January 2007

January 27, 2007

07年春夏パリ・オートクチュールコレクション ディオール ジャポニズム

12b14d3a.jpg

ディオールのデザイナーといえばジョン・ガリアーノ。この2007年SS(春夏)パリ・オートクチュールコレクションは、ガリアーノにとって10年目のディオールのショーとなりました。テーマは、ご覧のとおりジャポニズム。

松竹梅をイメージした作品や扇を髪飾りに用いています。お正月飾りに用いられる紙細工の御幣・幣束が、注連飾りのようにアレンジされ、神霊が降臨する依代を象徴しています。

ジャポニズムといえば、美術・工芸でも、19世紀末のアール・ヌーヴォーをはじめ、画家、作家や詩人、音楽家まで、日本趣味を作品に取り入れています。

フランスでは、クロード・モネやマネ、ゴッホ、英国ではジェームズ・マクニール・ホイッスラーが代表的ですが、おなじ英国のジョージ・ヘンリー、そしてサー・ ウィリアム・ オーペンも、アイルランドの芸術の寓意画に、ジャポニズムを取り入れています。

オーストリア画家ジェームズ・クイン、ベルギーの画家 アルフレッド・ステヴァンス、アメリカのウィリアム・メリット・チェイス、ドイツのジョージ・ ヘンドリック・ブライトナーの作品も、ジャポニズムを堪能できます。

このジャポニズムは、一時的な流行でありながら、繰り返し取り入れられています。陶器では、17世紀末のマイセンでは、古伊万里、18〜19世紀には柿右衛門様式が模倣されました。

そしてモード。これは「ローブ(ガウン)」なんですね。モードのジャポニズムは、室内着や寝巻きに取り入れられていました。

ディオールつまり柄やモチーフではなく、シルエットです。

腰で結ぶローブは、ドレスのうえに羽織り、さらにベルトでしめるというファッションが、ルノワールのエリオ夫人から覗えます。

18世紀では、画家フランソワ・ブーシェがポンパドゥール夫人のファッションアドバイザーでり、19世紀のホイッスラーは、シスリー・アレクサンダー嬢を描くにあたり、ドレスをデザインしています。

文学も音楽も美術も工芸品も、そしてモードの世界も、手法と表現の違いがありますが、すばらしい芸術であるということには違いがありません。しかも、モードの作品は、唯一、人が身につけることができるものなのです。(C)AFP/Francois Guillot

続きを読む

January 12, 2007

レオノール・フィニ 女性のメタモルフォーゼ

metamorphose_einer_frau_kafka
 
「女性のメタモルフォーゼ」【表】
画像引用:(c) LEONOR FINI Catalog Book1988
 
フィニを語るとき、幻想的、官能的という表現が目につきます。フィニ自身も、「存在しないもの、そして私が見たいものを描く」と言っています。でも、、ちっとも彼女からは、幻想的、官能的なものを感じない。そして、それは存在しているものを描いていると思っています。
 
フィニは、自分自身が、そうありたいものを、絵で表現していたのかなと考えているのです。「特別、特異」な自分自身の存在を、重ねて描いただけ。自分は異質で特別な存在だという、「個性」の強調。
 
そんな自己満足のフィニの作品も、やはり唸らせるものがあります。そこに才能があるんですねぇ。
 
この「女性のメタモルフォーゼ」は、シルクスクリーン(屏風風)の表の部分です。裏は、着飾った骸骨の女性が描かれている。表裏を利用して、あらゆる矛盾や対立、格差を象徴しているかのようです。リンク先から見比べてくださいな。
 
※フィニは著作権が発生します。画像引用は、明記したカタログからですので、今回につきましては、どうぞダウンロードは、ご遠慮ください。
 
関連記事


January 03, 2007

クロード・モネ 印象  日の出

Impression__sunriseあけまして おめでとう ございます。

クロード・モネ 「印象:日の出」とともに、新年のご挨拶とさせていただきます。

さて、この「印象:日の出」をご覧になって、どう思われました?

皆様が「印象:日の出」と記憶されているものは、どのカラーバージョンでしょうか。

こちらは、マルモッタン美術館に展示されている「印象:日の出」です。(画像引用:NHK世界美術館紀行 (1) p62) 遠めではなく、わりと近くで鑑賞していると思ってください。アップロード上の都合で、若干青みが強くなっています。この写真に、うすーいグリーンをほんの少しのせた色調です。少し離れてみると、筆致の荒さが、ほどよく調和し、なめらかな靄のかかる、やわらかい大気が漂う色調に変化します。

モネ(1840-1926)は、筆触分割を活かし、光、大気、色を描きます。筆の荒さと力強さは、コントラストが強い激しさではありません。明るい・暗いという言葉や感覚も、このモネには通用しない。明るいは光で、暗いは影です。光と影が、刻一刻と変化するさまを描いている作品です。

72という記載があるものの、32歳の1873年の作品で、1874年に「画家、彫刻家、版画家などによる共同出資会社の第1回展」に出品されました。

詩人で画家でもある批評家ルイ・ルロワは、モネの「印象:日の出」から、印象派と名づけたわけですが、「ルイ・ルロワがこの展覧会を批評するために、嘲笑を込めた」わけでは、ありません。

その「印象派」を、嘲笑に転用したのは、保守派ではないかと思われます。むしろルイ・ルロワは、記事から擁護していたというのが事実です。

Impression__sunrise
 
画像引用:左 Wikipedia 中央:マルモッタン美術館 右:マルモッタン美術館

このモネの「印象:日の出」を注目し、未完の作品と酷評された事実は、輪郭や固定色も曖昧であったからと思われますが、抽象的表現主義の先駆者ともいわれた所以がここですよね。(↑の3枚は、「印象:日の出」で紹介されていますが、どうなんでしょう・・・。)

それでも具象されているポイントがあります。ひとつは太陽。太陽だけが明らかに描かれているわけではありませんね。手前の小船です。小船の帆と錯覚しそうな漕ぎ手と櫂。これが、モネの受けた印象そのままを象徴しているのです。先にも記したように、筆致分割による自然外光の描写が、この太陽と小船を、幻想的に包んでいるのですね。

実は、女性が化粧とするときと一緒なんです。ベースで下地を整えますよね。イエロー系、パープル系、ホワイトなど、ファンデーションを塗るまえに、色味を施しますね。それと一緒で、白色下地として、ホワイトやクリーム(薄いオーカー)などをキャンバスに用い、パレットでは、混色はしなかったのです。

絵具が既製色から選択することができる時代は、混色による濁色がなく、モネをはじめ、印象派は、下地に鮮やかな原色の点描をしていきます。この筆致分割の技法が、光と色を表現します。

Impression__sunrise_02はじめに、「近く」、「少し離れて」という表現で記したのは、この技法によって、「目の中で色が鮮やかに混色される」からなんですね。

この「印象:日の出」もアップロードで、色が青みが強調されました。実際の色は、山葵色系や胡桃色系の大気と海。

これは、私が8歳の頃から、モネの印象:日の出のイメージになっているものです。

最初に引用した、現在 マルモッタン美術館で展示されている「印象:日の出」ですが、「日没」ではないかともいわれた作品。その経緯をすこしお話します。

「画家、彫刻家、版画家などによる共同出資会社の第1回展」の直後、エルネスト・オシュデが購入。1878年にオシュデは破産し、蒸発。1881年に、モネは、オシュデの妻アリスと同棲します。

このオシュデが購入した「印象:日の出」は、破産後、すでに人手に渡っていたと考えられます。1939年、第二次世界大戦に、マルモッタン美術館へ、この作品を含む二十点を疎開させたのは、マダム・ド・モンシーでした。

このマルモッタン美術館に飾られている作品が、「画家、彫刻家、版画家などによる共同出資会社の第1回展」の出品作品の「印象:日の出」であるということも、近年になって確認されました。実は、個人所蔵で、もう一枚似た作品があり、その作品との区別がつかなかったのです。

そうして、1985年(22年前)に、この作品は「モナ・リザ盗難事件」以来の、「マルモッタン美術館絵画強奪事件」で、被害にあった1枚という数奇な運命をたどります。そして5年後、コルシカ島で発見されました。

最後の「印象:日の出」は、私が8歳の頃からと、書き出しました。これは、アメリカの芸術全集 第7巻 からのものです。1965年初版 で、1971年の6版のものが、私に贈られました。

ですから、盗難以前の「印象:日の出」です。

白、もしくは、うすいオーカーが下地になったように、空と太陽は、まろやかオレンジ。溶け込むような、おだやかで鈍い色の山葵色が、陸地を彩ります。海は、亜麻色に、黄褐色の胡桃染め、灰汁色。それぞれ固有色ではなく、変容しながら、のごかな色調を伝えてくれます。

実際の色で、アップできなかったのが残念。これは、朝、昼、灯りのつく頃と、それぞれの、自然の光と影で、その時間にあった色が、顔を覗かせてくれる1枚です。

モネ 睡蓮 年代別 
モネの睡蓮は、いくつも描かれていますね。どうぞご覧になってください。



lifecarrer33gearkawase at 00:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(12)