January 27, 2007

07年春夏パリ・オートクチュールコレクション ディオール ジャポニズム

12b14d3a.jpg

ディオールのデザイナーといえばジョン・ガリアーノ。この2007年SS(春夏)パリ・オートクチュールコレクションは、ガリアーノにとって10年目のディオールのショーとなりました。テーマは、ご覧のとおりジャポニズム。

松竹梅をイメージした作品や扇を髪飾りに用いています。お正月飾りに用いられる紙細工の御幣・幣束が、注連飾りのようにアレンジされ、神霊が降臨する依代を象徴しています。

ジャポニズムといえば、美術・工芸でも、19世紀末のアール・ヌーヴォーをはじめ、画家、作家や詩人、音楽家まで、日本趣味を作品に取り入れています。

フランスでは、クロード・モネやマネ、ゴッホ、英国ではジェームズ・マクニール・ホイッスラーが代表的ですが、おなじ英国のジョージ・ヘンリー、そしてサー・ ウィリアム・ オーペンも、アイルランドの芸術の寓意画に、ジャポニズムを取り入れています。

オーストリア画家ジェームズ・クイン、ベルギーの画家 アルフレッド・ステヴァンス、アメリカのウィリアム・メリット・チェイス、ドイツのジョージ・ ヘンドリック・ブライトナーの作品も、ジャポニズムを堪能できます。

このジャポニズムは、一時的な流行でありながら、繰り返し取り入れられています。陶器では、17世紀末のマイセンでは、古伊万里、18〜19世紀には柿右衛門様式が模倣されました。

そしてモード。これは「ローブ(ガウン)」なんですね。モードのジャポニズムは、室内着や寝巻きに取り入れられていました。

ディオールつまり柄やモチーフではなく、シルエットです。

腰で結ぶローブは、ドレスのうえに羽織り、さらにベルトでしめるというファッションが、ルノワールのエリオ夫人から覗えます。

18世紀では、画家フランソワ・ブーシェがポンパドゥール夫人のファッションアドバイザーでり、19世紀のホイッスラーは、シスリー・アレクサンダー嬢を描くにあたり、ドレスをデザインしています。

文学も音楽も美術も工芸品も、そしてモードの世界も、手法と表現の違いがありますが、すばらしい芸術であるということには違いがありません。しかも、モードの作品は、唯一、人が身につけることができるものなのです。(C)AFP/Francois Guillot



ジャポニズム関連記事

*マダム・貞奴
*ジャポニズム ジャポニズムのカテゴリーから、バルテュスが描いた節子夫人、ピカソの「舞踊家・貞奴」、ゴッホの「広重の模倣 雨の橋」、「花魁」、「タンギー爺さん」のほか、タンギー爺さんに描かれた日本画とを照らし合わせています。 
*ラ・ジャポネーズ フランスのジャポニズムと日本のアール・ヌーボォーについて
*ホイッスラーのジャポニズム 灰色と緑色のハーモニー スィスリー・アレクサンダー嬢
*ジェームズ・マクニール・ホイッスラーのジャポニズム The artists studio 1865
*ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋
*ホイッスラーの版画
*ホイッスラー 灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866
*ホイッスラー 肌色と緑のバリエーション: バルコニー 
*Whistler & Ukiyoe ホイッスラー と 浮世絵
*ホイッスラー 肌色と緑の薄暮 バルパライソ
*Madame J. Takeuchi オーストリア画家ジェームズ・クインが描いた日本人女性。
*ウィリアム・ オーペン サー・ ウィリアム・ オーペンのヴィクトリアン調のジャポニズム
*二コーラ作バルテュス夫妻
*ホイッスラー 花魁 1864
紫と薔薇色  六つのマークのテンゲ・ライゼン
花魁(陶器の国の皇女)・孔雀の間 「La Princesse」/孔雀の間 リンク
「金屏風」1865年/「白のシンフォニーNo.2」(白衣の少女)
*Art de Vivre La Japonaise モネの描いた着物姿のモネ夫人
*ナナの誕生 ドミ・モンド エミール・ゾラ ルーゴン=マッカール叢書から、居酒屋の主人公の娘ナナの章。マネの描いたナナに、鶴の屏風が。
*エミール・ゾラ 「L'Assommoir 居酒屋 マネの描いたエミール・ゾラの書斎には浮世絵が。
*ウィリアム・メリット・チェイス の ジャポネズリー
*ウィリアム・メリット・チェイス と ジャポニズム
*ウィリアム・メリット・チェイスとジャポネズリー
*ジョージ・ヘンリー と ジョージ・ヘンドリック・ブライトナー の キモノ ジャポネズリ
*ホイッスラー、ジェームズ・アボット・マクニール
バラ色と銀色:ミセス ウィブリー(ホィブリー夫人の肖像画)
寝椅子の上の母と子/撫子色と紫色の編曲
ノート イン レッド :お昼ね/ミリー・フィンチ
*ジェームズ・マクニール・ホイッスラー  芸術至上主義
ラピスラズリ(瑠璃)
青と紫:ラベル・ド・ジュール(美しい日に)
透明なガウンの裸婦 (フィーメィルヌード ウィズ ダイアファナスガウン)
(*アルフレッド・ステヴァンス The Bath
(*アルフレッド・ステヴァンス 四季連作
(*アルフレッド・ステヴァンス 肖像画
*アルフレッド・ステヴァンス  18枚の ジャポニズム 



lifecarrer33gearkawase at 11:44│Comments(0)TrackBack(12)ブランド/ファッション 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ウィリアム・メリット・チェイス と ジャポニズム  [ sweet-sweet-sweet ]   January 27, 2007 12:25
Weary (aka Who Rang?) 1889The Kimono 189
2. ラ・ジャポネーズ La Japonaise  [ Art de Vivre ]   January 27, 2007 12:48
Claude Monet クロード・モネ (1840−1926)が 1876年に36歳で描いた「ラ・ジャポネーズ=" La Japonaise " 」を、のちにモネ自身が「ガラクタ」と呼んでいたといいます。日本趣味が流行し、まるで、お祭りの屋台で買い集めたような気軽さが、悪趣味に思えてしまったの...
3. ジャポニズム  [ Allegory ]   January 27, 2007 14:39
James McNeill Whistler (1834-1903) 「花魁」(ポスタータイトルより) モネにしても、ゴッホにしても、ピカソにしても、なんとなく「花魁」風情が好きなようですが、賎民と卑しめられながらも、ヨーロッパの高級娼婦がいるように、日本の娼婦たちにも階級があり、高い...
4. アルフレッド・ステヴァンス  18枚の ジャポニズム   [ Life Style Concierge ]   January 27, 2007 15:03
風俗スタイルの洗練美は、ベルギーの画家 アルフレッド・ステヴァンス ならでは。マネにベルト・モリゾ、ボードレール、ゴンクールという交友関係も頷けますね。 端正な美しさを基本とする筆致は、「美」の追求を感じます。この絵のタイトルは、「La Parisienne japonaise...
5. ラ・ジャポネーズ La Japonaise  [ KAFKA ]   January 27, 2007 15:24
ヨーロッパの芸術をみると、ジャポニズムを自国の文化にしています。たとえばアール
6. ホイッスラー 肌色と緑のバリエーション: バルコニー  [ Magnum Photos Photographer ]   January 27, 2007 16:23
灰色と緑とか、紫とバラ色、灰色と黒だとかという色彩に、「ハーモニー(和音)」、「シンフォニー(交響曲)」、「ノクターン(夜想曲)」、「アレンジメント(編曲)」という楽曲や音楽用語を作品名に取り入れたりすることが多いホイッスラー。 音楽家もそうだけど、...
7. ウィリアム・メリット・チェイスとジャポネズリー  [ Magnum Photos Photographer ]   January 27, 2007 16:28
ウィリアム・メリット・チェイス 「The Japanese Doll」 1890年 アメリカの写実主義で、マイスターとよばれる権威的な画家らしい。なんだか昔、こんな人形を見たことある。 ウィリアム・メリット・チェイスが特に日本趣味と聞いたことはなかったが、結構あります。 ...
8. ジェームズ・マクニール・ホイッスラー ジャポニズム  [ RE+nessance ]   January 30, 2007 07:43
ホイッスラーの水彩画が好きだ。ちなみにキモノを着せたジャポニズムは嫌いだ。だが、この「The artists studio(画家のアトリエ?)」のジャポニズムは好きだ。 後ろ向きの女性は、ジャポネーズ ローブ(キモノ)と思われる。そして団扇を手にしているではないか。クリッ...
9. サー・ ウィリアム・ オーペン 「Sowing new seed 」  [ remove ]   January 30, 2007 07:44
サー・ ウィリアム・ オーペン(1878 – 1931 )は、爵位がある画家である。イギリスのヴィクトリア女王時代(1837−1901)の様式「ヴィクトリアン」にかかりながら、新しい時代の作風を持つ。 「ヴィクトリアン」時代といえば、当時の紳士のたしなみの象徴でも...
10. 節子・クロスフスカ・ド・ローラ (バルテュス夫人)  [ 変身抄 ]   January 30, 2007 07:47
La japonaise 1964 Balthus バルテュスが節子夫人に想を得た「La japonaise」である。「浮世絵」と明記されているが、1967年−76年にも、浮世絵風の「赤いテーブルと日本の女」がある。赤いテーブルは漆器の膳だろう。その日本の女が、この素描の女性、すなわち節子夫人...
11. ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋  [ RE+nessance ]   January 30, 2007 08:02
ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの「青と銀とのノクーアン オールド・バターシー・ブリッジ」がこれだ。 元々は、彼の後援者である、リバプールの海運王(F.R.レイランド)のためにこのスクリーンを描いたという。 あの「La Princesse:陶器の国からきた皇女」が...
12. ホイッスラー 灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866  [ REMOVE ]   January 30, 2007 08:05
灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866 浮世絵は、作品に作者の印章として「落款」がある。ホイッスラーの「灰色と緑色のシンフォニー 海洋」(1866年)は、この浮世絵の落款を見事に描いている。【画像引用 (c) artnet.com】 ご存知

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔