カーネーション、胡蝶蘭、美しい芝草で、ノーベルの彫像からスコンサートホールをぐるりと装飾しています。グンナール・カイの装飾。花はすべてサンレモから。

この最も権威ある学術文化賞は、ノーベルの遺言によりますが、生涯独身で過ごした億万長者です。晩年をフランスとイタリアで過ごし、1896年12月10日、イタリア のサンレモでその生涯を終えました。その所以で、ノーベル賞の晩餐会は、ノーベルの誕生日に開催され、花はすべてイタリアのサンレモから届くのです。亡くなって5年後に、はじめてノーベル賞が授与されたのでした。



November 01, 2006

映画 マリー・アントワネット

マリー・アントワネットマリー・アントワネット(1755.11.2 - 1793.10.16)は、ゴシップによって貶められ、また、王妃としての努力を怠らなかったという手紙も発見されていますが、当時の民衆には、「王妃」として映らなかったことは事実です。

来年の日本公開の「マリー・アンワネット」は、カンヌ祭でも不評らしいのですが、王妃としての功績がないので、可憐で華やかな悲劇のヒロインとして描き、フランスの国民は、物足りなさを感じているのかもしれません。


享楽的な生活の恐ろしさに気がつき、アントワネットが理想とした王妃への努力、苦境に屈しない気質、私はフランスの王妃という誇りが、フランス国民の憎悪を消すに及ばなかったものの、そういった経緯があったシーンがあったのでしょうか。権力の美学、破滅の美学、宮廷の美学、王室の美学があって、女性の美学が描かれているのか、それとも華やかで悲しいお伽噺が描かれているのか・・・。

MAKIさんの記事にあった、「本当のところフランスでは、いま、どう思っているんだろう。」という一言が、気になるぅ~!

映画 マリー・アントワネットソフィア・コッポラ監督の映画「マリー・アントワネット」です。主演のキルスティン・ダンスト。享楽的で王妃としての功績はなかったアントワネットですが、誇り高き王妃であったことは事実です。死の装束に真っ白なドレスを選び、「はやく済ませてください。」と、断頭台での最後の言葉が、王妃本来の気質を表しているのではないでしょうか。

Copyright © 2006 Sony Picture Trailers - Marie Antoinette



lifecarrer33gearkawase at 00:38|この記事のURLComments(2)TrackBack(5)