2005年11月

2005年11月07日

トス アンド キャッチ

私はこれが苦手です。

仰向けに寝てボールを放り投げ垂直に伸ばした足でキャッチ

カラダがかたいのでずっと垂直に足を伸ばしていること自体がしんどい・・
しかもトスが下手なせいか、ボールをキャッチする場所が足首だったり、すねのあたりだったり、指先だったりとあっちこっちです。

ある時はキャッチすらできず、ボールがころころとスタジオに転がる始末。。。

これじゃあ、トス アンド ミスキャッチだよ・・・。

家に帰るなり、せまい我が家のリビングで天井に向かってボールを投げ続ける、けなげな私・・・なのでした

2005年11月06日

BOOKS

我が家には医学本がごろんごろんしています。

ざっと見ても5、600冊ぐらいある感じ

もちろん私のものではないです。

解剖学、生理学、衛生、筋の機能・・・・から中医学まで、はばひろ〜い。

そのなかで70年代に流行ったようなパーマをかけたロングヘアの外人さんがモデルとなっている本が何冊かあります。もちろん白黒の写真です。(筋肉・運動機能系?)
ちなみにその人たちはときどきパンツいっちょうになったりします。もちろん筋の動きがわかりやすいようにとのことですが・・・。

おもしろいのはピラティスで習ったことのあるポーズがところどころに出現することです。

当然、医学書なので、どこの筋肉を使っているか骨までセットで細かい解説つき。

もし近所に医学、リハビリ、運動機能系の書物がおいてある書店があるかたはぜひ立ち寄ってパラパラしてみると面白いかも

もし、面白いと思ってしまったら・・・

あなたもりっぱなピラティスおたくの一員です(笑)



2005年11月05日

トレーニングのお誘い

会社にいて19時をすぎるとボクシングジムに行くのはどうもあきらめてしまう。

電車で30分ぐらいかかり、着いてストレッチやバンテージをまいていると
あっという間に練習時間がなくなって、閉館時間になってしまう。(21時です)

ほんとはもっと通いたい。もちろんこれからプロになれる年齢でもないが
なんせあそこはドラマになっちゃうような家族的で楽しい場所なのだ。

そんなことを考えながらぼーっとデスクの上でコーヒーを飲んでいた。

と、いきなりビビビと携帯のバイブがなった。
おっと!最近見かけないショートメール!!!

おそるおそる開けてみると・・・。

『あした練習こいよーー!』

→なんだこりゃ????

どうやら会長がなれない携帯でメールをよこしたらしい。

なんか笑っちゃうのだがこんな人のところだから通う気になってしまうのかもしれない


2005年11月04日

自習

今日は近所にある区民スポーツセンターにいきました。

『ん!ボールもあるし、ゴムバンドもあるぞ。しめしめ
→なにがしめしめ?

スポーツジムに行っても大胸筋や後背筋などの大きい筋肉を鍛えるためのマシントレーニングを最近めっきりしなくなっていました。

コアな筋肉を鍛えようとしても、普段良く使う表層の大きい筋肉のほうが運動の
初動に反応しやすい!といわれたことが頭に残っていたからです。

はじめからターゲットとする筋肉群をすんなりとらえられたらいいのですが
へたっぴな私は、それならちょっとダンベル等の筋トレは休憩!と勝手に決めてしまったのでした。

◇◇◇

ボールとたわむれ始めて5分もたったころには汗ビッショリ

呼吸をはいても肋骨が浮き気味なのでそこを意識しすぎて床に押し付けると、いやはや足にまでチカラが入っているようです・・・。
→最近常にいろんな関節や筋肉を指で触りながら動かすくせがついてるみたい。

あーでもないこーでもないと考えながらやっているとあっという間に1時間が過ぎていました

シャワーを浴び、髪もかわいてないまま、家に向かってチャリンコをこぐ。

「わー!すっげー!」

そこには自転車までキッチリまっすぐにこごうとしている自分のカラダがありました
いつもはカラダを左右にゆすってぐらぐら運転しているのに・・・。

日々、小さな発見をしては満足している私にとって、それは感動的で、とても<スゲエコト>なのです


2005年11月03日

走らないでスタミナつける方法・・・ぱーと2

「2発めまではかなりいいのになあーーー

会長が私のパンチをうけながらつぶやく

相変わらず連打がヘタクソなのである。かんじんの・・・。
ぐぅー、まさに致命的

しかも走るトレーニングができないのですぐ息が切れる。
ぜ、は、ぜ、は、と大きく肩で息をしている。

横目でちらっと鏡をみると自分のヘンテコな?カラダが目に入る。
上半身のわりに腰から下がひょろ〜っとしている
アイフルのCMみたい・・・。

くっそー、くやしい。

連打やコンビネーションをガツガツ打つ。
足さばきをすばやくする。
いろんな体制から体がぐらつかないように打てる。
ラウンドを重ね、パンチを打ち続けても息がきれない。

以上、すべて下半身トレーニングがからんでいる。
本やネットで調べても書いてあることがみな同じ。

『基本は走ること。』
『走れ!走ればスタミナもつく!』


確かにピラティスのおかげで、胴体と手足をばらばらに動かすということを
学んだし、体幹を鍛えることで少しはカラダがぐらつきにくくなっているのかも
しれない。

しかし、スタミナはどうしたらいいんだべ??

走れないとなると・・・・。

おゎ!10年ぶりのエアロビクスしかないかな?

恥もガイブンもなく、後ろのスミッコでうけてみるべか。
同じ方向に足をつかなければ左足の痛みも起きないだろう。

ところで・・・
「スタミナ弁当」「スタミナ定食」「スタミナ飯」とスタミナ系はなぜ
牛肉とニラの組み合わせなのでしょう???

食べ続けたら、きっとスタミナがつく!・・・・わけないか

2005年11月02日

プライベート

気分は度さかさづり。

いままではマットの上で重力と戦いつつ自分の体をぎりぎりと引き上げたり
黄色のボールにゴロゴロともてあそばれていたのに

こんどのスタジオはマシンの上からほとんど、いや、まったく降りないのですから・・・。

しかも1対1なのでごまかしがききません。
ポーズのひとつひとつに丁寧なご指導があります
まあこれをもとめてこちらにお世話になることに決めたのですが。。。

予想以上!の難しさです。

ちゃんとやろうとすればするほど余計なところに力が入っているようです。

すごろくで「ふりだしにもどる」というのがあるでしょう?!
そんな感じです。

えっ?すごろくって知らない?






2005年11月01日

スタジオがえ

たいへん残念ですが・・・

スタジオをうつっちゃいました。

いままでお世話になった先生方どうもありがとう。

習ったことは毎日・・・いや2日にいっぺんは復習しております

きっかけや楽しさを与えてくださったことは決して忘れません。

私はさらにコアなところにいってきまーす!