若冲 Ito Jakuchu

August 05, 2006

江戸のオランダ 若冲と抱一の鸚鵡図

Hoitsu_sakai_white_egrets_and_falling_sn鸚鵡が二羽と花の構図は、酒井抱一です。色彩のせいでしょうか。赤、そして背景の濃いベージュ(金色が褪めたよう)が、異国情緒をかきたてます。

白い真綿のような鸚鵡は目を瞑る。

この絵は、海を渡るために描かれたようですね。オランダ、あるいは清との芸術の交易が生み出したような作品。

 

Jakuchu_030 こちらは若冲の鸚鵡図です。西洋の台秤に似た止まり木と鸚鵡。この構図の鸚鵡図は、ほかにも描かれていて、左下へうつむく鸚鵡図もあります。

この西洋の台秤と思われる装飾は、まるでペンダントのようですね。青・赤・黄系と、はっきりした欧州風の色使いとすっきりした構図。

商家、あるいは武家屋敷に飼われている鸚鵡なのでしょうか。この時代は、清やオランダから、異国の鳥獣が渡ってきます。将軍や大名、豪商の愛玩用だった鸚鵡。こちらの鸚鵡の優美さから、身分が高いか、あるいは欧州人の依頼で描かれた作品なのかもしれません。

鸚鵡の羽毛や装飾のこまかな部分には、若冲ならではの技法が潜んでいそうですね。その他若冲関連記事は「XAI」から。



lifecarrer33gearkawase at 18:15|この記事のURLComments(2)TrackBack(4)