トワレ(身繕い) Toilette

December 28, 2006

フレデリック・バジール トワレ(身繕い)

Frdric_bazilleフレデリック・バジール「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」 のディティール(部分)です。

夭折の画家、バジールの作品数は少ないものの、その才能が際立つものが、いくつかありますが、集団肖像画とされる「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」 は、当時の画壇(印象派を中心に)や文壇での交遊録が見て取れますが、このアトリエに描かれている作品も、誰のどの作品かを、探求する楽しみがあります。

残念ながら、印象派の作品は、どれも似た題材と構図が多く、はっきりと確信できたのが、このソファーの後ろにある作品です。

これは、バジール自身の作品で、「トワレ」です。ご存知の、Eau de Toilette の トワレ。

 

フランス語の Eau は水、TOILETTEは身支度、身だしなみ、身繕いを意味します。香水とは、そういう意味ですね。そのトワレが、邦題で、「身繕い、あるいは化粧」となっているバジールの作品。


Toilette

La Toilette 1870 Musee Fabre

褐色が美しいメイドは、女主人のミュールに手をかけています。白人の女性は、キモノ柄にみえるジャパニーズローブのような羽織ものを手にしているようですが、交流のあったホイッスラーの影響でしょうか。(笑)

女主人が、メイドの肩に手を回している様子が、「アトリエ」の作品ですね。

bazilleviewvillage

さて、この作品「La vue de village  村の眺め(1868)」もバジーレです。同じ「アトリエ」の中心に、バジールが、マネとモネに、自作を披露している部分が描かれています。その作品です。

のちほど紹介いたします、「Die Verwandlung」から、全体像をご覧になってください。

故郷のモンペリエとその近郊メリクにひろがるカステルノーの村が左上。そして左下のドレスの裾が、決め手でした。

もう一枚、「アトリエ」で気になるバジールの作品と思われるのは、左上の壁に掛かる、後ろ向きに魚を獲る網を持った男性。


「Badende 投げ網の漁師(邦題)」ですね。

ご紹介のフレデリック・バジール「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」(集団肖像画)ほか、「ファステンバーグ のアトリエ」、「ヴィスコンティ通りのアトリエ」と、バジールの描いた画家のアトリエをご覧いただけるのが、「Die Verwandlung」からです。どうぞ、ご覧になってください。

また、バジールと親しくしていたアンリ・ファンタン=ラトゥールも、画壇や文壇の集団肖像画を描いています。写実的画風で印象派的な画風。作品は、「バティニョールのアトリエ」、「コーナーの一角(文壇の人々)」、「ドラクロワへのオマージュ」、「ピアノを囲んで」の4枚です。3枚は「RE+nessance」からどうぞ。

バジールの描いたルノワール、ルノワールが描いたバジールの肖像画は、「Magnum masse」からどうぞ。

ファンタン・ラトゥール、バジールの集団肖像画に描かれた音楽家エドモンド・メートルの肖像画は「ルノワール作 肖像画 エドモンド・メートル」にどうぞ。

さて、いま神戸市立博物館で開催中の「オルセー美術館展 -芸術家たちの楽園-」では、バジールのアトリエと、バティニョールのアトリエを鑑賞することができます。 年始の1月2日から開館されます。お正月にいかがですか。東京展は、東京都美術館で、1月27日から開催されます。新年の「身繕い」は済みましたか?どうぞ、良いお年を。



lifecarrer33gearkawase at 19:50|この記事のURLComments(1)TrackBack(3)