2006年06月

2006年06月30日

潜在意識

金曜日の銀座をうろうろ。

自分のシャツでも見ようかと

ZARAをのぞいたら

いつの間にか

『KIDS』のコーナーで

オフホワイトやピンク色の洋服を手に取っている。。。


ふっ

  ちょっと意外な自分を発見しちまったぜ、ベイビー

     (花輪くん風・・・恥)

2006年06月29日

フェルデンクライス

先週の土曜日に四ッ谷にて。(最近、四ッ谷多いです

テーマは

『カラダの中心から動かす』

スポーツインストラクターが多いのかとおもっていたら

まるでまるで・・予想と違っていました。

老若男女入り乱れて、わざわざ北海道からいらしている方も

視線のガイドからペルビッククロックをバラバラにしたような動きまで・・・・

自分の骨盤の左右片方ずつ、そしてセンター、どんどん細部に意識をおとしていく。

人に物事を教えるときに、カラダの変化をクライアント自身に何度も気づかせながらすすめていくことが大変有効だということも学ぶことができました。


ところでカラダの中心って

背骨?骨盤?へその裏あたり?

ありゃ???


そういえば小学校の通信簿に

『人の話をあまり集中して聞けないようです』と書かれてたっけ



2006年06月28日

鉄壁のブロック

8062a460.jpg







退院して実家にいるカミサンから
毎日携帯でとった娘の写真が送られてくる。

『今日の一枚』 『田舎だより』 『ねむいねむい』 いろんな題名つきだ。

今日送られてきたのは

「=我が家の食卓=」

寝る前に電話してみる。

私: 「やっぱり蚊が多い?」

カミサン:「そうだね〜田んぼと畑の中だからね。」

私: 「最近はすごいね〜、子供用のカヤまであるんだぁ

カミサン:「あるよーー。でも赤ちゃん専用のは高いから

私: 「ふーん、そんな高いの買ったの

カミサン:「えっ、今日の題名ちゃんと見た???」

私: 「・・・これって?もしかして・・・

カミサン:「そうそう、よくドラマでダンナさんが遅く帰ってくると、ご飯にかぶせてあるでしょ!

2006年06月24日

heart・beat

2920グラム。無事生まれました

二重の女の子です。

予定通りの立会い出産。
母子ともに健康だったのでほっとした瞬間、自分の目からぼろぼろ涙がでてきた・・・。

カミサンはもともと心臓が悪い。
高校のときは親に隠れて病院に通い、発作時にはニトログリセリンを服用していたという。私が昔、商売をやっていた頃にお客様に狭心症の方がいて、ニトロを飲むレベル(悪さ)をたまたまよく知っていた。だから結婚する前に、隠れて飲もうとしていたときにすぐそれが何かわかりました。

カミサンは妊娠がわかった瞬間、当然子供への配慮から心臓に関連したクスリ約8種類の服用をストップ。
もちろんそれまで自分のカラダに蓄積した強烈なクスリの副作用の心配もあった。
さらに妊娠中の10ヶ月間、あたりまえのように発作の嵐がやってきて、毎回その嵐がすぎさるまでもがき苦しんだ。心臓に大きな負担のかかる出産は我々にとってはあまりにも厳しい賭けだった。


以前聞いたことがある。

 私 :「発作のとき何を思う?」
  
 カミサン:「ん、このまま心臓が止まること。」





2006年06月21日

カミサンが破水しました・・・。

会社を早退してきた。

新幹線の時間を確認し、いざ出陣。

うちのカミサンは私と違い、弱音を一言もはかない女である。

ガマンしていることが多いのでこちらで察知しないとずーーーとがんばってしまう。

「だいじょぶだいじょぶ
カミサンのこのせりふが一番あやしい。

「新幹線の中も走れーーー
上司が笑って送り出してくれた。

感謝。。。

2006年06月20日

ピラーマン一号・二号

一年半ぶりに電話をしてみた。

とは私が一番最初に通ったピラティススタジオの同級生だ。

彼が男性クライアント1号、私が2号だった。(なんか表現が変?)

毎週、同じ時間に行くため彼とほとんど同じレッスン。

当時わざわざピラティスの専門スタジオへ行く男性など異例中の異例、男性はずーーーと二人だった。。。

その後私は他のスタジオへ移り、彼は最初のスタジオでインストラクター資格を取った。彼は『このあと渡米してマシンの資格取得したい』と言っていたのを覚えています。

まるで連絡をとってなかったので少し緊張。

私:「おーーい、元気かい?」

彼:「わーー、ひさしぶりっすねーー。すいません、ご無沙汰してまして。」

ピラティスインストラクターとして活躍中かと思ったが、今はスポーツジムでパーソナルトレーナーをしているという。

そーか、そーかと感心し、しばし昔話に花を咲かせた。

 ◇◇◇

話題は、自然とスタジオ運営のことに・・・
「結局、インストラクターがインストラクションに集中できないスタジオ(教えること以外にやるべきことが多すぎる)はしっかりしたマニュアルができていないため、その場しのぎの応対が多くなり、クライアントも従業員も離れていくだろう。」
はは、けっこうリアル。。。

よく聞くと、私と彼は時期こそ違うものの、結果的に似たような理由で最初のスタジオをやめたようだ。

1号:「今度、ハンドレッド競争でもしましょう」
2号:「お、おう
と電話をきった。

うーーん、いつの日か来る決戦の日まで鍛えるべし・・・




2006年06月19日

食べ忘れ

取引先へのちょっとしたお土産の定番、虎ノ門の岡埜栄泉の豆大福

クライアントの分と、ずんだ大福を一個(私の分)を別にしてもらい、紙袋をブラブラ。
これはランチ後に口いっぱい、ほおばって食べようっとひそかに楽しみにしていました。

今日の東京は度の真夏並みの熱さ。
ジャケットを片手に、シャツを第二ボタンまではずした状態でひーひー言いながら
歩く歩く歩く・・・

  ◇◇◇

ジャイロのレッスンが当日キャンセルがあって夕方から参加することができました。
いやはや、一日の営業のどろどろとジャイロキネシスによる背骨のねじりあげで最後の一滴まで汗が絞りだされた
《先生、オレの動きをフォローするために触らんでもいいでーーー、バッチーぞー》
そうかと思えば《あっ呼吸が止まってる》と自分で気がつくこともしばしば。
激闘と葛藤の1時間15分がすぎ、先生の笑顔に見送られてスタジオをあとにしました。

電車の中で水分補給のためにバックからゲータレードを取り出したとき

「あちゃーーー忘れてたぁ。。。」

出会ったときはあんなにこんもりしていた、いとしのずんだサマ。
今、目の前のあなたはトラックにひかれたようにグリーンのあんこがはみ出し
あまりにも、あまりにも、ぺちゃんこ


 




2006年06月18日

サムライブルー

ビールにちょっと奮発したつまみを準備し、テレビの前に応援セットをならべてっと。

楽しく応援と思っていたら・・・あまりに緊迫した試合に酔いも吹っ飛びどこへやら。

おつかれさまでした。。。

さあ、次はブラジル戦

家にある青いものぜーーーんぶ引っ張り出してきて、全身ブルーで応援するでーーー。

『samurai blue』・・・いいネーミングや!(なぜか関西弁

2006年06月17日

デニムは語る

わたしの股関節はかたい・・・、特に右足

アグラをかくと鏡に映った私の右足はひょいと浮きあがっている。

均等になるように意識してまわしたり、のばしたりするのだが
いじくりすぎると痛みがでて次の日の歩行に支障をきたす。(そのぐらいカチコチじゃ

この傾きは毎日はいているジーンズにはっきりと表れています

私はリジット(のりがついていて濃紺)の状態からしかジーンズを購入しないし、はかない。
2年も同じものを履き倒すとそれなりに色落ちがしてきてヒゲもくっきりついてくる。

下がりヒゲ(股からヒザの外側に向かう色落ち)が今まではいてきた何本のジーンズを見ても左足にしか存在しない。上がりヒゲ(股から腰の横に向かう数本の色落ち、最近は加工物が多いですが)は左右にあるのに・・・。

歩き方のくせは靴のかかとの減り方でもわかりますよね。

意識しないと気がつかないけど自分の体のゆがみはいろんな足跡を残してる。。。



2006年06月16日

名前

予定日まであと2週間となりました

早いものです。

里帰り中のカミサンとはちょこちょこ電話で話はしているものの、少し困った問題が・・・。

実は生まれてくる子はもう女の子だとわかっています。

で、つけたい名前がみんな(義父、義母、私たち)バラバラなのです。

みんなを立ててあげたいのはやまやまですが、なんせ三つ子ちゃんではないので。。。

義理のお父さんは60歳を超えていますが、野球部の監督で声も背もとっても大きく男気のある方です
そんな方が一概には却下できそうにない、女の子らしいとてもかわいい名前を考えて報告してくれるのです。

先日も笑いながら言っていました。
『おい、でっかいの(わたしのこと)、たまには年長者のいうことを聞くもんだぞわははっはー!』
 
ちなみにカミサンは四姉妹の末っ子で、お姉さんたちには全員子供が2人から3人います。いままでお義父さんはたくさん名前を提案してあっさり却下されてきたので、今回とりをつとめる私たちの子供には特に思い入れがあるようです。

現在、カミサンの大きなお腹に向かって、3人ともバラバラな名前で呼びかけているらしい。。。ははは

2006年06月15日

返り討ち

カミサンの実家からお米と煮物、その他もろもろが届きました。

あいつはひとりで外食ばっかりしてるに違いないという、スルドイ予想のもと
20:00をまわった頃、宅急便がやってきた。

中を開けると手紙が一枚

箇条書きでぎっしり。。。

たくさんの野菜の名前の横には・・・・『切るだけ』『煮るだけ』『和えるだけ』などと書かれている。

なんとも親切な内容である

ジムから帰ったばかりの私は入っていたトマトを、まさに昨日の仕返しとばかりにかじりついた。

今度は台所で立ちながら食いついたのでだいじょうぶ!

と思った瞬間

ピューーーーー

       「うわわーーーー

大事にはいている古いリーバイスに降り注いだ。

農家のみなさん・・・飛ばないトマトありますか

2006年06月14日

川の流れのように

今日は四ッ谷で営業活動。

スルスルすいこまれるように石窯パンの浅野屋さんへ。

いつも思うのですがパン屋さんってなんでこんなに幸せな気分になれるのでしょう

クランベリーチーズが見当たらなかったので
『焼きたて』マークのついていたトマト&モッツアレラベーグルを購入。

《さっきランチセット食べたばかりなのに・・・。まぁ、あとで小腹がへるにちがいない》と
得意の自分への言い訳をして今度は南北線に乗り込んだ。

訪問先のアポまでまだ時間があるなあ〜、するとちょうどいい公園を発見。

《やきたてはやっぱりやきたてに食べなきゃぁね

さっそく取り出し

「バクっ

その瞬間

ぴゅー、どばどば、だらだらだら・・・・

『予測しろよ!』『少し考えりゃあわかるだろ!』
ななめ右上からバイキンマンの姿をした天の声が聞こえてきます。

しかもバックをまたぎ、ファスナーをあけたままたべていたので
真っ赤なトマトじるが中にストライーーーーク

ふー、どうするオレ(オダギリジョーになってみました。)