February 13, 2006

HOUSE OF SHISEIDO 『KARAKUSAの森 トード・ボーンチェ、唐草と出会う』展

Tord Boontje トード・ボーンチェ1968年(私よりお若い!) オランダ生まれのTord Boontje(トード・ボーンチェ)を、私はプロダクトデザイナーではなく、インダストリアルデザイナーとして紹介したいですね。日本でもインダストリアルデザイナーを名乗る方々が多くなってきました。インダストリアルデザイナーとは、アメリカで発生し、発展したデザイン概念「インダストリアルデザイン」から生まれました。パッケージも広告も、また生産環境のデザインも入ることになるプロダクトデザイン。

そんな幅広い産業・工業分野のデザイナー  トード・ボーンチェの代表的な唐草と、その唐草を象徴する資生堂とのコラボレーション。

トード・ボーンチェに会いに行き、資生堂の歴史を知って帰るという展覧会でした。

ガーラントハビタ、スワロフスキー、オーセンティックスからも作品を発表していますが、花や植物をモチーフに家具や照明、インテリア、チャイナ、テーブルエッセンス、ステーショナリーなど多様です。

このトード・ボーンチェデザインのランプシェード「Garland・ガーランド」は、彼の名を知らずとも知っているプロダクトのひとつ。

Habitat(ハビタ)のこのガーランドは欲しい!と購入を考えましたが、なんと自分で組み立てなきゃいけない・・・。やめです・・・。

シートからランナー部分を切り抜くところからスタートするんですよ。でも、とっても灯りが美しく、ハンドメイドが得意な方は、つくる価値があると思います。

Tord Boontjeさて、こちらが展覧会1Fでの「ガラスのブランコ」です。
シンデレラの「ガラスの靴」を思い出してしまいます。

美しい光と影。この陰影は、彼のデザインするすべてのプロダクトのエッセンスではないかと思っています。

「美しい花や木、すがすがしい空気だけでなく、森が持っている闇の部分に惹かれる」というトード・ボーンチェ。

2Fでは、アンティル・ドーンの投げかける影の演出に、初期の代表作《トランス・グラス》や、《ミッドサマー・ライト》をはじめとするランプシェードたち。そして洗いものが溜まった台所のシンクをイメージした、ユーモアたっぷりの《テーブル・ストーリーズ》のディスプレイ。

皆が、ロマンティックという言葉を使っておられるため、天邪鬼の私 FOO(ふ〜)は、ロマンティックなんかじゃない。と一言。それは常に光と闇−生と死を感じさせるこの作品群だからです。つまり刹那的で儚いリアルリストだと− by FOO

Tord Boontjeル・プチ・ジャルダン

右の画像は新作「プチ・シャルダン」です。ファイルをアップロードして投稿しましたら、こんな小さくなっちゃいました。(笑)

実際の写真はかなり大きいですよ。別なBlogでご紹介しましょ。

彼の多様なプロダクトは、あのコンランショップから購入できます。
CONRAN SHOP  http://www.conran.ne.jp/



ガーラントハビタ、スワロフスキー、オーセンティックスからも作品を発表していますが、花や植物をモチーフに家具や照明、インテリア、チャイナ、テーブルエッセンス、ステーショナリーなど多様です。

このトード・ボーンチェデザインのランプシェード「Garland・ガーランド」は、彼の名を知らずとも知っているプロダクトのひとつ。

Habitat(ハビタ)のこのガーランドは欲しい!と購入を考えましたが、なんと自分で組み立てなきゃいけない・・・。やめです・・・。

シートからランナー部分を切り抜くところからスタートするんですよ。でも、とっても灯りが美しく、ハンドメイドが得意な方は、つくる価値があると思います。

 

Tord Boontjeさて、こちらが展覧会1Fでの「ガラスのブランコ」です。
シンデレラの「ガラスの靴」を思い出してしまいます。

美しい光と影。この陰影は、彼のデザインするすべてのプロダクトのエッセンスではないかと思っています。

「美しい花や木、すがすがしい空気だけでなく、森が持っている闇の部分に惹かれる」というトード・ボーンチェ。

2Fでは、アンティル・ドーンの投げかける影の演出に、初期の代表作《トランス・グラス》や、《ミッドサマー・ライト》をはじめとするランプシェードたち。そして洗いものが溜まった台所のシンクをイメージした、ユーモアたっぷりの《テーブル・ストーリーズ》のディスプレイ。


皆が、ロマンティックという言葉を使っておられるため、天邪鬼の私 FOO(ふ〜)は、ロマンティックなんかじゃない。と一言。それは常に光と闇−生と死を感じさせるこの作品群だからです。つまり刹那的で儚いリアルリストだと− by FOO

Tord Boontjeル・プチ・ジャルダン

右の画像は新作「プチ・シャルダン」です。ファイルをアップロードして投稿しましたら、こんな小さくなっちゃいました。(笑)

実際の写真はかなり大きいですよ。別なBlogでご紹介しましょ。

彼の多様なプロダクトは、あのコンランショップから購入できます。
CONRAN SHOP  http://www.conran.ne.jp/



lifecarrer33gearkawase at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)生*活*美*学 | エキシビジョン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔