March 08, 2007

ポール・セザンヌ  オランピア

Paul Cézanne A Modern Olympia. c. 1873. Oil on canvas. Musée d'Orsay, Paris

モデルヌ・オランピア 1873年 オルセー美術館

 

Paul Cézanne A Modern Olympia. c. 1869-70. Oil on canvas. Private collection

モダンヌ・オランピア 1869-70 個人所蔵 (オークションにでているらしい?)


モデルヌ・オランピアも、モダン・オランピアも、1865年のマネの作品「オランピア」のオマージュというよりも、同じ題材を扱った作品とした方がよいのでしょうか。

オランピアの図像学として、横臥、黒人メイドを取り入れたと考えれば、模倣でも、オマージュでもありませんからね。(笑)

モデルヌ・オランピアは、黒猫を黒犬に描き、尾を立てさせています。性の寓意が現れていますが、ソファーにすわる男性と、フルーツをのせたテーブルは、マネの作品にはありません。

でも、同じ娼婦を扱った、マネの「ナナ」には、ソファーに座る男性が描かれています。

マネ「オランピア」 Yves Saint-Laurent Rive Gauche
マネ「ナナ」  ナナの誕生 ドミ・モンド

1873年に、セザンヌが描いた「オーヴェールの医師ガッシュの家」というのは、あのゴッホの最後を看取ったドクター・ガッシュでもあり、セザンヌの家主でもあったわけです。そのドクター・ガッシュが、マネの「オリンピア」に興味を持ち、セザンヌが作品化したというのが、「モデルヌ・オランピア」だということです。

「モダンヌ・オランピア」は、「モデルヌ・オランピア」よりも3年ほどはやく作品にしています。こちらの作品を「静」とすると、モデルヌ・オランピアは、黒人メイドのシーツをはずすシーンが「動」を強調しているようです。

キャンベラ,オーストラリア・ナショナル・ギャラリー所蔵には、動趣向(オランピア)の、「ナポリの午後」という作品があります。1876年から77年にかけて完成された作品ですが、黒人メイドが、ベッドで横たわる二人に、午後のお茶をだすシーンが描かれています。

セザンヌの「オランピア」では、このモデルヌとモダンヌが好きですね。

セザンヌ関連記事

セザンヌ ロココの花瓶
セザンヌ 春・夏・秋・冬 四季図
モーリス・ドニ  「セザンヌ礼賛」
マネのオマージュ セザンヌの「草上の昼食」

 



lifecarrer33gearkawase at 18:52│Comments(0)TrackBack(3)オランピア Olympia 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マネのオマージュ セザンヌ 草上の昼食  [ remove ]   March 08, 2007 19:08
「草上の昼食」1870-1871年 静物画、肖像画、水浴画、そして自然と、ポール・セザンヌは、ある領域において同一のものを描き続けている。 ガルダンスの丘、レスタックからみたマルセイユ湾、ビベミュスの石切場とシャトー・ノワール、ローヴのアトリエ、サント・ヴィク...
2. セザンヌ ロココの花瓶  [ Life Style Concierge ]   March 08, 2007 19:09
ワシントン,ナショナルギャラリー所蔵の「ロココの花瓶」は、1876年の作品。 第二帝政時代の版画を模写したものらしいということです。 この花瓶に活けられている多様な花たち。アシンメトリーな活け方が、面白いですね。左の小花が蝶々のよう。 ポール・セザンヌは...
3. モーリス・ドニ 集団肖像画 「セザンヌ礼賛」  [ Die Verwandlung ]   March 08, 2007 19:14
以前の記事で、オルセー美術館所蔵に、 フレデリック・バジールの「[url=http://www.actiblog.com/renaissance/24226]バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り[/url]」を紹介した。 バジールと交流のある画...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔