May 24, 2006

「武満徹|Visions in Time展」

yume

エミー賞受賞作「夢窓−−庭との語らい」(1992)は、アメリカの映像作家ジャン・ユンカーマンの日本庭園についての記録映画。

監督 :  John Junkerman 製作 :  ローラ・T・シュナイダー 
製作総指揮 :  Paul P. Johnson  / 村山利夫 
脚本 :  ポール・グリーリ  撮影 :  フォスター・ワイリー 
音楽 :  武満徹 タケミツトオル 編集 :  William A. Anderson 字幕 :  なし 

DREAM WINDOW 夢窓−−庭との語らい(1992)
監督 :  John Junkeerman  プロデューサー :  Laura T. Schneider 
脚本 :  Peter Grilli  撮影 :  Foster Wiley 
作曲 :  武満徹 タケミツトオル 編集 :  William A Anderson 
スクリプター :  Paul B Jonson  / 村山利夫  / John W Hiller 
題字 :  勅使河原宏

インタヴューに答えているのは、詩人や作曲家、建築家、舞台デザイナー、映画監督、旅館の主人、住職たちで、そのなかに「世界のTAKEMITU」である武満徹さんはキャストのひとりでもあり、音楽を担当もしています。

タイトルの「夢窓」は禅寺庭園の完成者・夢窓疎石からとられ、同名の作品を作曲した武満によって命名されたといいます。ユーロスペースの特集上映「追悼上映 武満徹の仕事-音楽の希望、映画の夢-」の1本として劇場公開されました。

この作品を含むタケミツ・ゴールデン・シネマ・ウィークは、「武満徹 ─ Visions in Time」にて、ゴールデン・ウィークに集中上映会がおこなわれました。

song武満徹:SONGS アーティスト大竹伸朗の1984年から2000年までに制作した作品と武満徹作曲の楽譜とのコラボレーション作品集。


もしかすると、武満徹さんの音楽だけを聴いていると理解できなかったのかもしれません。

「見ることは聴くこと、聴くことは見ること」だったでしょうか。武満徹さんの音楽の姿勢です。文章、楽譜、写真、オマージュ、コラボレーションなどから多彩で多様な音と線と色が見えてきます。

ピアノが買えなく、手書きの「紙ピアノの鍵盤」を折りたたんで持ち歩いたと聞きます。音楽学校や音楽大学を出ず、独学です。何もないまま、何も揃わないまま、「音楽家」になろうという「決心」だけでした。これが「なりたいな」ではなく「なろう」です。

ピアノの音が聞こえると訪ねて弾かせていただいたというお話がありますが、知らぬ他人の暖かさも、才能を育てた一環なのでしょう。

Visions in Time大江健三郎著の「話して考える」と「書いて考える」では、「elaboration」の語源の説明があります。じつは2001年に大江健三郎氏講演「武満徹のエラボレーション」で、武満氏の縁というもののとらえ方による「周縁」を述べています。circumference としての「周縁」ではないかと語っていますが、「武満徹|Visions in Time展」で、まさに図形楽譜という不思議な円の楽譜に、武満さんの「縁づける」を感じたわけです。(←個人の解釈)

「言葉と交渉をもつと、私のなかに他者があらわれ、私の考えは緩やかにだがひとつの方向性をもった運動として収斂されて行く」
公式カタログ「武満徹―Visions in Time」での武満さんの言葉です。

それはさまざまな形や容で武満氏を「縁づける」方向性へと導いたのでしょうか。

展覧会のおもなセクション
実験工房」での作品、影響を受けた瀧口修造の作品なども展示。御代田の森のなかででは、仕事場の様子が再現されています。
美術家との交感では、オディロン・ルドン「閉じた眼」やミロ、クレーなど武満作品に関係の深い美術家達の作品とジャスパー・ジョーンズ、堂本尚郎、大竹伸朗など親交のあった画家達の作品の空間があります。武満徹のセクションには「鳥は星形の庭に降りる」のためのスケッチブックなど、武満自身の絵、プロデューサーとして関わった映画のポスターや台本、「Music Today」などのポスターや資料、そして自筆の楽譜やスケッチの数々が展示されています。

新潮社から出版されている「音、沈黙とはかりあえるほどに」には、『或る朝、なんの前触れもなしに一台のスピネットピアノが私たちの家に運ばれて来た。それが、未だ面識のない黛敏郎氏から送られて来たものだと知ったときに・・・』と綴られたそのピアノなどの楽器の展示から愛用品が展示されています。

そして最後の随筆となった「時間の園丁」も展示されていました。



lifecarrer33gearkawase at 15:27│Comments(0)TrackBack(5)エキシビジョン 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 武満 徹 ??見ることは聴くこと??  [ KAFKA ]   May 24, 2006 15:36
『人間は、眼と耳とがほぼ同じ位置にあります。これは決して偶然ではなく、もし神と
2. 木之下晃 武満徹と語る  [ Magnum Photos Photographer ]   May 25, 2006 00:32
月刊日本カメラ1976年6月号に写真家の木之下晃氏と作曲家の武満徹氏の対談が掲載されていたという。「たい談・てい談」という、当時の連載らしい。 「たい談・てい談」を拝見すると、木之下氏のといかけから、武満氏がポラロイドに関心があること、写真家アンセル・ア...
3. 武満 徹 実験工房  [ RE+nessance ]   May 25, 2006 00:33
「厳しい、実に厳しい。このような曲をあんな小柄な男が書くとは!」 武満 徹氏をこのように絶賛したのは、ストラヴィンスキー。処女作に続き、「弦楽のためのレクイエム」も酷評された。その曲を褒め称えられたことにより、世界に知られる作曲家となる。これは、病床で死...
4. 武満徹と雅楽  [ Panga ]   May 25, 2006 02:54
シャンソン「聴かせてよ、愛の言葉を」から音楽家への志をもち、ジョセフィン・ベーカーのシャンソンが好きな武満 徹さんは、「日本的なものは全否定、三味線などは聴くのもいやだった」と言っていたことがあったそうです。 ある日の電車でのこと。 「調律された楽音のな...
5. 世界の音楽家  [ REMOVE ]   May 25, 2006 17:13
モーツァルトへの旅 は、音楽写真の世界の第一人者である木之下晃氏、 堀内修氏の写真紀行である。モーツァルトといえば、LA FOLLE JOURNEE au JAPON が終わり、次は2007となるのだが、期間中に木之下晃氏の写真展を「熱狂の日」音楽祭と連携し、 和光ホールで開催されてい...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔