December 03, 2006

蝶のめまい フェリア・ミュジカ

Feria Musicaベルギーのヌーヴォー・シルク(サーカス)で、有名な「フェリア・ミュジカ(Feria Musica)」の公演が、来年札幌でも開催されるようです。「蝶のめまい Le vertige du papillon 」という作品です。

さなぎから羽化した蝶の短い一生。あざやかな自然界を謳歌し、花から花へ飛び移り、地上に落ちるその時が、命が果てるとき。演出はファトゥー・トラオレ。ミュージカルとシルクの芸術性高いステージです。

ヌーヴォー・シルク2007 「蝶のめまい」

このヌーヴォー・シルク(Nouveau Cirque)の代表的な国が、フランス・カナダ・ベルギーです。

新しいシルク(サーカス)の潮流は、それまでファミリーのみの「家業」であったのですが、伝統的なサーカス芸術の低迷に、フランスは、国立シルクアートセンター(Centre National des Arts du Cirque)、通称国立サーカス学校を設立し、ひろく門戸を開放しました。かなり狭き門の入学に、日本人もいます。

 フランスのヌーヴォー・シルクの団体(引用:在日フランス大使館
シルク・バロック / レ・ザール・ソ/ レ・ヌーヴォー・ネ / アノマリ/ オール・レ・ミュール
ル・シルク・プリュム / エル・テアトロ・シレンシオ /ゴッシュ/レ・コルポルトゥール
ラ・カンパニー・ジェローム・トマ /シルク・イシ (Cirque Ici)/ アルカオス

Le cirque Marc Chagallフランスの伝統的なサーカス芸術は、ベルエポック期に特に人気を呼んでいます。

さらに芸術家は、こぞってサーカスを題材に用います。スーラー、ルノワール、ルオー、ロートレック、ドガ、シャガール、ピカソなど。

絵はマルク・シャガールのサーカス。

シャガールはサーカスのリトグラフ(モノクロを含め)、30点以上を作品にしています。

シャガール曰く

「このサーカスという言葉には魔力が秘められている。古代から伝わる踊りにおいて、人間や人間の微笑み、足や腕のしぐさが偉大な芸術に一変するのだ。サーカスは最も悲しいドラマのように私には思われる。何世紀にもわたって、それは人々の娯楽や喜びを探し求めた者の、このうえもない鋭い叫びであった」 【引用】

パリだけではなく、サーカスは、裏社会の象徴。当時の階級においては、「はみ出した」人々の芸術です。売り飛ばされてきた人々。あるいはユダヤ人村のサーカス、旅から旅へのサーカス。一箇所にはとどまらない、放浪、流浪の旅芸人。最も悲しいドラマとは、シャガールの記憶に何がとどまっているのでしょうか。

いま、もっとも華やかで、ラスベガスで輝いている、カナダのシルク。

ギー・ラリベルテ(Guy Laliberte)が1984年に設立したエンターテイメントカンパニーとしてシルク・ド・ソレイユ(Cirque du Soleil)が誕生。オペラとロックをはじめとする音楽、演劇、美術は、身体機能を前面に押し出した「技術」のシルク。

フランスは芸術性、カナダは身体機能の技術、ベルギーは、この中間に位置しています。



lifecarrer33gearkawase at 15:35│Comments(0)TrackBack(2)エキシビジョン 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 札幌芸術の森美術館「ドラマティック・コレクション」展  [ BLUE MOON ]   December 06, 2006 00:24
来年の1月20日から3月14日のホワイトディーまで開催される、札幌芸術の森美術館
2. 札幌芸術の森美術館「ドラマティック・コレクション」展  [ BLUE MOON ]   December 08, 2006 19:06
来年の1月20日から3月14日のホワイトディーまで開催される、札幌芸術の森美術館

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔