ジャイロキネシス

2006年09月16日

だだちゃ大福

3344bc42.jpg








土曜日はハハ感謝デーなので
チチが子守です。

今日のハハはジャイロで背骨をひとひねり

銀座でお友達とランチして帰ってきます。


ムスメは
先週はあんなにおりこうだったのに
今日は泣き止まず、ねむらず・・・

私は抱っこしながら
ハンドレッドなみの荒い呼吸と
ボクサーのような大汗
家にいながら、早くもオーバーワーク気味。


母乳のもとは外出中、かつチチからは当然出ないので
一週間のうち唯一ミルクをのむ日なのです。

《うっ、いやがっている

母乳オンリーで育っているムスメは、
「あれ?味ちがうぞ!?」とでも言いたげな顔。
おまけに舌で飲み口を押し返してきます。
 
 ◇◇◇◇

右肩が3センチほどゆがみ、左手首がほどよく麻痺したころ
ハハが帰ってきました。


「ハイ、おみやげ〜


おーー、だだちゃまめのつぶつぶ感がたまりません


ちなみにハハの帰宅と入れ替えにチチはボクシングに行く予定だったのですが
スタミナ切れで自分でリングに白タオルを投げ込みました。(よ、弱すぎる






lifedoor8 at 22:06|この記事のURLComments(0)

2006年06月11日

やりすぎ VS 言いすぎ

午前中はジャイロ、午後はボクシングと今日はまさに体育の日

ジャイロが終わった時点ですでに大汗である

私の場合、冬はちょっとやそっとでは寒く感じないのだが、なんせ、暑いのが苦手。

今日も背骨をねじり上げてあげたその腕からカラダにむかってつつつーーーと汗がながれる。

ヨガと違い、ジャイロはまだ女性ばかりなのでやはりこれは気になる。
ひとり、汗ダラダラのおじさんがいるのは申し訳ない

シードセンターを意識しての、背骨のしなやかな動きのジャイロキネシス。
これを考えたジュリオさんが来日していることもあって本人と会った先生の話はとても興味深いものでした。

  ◇◇◇◇

モスバーガーで最近不足気味の野菜を少し補充し、ジムへ。

ジムは15時スタート。
いつも2人ぐらいなのにすでに10人も来ていた。

私:「なんでこんなにいっぱいいるの

会長:「今日はさ、もうすぐ1日体験でOLさんが2人くるんだよ。だから、こいつらは・・・」

私:「へーぇ。。。」

で、ジムの入り口に二人の女性が現れた。

急に全員がサンドバック打ちやなわ跳びをやめた。

その5秒後、何もなかったように (まるでだれも来なかったように) また黙々と練習を再開した。

私:《おいおい。。。。》

会長:「お二人とも、格闘技かなんかやってました?」

私:《 か、会長まで

女性:「やっていませんよ










2006年01月04日

人気急上昇!

この間受けたジャイロキネシスが、関節の柔軟性を増してくれると勝手に判断し

パソコンから来週の予約をいれようとした・・・が、すでに満員!
              再来週はと・・・満員!
          まさかその次の週は・・・まっ、満員!

確かにあの先生、教えるの上手だと思います。
わかりやすい上にトークも明るくて楽しい。

インストラクターから見れば教えたいことや、エクササイズの注意点はたくさんあるはず。
だけど、初心者に能書きばかりでなく、そこに楽しいレシピを加えていって、満足感をあたえるってことはとてもテクニックのいること。

指導する側の教え方ひとつで習っている物事を好きになるか、嫌いになるか決まる・・・。
本当にそのとおりだなーて思います。

それとジャイロキネシスの波がじわりと訪れているのかも。。。むむっ??

しかし、予約が取れないのはまいった
スタジオのすみっこでいいので・・・やらしてほしいです。

2005年12月22日

ジャイロデビュー

いまプライベートを受けているスタジオはジャイロキネシスでは日本でも第一人者の先生がいます。
「からだが硬過ぎてどうしようもないです」とこぼした時に
「ジャイロは関節にもアプローチするから、柔軟性もかなり増しますよ〜♪」と言われたことがありました。

グループレッスン担当のピラティスの先生がジャイロも教えているらしく、さっそく予約して体験してみることに

最近、ピラティスも男性をちらほら見かけますが
さすがにジャイロはいないだろーなーと思いつつスタジオへ。

《やっぱり、おいらだけだ・・・

ピラティスデビューしたときの恥ずかしい感じを思い出したが
カラダをやわらかくしたいという目的があるのでがんばるべし!

いつもスタジオで見かけるのは木でできたジャイロマシンですが、今回は花びらのような?マットとイスが私を待っていました。

《へー?おもしろそう

そう思ったのもつかの間、海底の昆布のように左右にゆらゆらしたかとおもえば、背骨をギリギリとねじり上げ、気分はまさにゾウキンしぼり
鋼鉄の股関節もあっちこっちに遊びにいった感じ《どんな感じだ?》で終了。普段まったくしないような動きや使わない筋肉をのばした感じは苦しくも楽しいものでした。

「どうでしたか??」と、にこやかに先生

「年越しはずっとこれやります!」と調子のいい私の返事。

とはいったものの、我が家に背もたれのないイスってあったっけ?