September 15, 2006

「至哉坤元 万物資生堂」

資生堂 香水 ホワイトローズナチュラル ¥23,100 クリックすると山名文夫の作品に変わります。大地の得はなんと素晴らしいものであろうか。
すべてのものはここから生まれる。

デザイン詩人こと山名文夫が、資生堂のデザイナーという時代をすごした時期がありましたね。資生堂 椿 の誕生でした。

ご存知のホワイトローズナチュラルです。

 

山名文夫  曲線のモダンガール 資生堂企業宣伝新聞広告・1979 クリックすると別な作品に変わります。

山名文夫が資生堂に入社したのが1929年のこと。その後、退職、再入社を繰り返します。

ホワイトローズナチュラルは、1936年発売で、戦時中をのぞき、1954年に再び発売されてからはロングセラー。

プロダクトも人も、資生堂の歴史は復活するのですね。ちなみに大正時代には、雪岱も在籍していたのでした。



lifecarrer33gearkawase at 22:55│Comments(3)TrackBack(2)デザイン/装飾/服飾 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大正浪漫 小村雪岱の香水瓶  [ Noblesse Oblige ]   September 16, 2006 00:31
“初秋を思はせる気品高き匂ひ、東洋の秘苑に薫る菊を偲ぶ香水。” 日本画家である小村雪岱の香水瓶。大正10年頃、資生堂に在籍していた雪岱。 大正7年には「梅の花」「藤の花」「谷間の姫百合」「匂い菫」「ジャスミン」「 ヘリオトロ??プ」など21種の香水。大正8...
2. ウォルトのトワレ ジュ ルヴィアン ワース  [ Art de Vivre ]   September 16, 2006 00:38
R. LALIQUE "Sans Adieu" perfume bottle for Worth, circa 1929 ウォルト社「では、またそのうちに」ルネ・ラリック作 皇帝ナポレオン3世の皇后ユージェニーのクチュリエとしても活躍した、オートクチュールの世界を開いたシャルル フレデリック ウォルト(1825年...

この記事へのコメント

1. Posted by とーし   September 27, 2006 15:54
山名文夫。
聞いた名ではあつたのですが、椿に関わった人だったのですか。

椿は昔から好きな雑誌ですが、中々入手出来なくて残念な思いをしています。
2. Posted by とーし   September 27, 2006 16:13
早トチリでしたか。

花椿のことだと思ったのですが。

香水の事ですか ?
3. Posted by ふー   October 22, 2006 00:57
とーしさん、来てくれてたんですか!
ごめんなさい。

椿に関わった人ですよ。花椿のマークの人ですよ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔