2006年07月09日

チアダンス

今日はセルフメンテナンスの日です。

土曜日までは割とハードに動いて、日曜はゆっくり自分の中に意識を向けます。

このパターンが自分にとってはとてもいいリズム
ピラティスがすこしずつ生活に浸透してきています。

だから日曜日に静かにチェック。

しかしこの後、心拍数が大きく乱れることが・・・



さすがにボクシングに週回も行くと

《ありゃ、ずいぶん左足に体重かかってるし、カラダが右に回旋している

なんて気づきがあります。

で、右、左、表、裏とサイコロステーキのようにカラダを裏返し、ひっぱったりのばしたり。
なんとかセンターに戻るように悪戦苦闘。
30分も経つと肉汁が・・・じゃなく汗がたんと搾り出されます。
代謝がいいんだかなんだかわかりませんが、目がしょっぱい

目をこすりながら
ふと、併設されているガラス張りのホールに目を向けました。

『うわ、んんんなんだーーーーーありぁ

あおむけで片足が頭のところにいっている女性が10人ぐらい。
すぐに今度は横から頭にもっていっている。
その次は・・・ あ!あれはピラティスでいうロールオーバー
しかもインストラクター真っ青のスローなうごきと美しさ。

しばし釘づけ・・・。

横を通ったセンターのお姉さんに聞きました。

私:「あ、あの人たちは???」

お姉さん: 「あー、すごいですよねー。チアダンスです。もともとチアをやっていた人が多いみたいですよ。」

私:「ち、ちあだんす???」

その直後に始まった激しいダンス

《さ、さっきのはただのストレッチ??》

うまくいえないのですが、バネのようなやわらかく、しなやかで、強い動き。

ただ、ただ、かっこいい

ときどき他人さまに指摘されるのですが、
どうも自分でかっこいいと思ったことに反応が過剰らしいのです。
男女問わず「かっこいいーーとすぐ口ばしってしまうのです。これは変???







この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔