March 20, 2007

パフューム ある人殺しの物語 Perfume: The Story of a Murderer

Perfume: The Story of a Murderer_01

マリー・アントワネットが奢侈に費やし、パニエやコルセットを脱ぎ捨て、シュミーズ・ドレスでプチ・トリアノンで暮らす頃のこと。

お気に入りのロサ・セイティフォリアなどの薔薇や可憐な花々。

優雅に入浴をすませ、調香師ジャン=ルイ・ファルジョンの香りにつつまれたアントワネット。

その頃、フランスの市民は貧困と悪臭のなかにいました。

入浴の習慣もなく、汗や陰部の匂いが体臭となり、腐った食べ物に、残飯の匂い。人々は、長い間、悪臭の中で暮らしていたので、何も感じることがなかったのでしょう。


香り、アントワネット関連記事
100枚の花びらの薔薇
マリーアントワネットの香水-ジャン=ルイ・ファルジョンほか

マリー・アントワネットが愛したもの
22枚の肖像画、アントワネットの生涯、薔薇、服飾など。


パフューム ある人殺しの物語

アントワネットが生まれる17年前にさかのぼる1738年。もっとも悪臭の酷い魚市場で産み落とされた赤ん坊がいました。

洗礼名ジャン=バティスト・グルヌイユと与えられたその少年の母親は、赤ん坊を殺そうとしたことで、首吊り刑。

グルヌイユは、まったく薄気味が悪い赤ん坊でした・・・。「匂い」がないことが、悪臭の漂う人々に恐れを抱かせたのでしょうか。身体の「匂い」が絶たれているグルヌイユは異質だったのです。


Das Parfum. Sonderausgabe. Die Geschichte eines Moerders
パトリック・ジュースキント 香水 ある人殺しの物語

Das Parfum. Sonderausgabe. Die Geschichte eines Moerders

表紙は、18世紀のフランスの画家 ジャン=アントン・ヴァトー(ジャン・アントワーヌ・ワトー )の「ユピテルとアンティオペ(ジュピターとアンティオーペ)」のディティールです。
「Jean-Antoine Watteau. Jupiter and Antiope」

これは眠っているアンティオペがユピテルに犯される神話の場面。

このお話の続きはこちらから。
「パフューム ある人殺しの物語」 から

愛され愛す肉親もなく、生きる喜びも知らず、皮なめし職人の徒弟となったグルヌイユ。そんなグルヌイユが、赤毛の少女の体臭の芳香に魅了されるのです。

このグルヌイユは、非人間的な世界を歩んでいくのですが、「匂い」のあるなしが、非人間的を象徴しているのでしょうか。「匂い」があるから人間的、「匂い」をもたないグルヌイユは非人間的でよいのでしょうか。

パフューム

原作者のパトリック・ジュースキントは、ドイツの作家。国民からも恐れられた、1947年に創設の旧東ドイツ シュタージ組織(Stasi)は、「個人の匂い(体臭)」を保管していました。徹底した監視国家の象徴です。

(略)

「パフューム ある人殺しの物語」は、特異な天才調香師の物語に、恐ろしいほど個人を特定する匂いの危険と、人を夢中にさせる魅惑的な芳しい匂いと、そして私達に、まだ何か問いかけている気がします。

ここで、はっきりさせておかなければならないのが、この物語の匂いというのは、「汚穢」だということです。

当時のフランスの市民は貧困と悪臭の真っ只中に暮らしていたのです。私たちが知らない「嫌な匂い」。私たちが感じる「体臭」とは違う、「汚穢」だということと、暮らしの悪臭があるということ。

究極な相反する「匂い」が、当時の人々の持つ「悪臭」と、香水の「芳香」です。その0地点にあるのが、グルヌイユの「無臭」。

Perfume: The Story of a Murderer__02「当たり前の悪臭」と、「至福の香り」と、「絶たれた匂い」の物語。原作は、パトリック・ジュースキント(Patrick Süskind)。

映画の監督は、トム・ティクヴァ(Tom Tykwer)です。未成年の方は、遠慮してほしいですね。

映画「パフューム」オリジナル・サウンドトラック
Das Parfum Diskographie



lifecarrer33gearkawase at 23:54│Comments(0)TrackBack(2)パフューム Perfume | 文学・読書

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「パフューム ある人殺しの物語」 から  [ Art de Vivre ]   March 21, 2007 20:24
「世界でもっとも高価な香り」 世界で二番目 パルファム V1 公開されたトム・ティクヴァの映画「パフューム ある人殺しの物語」ですが、「世界がひれ伏す香り」なら、こちらは「世界でもっとも高価な香り」の香水です。現在、世界で二番目に高価な「パルファム V1」は...
2. パフューム  [ Life Style Concierge ]   March 22, 2007 00:50
クライブ クリスチャン No. 1 は、いま世界でもっとも高価な香水ではないでしょうか。 インペリアル・マジェスティは、115,000ポンドといいますから、2,300〜2,500万円くらいでしょうか。 明日の命と闘う人の治療費にも相当するくらいに尊い価格。お買い上げの方には、...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔