画中画

July 30, 2009

画廊画 ルーブルのモース ギャラリー

ルーブルのモース ギャラリー

Samuel F. B. Morse's Gallery of the Louvre

ここはルーブルのサミュエル・フィンレイ・ブリース・モース(モールス)のギャラリー(1831-3年の作品)です。左側で作品の取り組んでいるのが、この作品の画家 モース でしょうか。実は画家のリチャード W.ハーバーシャム(Richard W. Habersham で、モースのルームメイトだったそうです。

このモース(モールス)は、皆さんご存知ですね。モールス信号の発明者ですよね。

中央には、顧客とディラー? いえいえ、画家モースとそのお嬢さんのスーザンなんですね。右にはタイピストか秘書嬢でしょうか。左奥には、作家のジェイムズ・フェニモア・クーパー(James Fenimore Cooper)とお嬢さんのジェーン。座っているのが妻だと思われる(母親ではなかったと思います)のスーザンです。

そのすぐ近くの入り口に親子がいて、向かってくる男性が、ホレイショー・グリーノで、彼も友人でアーティスト。

出入り口のすぐ上に、「エマオの晩餐」があります。Kei ちゃんの モーリス・ドニの「エマオの晩餐」とともに紹介されていた、ティッツィアーノのリバプール国立博物館所蔵の作品がありましたね。こちらの画廊画に描かれているのがルーブル美術館のほう。

それでは、左側から作品を鑑賞しましょう。(注:推理、推測の作品もありますので、引用はおやめ下さいね。わからない作品は、とばしています。)

大作はヴェロネーゼの「カナの婚宴」(1563年)、隣がジャン=バティスト・ジューブネーの「十字架降架」(1697年)、その上の作品が、バルトロメ・エステバン・ムリーリョの「無原罪の御宿り」(1678年:これじゃない?何枚もあるので、この作品が一番あやふやです。)でしょうか。

その隣が、ティントレットの「自画像」(1588年)、 その下がニコラ・プッサンの「」(1660-64)です。そしてカラヴァッジョ初期の作品「女占い師(ジプシー女)」(1596-97)、ティツィアーノの「荊冠のキリスト」(1542年)ではないでしょうか。

そうして、次に移ります。上からヴァン・ダイク「アイネイアスのためにウルカヌス(ヴァルカン)に武器を頼むヴィーナス」、クロード・ロラン「 シバの女王の船出」(1648年)、ムリーリョ「聖家族」、テニールス「ナイフとぎ師」、レンブラントの「トビアスたちと別れる天使」(1637年)と思います。

入り口の上は、プッサン「ディオゲネス(ダイオゼニス)がいる風景」(1647年)、ティッツィアーノの「エマオの晩餐」ですね。(これは間違いなし!)

つぎも、ユイスマンス「羊飼いと群れ」、ヴァン・ダイク「肖像画 貴婦人と娘」、ティツィアーノ「フランス国王フランソワ1世」、またまたムリーリョで「蚤をとる少年(乞食の少年)」、ヴェロネーゼ「十字架を運ぶキリスト」だと思われます。その隣が、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」ですね。

また上からです。コレッジョの「聖カタリナの神秘の結婚」(1526-27)、ルーベンス「ロトの逃避 by ソドム」、ロランの「港の夕陽」(1639年)、ティッツィアーノの「キリストの埋葬」(1523-1526)、ル・シュウール 「十字架を運ぶキリスト」、サルヴァトール・ローザ「嵐のなかの軍人と狩人」、ラファエロ「聖母子と聖ヨハネ」(1507)、ヴァン・ダイク「ジャック・ベックホルストの肖像画」、グイド・レーニ「図面と色の組み合わせ」(1620-25年)、そして下の2枚は、ルーベンス「スザンナ・フールマン」、シモーヌ・カンタリーニの「エジプトの逃避途上の休息」だと思われます。カラヴァッジオ、ほかの画家達にも「エジプトへの逃避途上の休息」がありますね。

さて、右の壁はレンブラント「老人の顔」、ヴァン・ダイク「娼婦を連れて改心させるイエス」、クロード=ジョセフ・ヴェルネ 「月光の海」、グイド・レーニ「ケンタウロスのネッサスに誘拐されたデジャナイラ」、ルーベンス「トミリス,スキタイの女王とサイラスの首」、ピエール・ミニャールの「葡萄の聖母子」、あけてヴァトーの「シテール島への船出」(1717年)となるでしょうか。

彫像は、狩猟の女神ディアナ(間違いなし)です。

さて、画廊画はいくつかありますが、実在したレオポルト・ウィルヘルム大公の収集は見事で、「レオポルト・ウィルヘルム大公の画廊」として描かれています。

ぜひ、こちらもごらんください。

ダフィット・テニールス  画廊画「レオポルト・ウィルヘルム大公の画廊」

では、「ルーブルのモース ギャラリー」中に描かれているいくつかの画像を用意しています。記事本文中から、画像にリンクもしておりますので、画廊画に描かれているほとんどの作品をご覧いただけると思います。

VERONESE, Paolo
The Marriage at Cana/Christ Carrying the Cross(no image)

Jean Jouvenet
The Descent from the Cross

Guido Reni
The Rape of DejaniraThe Union of Drawing and Colour
Deianeira and the Centaur Nessus

Deianeira

Claude-Joseph Vernet
Marine View by Moonlight

Claude Lorrain
Sea Port at SunsetThe Disembarkation of Cleopatra at Tarsus

Anthony Van Dyck
Jacques Boeckhorst
Jesus with the Woman Taken in Adultery (no image)
Portrait of a Lady of Quality and her Daughter
Venus Asking Vulcan for Arms for Aeneas

Venus Asking Vulcan for Arms for Aeneas

David Teniers the Younger
Knife Grinder

Cornelis Huysmans
Landscape with Shepherds and Herd (no image)

Rembrandt
Head of an old man/Portrait of Susanna Fourment
The Archangel Leaving the Family of Tobias
Thomyris, Queen of the Scythians & the Head of Cyrus

The Archangel Leaving the Family of Tobias

CARAVAGGIO 
The Fortune Teller

Tintoretto
Self-portrait

MIGNARD, Pierre
The Virgin of the Grapes

Bartolomé Estebán MURILLO
The Young Beggar/The Holy Family/La Inmaculada de Soult 1678

La Inmaculada/The Holy Family

Salvator Rosa
Stormy Landscape with Soldiers and Hunters

Simone Cantarini
Le Repos pendant la Fuite en Egypte Le Repos de la Sainte Famille

Titian (Tiziano Vecellio)
The Crowning with Thorns/The Entombment of Christ

Entombment of Christ by Titian

Raffaello Santi
Madonna with child and St. John the Baptist ("La Belle Jardinière")

WATTEAU, Jean-Antoine
The Embarkation for Cythera

Rubens
The Escape of Lot

The Escape of Lot

POUSSIN, Nicolas
WinterLandscape with Diogenes

Correggio
The Mystic Marriage of St. Catherine

Eustache LE SUEUR
Christ Carrying the Cross

Christ Carrying the Cross
続きを読む

lifecarrer33gearkawase at 21:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(2)