April 24, 2010

モダンヌ・オフィーリア ランボーのオフェリア

Margaret_MacDonald_-_Ophelia_1908

オフィーリア 1908 by マーガレット・マクドナルド


Ophelia_FrancesMacNair

オフィーリア by フランセス・マックネイア 


アルチュール・ランボー 中原中也 訳 「オフェリア」

    1

星眠る暗く静かな浪の上、
蒼白のオフェリア漂ふ、大百合か、
漂ふ、いともゆるやかに長き面に横たはり。
近くの森では鳴つてます鹿遂詰めし合図の笛。

以来千年以上です 真白の真白の妖怪の
哀しい哀しいオフェリアが、其処な流れを過ぎてから。
以来千年以上です その恋ゆゑの狂ひ女が
そのロマンスを夕風に、呟いてから。

風は彼女の胸を撫で、水にしづかにゆらめける
彼女の大きいかほぎぬを花冠のやうにひろげます。
柳は慄へてその肩に熱い涙を落とします。
夢みる大きな額の上に蘆が傾きかかります。

傷つけられた睡蓮たちは彼女を囲繞き溜息します。
彼女は時々覚まします、睡つてゐる榛の
中の何かの塒をば、すると小さな羽ばたきが
そこから逃れて出てゆきます。
不思議な一つの歌声が金の星から堕ちてきます。

    2

雪の如くも美しい、おゝ蒼ざめたオフェリアよ、
さうだ、おまへは死んだのだ、暗い流れに運ばれて!
それといふのもノルヱーの高い山から吹く風が
おまへの耳にひそひそと酷い自由を吹込んだため。

それといふのもおまへの髪毛に、押寄せた風の一吹が、
おまへの夢みる心には、ただならぬ音とも聞こえたがため、
それといふのも樹の嘆かひに、夜毎の闇の吐く溜息に、
おまへの心は天地の声を、聞き落すこともなかつたゆゑに。

それといふのも潮の音が、さても巨いな残喘のごと、
情けにあつい子供のやうな、おまへの胸を痛めたがため。
それといふのも四月の朝に、美々しい一人の蒼ざめた騎手、
哀れな狂者がおまへの膝に、黙つて坐りにやつて来たため。

何たる夢想ぞ、狂ひし女よ、天国、愛恋、自由とや、おゝ!
おまへは雪の火に於るがごと、彼に心も打靡かせた。
おまへの見事な幻想はおまへの誓ひを責めさいなんだ。
――そして無残な無限の奴は、おまへの瞳を震駭させた。

     3

さて 詩人 奴が云ふことに、星の光をたよりにて、
嘗ておまへの摘んだ花を、夜毎おまへは探しに来ると。
又彼は云ふ、流れの上に、長い面に横たはり、
眞っ白白のオフェリアが、大きな百合かと漂つてゐたと。


2001-Gregory_Crewdson

オフィーリア グレゴリ−・クリュードソン

グレゴリー・クリュードソンは中流階級の日常生活に潜む夢と不安を表現することもひとつのテーマらしいです。

洗練されていて、アニー・リーボヴィッツのような過剰さがなく、嫌味がない作品が多いです。

ただしセットや小道具まで凝るところはアニー・リーボヴィッツそっくり。

ビデオで流れる一コマを止めたようなストーリー性があって、映画のワンシーンも想像してしまう。

この作品は「オフィーリア」

床が川のようで、横たわる女性は水の精。花冠を用意いたしましょうか?

オフィーリア 
アーサー・ヒューズ/ジョン・エヴァレット・ミレイ
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス/フランシス・ダンビー
サー・ジョゼフ・ノエル・ペイトン/ヨゼフ・クロンハイム
リチャード・ウェストール/ジェームズ・パーカー
ジョルジュ・ジュール=ヴィクトール・クレラン
コンスタンチン・エグロビッチ マコフスキー
マドレーヌ・ルメール/ベンジャミン・ウエスト他
※王妃の言葉はこちらから

詩は有声の絵、絵画は無声の詩 ハムレットから
ハムレットはぜひご覧ください。

ミレイ 「オフィーリア」の音楽
ジャレッド・ジョスリンの「夢見るオフィーリア」、ジョセフ・ステラの「オフィーリア」に、音楽はミレイのオフィーリアのための「トリスティア」、ポール・バーネル「オフィーリアの最後の歌」を紹介。

オフィーリア 水の精 花の女神
オフィーリア・コンプレックス、オフェリア幻想、女神フローラ像に及んでいます。アンリ・ジェルベクス、そしてアーサー・プリンス・スペアのオフィーリアは必見!

ルドン オフィーリア

ミレイ オフィーリア 
花の名前のほかに背景にひそむもの、オフィーリアの口ずさむ詩とともにご紹介。ミレイ展での花の名とは違うものがあります。

シェイクスピア「ハムレット」から 愛しのオフィーリア
オフィーリアの台詞、そしてオフィーリアの登場場面にわけて作品を紹介。トーマス・フランク・ディクシーの祈祷書を持つオフィーリア、花輪をもつオフィーリア、ウィルヘルム・トラウツショルドの柳とオフィーリアなどが鑑賞できます。


lifecarrer33gearkawase at 13:14│TrackBack(5)西洋美術 Western art | 文学・読書

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ルドン 「オフィーリア」 Odilon Redon,Ophelia  [ BLUE MOON ]   April 24, 2010 14:09
ルドンといえば、強烈な色彩か、変わった妖怪のような版画を思い浮かべてしまいますが
2. ミレイ 「オフィーリア」の音楽  [ KAFKA ]   April 25, 2010 00:06
. ジャレッド・ジョスリン(Jared Joslin )の「夢見るオフィーリア(
3. オフィーリア 3枚の肖像画  [ mari-note ]   April 26, 2010 06:43
オフィーリア(死の婚約者)1842年 ギュスターヴ・クールベ オフィーリア(また
4. オフィーリアの狂気  [ Adventures in Wonderland ]   April 26, 2010 21:33
日本のオフィーリア好きは、やっぱり夏目漱石が根付かせたのかな。それともランボーの詩を訳した中原中也だろうか。ミレイの描いた「オフィーリア」に群がる人々はみんな同じことをいう。「美しい花」「美しいオフィーリア」これが常識なんだろうか、と思っていたら、よかっ...
5. 狂ひ女 オフィーリア  [ sweet-sweet-sweet ]   April 26, 2010 22:18
オフィーリアドメニコ・トジェッティ &ジェイムズ・ベルトラン オフィーリアを4年