2015年 厳冬期北海道リヤカー徒歩訓練

2015/03/23

2015年厳冬期北海道リヤカー徒歩訓練である!小樽到着の巻

旅の終着点小樽到着編

留萌ではバス停で宿泊

DSC05553





テントで寝ようがバス停で寝ようがあまり寒さは変わらない。それなら少しでも早く出発できるバス停が良い

留萌から15キロの増毛を越えてさらに15キロ程歩くとトンネル地帯が出てくる。

横はすぐ海で断崖絶壁。

DSC05556DSC05558





トンネルの数はかなり多くまた一つ一つのトンネルが長い

2000m級3000m級のトンネルが次々現れおそらくトンネル内を歩いた合計は雄冬まで20キロ近いと思う。

DSC05562DSC05563





札幌まで100キロを切った

DSC05568DSC05570





トンネル内は延長工事をやってて片側通行で俺が通ると無線が飛び交っていた。
「リヤカーが来た」「えっリヤカー?」「車止めて」とか。

スピードが遅いものだから車を止めないと危険だったり誘導されたり。

そんな中、まだ若い新人が誘導員として毎回、俺の護衛について一緒に歩き先導してくれる。

トンネルの長さは3キロとかあるので出口まで歩いてまた元の位置に戻ると往復で6キロ歩くことになる。
新人誘導員に申し訳ないが決まりで着いていかないといけないらし。

そして俺の歩く速さが時速7キロなので誘導員は小走りで先導することに。

新人と色々話しながら歩く。

「給料いいの?」「夜中も働いてるの?」とか逆に工事現場の決まりごとなどを教えてもらったり。

彼らは上司とすれ違う時に挙手の敬礼をしており俺が「自衛隊みたいやな!」と言うと本当は自衛隊に入りたかったんですよ!と言っていた。俺も元海上自衛隊やで!など色々会話。

そんなたわいもない話がトンネル内で交わされなんか楽しくなる。

人生歩む道は人それぞれ。

DSC05572





DSC05585DSC05584





工事現場の人々は夜、車で宿舎に帰るが日中何個もトンネルを歩いた俺を知っており頑張れと声をかけてくれたりクラクションを鳴らしてくれたり。

話は変わるが一つテクニックを教えましょう。

以前にも紹介したことあるがこれは水と燃料を節約しつつ美味しい米を食べる方法。

DSC05577





まず楽天などで100枚1200円で買える災害用米炊き袋に米1合入れその中に既定の水を入れる。
米は無洗米じゃなくても洗う必要はない。洗わなくても別に死なへんし!

DSC05578





そして袋の中の空気を抜いてゴムかクリップで空気が漏れないよう閉じる。クリップの方が外すの楽なのでお勧め。

DSC05580





そして沸騰した湯が入った鍋の中にカレーや缶詰などと一緒にほりこみ待つこと数分

DSC05554





米が炊ける。そしてカレーも温まってるのでカレーの中に米を入れて食べるだけ。

DSC05582





こうすることで洗い物が一切ないし手も汚れない。

DSC05581





米炊くのに沸騰させた湯はサーモスに戻し何度でも再利用する。このサーモスは保温力が高く数時間後でも熱いのでこれを再利用することでまた沸騰させる燃料と時間と水を節約できる。またこの水は汚れていようが問題ないので川の水でもなんでもいい。

これを朝と夜毎日繰り返すことで結局使うのは米炊き袋に入れる1合分の水のみですむ。

しかも米炊き袋も破れるまで何度でも再利用できるので経済的。

こうして極力水を使わず燃料も使わず節約して毎日米を食べ力を出すことができる。
俺はパンやシリアル、パスタでは力が出ないので。

外国の果てしない無人地帯、砂漠地帯では水は命。大事にしないといけない。

DSC05574





ラーメンの時も湯が少なすぎて麺が丸出し。もはやラーメンではないが腹膨らめばいいので水節約優先。

DSC05586





札幌まで53キロ

DSC05566






DSC05588DSC05587





石狩郡に入った

DSC05599





DSC05600





札幌に近づくにつれ交通量は増し景色も良くないが見覚えがある道なので距離感がわかりドンドンゴールに向かってるのを感じる。

DSC05614





ゴールとしてる小樽は札幌とは逆になり札幌からまだ30キロ以上ある。

残りはラストスパートで走れる限り走った。

なんとしても今日中に到着し今夜の小樽23時半出港のフェリーで帰るんだ!と決めていた。

そしてついに夕方5時半小樽到着!

フェリー出港までまだ時間に余裕があったので久しぶりに贅沢しようと高級レストランすき屋に入った

DSC05619DSC05620





並とネギ卵二杯食べた。俺にとってはこれでも贅沢だと思ってる。

さらに稚内出発して以来一度も風呂に入ることもヒゲを剃ることも手を洗うこともなかったので銭湯に行った。

体重が減っていてヒゲもボサボサで下着さえ一切着替えることもなく汚い姿だったが途中で水も食料も補給することなく無補給でここまで来たことが嬉しくまた自信がついた。

食料もまだ数日分は残していた。

そして歩行距離一日平均50キロも連続8日間続けた。

全てはこれから歩くアメリカ大陸の無人地帯を想定しての訓練だった。

決して楽な旅でも楽しい旅でもなかったがやって良かったと思う。

それと最後に一つ想定外な出来事があった。

それは最終日必死で歩きフェリーに乗るつもりが小樽舞鶴航路フェリーが一隻修理に入ってて2日間出港しないと言う事実。

それを知った時が一番しんどくショックだったのは言うまでもない。

でもそのおかげで小樽まで応援に駆けつけてくれた友達宅に泊めてもらい、またもう一日は元南極越冬隊冒険家の宿にも泊まったり、レスキュー関係者の仲間にもお会いしたり、野外学校の子供達と雪遊びしたり有意義な時間になりフェリーに乗れなかったことがかえって良かったのだ!と思った。

DSC05622DSC05625





皆さんありがとうございます。

DSC05638DSC05640





フェリーターミナル内で荷物の整理中

DSC05641






そして3月4日 夜23時30分小樽発のフェリーで京都舞鶴に帰った。

帰りのフェリーで船酔いで便器と友達になったのは言うまでもない。オエェ〜


今回は前回と違い暖冬で雪も少なくそこまでしんどくなかったが装備を試せアラスカへの自信にもつながったのでよしとしたい。

リヤカーを提供して頂いてる昭和ブリッジ販売(株)様、特注タイヤを製作提供して頂いたコンズサイクル西大路店様、ウェア一式を提供して頂いた(株)ファイントラック様、防水バッグを提供して頂いたストリームトレイル様に感謝致します。


   

              2015年厳冬期北海道リヤカー徒歩縦断訓練


                        完























lifeguardo524 at 16:13|PermalinkComments(0)

2015年厳冬期北海道リヤカー徒歩訓練である!目指せ留萌への巻

2月24日 

目指せ中間地点留萌へ

強風サロベツ原野を越えてもなお風は止むことなく強かった。

DSC05413













前方にピカピカ何か光っているのが遠くから見えていた。

徐々に近づくと何かと巨大風車の鉄柱の先端が光っている。

その数いっぱい!

DSC05416DSC05417





あえてルートから反れて風車の道へ

雪は積もってて無理やり進む

DSC05435













DSC05444





こんなけ風車が立ち並ぶと圧巻でさすが強風地帯だと感じた。

DSC05450DSC05458





その後も無人地帯は続き大きな川に出たが川も完全凍結で橋を使わないでも対岸に渡れる

DSC05462DSC05463





中間地点留萌までまだ100キロ以上

DSC05465





どんどん進む

DSC05467






すると今度は雪が激しくなって吹雪となる

DSC05468





吹雪の中の峠越え

時刻はもう夕方を過ぎ暗くなってきた。

街灯もない暗い中の吹雪は視界がなく車から突っ込まれるかもしれない!と危険を感じリヤカーに取り付けてるバックランプやヘッドランプなどすべてを光らせそれでも歩いた。

山の中を歩いてると鹿の群れが横切ってきたので急いでカメラを構えたが間に合わず撮れなかった。

前の俺ならこんな夜の吹雪で誰も居ない峠越えなら精神的に追い込まれてただろう。この先寝場所があるかどうかも分からないしで。

しかし今の俺は以前より遥かに精神が鍛えられてるのでまだまだ追い込める!と心に余裕があった。
やはり去年、沖縄から歩いて帰宅した最終日に110キロ歩行を寝ずに雨の中歩き続け苦しんだ経験があったのでそれに比べたらまし。人間はやはり苦しみを超えることで強くなる。

この日は良いテント場が無くバス停を発見したのでバス停内に宿泊

DSC05471





バス停だとテント片付ける手間が省け朝は早く出発できる。

DSC05475DSC05474






翌朝は昨夜の吹雪が嘘のような快晴で気持ち良い出発

DSC05476





除雪車も頑張ってくれ太陽が出てるとお昼前には地面の雪も解けて歩きやすくなる。

DSC05480





DSC05482





DSC05487





DSC05489





風はまだ強く海は荒れているが天気は良いので余裕だ。

DSC05494





DSC05497





前方にまた風車の大群が見えてきたのでどうせなら風車の見える絶景で寝ようと決めた

DSC05503





テントを張る為にまずは整地

DSC05513





テントを張ってるときつねが遊びにきてくれお互い見つめ合っていた。

DSC05514





DSC05520













夜は夕日が風車群を赤色に染めて綺麗な風景だった

DSC05522





幸い雪(水)に困ることはないので全て雪を溶かして料理する。時間と燃料はかかるけど。
でもきつねなどの病原体エキノコックがあるので気を付けなければいけない。
他に誰か雪の中でションベンしてる奴もいるかもしれないしで。

DSC05524





翌朝、早朝はずっと吹雪となり様子を見てたら出発が遅れたが10時頃晴れてくれた

DSC05529





リヤカーだと雪の中から脱出もかなり苦労して大変

DSC05540DSC05539





DSC05541





近くに牧場があったので牛に挨拶しながら歩いた

DSC05546





DSC05543





DSC05552





そして歩き続けついに稚内から185キロ地点留萌に到着

札幌まで131キロ程

DSC05549





遥か遠くに増毛の山群が見え気分は高まっていた。

次はあれを目指して歩くことになる。









lifeguardo524 at 14:02|PermalinkComments(0)

2015/03/20

2015年厳冬期北海道リヤカー徒歩訓練である!サロベツ原野の巻

無人地帯サロベツ原野と強風に苦しむ編

犬ぞり大会の翌朝8時に稚内を出発した。

この日は昨日と違って天気が悪く風が強かった。

DSC05374DSC05376





町を出て人気がない国道までくると海沿いとなりさらに強風となった。
風が強いのいで雪は飛びあまり積もらないので歩きやすいが・・・

DSC05377





DSC05383






車も全然走ってない

DSC05387






ひたすら何もない

DSC05389





家も店もないので電柱も電線ない

ただただ強風が前から俺の行く手を遮ってくる。
最初風速は20mぐらいだっただろうけどだんだん強くなり30はあるんじゃないか。台風のようだった!

風に押されまっすぐ歩くことができない!

自転車だったら前に進めないだろう。地面に直接足が着いてる徒歩だから前には進めるが。

今回ゴーグルを持ってくるのを忘れまともに顔面に風を何時間も受け続けたので目が見えにくくなりかすれていた。

DSC05393





DSC05396





風の大地と言われる南米パタゴニア地方はもしかすると毎日こんな感じなのだろうか?!こんな道が数百いや千数百キロも続くのだろうか?

そう考えると良いトレーニングだ。      

              

https://youtu.be/EESa5kjSpGs
 
上の動画はまだ風がましな時に撮ってみたもの。この後、さらに雪も降り出したがどんな吹雪だろうが強い気持ちで歩いてたので全く心は折れなかった。むしろもっと俺を追い込んでくれ!と。

DSC05397DSC05402





こんな道を暗くなるまでひたすら歩いた。

風を避ける場所はないので休憩すると寒い。

しかしファイントラック社の高性能ウェアが守ってくれていた。

サイドのベンチレーションを常に解放し風を通していたので汗一つかいてなくドライを保った。
インナーもアクティブスキンロングとメリノスピンサーモで汗で濡れることなかったので寒さはましだった。
もし濡れてたら低体温症になっていただろう。

そして今夜の寝場所なんて何の宛もない。

この強風と雪の中、しかも暗闇で正直今の俺の実力ではテントを設営することに自信が無かった。
もし設営中に飛ばされたら深雪の大平原のどこまでも飛ばされ回収することは不可能。

リスクが高すぎる。

テント設営練習は何度もしたがこんな風の中での訓練はしてないのでいきなり本番はまだ早くどうするか悩んだ。

どこか雪洞を掘れそうな場所がないか!?とずっと見ながら歩いてたが雪がそこまで積もってないので雪洞も厳しかった。

そんな時、地図を細かく見てるとこの先シェルター有りの文字を見つけどんなシェルターだろうか!と思ったらトンネルみたいな物だった。

DSC05404





風はかなり防いでくれてたのでこの日はこのトンネルの歩道で寝ることに。

この日、強風の雪の中、暗くなるまで53キロ歩き続けた。

DSC05406DSC05405





そして朝炊いてたがすでに氷のように固まった米を湯の中にカレーと魚の缶詰めを入れて温めて食べた。

こんな物が最高に美味しい。贅沢は要らない。

そしてその夜、寝てると氷の上を歩く足音が聞こえてきた。

歩道上で寝てるから怒られるのか?

でもよくよく考えたら周りは数十キロも民家も全く無い無人地帯なはず。こんな真っ暗で寒い中外を歩いてる奴なんかいるはずない!

そう考えるとさっきの音はなんだったのか・・・?

まぁ今まで自殺の名所やお墓、廃屋など至る所でテント泊してきたので変な物音は何度か聞いたことあるので気にしないことにした。

DSC05410






そして気付けば朝だった。

よし今日も頑張ろう!














lifeguardo524 at 21:46|PermalinkComments(0)

2015年厳冬期北海道リヤカー徒歩訓練である!全日本犬ぞり大会の巻

第32回全日本稚内犬ぞり大会に参戦

稚内ノシャップ岬を歩いてる道中、ある方が声をかけてくれた。

自分は旅人で〜と話をしてると稚内で年に1回の大行事、全日本犬ぞり大会がありそこに行くとのことで俺も連れてって頂けることとなった。

去年の冬も歩いて稚内まで来てたのでそんな大会があるのは知っていたがいつ開催は知らずまさかこのタイミングで見れるなんて本当に出会いは素晴らしい。

会場は稚内空港の近所で広大な敷地

DSC05319DSC05316






最初見学だけだと思ってたらアナウンスで参加したい方は抽選で選ばれれば参加できるとのこと。

そく参加することに決め抽選すると見事当選した。

DSC05303





DSC05311





DSC05276





DSC05287





DSC05284





DSC05281





DSC05282





DSC05296





DSC05288





とりあえずまずは犬と仲良くなることが大事なので犬たちに話しかけた。
身体はでかいけどみんな人懐っこくてかわいい奴らだ。犬大好きなので楽しくて仕方ない。

初心者なのでコースは直線のみの単純なもの。

犬ぞり経験は過去一度だけあったがまともな犬ぞりは初めて。
一度目は北海道でお世話になってた友人宅の犬を友人が留守の間にホームセンターで売ってる橇につなげ犬のトレーニングと称して俺を引っ張らしたが50メートル先の雪の壁にぶつかり置いていかれたぐらい。

今回本格的な犬ぞりで手入れも良くされてるので想像以上にスピードが出てかなり楽しかった。

植村直己さんのように極地を犬と旅するのも良いかも。

その後は犬の運動会があり見学

DSC05323





DSC05333





DSC05327





色んな種類の犬達が一生懸命走っていた。

中には正反対やお客さんのほうに突っ込む犬もいて盛り上がっていた。

天気も良く最高の日で歩くには最適だったがこの日は準備に宛て洗濯やお風呂屋さんに行き明日からの徒歩に備えることにした。お風呂はもうゴールするまで入るつもりはないので洗い溜めしといた。

DSC05336





凍った川でテント張りわかさぎ釣りをしている。

DSC05349





DSC05341






DSC05358





昨日までいた利尻岳があんなに遠くても見えて美しい。

そしてこの日、数人に新聞に出てた人ですね?と言われ応援されたり握手を求められた。
しかしおばちゃんばかりなのは言うまでもない・・・若さ吸い取られました







lifeguardo524 at 21:01|PermalinkComments(0)

2015/03/19

2015年厳冬期北海道リヤカー徒歩訓練である!ノシャップ岬へ巻

利尻島一周編

DSC05184





結局翌朝、太陽で赤く染まった利尻岳を見ることはできなかったが昨夜、あまりにも素晴らしい利尻を見れたので充分だった。

DSC05207DSC05209





DSC05210





曇り空で利尻は見えないが残り30キロを歩く

道は時折凍っていて滑る。スパイクはすでに外していたのでいきなり凍った道が出てくると危険と言うか歩けなくなる。

DSC05213DSC05218





DSC05220DSC05223





DSC05224DSC05228





雪のない道はあまり面白くないのでたまにメイン通りを反れて雪道を歩く。
全然苦しみが違い苦労する。

DSC05229DSC05230





美味しい湧水が湧いていたので大量に補給。利尻の水。

DSC05233DSC05236





アニメキャラが並ぶ

DSC05242





埋もれた朽ち果てたバス

このような廃屋や廃車は好きで見つけたらよく撮る。どんな人がどのようにして使ってたのか・・・と思ってしまう。

DSC05249DSC05250





DSC05251





何人かの地元の方と話したが、今年は例年になく雪が少なく温かいとのこと。

DSC05243





礼文島が見える

利尻一周も終盤でフェリーターミナルに向かってラストスパートしてたらある方が写真を撮らしてほしいと話しかけてきてくれた。
俺はできる限り笑顔で応えるようにしている。
ブログに紹介してもいいですか?と聞かれいいですよ。と返した。
その方はある宿の方で去年の日本百名山一筆書きプロアドベンチャーレーサー田中〇希が最後の山、利尻岳を登りに来たときに泊まったらしく俺にその話をされた。

良かった泊まりに来て下さい的な感じだったが今日のフェリーで利尻島を離れるので先に進むことにした。

フェリーターミナルで船を待っていると先ほど話しかけて下さった方がわざわざ会いにきてくれお子さんを連れて今度は息子とお願いします!と写真をお願いされた。そして別れ際に応援のメッセージが入った封筒を頂いた。

フェリー内でそれを見ようと開けたら応援のメッセージとなんと1万円まで入っていた。

ついさっき出会ったばかりのこんな私に対してお金ではなくこのように応援して頂いたことが嬉しく、それと同時に一生懸命目標に向かって歩く姿で人に元気を与えられるなら本望!

多くの方が応援してくれることに感謝である!だから簡単に諦めないし全力を尽くしたい!

DSC05256DSC05258





夜稚内に戻ってきたが今日は寝る宛がなく旅人の定番の寝床この稚内ドーム内で寝ようとしたが夜も灯りが点いていてまぶしいのでやめた。

そして今回の旅の真のスタート地点と決めていたノシャップ岬を目指して歩いた。

ここから4キロ程と1時間もかからない。

真っ暗闇の中を歩いた。

そしてその日は灯台の真下でテント泊。

DSC05260





DSC05265













翌朝も天気は悪い

DSC05272DSC05270





夏はにぎわっているだろう観光地だが冬は全然店も開いてない。※ 団体ツアーバスが来るので開いてるお店もあるけど。

DSC05267DSC05269





そしてスタート地点に立ちこれから小樽までの道中、吹雪だろうが暴風であろうがどんな過酷な道のりでも受けて立つ!と気合を入れたのだった。



















lifeguardo524 at 15:56|PermalinkComments(0)