IMG_8437 

長野〜山梨ドライブに行ってきました〜。

 

 

スピー

 

 

 

 

IMG_8378

前回、伊豆にブルーベリー狩りに行ったら、サルの被害で全滅。無料開放という事態で、不完全燃焼のブルーベリー狩り。

今回は、長野安曇野までやってまいりました。
もっと近場の富士山近辺にも、ブルーベリー狩りはあるようですが、彼氏君チョイスは、長野安曇野。

 

食べ放題。時間制限はとくになし。
1000円。お土産つき!

園内には、かばんは持って入れません。
木を傷めちゃうみたいなので。

IMG_8383

 

パッと見、実がなってそうに見えないのですが。

 

 

 

 

 

 

IMG_8390

 

たくさんなってますよ〜!!!

ひゃ〜〜!

 

 

 

 

 

IMG_8403

 

わっさわっさ、なってますよ〜

 

 

 

 

 

 

IMG_8404

 

背丈を超える木もたくさんあるので、夢中に食べているうちに、彼氏君とはぐれちゃって。ドコにいるかわからなくなっちゃいます。

ブルーベリー。いろんな種類があるみたいで。

 

 

木によっても味が違うし。

こっちの木、あっちの木〜。

あまり、夢中になると、くもの巣に、引っかかるのでご用心。

あ。あまい! あ。すっぱい!  うわ!すっごく甘い!

夢中になって食べていると、
なんだか、きっと、伊豆のブルーベリー園を襲撃したサル達も、
こんなふうに、楽しみながら食べてたのかなぁ・・・なんて。想像したりして。

IMG_8406

 

 

こんな大粒ごろごろあるよ!

 

 

 

 

 

準備のよい方は、氷水などを持参で、ソレにつけて食べていたようですが、
別に、冷やさなくとも、おいしいということがわかり、結局は、氷水使ってない様子でした。

IMG_8405

 

入場時に、空のパックを手渡されます。

つんで、パックにして、お持ち帰りのお土産です。

これがまた。
家に帰って、冷やして食べたら、また格別。

 

 

これで、420gくらい入ってました!

たくさんつめよう!と思って。
隙間にも入れちゃえ作戦で、小粒なのも結構入れたのですが。

大粒ばかり選んで入れていた彼氏君に、グラム数で、15gくらい負けました。

さすがに、ブルーベリーで、おなか一杯というわけには、いきませんが、
美味しいものを、たくさん食べて、大満足。
時間制限は、ありませんが、暑さに耐えられなくなったところで、フィニッシュ。

IMG_8407

 

日陰もございます。
日陰に入ると、とたんに涼しい。

お孫さんといらっしゃっていた、ご老人は、
こちらで、休まれていました。

なぜドラがあるんだろう・・・

 

ブルーベリー農園のご主人の、
ご兄弟は、ピーチ&アップルファームをやられているそうで。

ブルーベリー狩りを終えたときに、
「ピーチ&アップルファームへ行って、また、ここへ戻ってきたら、
うちで作ったトマトをあげるよ〜!」とご主人。

IMG_8408

そういわれると、行きたくなる。

で。ピーチ&アップルファーム。

「びっくりモモあります」という看板がでていて。

 

IMG_8410

 

うわ!大きい!

これビックリモモ。

携帯と比べてみた。

試食あり。
あまい!おいしい!

 

 

 


「ブルーベリー農園に行ってきたのです」と伝えると、
「そ〜!それは、暑かったでしょう。ジュース飲んでいって〜」
と、アップルジュースをいただきました〜。

ビックリモモは、2個で千円。
ワタクシは、とりあえず、お手頃価格のモモを、購入。
ブルーベリー農園に戻る。

IMG_8412

 

無農薬のトマト、ご自由にどうぞ!とのこと。

 

 

 

 

 

IMG_8413

 

 

おいしい!

 

 

 

 

 

ちょっとトマトを食べて。
帰ろうとすると、
「少し、トマトもお土産で持って帰えれば?」とご主人。

 

IMG_8414

 

ということで。

お土産トマト。

 

 

 

 

 

このブルーベリー農園から、スイカの産地波田までは、すぐ。
数週間前に、スイカ三個買って帰ったけれど。おいしかった〜!

IMG_8415

ということでまた、こちらへお邪魔。

信州波田 アルプス農場さん
長野県松本市波田10143-2

 

 

IMG_8416

 

ふふふ。 また2個買っちゃった。
うちの方では、もうスイカ売ってないから。
これが、今年最後のスイカかな。

 

お昼前には、松本を後にして、高速に乗りまして・・・・。高速降りまして・・・。

なにやら、ずいぶん走る走る。どこへ行くんだろう。

IMG_8417

奥蓼科というところらしい。

信玄の薬湯
渋・辰野館という旅館の、立ち寄り湯へ。

大人1500円。
こども1000円。
幼児500円。
外来入浴時間
10:30-18:00

 

 

泉質は、単純酸性冷鉱泉 源泉26.4度

貴重品ロッカーは、入り口にあり。100円。

IMG_8420

 

秘湯名湯保存会より、「名湯」の認定書

 

 

 

 

 

IMG_8447

 

料金を支払うと、入浴の注意をいただき、説明を受けます。

強いお風呂らしく。
15分以上は入らないようにと。

 

 

 

 

三つお風呂があって。つながっては、いない。
だから、1つに入って、着替えて出て、もう1つに入って、着替えて出て・・・
という具合。

◆強清水の湯
湧き水をわかしたもの。
シャンプー、リンス、せっけんはコチラでのみ使用可。

◆森の湯
露天系
湯船二つあり。冷たいの(源泉)と、温かいの(源泉を温めたもの)。

◆信玄の薬湯
内湯系
湯船三つあり。
冷たいの(源泉)と、温かいの(源泉を温めたもの)。そして、飲泉用。
名前の通り。歴史は、信玄までさかのぼるそうな。

そういう説明が書いてあるんですけれど。

飲泉用の湯船っての、この説明書きに書いてあるんですが、小さな字なので。
みなさん把握していませんで。
湯船のサイズが大きいので、飲泉用には、到底見えませんので、
男湯では、みんな、飲泉用の湯船に入っていたようです
男湯と、女湯がつながってそうなかんじだった・・・(by彼氏君)(未確認情報)
え!じゃ!女湯で、飲泉しようとしたら、ビミョーな!!!!!!!
壁の向こう側では、男性が入浴中の・・・を・・・・・飲泉?!?!?!

アトピー極弱肌の私は、「強い温泉」ということで、ちょっと怖かったけど。
入ってみての感想は、皮膚が・・・というよりは、
温めたお風呂も、ぬるめなので、お風呂出ても冷え性の私は寒い。
だから、冷たい源泉には入れませんでした〜〜〜。

皮膚、炎症は、あるけれど。炎症全部に刺激があるのではなく、
炎症のある場所の一部にだけ、刺激を感じましたね。なんだか不思議なんだけれど。

強清水の湯も、何らかの成分が、入ってると思います。私。
肌に刺激がありましたから。その、一部分だけね。

IMG_8425

階段昇ったり、降りたり。
昔ながらの温泉宿というかんじで。

「由紀さおりが子供の頃、お姉さんと、浅丘ルリ子と、先代」みたいな、とっても古い写真などが、あちこちに飾られていました。

 

IMG_8426IMG_8427ロビーには、かりんとうと。お茶があります。
外の白樺を眺めながら。

 


 

 

IMG_8432

 

 

この温泉。
とても高いところにあって。途中、景色がよかったです。

 

 

 

 

IMG_8434

 

 

ひたすらドライブ

 

 

 

 

 

IMG_8435

 

 

ずっとドライブ

 

 

 

 

 

IMG_8441

 

 

あ。富士山。

 

 

 

 

 

 

IMG_8445IMG_8446こないだも行った
山梨の
トータス温泉へ行って。
こないだも食べた
中央高速初狩PAの
吉田田舎うどん¥400食べて。

トータス温泉、結構イイ!
じゃんじゃん掛け流しで最高です。¥500
施設新しいからキレイだしね。

 

メーター見てないけれど。1日で、おそらく5-600キロ走ったよね。
彼氏君。お疲れ様。